ダニー エルフマン。 ディズニー・イン・コンサート|イベント・ライブ|ディズニー|static.promonews.tv|

映画バットマン(1989)で使用された楽曲がスゴイ!プリンスやダニー・エルフマン!

ダニー エルフマン

ダニー・エルフマン:ヴァイオリン協奏曲、ピアノ四重奏曲 映画音楽作曲家ならではの巧みなオーケストレーションで聴かせるダニー・エルフマンの新作。 「バットマン」「チャーリーとチョコレート工場」などヒット映画の音楽や、アニメ「ザ・シンプソンズ」のテーマ曲で知られる作曲家ダニー・エルフマン。 エルフマンのクラシカル新作作品2曲を収録したアルバムがソニー・クラシカルから登場します。 4度のアカデミー賞ノミネートを果たしているダニー・エルフマン[1953-]は、30年以上にわたるキャリアを通じて、映画音楽の世界で最も多彩で熟練した巨匠の1人として高く評価されています。 これまでに100作以上を手がけた映画音楽のなかで、最初の仕事となった「ピーウィーの大冒険」から続くティム・バートン監督との協働が最も広く知られるところで、アカデミー賞作曲賞ノミネート作品「ビッグ・フィッシュ」ほか、「バットマン」「シザーハンズ」「スリーピー・ホロウ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」「ダーク・シャドウ」「フランケンウィニー」といった主要なバートン作品の音楽をエルフマンが担当しています。 またバートン以外の作品でも、「メン・イン・ブラック」「ミッション:インポッシブル」など、映画ファンに馴染み深い話題作の音楽を多数手がけており、アカデミー賞なども受賞しています。 また、カーネギー・ホールで初演された委嘱作品『セレナーダ・スキゾフラーナ』、アメリカン・バレエ・シアター作品『Rabbitand Rogue』、シルク・ドゥ・ソレイユ作品『アイリス』(2011)などコンサート作品や舞台音楽の作曲も行っています。 このヴァイオリン協奏曲『イレブン・イレブン』は、チェコ・ナショナル交響楽団、スタンフォード・ライヴ、スタンフォード大学、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団の共同委嘱により、気鋭のヴァイオリニスト、サンディ・キャメロンのために作曲された作品です。 ソリストとオーケストラ両方のテクニックが必要な作品で、ソリストは音量を増幅するためでなく、絶妙なバランスをエミュレートするためにマイクを使用しています。 『ピアノ四重奏曲』は、ベルリン・フィルハーモニー・ピアノ四重奏団の委嘱作品で、非常に現代的な作品。 唸るような弦楽と、弾け飛ぶようなピアノなど、小さく親密なものと爆発的な壮大なものとが繰り返し変化する瞬間は、高速なフレアの噴出のように表現された作品。 エルフマンは「数年前、映画音楽のしがらみや制約からに囚われずにオーケストラ曲を書きたい、いや、自分のアイデンティティを守るためにはそれが絶対必要だ、と感じたのです。 過去10年間、いくつかの映画とは関係のない委嘱作を手がけてきましたが、そのたびに信じられないほど自由で、まるで生き返るような感覚を覚えてきました」とフィルム音楽以外のジャンルを作曲することに大きな意義を見出しており、さらに「今回のアルバムは非常にトリッキーなコンセプトを目指しています。 映画音楽、特に私の作曲した映画音楽のファンに疎んじられないと同時に、映画音楽のようになってしまわず、さらにそれを超えるような音楽を書くこと。 これはとても困難なチャレンジでしたが、それが私の目標でした」と述べています。

次の

映画バットマン(1989)で使用された楽曲がスゴイ!プリンスやダニー・エルフマン!

ダニー エルフマン

映画音楽作曲家ならではの巧みなオーケストレーションで聴かせる、ダニー・エルフマンの新作。 「バットマン」、「チャーリーとチョコレート工場」などヒット映画の音楽や、アニメ「ザ・シンプソンズ」のテーマ曲で知られる作曲家ダニー・エルフマン。 エルフマンのクラシカル新作作品2曲を収録したアルバムがソニー・クラシカルから登場します。 4度のアカデミー賞ノミネートを果たしているダニー・エルフマン 1953~ は、30年以上にわたるキャリアを通じて、映画音楽の世界で最も多彩で熟練した巨匠の1人として高く評価されています。 これまでに100作以上を手がけた映画音楽のなかで、最初の仕事となった「ピーウィーの大冒険」から続くティム・バートン監督との協働が最も広く知られるところで、アカデミー賞作曲賞ノミネート作品「ビッグ・フィッシュ」ほか、「バットマン」「シザーハンズ」「スリーピー・ホロウ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」「ダーク・シャドウ」「フランケンウィニー」といった主要なバートン作品の音楽をエルフマンが担当しています。 またバートン以外の作品でも、「メン・イン・ブラック」「ミッション:インポッシブル」など、映画ファンに馴染み深い話題作の音楽を多数手がけており、アカデミー賞なども受賞しています。 また、カーネギー・ホールで初演された委嘱作品「セレナーダ・スキゾフラーナ」、アメリカン・バレエ・シアター作品「Rabbitand Rogue」、シルク・ドゥ・ソレイユ作品「アイリス」 2011 など、コンサート作品や舞台音楽の作曲も行っています。 このヴァイオリン協奏曲「イレブン・イレブン」は、チェコ・ナショナル交響楽団、スタンフォード・ライヴ、スタンフォード大学、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団の共同委嘱により、気鋭のヴァイオリニスト、サンディ・キャメロンのために作曲された作品です。 ソリストとオーケストラ両方のテクニックが必要な作品で、ソリストは音量を増幅するためでなく、絶妙なバランスをエミュレートするためにマイクを使用しています。 『ピアノ四重奏曲』は、ベルリン・フィルハーモニー・ピアノ四重奏団の委嘱作品で、非常に現代的な作品。 唸るような弦楽と、弾け飛ぶようなピアノなど、小さく親密なものと爆発的な壮大なものとが繰り返し変化する瞬間は、高速なフレアの噴出のように表現された作品。 エルフマンは、「数年前、映画音楽のしがらみや制約からに囚われずにオーケストラ曲を書きたい、いや、自分のアイデンティティを守るためにはそれが絶対必要だ、と感じたのです。 過去10年間、いくつかの映画とは関係のない委嘱作を手がけてきましたが、そのたびに信じられないほど自由で、まるで生き返るような感覚を覚えてきました」とフィルム音楽以外のジャンルを作曲することに大きな意義を見出しており、さらに「今回のアルバムは非常にトリッキーなコンセプトを目指しています。 映画音楽、特に私の作曲した映画音楽のファンに疎んじられないと同時に、映画音楽のようになってしまわず、さらにそれを超えるような音楽を書くこと。 これはとても困難なチャレンジでしたが、それが私の目標でした」と述べています。

次の

ティム・バートンを名監督にした音楽家ダニー・エルフマンの功績

ダニー エルフマン

映画音楽作曲家ならではの巧みなオーケストレーションで聴かせる、ダニー・エルフマンの新作。 「バットマン」、「チャーリーとチョコレート工場」などヒット映画の音楽や、アニメ「ザ・シンプソンズ」のテーマ曲で知られる作曲家ダニー・エルフマン。 エルフマンのクラシカル新作作品2曲を収録したアルバムがソニー・クラシカルから登場します。 4度のアカデミー賞ノミネートを果たしているダニー・エルフマン 1953~ は、30年以上にわたるキャリアを通じて、映画音楽の世界で最も多彩で熟練した巨匠の1人として高く評価されています。 これまでに100作以上を手がけた映画音楽のなかで、最初の仕事となった「ピーウィーの大冒険」から続くティム・バートン監督との協働が最も広く知られるところで、アカデミー賞作曲賞ノミネート作品「ビッグ・フィッシュ」ほか、「バットマン」「シザーハンズ」「スリーピー・ホロウ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」「ダーク・シャドウ」「フランケンウィニー」といった主要なバートン作品の音楽をエルフマンが担当しています。 またバートン以外の作品でも、「メン・イン・ブラック」「ミッション:インポッシブル」など、映画ファンに馴染み深い話題作の音楽を多数手がけており、アカデミー賞なども受賞しています。 また、カーネギー・ホールで初演された委嘱作品「セレナーダ・スキゾフラーナ」、アメリカン・バレエ・シアター作品「Rabbitand Rogue」、シルク・ドゥ・ソレイユ作品「アイリス」 2011 など、コンサート作品や舞台音楽の作曲も行っています。 このヴァイオリン協奏曲「イレブン・イレブン」は、チェコ・ナショナル交響楽団、スタンフォード・ライヴ、スタンフォード大学、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団の共同委嘱により、気鋭のヴァイオリニスト、サンディ・キャメロンのために作曲された作品です。 ソリストとオーケストラ両方のテクニックが必要な作品で、ソリストは音量を増幅するためでなく、絶妙なバランスをエミュレートするためにマイクを使用しています。 『ピアノ四重奏曲』は、ベルリン・フィルハーモニー・ピアノ四重奏団の委嘱作品で、非常に現代的な作品。 唸るような弦楽と、弾け飛ぶようなピアノなど、小さく親密なものと爆発的な壮大なものとが繰り返し変化する瞬間は、高速なフレアの噴出のように表現された作品。 エルフマンは、「数年前、映画音楽のしがらみや制約からに囚われずにオーケストラ曲を書きたい、いや、自分のアイデンティティを守るためにはそれが絶対必要だ、と感じたのです。 過去10年間、いくつかの映画とは関係のない委嘱作を手がけてきましたが、そのたびに信じられないほど自由で、まるで生き返るような感覚を覚えてきました」とフィルム音楽以外のジャンルを作曲することに大きな意義を見出しており、さらに「今回のアルバムは非常にトリッキーなコンセプトを目指しています。 映画音楽、特に私の作曲した映画音楽のファンに疎んじられないと同時に、映画音楽のようになってしまわず、さらにそれを超えるような音楽を書くこと。 これはとても困難なチャレンジでしたが、それが私の目標でした」と述べています。

次の