オオカミ ちゃん ななか。 月とおおかみちゃんには騙されない🌙8話 脱落者発表!脱落はヒナかナナかそれとも…?!オオカミはりおんかななか!?落ちないで投票結果発表はいつ?ネタバレ考察

【月とオオカミちゃんには騙されない】中間告白が神回!結果が意外すぎて泣ける

オオカミ ちゃん ななか

最近、気温の変化が激しくて、ちょっと体調 崩してる人もいらっしゃると思います。 番組が始まってから、 「乃木坂の久保しおりちゃんに似て可愛い」 「ななかちゃんなんでモテないのか不思議」 「大人っぽい、上品」 なんてツイートも見られます。 特に乃木坂の久保史緒里さんに似ていると 話題になっていますね。 それより、何でモテないの?という言葉も 気になりますね? 性格が悪いの?と、気になりますね。 そこで、松川菜々花さんの事について調べて みると、「子供」というワードが出てきまし た。 まだ若いよね? って言うか、結婚してるの? 恋愛リアリティー番組出ていいの? と、勝手に想像してしまいました。 今回は、そんな松川菜々花さんについて、 子供の疑問や、過去の経歴、 乃木坂久保史緒里さんにどれくらい似てる のか、また性格や雰囲気など気になる事を 調べました。 nanamero0129 がシェアした投稿 — 2019年12月月15日午後7時07分PST 早速、松川菜々花さんのプロフィールと経歴 を見ていきましょう。 アイドルグループにも所属していた彼女は、 東国原松子DXという名でも活動していたん ですね。 何かのギャグなんでしょうか? 笑 そういうスタイルのアイドルだったの でしょうね。 もうすぐ誕生日を迎え、22歳になります。 身長は、165㎝でスリーサイズも公式ページ で紹介されてるサイズを見ると、相当スレン ダーなスタイルの持ち主です。 さすが、アイドルにモデルと、活躍されてる だけありますね。 しかし、高校1年生の頃ディズニーランドに行 く為、渋谷にいた所、またスカウトされ、 高校生になっていたので、父親の了承を得まし た。 しかし、中学生からそれだけ声をかけられると いう事は、元々芸能人になる素質はあったんで しょうね。 その時の映像がこちらです。 このCM出演の時、 「サブウェイの店員が可愛い!」 と話題にもなりましたね。 また、その後に出演したドラマ 「ダメな私に恋してください」(TBS) にはOL役として出演。 2017年3月21日、女性ファッション誌 『non-no』の創刊45周年記念イベントに 出席し、山田愛奈や渡邉理佐とともに同誌 の専属モデルに起用されることが発表された あどけなさの残る可愛い顔で、仕草も すごく可愛く、男性にも女性にも人気 が出るんじゃないかと思います。 インタビューで、 「お母さんになりたい!」 「子供は2人希望」 と答えていたので、将来はやはり結婚して子供を 産む事が夢のようです。 「月とオオカミちゃんには騙されない」他の出演メンバーとオオカミちゃん予想はこちら 松川菜々花のインスタとツイッターとYouTube 疑惑の 笑 子供との2ショットも映ってる、彼女の インスタとツイッターをチェックしてみましょう。 インスタ: Nanamero0129 ツイッター: 0129Nanamero 結構まめに更新してあり、ファッションやメイク なんかも参考になります。 色んなシーンがあって、季節感も感じます。 久保史緒里さん写真 nanamero0129 がシェアした投稿 — 2019年11月月11日午前2時03分PST 写真だけ比べると、どれもあまり似てはいない ような気がしますが、雰囲気は凄く似てるのが 分かります。 実際の仕草や、話し方、雰囲気も含めて似てる のでしょうね。 子供疑惑は、お友達のお子さんでしたが、 将来は結婚してお母さんになる事と答えてる 様に本当にお子さんが好きなんでしょうね。 また、インタビューで好きなタイプは、 「考え方が大人で甘えさせてくれる人」 との事で、今回のオオカミちゃんに そういうメンバーがいるのかな? これから、露出も多くなり、注目される事 間違いないですね。 今から松川菜々花さんに注目ですね!!•

次の

月とオオカミちゃんには騙されない脱落予想!加藤ナナが有力?スタジオに匂わせ?

オオカミ ちゃん ななか

とおる:確かにな、10人であるくとなったら結構やだな、 あずさ:ほんとに落ちたくない。 ちょっとみためクールっぽいじゃん。 ヒナ:確かにね しょうたろう:しゃべったらちょっと黄色好きそうじゃん。 なな:恥ずかしい とおる:すげえな、全然違う ナナ:え、嬉しかった来てくれて、びっくりした とおる:早くテニス見せたいなって思った。 ナナ:はるばる静岡まで とおる:昨日あんがけバイバイしたのにね ナナ:へらへらしちゃいますね とおる:ナナから初めて手繋いだし ナナ:昨日やってくれたからちょっと とおる:良かったあえて ナナ:じゃあ時間だから行く とおる:じゃあね、バイバイ アトリエ~莉音とヒナの話~ ここで学校だった莉音が登場 莉音:ヒナちゃん、外で話そう ヒナ:いいよ どうしたの? 莉音:昨日コアと二人で話したの 莉音が今一番コアと話したいし、 もっと仲良くなりたいって気になってるよってみたいなことをね 伝えたのコアに だから伝えるために読んだ。 ヒナ:ありがとう、わざわざそれを伝えてくれたのね TGC後の帰り道~あずさととおる あずさ:や~でも言ってよかったほんとに とおる:早く服完成させて出たいね あずさ:出たい とおるくんはさ、中間告白の時はさナナちゃんやったやん? それでまああたしもあの時言ったけど、とおるくんも正直な気持ちで動いてほしいって言ったけん 凄い応援したいって気持ちもあるけど 正直諦めれてないところもあって とおる:正直今は何か気になってるのはナナでそれでオオカミでもおれはナナに好きになった人に 行こうって思ってる あずさ:なるほどね、それきけてちょっとすっきりした 応援する。 誰か一人が欠けるってのが信じられない りょうすけ:複雑だ ヒナ:びっくりした、送ってくれるっていうと思わなかったから コア:せっかくだから送ってこうとおもって 良い曲作ってほんとに ななか:え、なんかライン来たんだけど しょうたろう:え、 ヒナ:まってうそでしょ ルーク:ついに女子からじゃん コア:莉音と色々話してみるわ 莉音:ごめん、なんか作業とかやばい時に りこ:なんか莉音ちゃんが考えて打った文章ってのが伝わってきた まとめと感想&考察 「月とオオカミちゃんには騙されない」の第7話についてまとめてきた。 今回は 脱落直前回ということで、少しソワソワしながら見てる人もいたのでは ないだろうか。 TGC静岡では歴代のオオカミシリーズメンバーが登場して少し懐かしい場面もあった。 気になるあずさととおるだが、あずさが裏で頑張っているところを見ると心が痛くなる。 とおるはななと会うことが出来てテンションが上がっている様子がうかがえた。 また、いつもと違うナナがみれたのではないか。 さすがモデルさんでいつもとのギャップがでかい。 また、ナナと口紅が少し暗い赤で不気味な感じがしたがみなさんは ランウェイ中の彼女に何を感じただろう。 しょうたろうとヒナが一緒に買い出しいく場面で、お互い目を見れないところが二か 初々しく感じた。 りおんがヒナを外に呼び出して、堂々と宣戦布告したようだ。 気になる三角関係はこれからも必見だ。 TGC静岡からの帰り道のシーンだが、 あずさが告白ともいえる言葉を継げたが、やはり彼の気持ちはナナ一直線だった。 あずさは最後に「応援する」と言っていたので、 彼女の中で一つの恋が終わったのかもしれない。 そして、最後に りおんから コアへの太陽ライン発動された。 その時、ヒナとコアが一緒にいたので少し決まづい様子もあったのだろう。 この時点から、コアを狙うのは個人的に中々難しいのではないだろうか。 これもオオカミの仕業なのか、、、 さて、次週はなんと脱落回だ。 果たして誰が脱落するのか、、、 予告では赤い花火が打ち上げられた つまり脱落者が出たといことだ。 果たして誰なのか、、、 個人的には加藤ナナの予感がする。 喋り方などが嘘っぽい感じがする。 来週もリアタイで一緒に見ていこう!!!.

次の

月とオオカミちゃんには騙されない7話のネタバレと感想!莉音が太陽ラインを送った相手はコア?

オオカミ ちゃん ななか

続く2人目のメンバーはヒナ(Hina)。 これにはスタジオからも驚きの声が上がる。 彼女に告白するのは、一途に想いを伝え続けてきたコア(Novel Core)。 真正面から愛情を届け、時に隣で支え、後ろから見守るなどヒナを一番に考え続けてきたコアの恋心は報われるのだろうか? 「最初に振り返ったときに直感があった。 これからももっと知りたいし、出来たら隣にいたい。 『オオカミちゃんじゃないって信じてる』とかじゃなくて、俺は(オオカミちゃんじゃないと)知ってるから」と力強く語りかけるコア。 長い長い沈黙の後、ヒナから風船が渡される! 3人目のメンバーはあずさ。 彼女に会いに来たのは、しょうたろうだった。 懸命にアピールしたななかの頑張りは、届かなかった……。 そしてナナ(加藤ナナ)が脱落してしまったことで、気持ちに揺らぎを見せていたとおるも姿を見せず。 しょうたろうを待っていたのは、あずさではなく彼女が宛てた手紙。 「しょうたろうへ。 初めて会った日、2人でイルミネーションを見たこと覚えてますか? 思えば私はその時から、ずっとしょうたろうに支えられていた気がします。 ただ私には、今日この場所に立つ前にどうしてもやらなければいけないと決めていたことがありました」という意味深な文から始まるその手紙には、彼女が月LINEを送った相手が記されていた。 その相手はとおるではなく、なんとナナ! アトリエにやってきたナナに、あずさは「ごめんね」と涙をこらえながら謝り、「私はオオカミです。 本当にごめん」と真実を伝えて泣き崩れる。 チームのリーダーでもあった彼女は、ナナが脱落してしまったことに対する責任をずっと感じていたのだ。 オオカミちゃんの役割と、リーダーとしての感情の狭間で苦しみ続けたあずさが最後に選んだ、本当に想いを伝えたかった相手。 こんなにも切ない結末を、いったい誰が予想できただろう。 残酷な『オオカミちゃん』の設定に翻ろうされ続け、とおるが選んだのは、ナナの手紙。 「一緒に最後を迎えられなくて残念です。 でもこの冬は楽しいことばっかりでした。 私は少しの後悔もありません。 ありがとう。 (中略)こんな心境でいられるのはとおるくんが最後まで信じてくれたからです」と書かれた手紙と赤い風船を握りしめ、とおるは独りで去っていく。 誰も悪くないだけに、切なさもひとしおだ。

次の