ながら スマホ 信号 待ち。 信号待ちでスマホを操作……捕まる? 捕まらない?【ながら運転厳罰化】

信号待ちのスマホ・携帯電話は違反なの?違反にならないために注意すべき3つのポイント

ながら スマホ 信号 待ち

車の運転中に携帯電話・スマホを利用すると罰則はどうなる? 車の運転中のスマホ操作は、今でも禁止されています。 スマホ操作への罰則には2段階あります。 携帯電話使用等(保持) 運転中に携帯電話やスマホを使用することが禁止されます。 改正前の罰則は「5万円以下の罰金」ですが、改正後は「6か月以下の懲役または10万円以下の罰金刑」に引き上げられます。 携帯電話使用等(交通事故を起こした) 運転中に携帯電話やスマホを操作して交通事故を発生させた場合、さらに重い刑罰が適用されます。 改正前の罰則は「3か月以下の懲役または5万円以下の罰金」ですが、改正後は「1年以下の懲役または30万円以下の罰金刑」となります。 改正後のながら運転の罰則 罰則 携帯電話使用等(保持) 6か月以下の懲役または10万円以下の罰金刑 携帯電話使用等(交通事故を起こした) 1年以下の懲役または30万円以下の罰金刑 ながら運転の反則金はいくら?どう変わる? 道路交通法改正に合わせて、反則金も高額になります。 やはり「スマホ等を使っただけ」の場合と「交通事故を起こした」場合で扱いが異なります。 携帯電話使用等(保持) 運転中にスマホを操作したりカーナビを注視したりすると改正前の場合、以下の通りの反則金が適用されます。 種別 反則金 改正前 大型車 7,000円 普通車 6,000円 二輪車 6,000円 原付 5,000円 一方改正後は以下の通り、反則金の金額が大幅に上がります。 種別 反則金 改正後 大型車 25,000円 普通車 18,000円 二輪車 15,000円 原付 12,000円 携帯電話使用等(交通事故) スマホ利用によって現実に交通事故を発生させた場合、従来は以下の通りの反則金を支払えば刑事裁判を免れることができました。 種別 反則金 改正前 大型車 12,000円 普通車 9,000円 二輪車 7,000円 原付 6,000円 ところが改正法施行後は、「反則金制度の適用はなくなります」。 これまでは反則金を支払えば裁判にされずに見逃してもらうことができましたが、改正法施行後にながら運転をして危険を発生させると「 必ず刑事事件にされます」。 「たかが、ながら運転。 反則金を払ったら見逃してもらえる」などという意識をお持ちの方は、意識改革が必要です。 ながら運転の免許の点数はどう変わる? 道路交通法改正に合わせて、ながらスマホ違反への行政罰(免許の点数加算)も強化されます。 改正前と改正後を比較しましょう。 携帯電話使用等(保持)の点数 改正前は、携帯電話使用等(保持)の場合は1点加算でしたが、改正後は3点加算となります。 携帯電話使用等(交通事故)の点数 改正前は2点加算でしたが、改正後は一気に6点が加算されます。 運転免許の点数制度では6点になると30日間の免許停止となるので、ながら運転で交通事故を起こすと、最低でも30日間は免許停止になってしまいます。 改正後のながら運転の点数 点数 携帯電話使用等(保持) 3点 携帯電話使用等(交通事故を起こした) 6点(最低でも30日間の免許停止) 携帯電話使用等への厳罰化はいつから? ながら運転の厳罰化はいつから開始されるのでしょうか? 携帯電話使用等に対する厳罰化を定めた法律が施行されるのは、2019年12月1日です。 それ以降にながら運転をしたり交通事故を起こしたりすると、上記のようなこれまでとは異なる重い刑罰や行政罰が適用されるので、注意が必要です。 罰金と反則金の違いは? ところで世間では「罰金」と「反則金」の違いが分からない方が結構たくさんいらっしゃるので、ここで簡単にご説明します。 罰金は「刑事罰」です。 犯罪行為をしたときに適用されるもので、罰金を科されたら「前科」がつきます。 反則金は刑事罰ではありません。 軽い交通違反を犯したときに反則金を払えば「刑事事件にされずに済む」制度です。 反則金を支払えば刑事事件にならないので、前科がつくことはありません。 反則金制度が適用されるのは「軽微な交通違反」のケースのみです。 今回、ながらスマホで交通事故を起こした場合、反則金制度の適用はなくなって、基本的に「必ず刑事事件にされる」ことになりました。 法律上どうなってる?道路交通法の携帯電話使用違反の条文はこれ 携帯電話使用等を禁止する条文は、道路交通法71条5の5です。 少しわかりやすくまとめると、以下のようなことを規定内容となっています。 道路交通法71条5の5「自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。 」 罰則は道路交通法119条1項9の3、120条1項11号に定められています。 119条1項9の3が「交通事故を起こした場合」、120条1項11号は「捜査しただけの場合」の条文です。 停車中や信号待ちにスマホを触っても違反にならないの? 停車中や信号待ち時にスマホを触る場合には「携帯電話使用等違反」になりません。 しかし発進した瞬間に触っていたり画面を見ていたりすると違法になるので、信号待ちの際などにはスマホを操作すべきではありません。 どうしても使いたいときには脇に寄せて停車してからするか、同乗者に操作してもらいましょう。 運転中のハンズフリー通話(イヤホン)はOK?カーナビの操作は? 道路交通法が禁止している「携帯電話使用等」にはどこまでの行為が含まれるのでしょうか? たとえばイヤホンを使ってハンズフリー通話を利用したりカーナビを操作したりした場合にも違反となるのでしょうか? ハンズフリー通話について ハンズフリーに関しては、「走行中に一切操作をしない」条件であれば携帯電話使用等違反になりません。 たとえば発進前に相手との通信などの操作を終えており、走行中は「話しているだけ」であれば違反ではありません。 しかし走行中に通話を終了するための操作をすると違法です。 画面を見ても違法です。 また両耳がふさがっていると別の道路交通法違反になるので、イヤホンを使うなら片耳にする必要があります。 ヘッドホンは両耳がふさがるので違反です。 さらにイヤホンが片耳であっても「条例で禁止されている地域」があるので要注意です。 このようなリスクを考えると、運転中のハンズフリー通話は利用しないに越したことはありません。 カーナビについて カーナビに関しても基本的に同じ考えであり、「走行中に注視する、操作するのは違法」です。 カーナビをつけたとしても、「走行中に画面を注視してはいけません」しもちろん操作もしてはいけません。 何秒以上見たら違反という明確な基準はありませんが、疑いをかけられないためには運転中はほとんどカーナビの方を見ない方が良いでしょう。 どうしてもカーナビを見たい、利用したいなら路肩などに車を寄せて確認しましょう。 2019年12月1日からは運転中のスマホ利用に対する罰則や行政罰が大幅に強化されました。 今後は、運転中に軽い気持ちでスマホやカーナビを利用せず、意識を変えて慎重に対応する必要があります。 Google AdSense.

次の

信号待ちで携帯をつかうのは違反なのか・捕まるか・停止している場合

ながら スマホ 信号 待ち

ながらスマホ運転の罰則強化! 平成30年中の携帯電話使用による交通事故は、2790件で過去5年間で約1. 4倍に増加し、中でもカーナビなどの注視中の事故が多発しています。 また携帯電話の使用なしとありで比較すると死亡率が約2. 1倍だといいます。 ここまで使用マナーが酷いと厳重化もやむを得ないところでしょう。 つまり一発免停ということに 運転する者にとってはかなり厳しい改正となりましたね。 当然の流れだから仕方のないことですが。 ながらスマホ運転の信号待ちも違反?他の場面は? 運転する人はスマートフォンの使うタイミングを考えないといけないですね。 車内や停止中のときはどうなんでしょうか。 どうしても使わないといけない時があるかと思います。 そういうときは車を停車して使用しましょう。 基本的に携帯電話スマホの使用は停車中であれば違反にはなりません。 信号待ちのときはどうかというと、かえって危険なので、やめた方がよいです。 車載のカーナビやホルダーに固定したスマートフォン これについては、「2秒以上画面を見続けるとアウト」みたいです。 よく考えてみたら2秒見続けたら、時速60キロなら33メートル進みますので、かなり危険です。 電話での会話 電話での会話については、走行中でも基本的にハンズフリーであればOKです。 またイヤホンなど両耳をふさぐのはダメです。 片耳ならOK。 おわりに さて皆様いかがでしたでしょうか? 今回は 「ながらスマホ運転の罰則強化どこからどこまで?信号待ちも違反?」と題してお送りさせていただきました。 ながらスマホに対して罰則が強化されましたが、歩きスマホも気を付けなければならないですね。 ライン漫画を読んでいて高速道路を走行して死亡させた例があります。 車を運転をする機会がない筆者には考えられないですが、自分のことと思って戒めようかと思います。 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

スマホながら運転の罰則強化!どこまで適用される?信号待ちや自転車は?

ながら スマホ 信号 待ち

2019年12月1日より改正道路交通法が施行され、携帯電話・スマートフォンなどの画面を見る等の「ながら運転」が罰則強化され、罰金や違反点数が引き上げされます。 ここで気になるのが、ながら運転の対象になる内容がなにか?ということですね。 スマートフォンはもちろんですが、ハンズフリー通話もながら運転になるのでしょうか? カーナビや食べ物を飲食したりした場合も対象になるのでしょうか? 今回の罰則強化により、ながら運転で免停になる場合もあります。 どういったケースで免停になってしまうのでしょうか? 罰則や罰金、反則金がどのように変わるのかも気になるところです。 本記事では、2019年12月1日より新たに施行される改正道路交通法のながら運転に関する内容をまとめています。 2019年12月1日より改正道路交通法が施行 2019年12月1日より、改正道路交通法が施行されます。 これにより、スマートフォンなどを使用してのながら運転が厳罰化され、罰則は約3倍に。 スマートフォンが当たり前になった近年、運転中に使用する方が増え、交通事故が後を絶ちません。 運転中でもSNS等は気になるので、ついつい触ってしまいますよね・・・。 今回の改正道路交通法の施行により、改正前と改正後の変更点、どういった事項が違反の対象になってしまうのか、気になることがたくさんあります。 警視庁のホームページ等に詳細は書かれていますが、正直わかりづらい所も多いですよね。 そこで、どのように変わるのかをかいつまんでわかりやすく解説していきます。 改正道路交通法施行後の罰金・違反点数は? まず、改正道路交通法が施行されることにより、違反点数、罰金、反則金が大きく変わります。 警視庁のホームページに公開されているデータをもとに、画像でまとめてみました。 違反点数は3倍に、反則金や罰金は2倍~3倍近く引き上げとなります。 また、2019年11月30日までは、ながら運転による交通の危険の反則金がありました。 しかし、2019年12月1日以降は反則金がなくなります。 反則金はなくなりますが、点数が引き上げとなったことで一発免停の対象になります。 一発免停の詳細については、本記事の後半でもっと詳しく説明しますね。 ながら運転の定義は? 今回の改正道路交通法の施行により、ながら運転への罰則がかなり厳しくなります。 そもそも、ながら運転の定義とはなんなのでしょうか? 「ながら運転」とは、運転に必要がない、関係がない行為をしながら運転をすることをいいます。 例えば、脇見運転もふくまれるのですが、今はスマートフォンの使用が圧倒的に多いですよね。 スマートフォンやカーナビの操作、画面を注視する行為は「ながら運転」に含まれます。 自動車が約60kmで走行した場合。 2秒間の間に約33. 3m進むのですが、突然子どもが飛び出してきて「あっ!!」と思ってブレーキを踏んでからでは遅いのです。 徐行運転していればながら運転にはならないのか?というわけではありません。 車が走っている、タイヤが動いている状態でスマートフォンなどを操作することは「ながら運転」になってしまうのです。 ながら運転の対象になるのは? ここで気になるのが、 ながら運転の対象になる行為はどのようなことなのか?ということですね。 車でのながら運転はスマートフォンのイメージが強いですが、他にも車の中で別のことをしている方もたくさんいると思います。 例えば、ハンズフリーを使っての通話、カーナビの操作、飲食、メイクなど・・・。 これら全てがながら運転とみなされてしまうのか、判断が難しいところです。 以下で、各行為がながら運転になるのかをまとめていきますね。 スマートフォンの操作は? 確実にながら運転の対象となるのが「 スマートフォンの操作」です。 スマートフォンを見る場合、画面を注視しますね。 画面を注視する行為は、ながら運転とみなされます。 当然ながら、スマホを耳に当てての通話も操作に該当します。 スマホでナビを出して見る行為も操作に該当しますので、「ナビを見ていた」という理由があったとしても、罰則の対象になります。 車に乗ったら、スマホはカバンの中にしまっておくなど、自分の中で徹底して触らない意志を持つようにしたいですね。 カーナビの操作は? 最近の車には、カーナビがついていることがほとんどです。 わからない場所へ行くときはナビを使用すると思いますし、次はどこで曲がるのか?などをチェックしますよね。 カーナビの操作については、ながら運転の対象になります。 走行中にカーナビの設定を触ると罰則の対象になってしまうんですね。 操作や画面を注視することは、ながら運転になります。 ただ、カーナビの画面を注視してながら運転とみなされるという点はちょっと気になる部分でもあります。 行き先がわからないからナビを設定しているので、次の進行方向を運転中にチェックしてしまいますよね・・・。 これらの行為も画面を注視している対象になってしまうとなると、カーナビの画面を見ることができません・・・。 あくまでも音声で聞き取って判断しなさい、ということなんでしょうか・・・。 当然ながら、カーナビでDVDを見る、テレビを見ての走行は「ながら運転」の対象になります。 ハンズフリー通話は? スマホの操作がながら運転の対象になるということは、「 ハンズフリーによる通話も対象になるのか?」が気になります。 ハンズフリーの通話に関しては、法律的には違反にはなりません。 ただし、 通話に出るために画面を注視した場合は、ながら運転の対象になります。 ハンズフリー通話の場合、画面を注視して通話に出なくてはいけないことが多いかもしれません。 しかし、最近の車にはBluetoothが搭載されており、ハンドル付近にあるボタン1つで電話に出ることができます。 耳にイヤホンをつけておく必要がなく、車のスピーカーから相手の声が流れ、車に搭載されているマイクが自分の声を拾ってくれます。 そのため、スマホの画面を見ることなく通話ができる便利な機能も増えてきましたが、これらを使用しての通話は罰則の対象外になります。 もしくは、Bluetoothのイヤホンを耳にした状態で、イヤホンのボタンで通話に出る行為も罰則の対象外になります。 あくまで、画面を注視して通話に出る、通話をすることが禁止されています。 ・・・が、地域によってはイヤホンの使用自体を禁止している場合がありますので、その点はご注意ください。 飲食やタバコは? 車の中で多くの方がしていると思いますが、 飲食やタバコもながら運転になるのか?が気になるところです。 こちらに関しては、法律的には違反の対象にはなりません。 ながら運転の罰則が明確にされているのは、スマホやカーナビの操作に関してです。 そのため、運転しながら飲食したりタバコを吸っていても問題はありません。 ただし、安全運転義務違反に抵触する行為が対象になることもあります。 例えば、両手を使わないと食べられないようなカップラーメンを食べながらの運転等ですね。 片手で何かを食べる、飲む等は問題ないのですが、ハンドル操作に支障をきたすような飲食等はアウトです。 信号待ちのスマホ操作はどうなる? ながら運転の中でも1番気になっているのが「 信号待ちでスマホ操作をした場合はどうなるのか?」ということですね。 信号待ちでLINEなどをチェックする方も多いと思います。 結論から言うと、 信号待ちのスマホ操作はかなりグレーゾーンです。 法律的には、 車が停止していれば問題ない、とされています。 つまり、信号待ちで車が完全に止まっていれば違反にはなりません。 しかし、警察官によっては信号待ちでも罰則化の対象にする場合があります。 法律的には違反にはなりませんが、だからといって信号待ちにスマホを触って良いわけではありません。 信号待ちでもスマホは触らないように、マナーモードなどにしておきましょう。 ながら運転で一発免停になる条件は? 今回の改正道路交通法により、厳罰化される「ながら運転 」ですが、一発免停になってしまう条件が話題になりました。 その条件は、 携帯電話の使用等により、道路における交通の危険を生じさせた場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[交通の危険])で違反点数が6点になるため、免許の停止処分の対象となります。 簡単に言うと、携帯電話等を操作して交通事故などを起こした場合、ということですね。 注視している場合だと、免停にはなりません。 事故を起こさなければいいや、という気持ちはなくし、運転中にスマートフォンやカーナビを触る行為は絶対にやめましょう。 どうしてもの場合は、安全な場所に停車して操作するようにしてくださいね。 改正道路交通法が新たに施行されることで、少しでもながら運転による交通事故が減ってほしいですし、1人1人が気をつけていきたいところです。

次の