もち 米 の 蒸し 方。 餅つきの準備と手順、やり方のまとめ:白ごはん.com

餅つきのやり方と手順と方法|餅つき道具レンタル専門店

もち 米 の 蒸し 方

A ベストアンサー オーストラリアの知人シェフ2名によると、二人ともコンビオーブンのスチーム機能を使って蒸しているとのことですので、間違いではないですよ。 お米の種類は何ですか?長米種のほうは水の量を多めにするそうです。 ロング・グレイン米とジャスミン米の場合は、米の表面に人差し指を置いて第一間接くらい、または少し多め、ミディアムまたはショート・グレイン米(すし用の米)の場合は米の量と同量のかさ(2リットルのジャグの米=2リットルの水)か少し多め、といった感じです。 とはいえ、けっこう適当みたいです。 水を浸す時間は、30分-1時間くらいだったり、時間がなければすぐ炊いたり、これもけっこう適当です。 さっと洗った米をオーブン用の角型深トレイに入れ、上記分量の水を入れ、アルミホイルで覆ってふたをし、コンビオーブンのスチームで30分間蒸します。 オーブンから出したら、ふたをしたまま5-10分放置してむらします(これ大事みたいです)。 むらしが終わったら、全体を軽くかき混ぜて、出来上がり。 何度か試すうちにコツがつかめるそうですよ。 そもそもお米の種類が日本のお米と違うので、日本のお米のようにしっとり、ふっくら、といった仕上がりには程遠いですが、蒸すやり方でもそこそこおいしいご飯が炊けるようなので、やっぱり日本人の炊いたお米はおいしい!と思ってもらえるよう頑張ってくださいね。 オーストラリアの知人シェフ2名によると、二人ともコンビオーブンのスチーム機能を使って蒸しているとのことですので、間違いではないですよ。 お米の種類は何ですか?長米種のほうは水の量を多めにするそうです。 ロング・グレイン米とジャスミン米の場合は、米の表面に人差し指を置いて第一間接くらい、または少し多め、ミディアムまたはショート・グレイン米(すし用の米)の場合は米の量と同量のかさ(2リットルのジャグの米=2リットルの水)か少し多め、といった感じです。 とはいえ、けっこう適当みた... Q 人肌恋しい季節にはお酒が何よりです(^^)v そんな訳で「どぶろく」を手に入れました。 その「どぶろく」のアルコール度数を知りたくて酒精計を購入してみました。 そしたら、オーマイゴッッド!!アルコール度数がマイナス4%です(写真を参考)。 それなりの値段がした酒精計ですが、どうなっているのでしょうか? 他のアルコール飲料も調べてみました。 そうしたら、不思議とホワイトリッカー(35度)は正確に35度でしたが、安物の日本酒がなんと!マイナス2%。 料理酒が6%でした。 本来ならどちらも12度ぐらいのものです。 室温(お酒の温度も)20度です。 どうなっているのでしょうか? どぶろくのアルコール度数を知りたかったのでとても楽しみにしておりましたが、なんとなく難しい世界に貼り込んでしまった感じもします。 お酒に詳しい人がいらっしゃると思いますので、そこらへんを教えてください。 よろしくお願い致します。 (現在、別の目的で、屈折式糖度計なるものを注文しています。 それでもアルコール度数が計れたらいいのですが…。 ) A ベストアンサー 酒精計はガラスの浮標タイプともわれますが。 原理は密度計(比重計)です。 従ってエキス分の影響を除くため一旦蒸留します。 屈折式糖度計 これはアルコール分を測定する道具ではありません。 果実などの糖度を測定できるよう目盛を刻んだ屈折計です。 原理的に測定できないのです。 前で蒸留した残りの液(アルコールなし)を100ミリリットルに水で戻し、この液を屈折式糖度計で測定すれば酒のエキス分が分かります。

次の

朴葉もちの作り方

もち 米 の 蒸し 方

餅つき~もち米の洗い方 もち米をお米を洗うように洗ってはいませんか? また、もち米を一切洗わないという人、いませんか? もち米もある程度は洗ってから使われる方をおすすめします。 ただ、お米を洗うように 「研ぐ」のはいけません。 もち米はお米を研ぐように洗えば、粒が壊れてしまいます。 とはいえ、 全く研がないと糠臭くなるので、軽く研いで、頻繁に水を入れ替えます。 とくに1回目は一気に水を入れ、手で軽く混ぜた後、すぐに水を捨ててくださいね。 後は4~5回、すすぐ程度に洗います。 これで大丈夫ですので、水が透明になるまで研いだりはしないでくださいね。 餅つき~もち米の浸水時間は? 問題はこちらかもしれません。 もち米の浸水時間は、餅の美味しさを決めるとも言われています。 家庭用の餅つき機を使っても、炊いているのではなく蒸しています。 日ごろ食べているお米のうるち米は、たっぷりの水を米に吸わせながら炊きあげますが、同じようにもち米を炊くとべちゃべちゃになってしまいます。 べちゃべちゃになるのを避けるために、直接水に触れない「蒸す」という方法を取っています。 もち米をそのまま蒸すと、表面だけ糊化してしまい、水分が内部に浸透しません。 これをついてもおいしくないお餅ができることは、なんとなく理解できますよね。 粒が残ってしまう可能性が大きくなります。 なので加熱前に、内部まで水分を浸透させるために、水に浸すという作業が必要です。 浸水時間は、外気の温度にもよります。 夏にもち米を浸す場合、浸水時間は短めです。 同じように、60度前後の温度の湯で浸す場合は、3~4時間程度でいいとも言われています。 夏には餅をついたことがないので、はっきりとは言えませんが。 お正月用の鏡餅も必要なので年末につくのですが、35キロのもち米をついても我が家以外は、1月後半から2月前半の内に食べ終わってしまうそうです。 なので2月にもう一度つかないか、という話になったのですが、あたたかくなってからはすぐにカビがはえてしまうので断念しました。 餅つきを年末にするのは、お正月用の鏡餅やお雑煮用のお餅が必要だからですよね。 とても寒い時期です。 その時期は浸水時間を長くする必要があります。 6~8時間、12~14時間程度という人が多いようですが、 我が家は40時間以上浸けています。 大量につくので、浸したもち米を置いておくのはガレージです。 とても寒いですので、もち米の内部までたっぷり水分を浸透させるには、1晩つけておくだけでは無理なんじゃないかと思いますね。 いつも 餅つきをする日の2日前の午後にもち米を洗って浸けておきます。 もち米の量と必要な水が書かれています。 1回につけるもち米の量に対しての必要な水ですので、おおよそどのくらいと書くことはできませんので、ご了承ください。 もち米を布巾に乗せ、水(湯)に浸からないよう設置し、 常に強火で蒸します。 しっかりお湯が沸いて、今すぐ蒸せる状態の鍋の上に置くようにしてくださいね。 杵と臼で餅つきをする場合は、ほとんどの場合、蒸し機もセットで使用します。 2、3段つまれたセイロを大きな鍋にたっぷりのお湯が入っている上に設置します。 鍋の下からどんどん火を入れ、常に強火でもち米を蒸します。 詳しくはをご覧ください。 「蒸す」から「炊く」になっていますから、上手くいかないのではないでしょうか? もち米を炊く機能が付いたものもありますが、それでも「炊く」ので、蒸したときのように、むらなく均一に火を通すことは難しいのではないかと。 または無理やり水分を吸わすので、水分が多くなり、柔らかすぎる餅になる気もしますね。 たいてい30~40分ほどで、時間が近づいてきたら蓋をあけてもち米の固さを確認します。 もち米の固さは、 米に芯が残っていない程度、赤飯程度の固さです。 30~40分したら、もち米の固さを確認してください。 もち米の固さは、 米に芯が残っていない程度、赤飯程度の固さです。 おわりに 餅つきに必要なのは、浸水時間だけではありません。 とくに杵と臼を使ってつく場合は、 蒸したもち米をいかに早くつきあげられるかにかかっています。 せっかくいい具合に蒸すことができても、つくときにゆっくりしているともち米が冷えてしまい、 冷えたところだけ粒が残ってしまう場合があります。 子供につかせる場合は、ほとんどつき終わった後の、粒が全く残っていない状態でつかせてあげてください。 他、うまくいったら、その情報をノート等に控えておくべきです。 そうでなければ、毎年不安を抱えながら餅つきをする羽目になると思いますので。 そうでなくてもその年の温度や環境により、うまくつけたりつけなかったりしますので。 控えておく場合は、 かかった時間や温度、天気なども書いておくのがおすすめですよ。

次の

もち米の蒸し方が分かりません。炊飯器で蒸しても大丈夫ですか?|お客様より

もち 米 の 蒸し 方

餅つき~もち米の洗い方 もち米をお米を洗うように洗ってはいませんか? また、もち米を一切洗わないという人、いませんか? もち米もある程度は洗ってから使われる方をおすすめします。 ただ、お米を洗うように 「研ぐ」のはいけません。 もち米はお米を研ぐように洗えば、粒が壊れてしまいます。 とはいえ、 全く研がないと糠臭くなるので、軽く研いで、頻繁に水を入れ替えます。 とくに1回目は一気に水を入れ、手で軽く混ぜた後、すぐに水を捨ててくださいね。 後は4~5回、すすぐ程度に洗います。 これで大丈夫ですので、水が透明になるまで研いだりはしないでくださいね。 餅つき~もち米の浸水時間は? 問題はこちらかもしれません。 もち米の浸水時間は、餅の美味しさを決めるとも言われています。 家庭用の餅つき機を使っても、炊いているのではなく蒸しています。 日ごろ食べているお米のうるち米は、たっぷりの水を米に吸わせながら炊きあげますが、同じようにもち米を炊くとべちゃべちゃになってしまいます。 べちゃべちゃになるのを避けるために、直接水に触れない「蒸す」という方法を取っています。 もち米をそのまま蒸すと、表面だけ糊化してしまい、水分が内部に浸透しません。 これをついてもおいしくないお餅ができることは、なんとなく理解できますよね。 粒が残ってしまう可能性が大きくなります。 なので加熱前に、内部まで水分を浸透させるために、水に浸すという作業が必要です。 浸水時間は、外気の温度にもよります。 夏にもち米を浸す場合、浸水時間は短めです。 同じように、60度前後の温度の湯で浸す場合は、3~4時間程度でいいとも言われています。 夏には餅をついたことがないので、はっきりとは言えませんが。 お正月用の鏡餅も必要なので年末につくのですが、35キロのもち米をついても我が家以外は、1月後半から2月前半の内に食べ終わってしまうそうです。 なので2月にもう一度つかないか、という話になったのですが、あたたかくなってからはすぐにカビがはえてしまうので断念しました。 餅つきを年末にするのは、お正月用の鏡餅やお雑煮用のお餅が必要だからですよね。 とても寒い時期です。 その時期は浸水時間を長くする必要があります。 6~8時間、12~14時間程度という人が多いようですが、 我が家は40時間以上浸けています。 大量につくので、浸したもち米を置いておくのはガレージです。 とても寒いですので、もち米の内部までたっぷり水分を浸透させるには、1晩つけておくだけでは無理なんじゃないかと思いますね。 いつも 餅つきをする日の2日前の午後にもち米を洗って浸けておきます。 もち米の量と必要な水が書かれています。 1回につけるもち米の量に対しての必要な水ですので、おおよそどのくらいと書くことはできませんので、ご了承ください。 もち米を布巾に乗せ、水(湯)に浸からないよう設置し、 常に強火で蒸します。 しっかりお湯が沸いて、今すぐ蒸せる状態の鍋の上に置くようにしてくださいね。 杵と臼で餅つきをする場合は、ほとんどの場合、蒸し機もセットで使用します。 2、3段つまれたセイロを大きな鍋にたっぷりのお湯が入っている上に設置します。 鍋の下からどんどん火を入れ、常に強火でもち米を蒸します。 詳しくはをご覧ください。 「蒸す」から「炊く」になっていますから、上手くいかないのではないでしょうか? もち米を炊く機能が付いたものもありますが、それでも「炊く」ので、蒸したときのように、むらなく均一に火を通すことは難しいのではないかと。 または無理やり水分を吸わすので、水分が多くなり、柔らかすぎる餅になる気もしますね。 たいてい30~40分ほどで、時間が近づいてきたら蓋をあけてもち米の固さを確認します。 もち米の固さは、 米に芯が残っていない程度、赤飯程度の固さです。 30~40分したら、もち米の固さを確認してください。 もち米の固さは、 米に芯が残っていない程度、赤飯程度の固さです。 おわりに 餅つきに必要なのは、浸水時間だけではありません。 とくに杵と臼を使ってつく場合は、 蒸したもち米をいかに早くつきあげられるかにかかっています。 せっかくいい具合に蒸すことができても、つくときにゆっくりしているともち米が冷えてしまい、 冷えたところだけ粒が残ってしまう場合があります。 子供につかせる場合は、ほとんどつき終わった後の、粒が全く残っていない状態でつかせてあげてください。 他、うまくいったら、その情報をノート等に控えておくべきです。 そうでなければ、毎年不安を抱えながら餅つきをする羽目になると思いますので。 そうでなくてもその年の温度や環境により、うまくつけたりつけなかったりしますので。 控えておく場合は、 かかった時間や温度、天気なども書いておくのがおすすめですよ。

次の