とっとこ ハム 太郎。 テレビ東京・あにてれ とっとこハム太郎

とっとこハム太郎強さランキング【最新決定版】

とっとこ ハム 太郎

この記事は第4回のに選ばれたのだ! よれいちゅな記事に編集していくのでちゅわ。 『 とっとこハム太郎』とは、リツ子による・絵本作品、及びそれをとした同名の作品である。 の「」と、その飼いなどの様々な人々を描いた作品となっている。 一般的には版『とっとこハム太郎』のが強く、がを担当している「」のが強いが、では、という名前のは複数存在している。 化前は、『とっても』、『とことん』、『とつげき』というで連載されていたこともある。 「」という名前の複数のが登場する。 いずれのものとの関係はい。 『7』のを除き、『2』~『6』のは『1』のとは関係がある。 なお、版とは違い、版にいるなどのは登場しない。 を使った優しいが特徴である。 「ちゃん」に飼われている「」。 別名、元祖。 の「」との「」の間に生まれた8匹のうちの1匹。 この「」は、1のがで、は「もも」というであり、その間に生まれた。 1と2のの子孫で、6年に生息する「」。 ース『とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ』、ィ版『とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ!』の。 1のの「助」をに持ち、「」をに持つ「」。 「」()のが経営するにて12匹の「ちゃんず」と暮らしている。 ース『とっとこハム太郎 ちゃんずでございまちゅ』(1 - 3)、ぴっか『とっとこハム太郎 ちゃんず』(1 - 3)の。 このが版のの元になっている。 『ちゃんずでございまちゅ 1』 は、学年誌版の『とつげき』にあたる。 1のの「吉」がで、「菜」がの「」。 1匹だけになり、「あいちゃん」(あい)に助けられた。 ース『とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ』の。 学年誌版の『とことん』にあたる。 ただし、小学三年生から小学四年生に繰り上がる際に、『とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ! 編』に題された。 1のの「」が、「」がで、その間に生まれた「」。 「あんん」ので生まれた。 絵本の『のとっとこえほんでちゅ』(1 - 2)の。 学年誌版の『とっても』にあたる。 の中で暮らす「」。 1~6のとの関係はい。 12匹ののを持つ。 このの話は単行本未収録。 原作の単行本について• ののの単行本は、ースとして~にかけて発売された。 その後、~にかけて一部がぴっかとして発売された。 また、一部がでもされ発売された。 それ以降は発売されていなかったが、• からのにも是非読んでほしい。 テレビアニメ• で第1期から第5期まで放送された。 番組販売方式により、他系列局やでも放送された(第5期を除く)。 『とっとこハム太郎』というで2回化されている(第1期と第5期)が、両者の間にや話数の繋がりはい。 第3期まではによりでも放送された。 などが版とは違うもある。 ただし全てので第1期から第3期まで全話放送されたわけではなく、途中で終了したもある(第1期の途中で終了など。 はこのである)。 第3期や第5期が終了した後も、本作のはのりスタ!に出演していたが、を最後に登場しなくなり、はやなどの放送はされていない(のりスタ!そのものも、をもって終了している)。 一般的な認識ではとっとこハム太郎の初は第1期の放送の第1話とされることが多いが、実はそれよりく、の時点でとっとこハム太郎はされている。 それは『 』というのテープに収録された作品なのだが、このテープは一般的な方法では入手できなかったので存在自体が非常にであり、それが一般的に第1期の第1話が初のとされてしまっている要因と思われる。 また、第1期の放送開始前のに既に学年誌のにが登場しており、『』のテープにはその(15版と版が存在するうちの版)も収録されている。 なお、最近になってこの作品はの有志により発掘され、『』にされている。 詳しくは『 』を参照。 各話・放送局等の詳細は下記表の各を参照。 放送日はすべてのもの。 放送日 0 - - - - - 劇場版• 全て版をとしている。 配給は。 はの修ではなく、全作が担当した。 (修は「コーディネーター」として全作に参加している。 第1作から第3作までは、『』との同時上映。 第4作は『 の』との同時上映。 によりでも上映されたがある。 全て「」とのとなっている。 第1作から第3作までは、「」がの「ず」、第4作はとがの「ムwhず」が登場する。 また、第2作と同時上映の『』には、そっくりながをでているがあるなど、を意識したと思われる描写がみられる。 開日 OVA• 全て版をとしている。 によりでも発売されたがある。 第1作 ハム太郎のおたんじょうび ~ママをたずねて三千てちてち~• に限定発売。 通常発売。 のを迎えたが、まだ見ぬを探すに出る。 ・で発売された。 前述したように、に第169話とともにとして放送されている。 第2作 ハムちゃんずの宝さがし大作戦 ~はむはー!! すてきな海のなつやすみ~• 池ので出会った不思議な「ビスちゃん」と共にちゃんずがを渡り宝探しをする。 ・で発売された。 第3作 ハムちゃんずと虹の国の王子さま ~せかいでいちばんのたからもの~• 「この世で一番大切なもの」を探すように命じられ、からやってきた「」に出会った。 2人はので「一番大切なもの」の正体を探るべくに出る。 ・で発売された。 第4作 ハムちゃんずのめざせ! ハムハム金メダル ~はしれ! はしれ! だいさくせん!~• 8年に一度ひらかれる「大会」の火ランナーとなったちゃんずが火のトーチを「リ」へ届ける冒険に出る。 ・で発売された。 その他 ビデオ作品 とっとこハム太郎 アニメでちゅ! 『 』を参照のこと。 楽曲 「 」を参照のこと。 VHS・DVD 「 」を参照のこと。 ゲームソフト• これまでに計7作発売されている。 『』~『』まではとしてはしくから、『』のみ(現:)から発売となっている。 基本的にの繋がりはいが、『2』と『3』のみはに繋がりがある。 また、では『』『』がであり、版には版にあるがない。 対応 発売日 ゲスト出演 牧場物語 3つの里の大切な友だち• にから発売された、『 3つの里の大切な友だち』にとしてが出演している。 出演ではあるが、がに登場したのはこれが最初で、のもついている。 (しかものによる新規録り下ろし、そして何気にこの一ののあるでもある。 )また、従来ののでは、全てによる表現だったが、本作ではによる表現となっている。 1年ののの26日に、出現が自動的に発生する。 発生後、ウェスの屋に預けられているので、小屋があればで引き取ることができる。 小屋がないと引き取れないので、このまでに、村の何でも屋で小屋を作り、に配置しておくとよい。 また、他の同様、自宅にエサを設置すれば室内飼いも可。 どうしても世話できない場合はを返すこともできる。 (ただし、中は不可。 は他の同様、のエサで飼える。 の遊び具は、と同じ「」である。 は他のとほぼ同等のことができるが、にすることはできず、にも出場できない。 ができるお手伝いは、探しや探しである。 このはには末をもって終了したが、最新のを適用してもは飼える。 グッズ 放送時、多数のが発売され、のなどにも登場していたが、ではそれらのは販売されていない。 しかし、から多数のが販売開始されており、キディなのでも開催されている。 ホルダー、雑貨、ちゃんずの全のなどがあり、でも続々と新が登場している。 はなどで購入することが可である。 主な登場キャラクター• 詳しい解説は 個別のを参照。 下記にいその他のについて知りたい方は、やを参考にしていただきたい。 :的井• :大前• : 記事のあるサブキャラクター• 関連動画 関連静画 関連商品 原作単行本• これらは版の単行本である。 発売が古い順に掲載している。 原作絵本 公式ファンブック DVD テレビアニメ 劇場版 OVA CD ゲームソフト ハム太郎がゲスト出演しているゲームソフト ゲームソフトの攻略本 関連コミュニティ 外部リンク• - にした現行の。 - 旧・。 に上記のへ切り替えられるまで存在していた。 でもは維持されているが、してもは上記へされる。 関連項目•

次の

とっとこハム太郎の登場人物

とっとこ ハム 太郎

この記事は第4回のに選ばれたのだ! よれいちゅな記事に編集していくのでちゅわ。 『 とっとこハム太郎』とは、リツ子による・絵本作品、及びそれをとした同名の作品である。 の「」と、その飼いなどの様々な人々を描いた作品となっている。 一般的には版『とっとこハム太郎』のが強く、がを担当している「」のが強いが、では、という名前のは複数存在している。 化前は、『とっても』、『とことん』、『とつげき』というで連載されていたこともある。 「」という名前の複数のが登場する。 いずれのものとの関係はい。 『7』のを除き、『2』~『6』のは『1』のとは関係がある。 なお、版とは違い、版にいるなどのは登場しない。 を使った優しいが特徴である。 「ちゃん」に飼われている「」。 別名、元祖。 の「」との「」の間に生まれた8匹のうちの1匹。 この「」は、1のがで、は「もも」というであり、その間に生まれた。 1と2のの子孫で、6年に生息する「」。 ース『とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ』、ィ版『とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ!』の。 1のの「助」をに持ち、「」をに持つ「」。 「」()のが経営するにて12匹の「ちゃんず」と暮らしている。 ース『とっとこハム太郎 ちゃんずでございまちゅ』(1 - 3)、ぴっか『とっとこハム太郎 ちゃんず』(1 - 3)の。 このが版のの元になっている。 『ちゃんずでございまちゅ 1』 は、学年誌版の『とつげき』にあたる。 1のの「吉」がで、「菜」がの「」。 1匹だけになり、「あいちゃん」(あい)に助けられた。 ース『とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ』の。 学年誌版の『とことん』にあたる。 ただし、小学三年生から小学四年生に繰り上がる際に、『とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ! 編』に題された。 1のの「」が、「」がで、その間に生まれた「」。 「あんん」ので生まれた。 絵本の『のとっとこえほんでちゅ』(1 - 2)の。 学年誌版の『とっても』にあたる。 の中で暮らす「」。 1~6のとの関係はい。 12匹ののを持つ。 このの話は単行本未収録。 原作の単行本について• ののの単行本は、ースとして~にかけて発売された。 その後、~にかけて一部がぴっかとして発売された。 また、一部がでもされ発売された。 それ以降は発売されていなかったが、• からのにも是非読んでほしい。 テレビアニメ• で第1期から第5期まで放送された。 番組販売方式により、他系列局やでも放送された(第5期を除く)。 『とっとこハム太郎』というで2回化されている(第1期と第5期)が、両者の間にや話数の繋がりはい。 第3期まではによりでも放送された。 などが版とは違うもある。 ただし全てので第1期から第3期まで全話放送されたわけではなく、途中で終了したもある(第1期の途中で終了など。 はこのである)。 第3期や第5期が終了した後も、本作のはのりスタ!に出演していたが、を最後に登場しなくなり、はやなどの放送はされていない(のりスタ!そのものも、をもって終了している)。 一般的な認識ではとっとこハム太郎の初は第1期の放送の第1話とされることが多いが、実はそれよりく、の時点でとっとこハム太郎はされている。 それは『 』というのテープに収録された作品なのだが、このテープは一般的な方法では入手できなかったので存在自体が非常にであり、それが一般的に第1期の第1話が初のとされてしまっている要因と思われる。 また、第1期の放送開始前のに既に学年誌のにが登場しており、『』のテープにはその(15版と版が存在するうちの版)も収録されている。 なお、最近になってこの作品はの有志により発掘され、『』にされている。 詳しくは『 』を参照。 各話・放送局等の詳細は下記表の各を参照。 放送日はすべてのもの。 放送日 0 - - - - - 劇場版• 全て版をとしている。 配給は。 はの修ではなく、全作が担当した。 (修は「コーディネーター」として全作に参加している。 第1作から第3作までは、『』との同時上映。 第4作は『 の』との同時上映。 によりでも上映されたがある。 全て「」とのとなっている。 第1作から第3作までは、「」がの「ず」、第4作はとがの「ムwhず」が登場する。 また、第2作と同時上映の『』には、そっくりながをでているがあるなど、を意識したと思われる描写がみられる。 開日 OVA• 全て版をとしている。 によりでも発売されたがある。 第1作 ハム太郎のおたんじょうび ~ママをたずねて三千てちてち~• に限定発売。 通常発売。 のを迎えたが、まだ見ぬを探すに出る。 ・で発売された。 前述したように、に第169話とともにとして放送されている。 第2作 ハムちゃんずの宝さがし大作戦 ~はむはー!! すてきな海のなつやすみ~• 池ので出会った不思議な「ビスちゃん」と共にちゃんずがを渡り宝探しをする。 ・で発売された。 第3作 ハムちゃんずと虹の国の王子さま ~せかいでいちばんのたからもの~• 「この世で一番大切なもの」を探すように命じられ、からやってきた「」に出会った。 2人はので「一番大切なもの」の正体を探るべくに出る。 ・で発売された。 第4作 ハムちゃんずのめざせ! ハムハム金メダル ~はしれ! はしれ! だいさくせん!~• 8年に一度ひらかれる「大会」の火ランナーとなったちゃんずが火のトーチを「リ」へ届ける冒険に出る。 ・で発売された。 その他 ビデオ作品 とっとこハム太郎 アニメでちゅ! 『 』を参照のこと。 楽曲 「 」を参照のこと。 VHS・DVD 「 」を参照のこと。 ゲームソフト• これまでに計7作発売されている。 『』~『』まではとしてはしくから、『』のみ(現:)から発売となっている。 基本的にの繋がりはいが、『2』と『3』のみはに繋がりがある。 また、では『』『』がであり、版には版にあるがない。 対応 発売日 ゲスト出演 牧場物語 3つの里の大切な友だち• にから発売された、『 3つの里の大切な友だち』にとしてが出演している。 出演ではあるが、がに登場したのはこれが最初で、のもついている。 (しかものによる新規録り下ろし、そして何気にこの一ののあるでもある。 )また、従来ののでは、全てによる表現だったが、本作ではによる表現となっている。 1年ののの26日に、出現が自動的に発生する。 発生後、ウェスの屋に預けられているので、小屋があればで引き取ることができる。 小屋がないと引き取れないので、このまでに、村の何でも屋で小屋を作り、に配置しておくとよい。 また、他の同様、自宅にエサを設置すれば室内飼いも可。 どうしても世話できない場合はを返すこともできる。 (ただし、中は不可。 は他の同様、のエサで飼える。 の遊び具は、と同じ「」である。 は他のとほぼ同等のことができるが、にすることはできず、にも出場できない。 ができるお手伝いは、探しや探しである。 このはには末をもって終了したが、最新のを適用してもは飼える。 グッズ 放送時、多数のが発売され、のなどにも登場していたが、ではそれらのは販売されていない。 しかし、から多数のが販売開始されており、キディなのでも開催されている。 ホルダー、雑貨、ちゃんずの全のなどがあり、でも続々と新が登場している。 はなどで購入することが可である。 主な登場キャラクター• 詳しい解説は 個別のを参照。 下記にいその他のについて知りたい方は、やを参考にしていただきたい。 :的井• :大前• : 記事のあるサブキャラクター• 関連動画 関連静画 関連商品 原作単行本• これらは版の単行本である。 発売が古い順に掲載している。 原作絵本 公式ファンブック DVD テレビアニメ 劇場版 OVA CD ゲームソフト ハム太郎がゲスト出演しているゲームソフト ゲームソフトの攻略本 関連コミュニティ 外部リンク• - にした現行の。 - 旧・。 に上記のへ切り替えられるまで存在していた。 でもは維持されているが、してもは上記へされる。 関連項目•

次の

とっとこハム太郎の登場人物

とっとこ ハム 太郎

概要 [ ] の ハム太郎(ハムたろう)とその周辺の人々およびハムスターのお話(なお、原作の漫画・絵本ではハム太郎は1匹ではなく、複数のハムスターの名前であり、それぞれ飼い主も違う。 を参照)。 に『』編集長(当時)の黒川和彦が子供に人気のハムスターを主人公とした作品を連載することを思いつき、作者として実際にハムスターを飼っている河井リツ子が抜擢された。 同年4月号の『小学二年生』で連載が開始。 アニメ化以前のタイトルは「とってもハム太郎」だった。 人気の高さから、翌年以降も連載されることとなった。 1999年にはさらに人気を高めるため、小学館社内に「とっとこ委員会」を設置、によって大々的に本作を売り出すことになった。 アニメの放送より早く、同年夏に放映された「小学一年生」のテレビにハム太郎が登場している。 そして、翌2001年には『』や『』と肩を並べる人気キャラクターにまで成長した。 しかし、アニメ枠の移動と後番のバラエティ番組『』の開始に際して、3月31日をもって金曜夜での放送は終了した。 地方局での遅れネットも順次終了(ほとんどの局で後継番組として『』へ交代となった)。 その後、新シリーズ『とっとこハム太郎は〜い! 』を経て、『』(現在の『のりスタE-ネ! 』)内の1コーナーに移動、縮小放送のあと3月26日をもって終了。 2011年4月からアニメセレクション+バラエティパートなどを組み合わせた『とっとこハム太郎 でちゅ』を放送していた(なおミニコーナー化の時には一部のでも放送されていた)。 2010年代中期以降はTwitterアカウントで、「ハム太郎」が適宜いろいろな事をツイ-トするという形で継続されていたが、2017年の20周年直後(8月8日)以降それも途絶えていた。 しかし、約11ヶ月後の2018年7月、原作に近しいイメージのアイコンにリニューアルするなどしてアカウント書き込みが復活。 程無くして同年8月1日には小学館の公式サイトもフルリニューアルし、今後も展開されていくであろうことが示唆された。 キャラクターとしてのハム太郎 [ ] 漫画・絵本では ハム太郎は1匹ではなく、複数のハムスターの名前である。 「ゆかりちゃん」に飼われている ハム太郎。 別名、 元祖ハム太郎。 小学館ワンダーランドブックス・ぴっかぴかコミックス『とっとこハム太郎』『とっとこハム太郎 その2でちゅ』の主人公。 「小太郎」(雄)と「花子」(雌)の間に生まれた8匹のハムスターの中の1匹。 のハム太郎と、「もも」(雌)との間に生まれた ハム太郎。 の花を探しに冒険の旅に出た。 および2. のハム太郎の子孫で、西暦に生息する ハム太郎。 小学館ワンダーランドブックス『とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ』の主人公。 の子供の「ハム助」(雄)と「だんご」(雌)の間に生まれた ハム太郎。 あっくん(楠本あつし)のおじいさんが経営するペットショップにて12匹の「ハムちゃんず」と暮らす。 小学館ワンダーランドブックス『とっとこハム太郎 ハムちゃんずでございまちゅ』(1 - 3)、ぴっかぴかコミックス『とっとこハム太郎 ハムちゃんず』(1 - 3)の主人公。 アニメ版『』のハム太郎の元になっている。 の子供の「ハム吉」(雄)と「ハム菜」(雌)の間に生まれた ハム太郎。 1匹だけ迷子になり、「あいちゃん(安藤あい)」に助けられた。 小学館ワンダーランドブックス『とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ』の主人公。 の子供の「さくら」(雌)と「菊正宗」(雄)の間に生まれた ハム太郎。 「あんなちゃん」の家で生まれた。 絵本『ハム太郎のとっとこえほんでちゅ』(1 - 2)の主人公。 森の中で暮らす ハム太郎。 - 6. との血縁関係はない。 12匹のハムスターの子供をもつ父親である。 単行本未収録作品の主人公。 アニメ版の『とっとこハム太郎』のハム太郎については、を参照。 ゲームソフト [ ] の世界を元にしている。 通常のゲームソフト [ ] より発売 [ ]• とっとこハム太郎 〜ともだち大作戦でちゅ〜() 2000年に3,800円で発売。 ジャンルは占いゲーム。 とっとこハム太郎2 〜大集合でちゅ〜(ゲームボーイカラー) 2001年に3,800円で発売。 ジャンルはアドベンチャーゲーム。 とっとこハム太郎3 〜ラブラブ大冒険でちゅ〜() 2002年に4,800円で発売。 ジャンルはアクションアドベンチャー。 とっとこハム太郎4 〜にじいろ大行進でちゅ〜(ゲームボーイアドバンス) 2003年に4,800円で発売。 ジャンルはアクションアドベンチャー。 とっとこハム太郎 〜ハムハムスポーツ〜(ゲームボーイアドバンス) 2004年に4,571円で発売。 ジャンルはスポーツゲーム。 とっとこハム太郎 ナゾナゾQ 雲の上の? (ハテナ)城 () 2005年に4,571円で発売。 ジャンルはナゾナゾ(クイズアドベンチャー)。 より発売 [ ]• (ニンテンドーDS) 2007年に4,800円で発売。 電子知育玩具用ソフト [ ] より発売 [ ]• とっとこハム太郎 はる・なつ・あき・ふゆ とっとこなかよし! ハムちゃんず! () 2001年12月に3,980円で発売。 とっとこハム太郎 とっとこたのしく あいうえお 〜まぼろしの ひかるたねを みつけるのだっ! 〜(キッズコンピュータ・ピコ) 2004年5月14日に3,980円で発売。 とっとこハム太郎 おえかきいっぱい! ハムちゃんず! (キッズコンピュータ・ピコ) 4,980円で発売。 より発売 [ ]• とっとこハム太郎 テレビパソコン 2003年に発売。 とっとこハム太郎 𝄞ハムハムおんがくぱらだいちゅ! (スーパーテレビパソコン) 2004年に3,980円で発売。 アミューズメントマシン [ ] アニメ版の世界を元にしている。 より販売 [ ]• とっとこハム太郎 くれよんキッズ 2002年に発売。 より販売 [ ]• プチライド とっとこハム太郎 2003年に発売。 各種記録 [ ]• 書籍売り上げ• 890万部(77点、2002年12月時点)• ビデオ売り上げ• 202万本(2002年12月時点)• CD()の売り上げ• シングル20万枚(4枚計、2001年6月時点)• アルバム15万枚(2001年6月時点)• 合計35万枚(2001年6月時点)• ゲームソフト売り上げ• 「とっとこハム太郎」「とっとこハム太郎2」の合計で100万本• 「とっとこハム太郎2〜大集合でちゅ〜」は、2001年のゲームソフト売り上げ年間13位• 「とっとこハム太郎3〜ラブラブ大冒険でちゅ〜」は、2002年のゲームソフト売り上げ年間38位• キャラクター商品数• 5000品目(2002年12月時点)• キャラクター商品の売上額• 4500億円(2002年12月時点) 関連項目 [ ]• (このアニメをパロディー化した企画「ニコニコプンスカハムえもん」があった)• (静岡ガスのサービス店『エネリア』のイメージキャラクターに起用)• 園内に「ハムハムどきどき! おうこく」というハム太郎のゾーンがあった。 また、同園オリジナルキャラクターの「ふじQくん」が存在していた。 (横浜市の住宅街。 坂が多くて非常に起伏が激しく、このあたりの住宅街がモデルである。 ) 脚注 [ ]• ほか著『マンガの居場所』63ページ。 2016年8月1日閲覧。 2016年8月1日閲覧。 ・小学館 とっとこハム太郎」『』2002年12月14日付朝刊、be週末5面。 2007年5月1日, at the. 『週刊』2003年1月24日号 外部リンク [ ]• 2018年8月にオープンした現行の総合サイト。 tottokohamutaro -• hamu86taro86 -• - (2015年4月4日アーカイブ分)• 旧・ポータルサイト(現在は上記サイトにリダイレクトされる)• - (2008年12月2日アーカイブ分)• 旧・ポータルサイト英語版.

次の