リスクを取らない リスク ダウンロード。 ビル・ゲイツの「リスクを負わないのがリスク」と「ヤドカリ」の話

なによりもリスキーなのは「リスクを取らないリスク」の大きさ

リスクを取らない リスク ダウンロード

」 「年収300万で幸せに暮らせる。 」 という人には全く関係ない話です。 しかし、金が欲しいと思う人にとって、リスクを取らないという事は物凄いリスクです!! (何言ってるんだろうw) スポンサーリンク リスクを取らないリスクを考える 「金は欲しい、でもリスクは取りたくない。 」 という場合どうする必要があるでしょうか? 結論から言うと時間を使うしかありません。 これは「レールの上を行く人達」を想像して貰えれば良いかと思います。 学生時代は毎日毎日勉強して、受験戦争、就職活動と必死で駒を進めて行って、大企業や公務員に就職する。 そして、20年、30年と働き続けた結果、課長や部長、もしくは役員クラスにまで出世して年収1000万~2000万を稼ぐというイメージです。 一般的に「勝ち組」と言われる人達ですね。 この人達は全くリスクを取っていませんが金持ちになっています。 でも、これって人生もの凄く損しているように見えませんか? 楽しいはず学生時代は受験勉強で潰れて、 別にやりたくもない仕事を何十年も続けて、 それでオッサンになって金持ちになってどーすんの? って僕は思ってしまいます。 ただ、リスクを恐れる余りリスクを回避し続けると、結果的に貴重な時間を失うということです。 じゃあ、どうすればリスクを取れるようになるのか? リスクを取らないリスクとは人生の貴重な時間を失う事です。 しかし、残念な事に人間は簡単にリスクを取れないようになっています。 生まれた瞬間からプロスペクト理論と言う損失回避の行動が遺伝子レベルで染み付いてしまっています。 投資をしてみる• 貧乏暮しをしてみる の2つが有効だと思います。 投資をしてみる 最初から損しようと思って投資を始める人はいないと思いますが、まあ最初は中々勝てないと思います。 なので、儲けようと思ってやるよりは、 「投資の経験を積む」 位の感覚で、数万~多くても100万位でやってみることをお勧めします。 実際に自分のお金を投資すると、最初はたった1万円の投資でも緊張してしまいチャートが気になって仕方がなくなります。 しかし、実際に1万得したり1万損したりとトレードを続けていると、やがて1万程度のリスクには動じなくなります。 そして10万、100万と、金額が上がっても別にビビる事なく冷静にトレード出来るようになってきます。 そうなればこっちのもんですw きっとあなたはリスクを取れる人間になっているでしょう。 「いやいや、100万のトレードなんて恐ろしくて出来ないよ。 」 って思うかもしれません。 しかし、転職したり、独立したり(他にも結婚とか、家を買ったり)することを考えたら100万なんかでビビっているようじゃ話になりません。 転職や独立なんて人生が掛かってますからw 100万程度のリスクを負えない人が、人生でリスクを負う事なんて出来る訳ありません。 え? リスクは負いたくないですか? それじゃあ、前述の「レールの上をいく人」のように時間を使って下さいw 貧乏暮しをしてみる 僕の場合は別に 「貧乏暮しをしてみよう!」 と思ってしてた訳ではなく、本当に貧乏だっただけですw オンボロの木造アパート暮らしみたいなのは1度経験しておくと良いでしょう。 なんていうか、人間強くなりますw 別に金なんて無きゃ無いで平気だし、雨風しのげて、もやし炒めと納豆ごはんが食えて、ネットが繋がれば十分楽しく暮らせるだろ。 という感じですw 僕は年収が1000万以上ありますが、別に年収300万になっても楽しく暮らしていける自信があります。 1度で良いので貧乏暮らしをするのは超お勧めです。 「貧乏暮しの経験は人生の財産」 と言っても過言ではないです。 まとめ いかがでしょうか? リスクを取らないリスクとは時間を失うこと。 リスクを取れるようになる為には• 投資の経験をすること。 貧乏暮しの経験をすること。 が重要ということです。 まあ、金があるのに貧乏暮しを意図的にやるのは難しいかもしれません。 ただ、投資の経験はした方が良いです。 今ならDMM FXでキャッシュバック2万円が貰えます。 - ,.

次の

リスクの正しい取り方

リスクを取らない リスク ダウンロード

「お金をかけず、簡単に成功できる方法はありますか?」 という質問をいただきました。 それが可能なら、誰も苦労はしていないし、 世の中のビジネス全体が成り立たなくなっているはずです。 結論を先に言うと、ありません。 この業界を見ていて思うのは、あまりに 「リスクを何ひとつ負わずに成功したい人」 が多すぎるということです。 例えば、ヤドカリはご存じですよね? ヤドカリの貝は成長しません。 しかし、ヤドカリ自身は成長するので、 貝を引越さなければなりません。 普段から貝に守られているため、 体の、特にお腹周りは柔らかく、 防御するものがないととても危険。 でも、ヤドカリは成長に合わせて リスクを負って引越しするのです。 これは自然の摂理であって、私たち人間も同じです。 自分を成長させるため、成功するために、 今までの自分の殻を背負ったまま、 何も手放さずに達成なんてできません。 誰しも、今までの安全な居心地のいい領域に すがり付いていたいものです。 そのままの状態で成功できるなら、 そんなに都合のいいことはないでしょう。 しかし、世の中そんなに甘くはありません。 リスクを負わないものに成功はないのです。 あのビル・ゲイツも言っています。 「リスクを負わないのがリスク」だと。 今までの自分と同じ、安心できる状況で、 何も手放さずに成功だけを勝ち取る。 そんな馬鹿げた考えはもう捨ててください。 少なくとも、何かひとつは手放すリスクを負わないと、 何も得ることができず、現状が永遠と続くだけです。 「リスクを負わない結果に成功の可能性はありません」 「リスクを負った結果には、成功の可能性があるのです」 現状を変えるには、あなた自身が、 リスクを負う勇気を持つこと。 しかし、あなたが今、 「成功しなかったら?」 と思っているなら、リスクを負う必要すらありません。 なぜなら、そう思ってしまっている時点で、 100%成功は有り得ないからです。 リスクを負う必要のない、 時間給の仕事をするべきでしょう。 自分には合っていなかっただけのことです。 「絶対に成功できる」 と思える力が、この世界での成功の可能性を 大きく高めることを知ってください。 この世界で、本気で生きていきたいなら、 成功への信念を自分自身の力に変えて、 リスクを負う勇気を持ってくださいね。

次の

リスクを取らないリスク : 堀古英司

リスクを取らない リスク ダウンロード

私もそれが大切だということは、それなりにわかっているつもりでしたが、つい最近専門家の方からお話を聞く機会があり、そこでの話は私自身が今まで持っていた認識とは少し違ったイメージのものでした。 「リスク・マネジメント」は、ただ「リスクを避けること」だけではないという話です。 「リスク」には二面性があって、災害や紛争のような「ハザード」の意味で、そこから受ける被害を最小化することがありますが、その一方で、発展を目指して何か行動する際に失敗の芽を先に摘んでおくことや、実行するための安全度を増すという側面があります。 リスクを避けるだけでなく、リスクをとって対処するということです。 「橋を渡らないことではなく、橋を渡るために必要なのがリスク・マネジメントだ」ということでした。 こういわれると、仕事上の行動や日々の活動が、すべてそれにつながっている感じがしてきます。 外出しなければ交通事故にあう可能性は限りなく低くなりますが、それでは経験できることがかなり限定されます。 人間関係の軋轢を避けるだけならば、他人とは一切付き合わなければ良いですが、それでは人を関わることで得られる喜びはありません。 ネットの炎上防止も、発信をやめるよりも発信のしかたや内容を考えた方が前向きです。 新規事業や起業などはまさにそうで、そんなことをしなければ失敗することはありませんが、成功する可能性もありません。 リスクと聞くと、ついつい「危険」を避けることばかりに意識が向きますが、本来はリスクをとって「機会」を作り、そこで起こる問題に向き合うことで、最終的な果実が得られます。 「リスクと取らないことこそリスクだ」という言葉も目にしました。 身の回りの「リスク」を見直し、そのかかわり方をあらためて考えると、実はもっと積極的に取り組めることがたくさんありそうです。 今までとはもう少し違ったことができるのではないでしょうか。 小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表 ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士 BIP株式会社 取締役 IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。 2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。 2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。 以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。 パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。 会社URL.

次の