ロップ イヤー。 料理メニュー : ロップイヤー

ホーランドロップイヤー

ロップ イヤー

5~5キロ ロップイヤーの特徴は大きい垂れ耳です。 子供の頃は耳が垂れていない子も居ますが、大人になるにつれてだらーんと垂れてきます。 少し潰れたような鼻も特徴の一つ。 もともとは大型のうさぎだったのですが、品種改良により小型化してきました。 ロップイヤーはうさぎの中でもペットとしてトップレベルの人気を持つ種類です。 好奇心旺盛で人懐っこい面もあり、なつけば自分から飼い主さんの方によってきて甘えてくれますよ。 知能が高いので、飼い主さんの行動を見ていて意図を読み取って遊ぶ事もあります。 普段はだらーんとしていて、遊ぶときはとても活発というギャップもロップイヤーの魅力の一つです。 大型のチェーン店などでは、取り扱っているうさぎの写真を掲載しているので、リサーチしやすいと思います。 通常のペットショップと比べて値段は高くなってしまいますが、うさぎ専門店での購入もおすすめです。 うさぎ専門店では、多くの種類や毛色のうさぎを取り扱っているので、好みのうさぎを見つけやすいですし、飼育後のサポートを付けてくれるお店もあります。 中には3色以上入っている個体も居て、『トライカラー』と呼ばれています。 ロップイヤーの寿命 平均寿命は6年~8年程と言われています。 中には10年以上生きる子も居ますが、5年生きられない子も多いです。 後述になりますが、 うさぎはストレスに弱いため飼育環境によっても寿命の長さは変わってきます。 ストレスが原因になって病気になってしまったり、急に餌を食べなくなってしまったり、糞が小さくなったり、急に体調を崩してしまう事もあります。 ストレスをなるべく与えない環境での飼育も大切ですが、異常が見られた時に、すぐに気づけるように日ごろから観察しておくのも重要です。 ケージの底部分のトレイやトイレは2日に1回くらいの頻度で掃除してあげてください。 ケージ全体は1週間に1度くらいの頻度で丸洗いするかきれいに拭いてあげましょう。 特にケージの底部分が汚れているとお尻の部分が汚れやすく、ロップイヤーは耳が長いため耳も汚れてしまう事があります。 ストレスだけではなく、皮膚病の原因になるので清潔な飼育環境はとても重要です。 ロップイヤーは活発な性格をしているので、 ケージにずっと入れておくとストレスの原因になる事があります。 1日に1度はケージから出してお部屋の中で散歩をさせてあげてください。 ケージから出す際は、電気コードなどを齧ってしまわないようにあらかじめ片付けておきましょう。 うさぎは汗をかくことができないため、人間のように扇風機で涼しさを感じる事ができません。 室温の管理は必ずエアコンを使う必要があります。 ケージの近くに温度計を設置して置くとより確実に室温の管理ができます。 チモシーはうさぎがいつでも食べられるように牧草入れに多めに入れておきましょう。 ペレットはチモシーに不足している栄養分を補うために与えます。 ペレットは与えすぎると肥満の原因になるため注意しましょう。 餌は1日に2回、決まった時間にあげてください。 野菜やドライパイナップルなどのおやつは与えると喜びます。 爪切りは抱っこして行わなければならないので、抱っこが苦手な子は飼い主さんがしてあげる事は難しいです。 あまりにも嫌がるようであれば動物病院で切ってもらいましょう。 ロップイヤーは耳が大きく垂れ下がっているため、 汚れたり傷が出来やすいので定期的に掃除してあげましょう。 耳掃除を行う時に、耳の中に異常がないかも確認してください。 かかりつけの病院があると診察の際スムーズになります。 大きすぎてもストレスの原因になったり、お手入れも大変になるため 適度なものがベストです。 床の素材にも注意しましょう。 金網タイプは足を傷つけてしまう危険があるため、すのこタイプかプラスチックタイプがおすすめです。 取っ手が付いている物を選ぶと移動の際に楽になります。 うさぎが家の環境に慣れてきたら始めましょう。 ブラシは喜ぶ子もいますが、嫌がる子も多いです。 爪切りもブラシも素早く終わらせて、終わったら褒めてあげるのがコツです。 ブラシには通常のものと長毛種用のものがあります。 ペットのロップイヤーの毛の長さにあったものを選びましょう。 丸洗いしやすくて傷みにくい物が良いです。 こちらもお掃除しやすいものを選びましょう。 トイレには長方形のタイプと三角形のタイプがあり、大きさも様々です。 飼っているうさぎの大きさにあったものを選びましょう。 コストはかかりますが、ペットシーツがあるだけで掃除がかなり楽になります。 ペットシーツは2日に1度は交換してあげましょう。

次の

【ウサギ】垂れ耳、ちんくしゃ・ロップイヤーは可愛さ100%

ロップ イヤー

ロップイヤーとは ロップイヤーとはスペイン原産のアナウサギをペット用として改良したウサギです。 長く垂れ下がった耳と丸く潰れた鼻が特徴的で、ネザーランド・ドワーフと並んでペットとして人気の根強い種類です。 種類や性格 ロップイヤーの種類は多く存在し、ペットとして一番人気で人懐っこい性格の「ホーランドロップ」、ライオンのたてがみの様な飾り毛のある「ライオンロップ」、ロップイヤーの中でも時に耳の長い「イングリッシュロップ」など様々です。 性格は穏やかで人懐っこいですが、好奇心旺盛で活発な一面もあります。 ペットとして飼育しやすい種類なので、初心者の方にもおすすめです。 飼育方法と必要なアイテム 用意するもの ロップイヤーを飼育する際に必要となるケージは、広すぎず狭すぎずのものを選びましょう。 ウサギは縄張り意識が強いため、広すぎるケージだとストレスになってしまいます。 トイレ、水入れ、餌入れをケージ内に用意し、残りのスペースをロップイヤーが適度に動き回ることのできる大きさのケージで十分です。 ウサギのケージの床材は金網よりも木製のすのこを使用することをおすすめします。 金網はウサギの足を痛めてしまう可能性もあり、また、尿がかかった部分が錆び付いてしまうなど健康上あまり良くありません。 ウサギの足に負担のかからない、幅広の木製のすのこを選びましょう。 すのこの下には新聞紙を敷くと掃除の際に便利です。 ウサギは隅にトイレをする習性があるので、トイレはケージの隅に設置できるよう三角型や四角型のものを選びます。 トイレ材は新聞紙やおがくず、または猫の砂をトイレ網の下に敷きます。 ウサギの尿は臭いが強いので、消臭効果のある猫の砂を利用すると良いでしょう。 日常の世話 ケージ全体の掃除は週に1回行ってあげます。 木製のすのこは洗剤とブラシを使い、尿やフンが付いたところをよく洗ってあげ、天日干しし殺菌します。 ケージ内は濡らしたタオルで拭いてあげ、菌が繁殖しないようにしましょう。 トイレ掃除は毎日朝晩の2回してあげるのが理想です。 ウサギは用を足す回数が多く、またキレイ好きな動物でもあります。 そのため、どんなに忙しくても必ず毎日1回は掃除を行ってあげましょう。 ウサギは知能が高く、好奇心旺盛で遊び好きです。 常にケージの中での生活はストレスの原因となってしまいますので、1日に最低でも20分~30分はケージの外で遊ばせてあげましょう。 フローリングなどの床材はウサギが滑って怪我、最悪の場合は骨折にまで至ってしまいます。 滑りずらいフェルト素材などのジャイアントマットを敷いて遊ばせましょう。 その他、爪切りやブラシも用意しましょう。 ウサギの爪は2週間に1回又は1か月に1回など、伸びるペースに合わせて切ってあげます。 また、ロップイヤーは比較的被毛が長いので、こまめにブラッシングもしてあげましょう。 温度について ロップイヤーは寒さにあまり強くありません。 適温は20度~25度ですので、季節に応じてエアコンやヒーターなどで調節してあげるようにしましょう。 餌 ウサギは完全草食性で主に牧草を食べます。 ロップイヤーの餌には6割「チモシー」や「アルファルファ」などの牧草を与え、残り4割はウサギ用のペレットを与えると栄養バランスが取れて良いです。 ウサギ用のペレットには、ハーブやコエンザイムQ10などが添加された、健康により配慮した餌も売られているので、その子の体調に合わせた餌を選びましょう。 また、おやつとして果物や野菜などを与えてあげるとミネラル補給になりおすすめです。

次の

東京│本駒込 パティスリー・ロップイヤー【シュークリーム向上委員会】

ロップ イヤー

ロップイヤーの種類と特徴 現在、ロップイヤーは全部で6種類とされています。 共通する特徴は前述した「たらんと垂らした耳」ですが、それ以外の体長や体重などは種類ごとに異なってきます。 紹介する1種類目は、原種にあたる「イングリッシュロップイヤー」です。 イギリスが原産のうさぎで、ペット用に改良された世界初のうさぎとも言われています。 大きさは平均35~45cm、体重は平均5kgです。 もちろん、これより大きくなるイングリッシュロップイヤーもいます。 長いだけでなく左右の横幅も広い耳が特徴的で、とにかく「耳が大きい」という印象を持たれやすいうさぎです。 次に「ホーランドロップイヤー」を紹介します。 オランダが原産のうさぎで、ロップイヤーの中では最小種とされています。 平均体重1. 5kg~2kgと小柄な身体を持っているだけでなく、穏やかな性格の子が多いため、うさぎの飼育初心者におすすめされやすいうさぎです。 その愛らしい外見と性格から、セラピーアニマルとして活躍することも多くあります。 3種類目は「アメリカンファジーロップイヤー」です。 アメリカが原産のうさぎで、「アメファジ」という愛称を持っています。 ホーランドロップイヤーの次に人気の種類と言われており、毛色に幅広いバリエーションを持っているのが特徴です。 4種類目に紹介するのは「ライオンヘッドロップイヤー」です。 ベルギー原産のうさぎで、名前の通りライオンのたてがみのような毛をしているのが特徴です。 長毛種と短毛種がいるほか、ドワーフ系の立て耳とロップイヤー系のたれ耳に種類が分かれるので、ショップで購入する際はしっかり確認をしましょう。 次に紹介する5種類目のロップイヤーは「フレンチロップイヤー」です。 ロップイヤーの中でも一番大きな体格を持つ種類のうさぎで、平均体重は5kgと言われていますが中には10kg近くの大きさになる子もいます。 小さいうさぎが飼いたいという人には向かない種類ですが、中型犬くらいの大きさになるのを期待している人には最もおすすめです。 最後に紹介するのは「ヴェルベッティンロップイヤー」です。 アメリカが原産で、近年生まれた品種です。 ベルベットのような手触りと芸を覚える子がいるほど賢いのが特徴で、ペットショップでもほとんど見かけないほど珍しく人気が高い種類となっています。 ロップイヤーの色は何種類? ロップイヤーの毛色は多様で、何種類と言い切るのは難しいのが現状です。 ただ、毛色の付き方はいくつかパターン化されていますのでそれを紹介したいと思います。 まず「セルフ」または「ソリッド」と呼ばれる毛色のパターンです。 毛色が1色のみで、ブラックやブラックが薄まった印象のブルー、濃い茶色であるチョコレートカラーやチョコレートカラーが薄まったライラック、ホワイトカラーの子がよく見られます。 また、ホワイトカラーの子の場合はピンクやレッド、ブルーなど瞳の色で価値が変わってくるとも言われています。 そのため、ホワイトカラーの子が欲しいと思った場合は瞳のカラーにも注目するようにしましょう。 次に「シェイデッド」と呼ばれる毛色パターンですが、これはしっぽや背中、脚、耳や鼻先のカラーが濃くお腹に向かってグラデーションになっているのが特徴です。 シャム猫とよく似た毛色のパターンであることも特徴的です。 子うさぎのときは単色と思われていても、大きくなるにつれ身体の一部の毛がどんどん濃くなっていきシェイデッドであることが分かったということも珍しくありません。 主な毛色は薄い茶色のようなパール、先端がブラックのフロステッドパールブラック、先端がブルーのフロステッドパールブルーなどです。 グラデーションの組み合わせによってカラーの種類もかなり豊富にあるのがシェイデッドの特徴と言えます。 最後に「ブロークン」と呼ばれる毛色パターンですが、これは白をベースに身体の様々なところにぶちが入る毛色パターンのことです。 ぶちの種類によってさらに細かく種類が分かれますが、基本的にはこの3パターンの毛の入り方があると押さえておけばいいでしょう。 以上が主な毛色と毛色パターンの種類になりますが、これ以外にも数え切れないほどの毛色の種類がうさぎにはあり、ショップで販売されているロップイヤーの場合純潔ではなく様々な遺伝子が混じっている子がほとんどですので、「遺伝や種族的にこのパターンのこのカラーだと断言できる」という子は実は多くありません。 特にアメファジは多様な毛色を持っているのが特徴ですので、子うさぎの頃から飼育を始める場合はどのような毛色や毛のパターンに成長するか見守るのも楽しみの一つと言えそうです。 ロップイヤーの価格はいくら? 最小種のホーランドロップイヤーが平均3万円ほどで、そこから体格などが大きくなるにつれ値上がりする傾向があります。 中型犬ほどの大きさになる可能性を持っているフレンチロップイヤーが平均8万円ほどの価格のほか、毛並みが美しく人気が高いヴェルベッティンロップイヤーが平均6万円ほどの価格になります。 これらの生体価格にケージやえさ代などを含めた初期費用は、おおよそ5万円~10万円と見ておくのが無難でしょう。 犬や猫などと比べると、ロップイヤーのうさぎは比較的安値でショップから購入・飼育ができる動物となっています。 ロップイヤーの性格はおだやか うさぎの中には、可愛らしい外見から抱くおだやかなイメージと反し、縄張り意識が強く気性の荒い性格をした子も珍しくありません。 特に野生に近い品種の子の場合、その傾向は顕著です。 それに対し、ロップイヤーはペット用に品種改良された歴史の長いうさぎですので、どちらかというと全体的におだやかな性格の子が多い傾向にあります。 ただ、アメファジなどは縄張り意識の強い子が多く、多頭飼いに向いていないという特徴があります。 ほとんどのロップイヤーが人なつっこくおだやかな性格です。 しかし、他のうさぎには厳しい態度を示す子も珍しくありません。 多頭飼いを前提として家に迎える場合は、その子の性格を事前にショップやブリーダーなどから確認しておきましょう。 中には、生まれ育った環境から後天的に人になつかない性格になってしまう子もいます。 生来おだやかな気質を持ったうさぎがロップイヤーですので、そのような子を飼育する場合、信頼を得られるよう時間をかけ接してあげてください。 また、それ以外の性格として「おだやか」であるほか、「賢い」というのも特徴として挙げられます。 個体差が出やすい部分ではありますが、平均的に見て賢い子が多くしつけがしやすいうさぎです。 特に、ヴェルベッティンロップイヤーなどは芸を覚えるくらい賢い子が多いと言われています。 お迎えした際は、一芸を覚えさせてみるも楽しいかもしれません。 ロップイヤーの体重やサイズは? 種類によって体重やサイズが異なるのがロップイヤーの特徴です。 原種と言われているイングリッシュロップイヤーが約40cmのサイズに体重約4〜5kgとなっており、平均よりやや大きめのサイズ感となっています。 アメリカンファジーロップイヤーやライオンヘッドロップイヤー、ホーランドロップイヤーは小さな体格を持った子が多く、体重も約3kg、サイズも30cmほどと小柄な印象を受けます。 逆にフレンチロップイヤーは平均5kgほどになりますので、平均より大柄に育っていくでしょう。 ペットショップで扱われているロップイヤーの多くが純潔ではなくロップイヤー同士で遺伝子の混ざった子なので、予想よりも小柄だった・予想よりも大きく育ったということがありえます。 どれくらいの大きさになるかの目安として親の体格などを表記しているショップもありますので、お迎えするうさぎを決める際それらの情報を参考にするのもおすすめです。 平均的なサイズとして、30~50cm、5kg前後と認識しておくとケージのサイズなどで失敗する可能性は減らせるでしょう。 ロップイヤーの寿命はどのくらい? ロップイヤーの寿命は、平均5~7年ほどと言われています。 飼育環境によっては10年近く生きる子もいますが、逆にどれだけ手をかけてあげても短命となってしまう子もいるので一概には言えません。 またロップイヤーの場合、毛玉をお腹に溜め込んで食欲不振や便秘の原因にしてしまう「毛球症」や、手足の毛が抜けることで床などと擦れ皮膚炎を起こしてしまう「ソアホック」という病気に特にかかりやすいと言われています。 これらの病気を防ぎ健康状態を維持できるかによって寿命というのは変わってきてしまいます。 お迎えした際は、うさぎの健康のためにもこまめなブラッシングや爪切り、定期的な健康診断と清潔な環境作りなどを徹底するよう心がけましょう。 まとめ 以上がロップイヤーの紹介になります。 原種とされているイングリッシュロップイヤーのほか、ホーランドロップイヤーやアメリカンファジーロップイヤーなどペット用に品種改良を遂げ、たれ耳の愛らしい外見で魅了してくれる高い人気を持つうさぎです。 賢く人によく懐く個体が多いので、うさぎを初めて飼う人にも向いているのが特徴です。 縄張り意識が強い子もいますが、多頭飼いできる穏やかな子も多くいますので「もう一匹飼いたい」と思っている人にもおすすめできるうさぎと言えます。 (2019年現在).

次の