ノーリツ 給湯 器 エラー 710。 ノーリツ 給湯器のエラーコード 103, 710, 370, 140, 63 修理・対処 (GTH

【製品の寿命】点検・取り替えの目安について

ノーリツ 給湯 器 エラー 710

他の方がコメントされているように、140(14)エラーは熱交換器を取り巻く安全装置の一つ、温度ヒューズと言う物が、断線もしくは、限りなく断線に近い状態で器具の安全が確保できない時に通電部を遮断し燃焼器の作動を止める働きをします。 原因として、熱交換器の排気漏れ、異常燃焼による熱交換器の欠損、窒素酸化物、土埃、等による内部の排気がスムーズに行われない場合、熱交換器の表面温度が上昇した時に出るエラーとなります。 シャワー等長時間ご使用が多い時、風が強い時のご使用が多い時も同じようなエラーを出す事があります。 一番考えられる理由は、温度ヒューズは経年でちじみます。 この際に断線と起こす可能性が高いのです。 10年を越える機器は燃焼の不具合から様々なトラブルが出ますので、その前に(お客様の財産を壊す前に)部品のエラーを出して修理、点検、器具交換を促す手助けをしてるとお考えください。 したがって、この修理は専門の知識が必要になりますので、必ずメーカーのコンタクトセンターへご連絡して頂き、お近くのサービスショップからの連絡が来た時に、お客様の日時の御都合を調整して頂き修理を受けてください。 単純にコンセントリセットで一時復旧する事もありますが(駄目な事が多い)、長期の使用は不可能になります。 追記 なんかとんでもない事いってる方がいますが、温度ヒューズとは熱交換器表面温度が120度前後で切れるように設計されています 機種メーカーにより多少の誤差はありますが、この範疇で作動しないと安全装置の意味がありません 専門用語になりますが、缶体閉塞(熱交換器内部が何らかの理由で詰まりが出て来ている状態)を起こしている場合熱交換器の表面温度が上昇し温度ヒューズが切れる事がまれに在ります。 誤った知識をさも当然の如く語る自信過剰な業者は信用できません。 他人の非難より我が身の不具合を修正する必要があると感じます。 私はノーリツ、リンナイ、パロマ、長府、などの修理を手がけますが、エラーで故障箇所がわかるのは当たり前の事 それに伴う原因、部品等把握していなければ、けして修理など出来ません。 当然正確な原因を知るには訪問し現状を確認しなければ出来ません。 又温度ヒューズが切れて火災や爆発などけして起こしません。 その為の安全装置です 知識の無い修理人が、普通考えられない作業をすれば起こる事故ですが(数年前パロマで事故があり報道されましたよね) それとは別に各メーカーの技術的未熟から70年代から80年代前半に作られた器具でしたら10年を越すと在りえますが。 私も何軒か焦げてる現場見ましたので。 ナイス: 2 温度ヒューズが金属疲労で劣化断線しかかっています。 最終的には断線します。 ノーリツは温度ヒューズが非常に弱くこの知恵袋で温度ヒューズの話題になった時必ずノーリツです。 ノーリツの典型的故障です。 実際問題熱交換器が不良で温度ヒューズが切れる前にハイリミットSWの方が反応して止まります。 又は温度ヒューズが反応する前に不完全燃焼でSTOPしたり釜に穴が開きます。 他の安全装置が故障した時のバックUP的な安全装置です 少なくとも千葉市以外の都会では<熱交換器の故障>で温度ヒューズが切れる事はありません。 ノーリツは安全を重視していますので微妙な温度でも反応させる為にヒューズの線が細い可能性があります。 何とも言えませんが製品不良ではなくノーリツの安全意識からなる微妙な設定だと思います ナイス: 0 千葉 給湯器プロショップ 信栄 と申します 年数は6年使用でも どの程度の使用燃焼時間か劣化具合か 設置状況など調べ 燃焼部を調べないと 原因などわかりません 基本的にはメーカーなどでは 安全装置燃焼部缶体などの交換になります 高額修理です いい加減なことを言う業者の方 回答者もいますが 信用しないで下さい 実際 缶体・燃焼管などの燃焼部が劣化 排気漏れや炎が漏れている場合もあります 燃焼部にヒビ割れや穴が開いてしまっている場合もあります 燃焼部内部は 数千度になります 危険な場合もあります ガス機器の場合 煤の詰まり???などということはかなり少ないです 石油機器の場合は 煤による故障は多いです 温度ヒューズセンサーは 故障するようなものではなく 熱 劣化により 切れたり 抵抗があがります 実際に危険でエラーになる場合と 年数や使用燃焼時間等による劣化で エラーが出る場合もあります 勿論機械ですし 人間が作るものです 劣化がなくても エラーがでることもあります センサーが曲がったり挟まったりしていれば 抵抗値も上がってしまうこともあります センサー以外の不具合で エラー14がでることもあります とにかく 修理を依頼し 診断してもらって下さい 一般業者だと 他の回答者の業者さんのように いい加減なことを言う方が多いので気をつけてください 大丈夫 などといい いい加減な修理をする そういう業者が 火事や爆発など 事故など起こします 給湯器は危険性もあるものです このような いい加減な業者には気をつけて下さい 設備屋 修理屋 業者でありながら いくら顔も見えないNETとは言え 適当いい加減 嘘を書く あきれますが このような業者が 一般的な業者の代表 典型だと思います 私は 実際 大なり小なり 火事や爆発の現場もたくさん見ています 機器内部での小さな爆発 機器内部が燃えて焼損などという現場は かなり見ています 本当にいい加減な業者には気をつけて下さい ーーーーーーーーーー また 嘘の回答する業者さんばかりです 気をつけてください 温度ヒューズは シャワーなどの長時間使用でエラーが出るということはありません 温度ヒューズと ハイリミットは 全く別の安全装置です 温度ヒューズが切れる前に ハイリミットが作動する??? 千葉市以外は 熱交換器の不具合で温度ヒューズが切れることはない? 全く間違った 嘘 でたらめの説明です 機器の知識もないのに いい加減なことを 知ったかぶりで言うのはやめてくださいね 温度ヒューズが何かどういうものか ハイリミットが何がどういうものか 構造や原理 作動条件などよく調べて勉強してください ハイリミットと 温度ヒューズは 全く作動条件が異なります ハイリミットは お湯通路部にある装置 お湯の温度 空焚き等により 低い温度でも作動します 温度ヒューズは お湯のお温度 お湯通路には全く関係ありません 100度 200度でも作動などしません ハイリミットは1cm程度の小さな部品 局所しかみていません 温度ヒューズは 缶体燃焼部 機器内部を広く見ています また 不完全燃焼でのエラー停止と温度ヒューズも別の問題です 釜に穴が開けば 即温度ヒューズが切れます ネットは自由ですし ご自分のお客に 適当な嘘を言うのは 私にはどうにもできませんが このようないい加減な業者が多いことを 残念に思います そして 私の回答にご不満な方も多いようですが 私は いい加減な業者の 嘘間違いを指摘 訂正しているだけです その場限りのHNを作り私に対して書き込みをする そこからして 幼稚で低脳な愚かな人間であると思われます 自分が間違っていないと思うなら 堂々と あなたの会社名 元のHNなど 名乗って書き込んでください ナイス: 5.

次の

給湯器のエラーコード710、721、723

ノーリツ 給湯 器 エラー 710

給湯器が出すエラーには様々なものがありますが、エラー710やエラー71に関しては 「給湯器の頭脳とも言える電装基板のエラー」です。 給湯器のどこかに異常が発生している場合、その以上を特定するのも電装基板であるため、基板そのものがエラーを出している状況は、極めて深刻な状況と言えます。 その他のエラー760など「リモコン等の伝送不具合」が疑われるような状況とも異なり、十中八九「電装基板そのものの故障」が考えられ、自然復旧することは考えにくいです。 今回は 給湯器の不具合の中でも電装基板のエラー 710、71 に注目して、症状や対処法について分かりやすく解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。 電装基板のエラーとは? エラー710、71で基板以外に原因があるケースは少ない 「でんそう」にも電装や伝送という表現があり、「きばん」にも基盤や基板という表現があります。 弊社でもスタッフによって表現が異なり、特に統一されていません。 しかし、どのような表現方法を使ったとしても、 人間で言うところの脳に当たる部分に不具合が出ると、エラー710や71を表示することがあります。 業者によっては「リレー」と表現するケースも考えられますね。 ここが故障してしまうと、当然エラーを出さずに「電源が入らない」というケースも考えられますが、もしエラーを出すんだとすれば「的外れなエラーを出すか、710 あるいは71 を出す」ということが考えられます。 ただし、 エラー710、71を表示している場合の大半は、電装基板の故障と考えて間違いないでしょう。 給湯器の故障においては、「壊れた部品のエラーが表示されるというケースばかりではない」のですが、エラー710、71に関しては基板の故障で間違いないと思います。 エラー710、71の原因とは?• 経年劣化• 落雷 基本的には、このどちらかが原因であることが多いです。 電装基板は経年劣化が見た目的にもハッキリと分かるくらい、緑色から黄色や茶色へと変色します。 見た目だけで「いつ壊れるか」を判断するのは無理ですが、給湯器本体の経年劣化を探る場合は、基板の変色をチェックするのが手っ取り早いですね。 基板の故障自体は、「給湯器内部で水漏れがあり、その水が掛かってしまって故障する」というケースも考えられますが、この場合はエラー710、71を出さずに「そもそもの電源が入らない」という場合が多いです。 また、落雷の場合は基板が焦げているとは限らず、見た目から落雷による被害かどうかを判断するのは非常に難しいので、 火災保険などで落雷保証を受けたいという場合は、ユーザー様から修理業者に相談することが重要と言えます。 そうですね。 こちらも基板の故障原因としては「劣化か落雷」としか言えないので、ユーザー様から「雷がすごかった」と言われれば、雷で壊れた可能性が高いと診断することになるでしょう。 落雷による基板の故障は、保証延長の対象にならない 意外と知られていないのですが、給湯器の製品保証や保証延長は細かな取り決めが用意されており、その中でハッキリと 「落雷は保証されない」と記載されています。 つまり、極端な言い方をすれば「取付した次の日に落雷が原因で壊れたら、給湯器を無料で直すということはできない」ということになります。 それを踏まえると、仮に落雷で給湯器が故障したとしても「雷は鳴っていなかった」と言われれば、それを修理業者が「落雷で壊れたと証明することは非常に難しい」という意味でもあるので、この辺りは 余計なことを言わないようにするのも1つのテクニックかもしれません。 ユーザー側での対処法 エラーの710、71は、ユーザー様がどうこうできるということは無いので、直ちに修理業者を手配することをおすすめします。 もし「1回エラーが出たけど、その後は何事も無かったように使用できている」という場合であれば、様子を見ながら使用するというのも1つかと思いますが、 エラー710、71は自然復旧する類のエラーでは無いので、すぐに再発してしまう恐れがあります。 また、エラーを出していなかったとしても「給湯器本来から『カチカチカチ…』という音が鳴っている」という症状は、エラー710、71の前兆であることが多いです。 「1度だけエラーが出たけど、その後は何ともない」という場合でも、給湯器本体からカチカチ音が確認できるような場合は、すぐさま修理業者を手配することをおすすめします。 部品代は機種によって大きく変わりますし、症状によっては他の不具合と併発している可能性もあるため、ここで示す修理費用はあくまで1つの目安としてお考え下さい。 電装基板不具合エラーの点検内容• しっかりと通電しているか• 電装基板に外観上の破損、水が掛かった形跡等はないか• ユーザー様に落雷などが無かったかを確認 エラー710、71に関しては、「他の部品が悪くてこのエラーを表示する」というケースがほとんどありません。 ほとんどのケースで電装基板が故障しているということは間違いないので、後はそれが外部的な要因で故障したという場合に「他の部品に影響は無さそうか」を確認するのが、メインの診断となります。 被害が軽いケース• 電装基板:10000円~30000円程度• 作業料:10000円以下• 出張料 被害が最小限の場合であれば、エラーを出している電装基板のみの交換でOKです。 基板そのものの部品代が機種によって大きく差があるので、ここでは明確な数字を提示することは難しいですが、ほとんどの機種で20000円以下であることが多いです。 ただし、機種によっては「電装基板と電源基板」の2つが搭載されていることがあります。 この場合は2本設置している蛍光灯のように、 「片側が経年劣化なら、もう片方もすぐに悪くなる」ということが予想できるため、一緒に交換することが多いのでもう少し高くなるかもしれません。 被害が重いケース• 部品代:青天井• 作業料:部品1箇所につき10000円以下• 出張料 被害が重いケースの代表的なものは「落雷」です。 落雷によって基板が故障してしまった場合、どこまで壊れているかがケースバイケースとなります。 基板だけ交換して直るケースもあれば、基板を交換したけど今度は別のエラーが出るというケースも少なくないので、段階を踏んで1つずつ故障を修繕していく必要が出てくるでしょう。 大雑把に言えば「パイプなどを除いて、基板とコネクタで繋がっている部品すべてに故障の可能性がある」ので、 ひどい時の修理費用はどこまでも高くなると思われます。

次の

ノーリツのガス給湯器が故障!エラーコードが表示される原因と対処方法まとめ

ノーリツ 給湯 器 エラー 710

エラー番号 エラー内容 対処方法 002 水位設定不良 再度ふろ自動スイッチを押すと故障表示が消えるので、次回おふろの自動沸かしをするとき、浴槽内に残り湯がない状態で行って下さい。 (それ以降は残り湯があっても自動沸かしできます。 ) 003 運転中の停電 停電後の初回E-con(一部暖房端末からの運転)暖房運転時に表示されます。 熱源器リモコンの暖房スイッチを「入」にして下さい。 熱源器リモコンを使用していない場合は、再度暖房スイッチを押してOFFにして下さい。 012 追焚を連続90分以上運転 運転スイッチ「切」「入」して追い焚き運転をして下さい。 浴槽の排水栓をし、再操作をして表示が出なければ正常です。 043 暖房水不足 暖房水を補給して下さい。 解消されない場合は、サービスにご依頼下さい。 102 ふろ燃焼異常(能力低下運転) 能力低下の状態で運転はできますが、安全のために早めに点検を受けてください。 103 暖房燃焼異常(警告表示) 安全のために点検を受けて下さい。 もし、ガスコンロなど他のガス機器が点火し、ガスの元栓が開いている状態でも改善されない場合は、ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 ガスメータ、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。 解消されない場合にはノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 ・ガス栓、オイルタンク元栓が開いているか確認して下さい。 ・(ガス製品の場合)ガスメータ(マイコンメータ)がガス遮断していないか確認して下さい。 解消されない場合は、ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 122 ふろ立ち消え安全装置作動 ・(ガス製品の場合)ガスコンロ等の他のガス器具の点火を確認して下さい。 ・ガスメータ、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。 解消されない場合にはノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 123 暖房立ち消え安全装置作動 ・運転スイッチ(暖房付きは放熱器・床暖なども)の運転を「切」にして下さい。 ・ガスメータ、ガス元栓、オイル元栓等を確認して下さい。 解消されない場合にはノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 解消されない場合にはノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 163 暖房温度コントロール不能 ・暖房配管の施工間違えを確認して下さい。 ・暖房配管の循環不良ないか確認が必要です。 ・床暖熱動弁の作動を確認して下さい。 解消されない場合にはノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 170 ドレン金具逆止弁異常 ・ドレン排水機構の点検が必要です。 サービスにご連絡ください。 173 暖房回路漏水検知 ・暖房配管などの点検が必要です。 ・暖房配管の中に空気が残っていないか エア噛み 確認して下さい。 ・配管の漏れ点検下さい。 ・試運転時には電源リセットして解消されるか確認して下さい。 解消されない場合にはサービスご依頼下さい。 190 ドレンタンク水位電極異常 ・ドレンタンクの水位電極のコネクタの接続の点検が必要です。 サービスにご連絡ください。 193 電源・電装線地絡検出 ・コード類の点検が必要です。 サービスにご連絡ください。 危険な場合ありますので運転しないで下さい 252 ふろ水流スイッチ異常 ・サービスご依頼下さい。 290 中和器異常 ・中和器の点検が必要です。 サービスにご連絡ください。 300 F点サーミスタ異常 ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 ・運転スイッチ「入」「切」し再度自動運転を行なって下さい。 解消されない場合にはサービスご依頼下さい。 563 暖房熱動弁異常(自動試運転時) ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 または、循環金具のフィルター詰まりを確認し、清掃をしてください。 それでも改善されないようならばノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 640 ドレンポンプ異常 ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 642 ふろポンプ異常 643 暖房ポンプ異常 651 水量サーボ異常 652 流量調整弁異常 661 バイパス水量サーボ異常 700 電装基板異常 ・リモコン型番が適合しているか確認して下さい。 ・電源をコンセントから抜き挿しして下さい。 解消されない場合にはサービスご依頼下さい。 710 燃焼制御回路 ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 試運転時に表示されるのは正常です。 00F 水張り動作時に表示 暖房試運転時に表示されるのは正常です。 水張りスイッチをOFFすれば表示は消えます。 運転スイッチをリセットしても表示は消えません LLL ガス未開栓でのふろ自動試運転 ガス未開栓でふろ自動試運転を行い、水で水位設定完了した場合にLLL表示となります。 その場合には正常です。 LL0 給油お知らせ (FC-1接続時) 運転OFF時のみ表示される機種あり) ・オイルタンクに灯油を補給してください E16 暖房水位検出装置系統異常 ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 E0E ふろ燃焼検出装置系統異常 ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 E1P リモコン接続時の本体操作コネクター抜き忘れ E1P リモコン接続時の本体操作コネクター抜き忘れ、今まで正常に使用していた場合サービスご依頼下さい。 ガス・石油 E2C 給湯用水量センサー系統異常 ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。 E2E 給湯水量サーボ系統異常 E2F バイパス水量サーボ系統異常 E2L 水位設定不良 浴槽の水を抜いた後、コンセントを抜き差ししてふろ自動運転をして下さい。 U3H リモコン、コントローラ系統伝送通信不良 今まで使用していた場合には電源をコンセントを抜き差しして下さい。 解消されない場合にはサービスご依頼下さい。 U3L U3P 10 給排気異常(能力低下運転) 能力低下の状態で使用はできますが安全のため点検を受けて下さい。 65 水量調整弁異常 ノーリツ修理依頼窓口へご依頼下さい。

次の