山芋 かゆい。 長芋・山芋の効果は?毎日食べるのはOK?加熱・かゆみには注意です | 食べ物の栄養・効能を中心に紹介

山芋のかゆみ対処法とは?かゆくならない裏技も必見!

山芋 かゆい

Contents• 里芋でかゆくならない簡単皮むきの秘訣3つ! 里芋でかゆくならない皮むきの秘訣が3つあります。 どれもとっても簡単です。 これなら苦にならずに道の駅などで大量に買って里芋の煮っころがしをメイン料理にして食卓に出すことが出来ます。 皮むきの秘訣1:お湯と水だけ!ツルッと驚きの簡単術! 里芋でかゆくならない簡単な皮むきの秘訣の1つ目です。 里芋の土を軽く洗い、鍋に水と里芋を入れて10分茹でます。 ざるにとり、水にさらすと…片手の指でつかむように皮を持つとツルンッと皮が勝手に向けてしまいます。 「ありがとう!」と里芋に言いたくなる簡単な方法です。 15分程茹でるともっとツルンとむけますが中まで火が完全に通ってしまうので10分ぐらいをおすすめしています。 皮むきの秘訣2:買ったらまずは乾燥させる! 里芋でかゆくならない簡単な皮むきの秘訣の2つ目です。 泥を洗い取り、ザルや新聞紙に広げて天日に当てます。 乾燥する為、ぬめりが減っていて簡単に向けてかゆみの軽減になります。 皮むきの秘訣3:酢水につける! 里芋でかゆくならない簡単な皮むきの秘訣の3つ目です。 ボールを2つ準備し、1つは手指用でもう1つは里芋用にします。 それぞれに水200ccと酢大さじ2を入れておきます。 手指に酢水をつけつつ、里芋も時々酢水につけてかゆみを抑えながらむきます。 スポンサードリンク 秘訣1の方法が一番手っ取り早くておすすめできます。 里芋の皮が軽く片手でツルンとむける様子は1人で笑ってしまうほどに面白いです。 山芋でかゆくならない簡単皮むきの秘訣4つ! 山芋に含まれる成分にかゆみを引き起こすものがあります。 それは シュウ酸ナトリウムという成分なのですが、それを避けるようにする4つの秘訣がお役に立ちます。 山芋の皮むきやすりおろしには次の方法を試してみてください。 秘訣1:持ち手を残して皮をむく 山芋でかゆくならない簡単皮むきの秘訣の1つ目です。 山芋は棒状で長いので手にもつ部分が少なくとも5cmほどあれば良いので持ち手の5cm程は皮をむかずに、使う長さの部分の皮をむきます。 まな板に山芋を縦に置き、片手で山芋の上部を持ち、下の部分の皮から縦に包丁で取り去ります。 皮が無くなった部分から順にすりおろしたり、切ったりして調理していきます。 秘訣2:冷凍してすりおろす 山芋でかゆくならない簡単皮むきの秘訣の2つ目です。 冷凍するとかゆくなりにくいです。 しかし、あまりに冷たくて持てないこともあり、布などで押さえると良いです。 凍っている為、滑りませんのでビニールで押さえても大丈夫です。 そして、使う分だけ皮をむきます。 秘訣3:酢を手につける 山芋でかゆくならない簡単皮むきの秘訣の3つ目です。 面倒だから…と一気に調理がしたい人には、この方法です。 酢を手のひらにまんべんなくつけては調理、つけては調理を繰り返します。 濡らしすぎるとまな板がびしょ濡れになり山芋が滑りやすくなります。 ご注意下さい。 秘訣4:キッチンペーパーでカバーする 山芋でかゆくならない簡単皮むきの秘訣の4つ目です。 面倒なことが嫌いな方は、この方法もアリです。 ラップやビニール手袋だと山芋がツルツル滑りますがキッチンペーパーだと比較的強く押さえることができます。 しばらくするとヌルヌルが移って来るので新しいキッチンペーパーに取り換えます。 基本は1の皮残し方法がおすすめです。 少しずつ作業を進める為、時間がない時は手間です。 その時は3の酢を選ぶなど、手段を把握しておくと作業が楽になります。 まとめ 里芋は茹でると笑いが出る程に簡単に皮がむけてしまうし、手がかゆくならないしヌメリも気にならないとあってご紹介した秘訣は絶対におすすめします。 山芋は生で食べることもある為、茹でる方法は不向きです。 持ち手がかゆくならない為にご紹介した工夫を試してみてください。 大量の山芋とろろを贅沢に食べる為に!そして里芋の煮っころがしを大鉢に豪快に盛る為にも道の駅に行ったら里芋が大量に販売されていないかチェックしてみましょう。 快適においしい料理にありつけますように。

次の

山芋のかゆみとかぶれ 原因と対処・対策(かゆみ止めで速攻治す!)

山芋 かゆい

たくさんのとろろを冷蔵、冷凍保存する場合、そのまま保存しようすると味が落ちてしまうので、あらかじめ出汁で伸ばしておくのがコツです。 また、冷凍保存するときは急速冷凍がオススメ。 急速冷凍機能がない場合は、アルミのトレイなどに乗せて冷凍室に入れると良いですよ。 冷凍する場合は食べる分ずつ小分けにした方がベストですが、一気に保存する場合でも500gを目安にしましょう。 冷蔵の場合は、1000g程度を目安にしてください。 どちらも、チャック付きのビニール保存袋に入れて密封保存しておきます。 ボウルやタッパーなどにいれておくと、お玉やスプーンなどの出し入れによって空気が入り、鮮度を保つことができません。 袋の角を少し切り落として絞り出し、使わないときは留めておくようにするなど、できるだけとろろが空気に触れない工夫をしましょう。 山芋をすっていると、手が痒くなったり、食べると口の周りや喉がムズムズすることがありますよね。 これはアレルギー反応によるものではなく、シュウ酸カルシウムの影響によるものであることがあります。 シュウ酸カルシウムは灰汁の原因になるもので、その成分は顕微鏡で見ると尖った形をしています。 これが喉や皮膚にチクチクと刺激しているのが原因です。 シュウ酸カルシウムが原因でかゆみがあるだけであれば、アレルギーというわけではありません。 そのため、あく抜きをする時と同様に、とろろをすりおろす時は酢水やお湯で手を洗うことで一時的な痒みは解消されます。 山芋が原因でアレルギー反応が出る場合、皮膚が赤くなったり、じんましんなどの症状が出ます。 胃痛や嘔吐などのアレルギー症状が見受けられる場合は速やかに病院へ行きましょう。

次の

里芋や山芋の皮のむき方!かゆくならないこの秘訣を教えたい!

山芋 かゆい

スポンサーリンク 山芋で手がかゆくなる原因は? 体を元気にするパワーを持っている山芋ですが、かゆくなるかも?って思うと触ることさえためらってしまいますよね。 かゆみの原因はシュウ酸カルシウムの針状結晶によるもの。 この結晶がクセモノ。 針のようにとがった形をしているので、山芋をすり下ろした時にバラバラになり結晶が皮膚に刺さることでかゆみが出るんです。 そのあと、ちょっと熱めのお湯で洗い流せば大丈夫。 山芋の結晶は酸に触れると溶けるという性質がありますので、それを利用してかゆみを軽減させましょう 酢+お湯ワンセットをやってみて、またかゆみが残っているようなら何度か繰り返してみてください。 ゴシゴシこすりすぎるとその刺激で余計にかゆくなりますので、揉み込むようになじませるのがポイントです。 山芋のかゆみを予防するには? かゆくなってから慌てて対処するのではなく、かゆみが起こらないように予防した方がストレスがありません。 予防法を6つご紹介します。 レモン汁でも代用出来ます。 山芋だけでなく手にも酢水を付けておけば、よりかゆみが起こりにくくなります。 凍らせることで結晶のとげとげが水分と一緒に固まって手に刺さらなくなるので、かゆみが起こりにくくなります。 凍ったら山芋を出してピーラーで皮を剥き、すり下ろしてください。 冷めたら皮を剥いてすり下ろしましょう。 使い捨てのビニール手袋やゴム手袋をはめて山芋を扱えば、かゆくなることがありません。 手袋の代わりに普通のビニール袋をかぶせれば、同じように山芋に触らずすり下ろせます。 すり下ろすときにはビニール手袋だと滑ってやりにくいので、包丁で短冊状にカットするなどの下処理のほうが向いています。 山芋に触るのは最小限で済みますし、フードプロセッサーで回してしまえばあっという間にとろろが出来上がります。 そんな時は山芋をまとめてすり下ろし冷凍しておくのがおすすめです。 そうすればかゆいのも一回で済みますしね^^ 先ほどご紹介したフードプロセッサーによるすり下ろしなら、皮さえ剥いてしまえばあとはスイッチを押すだけなので一度にとろろにするならとても便利です。 やり方はとっても簡単。 とろろを作ったらジップロックなどチャック付きの保存袋に入れて平らにし、冷凍庫に入れます。 30分~1時間程度たって少し固まったらいったん出し、袋の上から箸で4分割ししっかり跡を付けてからまた冷凍に戻します。 挽肉などを冷凍するときによくやる方法と同じです。 こうしておくと使いたいぶんだけ取り出して食べられますので便利。 解凍方法は冷蔵庫でゆっくり戻せばOK。 これで何度もかゆい思いをせず、好きなときに好きなだけ山芋を食べることができます^^ おわりに 山芋は胃が痛いときによいので、ウチでもよくすりおろして食べています。 最初はセラミックのすりおろし器でやっていたんですが、かゆいのがストレスが食べるの自体がイヤになってしまうんですよね。 なので今はフープロでガーーっとやっています。 山芋がフープロの高速回転でなるべく熱を持たないように、ガッガッガッと断続的にスイッチを駆使してとろろを作っています。

次の