レトリバー 本。 ゴールデンレトリバー|里親募集|ジモティー

ゴールデンレトリバー|里親募集|ジモティー

レトリバー 本

ゴールデンレトリバーの被毛の構造 アメリカンタイプ、イングリッシュタイプどちらのゴールデンレトリバーも上毛(トップコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造のダブルコートが特徴です。 ゴールデンレトリバーの場合、1つの毛根から1本のトップコートと複数本のアンダーコートが生えていることも特徴の一つです。 また、羽毛のような長い飾り毛(フェザーリング)が、首回り、足の後ろ側、下半身、尻尾についています。 この飾り毛が、ゴールデンレトリバーをより優雅に見せる役目を担っているのです。 トップコートは、外側に生えている被毛でツヤのあるゴールドやクリーム色の被毛のことを指し、撥水性のある被毛が密集して生えています。 水を弾く被毛は、鳥猟犬として水鳥の回収を行うことを使役として誕生したゴールデンレトリバーの特徴のひとつとも言えます。 下毛と呼ばれているアンダーコートは、トップコートの内側に生えている被毛のことで、トップコートに比べ柔らかく密に生えていて、冷たい水による体の冷えを防ぎ、また気温変化や害虫から皮膚を守る役目を持っています。 アンダーコートの特徴は、季節によってその量が変化することです。 寒い季節には、アンダーコートがより密生し体を冷えから守ります。 また、暑い季節には必要のないアンダーコートは抜け落ち、必要最低限のアンダーコートが気温変化や害虫から皮膚を守ります。 こまめなブラッシングがポイント ゴールデンレトリバーの抜け毛対策に最も有効なのがブラッシングです。 ブラッシングによって、必要のないアンダーコートを抜き取ることができるため、毎日のブラッシングはかかせません。 特に、春と秋の換毛期は、1日に数回こまめにブラッシングをすることで、家中に抜け毛が散らばることを防げます。 ゴールデンレトリバーのブラッシングにおすすめのグッズは、抜け毛を取るために有効なスリッカー、ホコリ取りに加え艶出し効果のあるピンブラシ、顔周りや耳周りなどのグルーミングに役立つコームの3種類。 ブラッシングのポイントは、まずピンブラシで汚れやホコリ、抜け毛を取り除き、スリッカーで細かい部分の抜け毛を取り除くこと。 シャンプーの前にもピンブラシで入念にブラッシングをすると、シャンプー後の抜け毛対策になります。 ゴールデンレトリバーにおすすめのメニュー トリミングサロンでは、デザインカットの他にシャンプー、爪切り、肛門線絞り、足回りのカット、耳掃除などを基本メニューとして行っています。 ゴールデンレトリバーの場合は、この基本メニューだけで十分。 基本メニューを年に数回、施術してもらうことで美しい被毛を保つことができます。 最近では、サマーカットをオーダーする飼い主さんも多く見かけますが、ゴールデンレトリバーにとってサマーカットはかえってマイナスです。 全身の被毛を刈り取ってしまうカットは、熱中症をはじめノミやダニをつきやすくしてしまいます。 また、その後に生えてくる被毛は、生まれつきの被毛とは違い硬めであることが多く、元の通りに伸びない可能性もあるため注意が必要です。

次の

ゴールデンレトリバーの色や種類は?カラー別の性格・特徴も解説

レトリバー 本

ゴールデンレトリバーの歴史 1800年代後期、レトリバーは 黒であるべきという風習がありました。 そのため、 フラットコーテッドレトリバーの元祖である ウェービーコーテッドレトリバーから生まれた 黄色系の犬は狩猟犬として活躍の場がなかったようです。 しかし、スコットランドの ツィードマウス卿により 黄色系のレトリバーと、 ツィードウォータースパニエルという犬種とを交配させ、 ゴールデンレトリバーの基礎犬が生まれました。 元々、 ゴールデンレトリバーは フラットコーテッドレトリバーの一犬種として、 フラットコートゴールデンと呼ばれていました。 1911年に ゴールデンレトリバー、または イエローレトリバーとなり、後に イエローレトリバーが削除され、 1920年に ゴールデンレトリバーとして統一されました。 出身が同じ イギリスであること、また外見も似ていることから ラブラドールレトリバーの長毛の犬種と思われがちですが、 ゴールデンレトリバーと ラブラドールレトリバーの成り立ちは異なるものです。 ゴールデンレトリバーの名前の由来 レトリバーとは、猟師のしとめた獲物を回収する犬のことをいいます。 レトリーブ(retrieve)は 「回収する」という意味があり、それが名前の由来になっています。 「ゴールデン」に関しては、そのまま毛色からつけられました。 以前は イエローレトリバーとも呼ばれていたそうです。 ゴールデンレトリバーのまとめ ゴールデンレトリバーについてまとめると以下の通りです。 元々はフラットコーテッドレトリバーの黄色の犬といわれていた• 本当に優しい性格の持ち主 以上で ゴールデンレトリバーについてお伝えしました。

次の

ゴールデンレトリバーの選び方、値段相場はどれぐらい?

レトリバー 本

ゴールデンレトリバーの被毛の構造 アメリカンタイプ、イングリッシュタイプどちらのゴールデンレトリバーも上毛(トップコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造のダブルコートが特徴です。 ゴールデンレトリバーの場合、1つの毛根から1本のトップコートと複数本のアンダーコートが生えていることも特徴の一つです。 また、羽毛のような長い飾り毛(フェザーリング)が、首回り、足の後ろ側、下半身、尻尾についています。 この飾り毛が、ゴールデンレトリバーをより優雅に見せる役目を担っているのです。 トップコートは、外側に生えている被毛でツヤのあるゴールドやクリーム色の被毛のことを指し、撥水性のある被毛が密集して生えています。 水を弾く被毛は、鳥猟犬として水鳥の回収を行うことを使役として誕生したゴールデンレトリバーの特徴のひとつとも言えます。 下毛と呼ばれているアンダーコートは、トップコートの内側に生えている被毛のことで、トップコートに比べ柔らかく密に生えていて、冷たい水による体の冷えを防ぎ、また気温変化や害虫から皮膚を守る役目を持っています。 アンダーコートの特徴は、季節によってその量が変化することです。 寒い季節には、アンダーコートがより密生し体を冷えから守ります。 また、暑い季節には必要のないアンダーコートは抜け落ち、必要最低限のアンダーコートが気温変化や害虫から皮膚を守ります。 こまめなブラッシングがポイント ゴールデンレトリバーの抜け毛対策に最も有効なのがブラッシングです。 ブラッシングによって、必要のないアンダーコートを抜き取ることができるため、毎日のブラッシングはかかせません。 特に、春と秋の換毛期は、1日に数回こまめにブラッシングをすることで、家中に抜け毛が散らばることを防げます。 ゴールデンレトリバーのブラッシングにおすすめのグッズは、抜け毛を取るために有効なスリッカー、ホコリ取りに加え艶出し効果のあるピンブラシ、顔周りや耳周りなどのグルーミングに役立つコームの3種類。 ブラッシングのポイントは、まずピンブラシで汚れやホコリ、抜け毛を取り除き、スリッカーで細かい部分の抜け毛を取り除くこと。 シャンプーの前にもピンブラシで入念にブラッシングをすると、シャンプー後の抜け毛対策になります。 ゴールデンレトリバーにおすすめのメニュー トリミングサロンでは、デザインカットの他にシャンプー、爪切り、肛門線絞り、足回りのカット、耳掃除などを基本メニューとして行っています。 ゴールデンレトリバーの場合は、この基本メニューだけで十分。 基本メニューを年に数回、施術してもらうことで美しい被毛を保つことができます。 最近では、サマーカットをオーダーする飼い主さんも多く見かけますが、ゴールデンレトリバーにとってサマーカットはかえってマイナスです。 全身の被毛を刈り取ってしまうカットは、熱中症をはじめノミやダニをつきやすくしてしまいます。 また、その後に生えてくる被毛は、生まれつきの被毛とは違い硬めであることが多く、元の通りに伸びない可能性もあるため注意が必要です。

次の