猫 保険 安い。 【猫のペット保険比較ランキング!】猫保険のおすすめはこれだ!

【猫のペット保険比較ランキング!】猫保険のおすすめはこれだ!

猫 保険 安い

デメリット• 健康が条件であること• 保険料はやや高め イーペットだけの特徴、初回のけがは治るまで治療費を負担してくれるところはとても有りがたいです。 しかも、更新したらまた利用できるのも嬉しいですね。 上限金額の70%プランなら70万円まで、50%プランなら50万円までを負担してくれ、その金額を超えなければ何日入院しても何回手術しても補償してもらえます。 ただ健康であることが加入条件なので、病気やけがの治療で病院に行った場合は、最後に通院した日(完治)から3ヶ月経ってからでないと加入できません。 日数制限や回数制限にとらわれたくない人におすすめです。 イーペットの口コミ• 保険料が手頃• 専門家がすすめてきた• 申し込み手続きが楽 猫のペット保険 PS保険:100%補償 メリット• 治療費にかかったお金を100%負担してもらえる100%プランがある• 通院、入院、手術すべて補償対象• 年齢により上がる保険料もゆるやかなため金額的負担も軽く済む デメリット• 日数、回数制限があり、上限金額も少し不安が残る• 同じ病気やけがに対しては更新してもクリアされない 保険料自体が安いので、補償限度額も正直それなり…といった印象です。 同じ病気やけがは、治らない限り年の更新をしても引き継がれてしまうため、限度日数、限度額を超えたら自腹になってしまいます。 しかし、一度完治し、またなってしまった場合には再度保険を適用することが出来ます。 PS保険の口コミ• スタッフさんの対応がいい• 値段と補償のバランスがいい• 支払いがスピーディー 猫のペット保険 アニコム損保:一番の知名度 メリット• 通院、手術、入院すべて補償対象• 窓口精算が出来る デメリット• 保険料が高い• 日数制限、限度額設定あり アニコムの一番の強みは、やはり窓口精算が出来ることです。 ペット保険はほとんどが一度自腹で支払い、あとから請求するタイプに対し、アニコムは会員証を病院に提示するだけで保険料のぶんが差し引かれます。 これがすごい楽なんですよね。 他にも窓口精算が出来るところもありますが、アニコムが一番提携病院が多いです。 その代り保険料は高めの設定なので、めんどくさがりな人や、普段忙しくしてる人などにおすすめな保険です。 アニコムの口コミ• 窓口精算が楽• 健康割引がうれしい• 提携病院が多くて助かる 猫のペット保険 アイペット:かかりつけの病院が提携していればラッキー メリット• 窓口精算が出来る(うちの子プランのみ)• 12歳まで加入できる デメリット• 日数、回数制限あり• 9歳から急に保険料が上がる こちらもアニコムに比べると提携病院は少ないものの、窓口精算可能な数少ない保険となっています。 アニコムより上限限度額、補償日数が高いので、かかりつけの病院がアイペット提携でしたらこちらもおすすめです。 ただし、アニコムは保険料の上昇がゆるやかなのに対し、アイペットは急に上がるため注意が必要です。 アイペットの口コミ• 窓口精算が楽• 割引が充実している• 10歳を超えても加入できるところが嬉しい この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

猫におすすめのペット保険10選【2020年最新版】

猫 保険 安い

このシステムの場合は、業界に参入するには免許が必要となり、扱える商品は限定されません。 少額短期保証会社は、飼い主が支払う保険金が、損害保険会社と比較をすると安いのが特徴で、人間側の負担が少ないのです。 業界に参入するのは登録制で、免許が必要な場合よりも比較的簡単なのですが、扱える商品が短期、掛け捨て、少額に限定されます。 猫の保険には、あとで保険料を請求して保証してもらう方法と、病院の窓口で、保険では負担されない自己負担額だけ支払う方法があります。 窓口で負担額だけ支払う方法のほうが、面倒がなくて良いと言われてます。 の保険比較サイトで、我が家の黒猫モモ3歳の、種類と年齢を入れて保険料を試算してみたら、一番保険料が安かったのは、ガーデンの50%の治療費保証割合で、月々820円でしたが、ここは多頭飼い割引をしていて、一頭につき900円の割引をしてくれるようですが、いろいろと調べていくと、猫の条件によっていろいろとプランがあり、かなり面倒な感じは否めません(汗)。 そして、2006年4月までは、いわゆるペット共済というシステムは、運営を監督する官庁がなかったので、規制する法律もありませんでした! そのため、まがいのお金の集め方をしていたので、トラブルが急増していたのですが、2006年4月に法律が改正され、最初に書いたとおり、精度が出来たので、共済などもの監督下に置かれています。 猫の保険の仕組みは?対象動物は? そもそも、ペット保険などの仕組みはどうなっているのでしょうか? 基本的には助け合いの精神が根本にあります! みんなが少しずつお金を出し合って、保険会社がその資金をプールし、病気をしたり、怪我をしたりした動物がいると、そこから保険金として動物病院でかかる費用を負担してくれます。 そして、猫の保険は加入後待機期間という、その間に病院で病気を発症した場合、保険金が下りない期間が設けられていて、これは各会社によって期間は違います。 例えば一般的には加入後の待機期間は30日、がんなどの病気なら120日となっていて、審査がおりて契約を開始しても、この期間は補償されません。 理由は、実は兆候が事前にあったのに、保険に加入して、その後病院に連れて行くといったずるをする人がいるからです。 保険会社も商売ですから、こういった待機期間を設けて防衛しなければなりません。 加入対象も、各会社によって違いがありますし、になっている場合加入できないところもあります。 猫の保険に加入するときに健康診断を行うかどうかも、各会社によって違います。 そもそも猫には公的な健康保険がありませんし、治療費もかなり高いので、もし仮に大きな病気を発症した場合、治療費に悩まされることになりますから、日本でも年々猫の保険を必要だと判断して入るべきか悩んだ後、結果的に加入する人はどんどん増えているようです! 猫の保険に入るべきかどうかは、まさに一緒に暮らす人間の判断に委ねられるという話になります。 外に出ていく猫がいる場合、いつ事故にあったり怪我をするかわかりませんし、室内飼いの猫だからといって、怪我をしないとは言い切れません。 心配しはじめたらキリがないのですが、愛猫のために保険に入るべきかどうか悩むところですね! しかも、保険に入ったところでプランによっては100%の保険料が保証されているわけでないので、ここも入るべきかどうかという判断材料になり、必要かどうかと問われると、必要ないとは言い切れないと答えるしか無いのかなというのが現状でもあるようです。 それでは、猫が保険に入ったときのメリットとデメリットをご紹介しておきます。 猫の保険安いものはあるの? 猫の保険は、条件やプランなどによって安いものもありますが、どんな内容の保険をつけるかによって金額なども変わってきます! そして、安い保険料のものは、補償金額が100%でないものも多いので、よくプランを比較して、これならばというものをご自身で見つけていくしかなさそうです。 猫の保険に関して個人的見解! 黒猫モモを拾ったときから、猫の保険は必要なのかな、入るべきかと考え続けて気づけば3年! もし入るべきと思うのなら、そろそろ考えて決めてしまわないとどんどん年齢を重ねていってしまうので悩みどころですが、獣医の見解だと、6歳の健康診断をパスしたら、加入をしたほうがいいかもということです。 理由は、猫は7歳を過ぎた頃からぐっと病気を発症しやすくなるからだという話のようです。 個人的には、毎月数千円を掛け捨てにするのなら、それを、もしものときのために猫用貯金として積み立てておくほうがいいのかなとかいろいろと考えてしまいます。 北区赤羽で税理士をされている方の見解を読んで、個人的にやはりまずは積立貯金からがいいのかなとも考えてしまいました。 記事はこちらになりますので、参考にされてください。 うーん、悩みどころですが、現在ペット共済へ資料請求をしていますので、資料が届いたら、またいろいろと考えたいと思います。 基本的に猫も人間と同じ哺乳類ですから、食事の内容に注意して、ストレスを与えないようにしたりすれば、黒猫のモモの場合、以外は花丸マーク付きの健康優良児と言われたばかりですし、ダイエットは順調に進み、ここもクリア出来ますから、病気の発症の心配はないと、個人的に国から難病指定をされている疾患を自力で治してきた経験からも、そう思っているのですが、人生は何が起きるか分からない面も多々あります、もう一度じっくりと検討しながら、どうするか決めていきたいと思います。 ペット共済の資料などが届いたら、また追記をしていきます! 届きました~ゆっくり目を通して検証しますね あなたは猫の保険に関しては必要で、入るべきだと思いますか、要らない派? もしよろしかったら、などをお寄せくださると参考になります。 ~追記~ 共済の資料などを見て検討していきましたが、結局どちらでもいいなというのが個人的見解になりました! 毎月掛け捨てで安心感を得るか、その分猫用の医療費として貯金をしておくかは、人それぞれだと思います。 ナナ(2017年9月現在1歳)が来年2歳の誕生日前に健康診断を受けさせて、その結果を見て決めていこうと思います。

次の

安い料金でお得!犬・猫のペット保険格安ランキングBEST3

猫 保険 安い

これから猫を飼いたいと考えている方もすでに飼っている方も、猫にはどれくらいの医療費がかかるのか気になるのではないでしょうか? 1か月にかかる金額から高額になってしまう理由と対策までわかりやすく解説します。 大切な猫の健康を守るためにも医療費について確認しておきましょう。 実際にかかる医療費は?まずは平均額を確認しよう 猫を実際に飼うときに気になることの1つに医療費があります。 猫は病気になりにくいと言われていますが、実際はどれくらいかかるのでしょうか。 日本獣医師会が平成27年度に行った「家庭飼育動物(犬・猫)の飼育者意識調査」によると、猫にかかる月あたりの動物病院の費用は、1家庭で平均6,991円(年間で約8万4,000円)ですが、いざ病院に行くと、人間よりも医療費が高額になることがほとんどです。 たとえば、子猫によくあるお腹を壊す症状でも、診察と薬の処方で1万円を越える動物病院もありますし、ガンなどの大きな病気で手術になる場合は、30万円前後かかることもあります。 ではそもそも、どうして猫の医療費はここまで高額になってしまうのでしょうか? 猫の医療費が高額になってしまう理由とは? 猫の医療費が高額になるのは2つの大きな理由があります。 まず1つめは、猫には公的な医療保険がないことが挙げられます。 人は健康保険の保険証を提示すれば3割負担で治療を受けることができますが、猫には保険証がありません。 つまり動物病院でかかった治療費は全額飼い主負担になるのです。 2つめの理由は、動物病院ごとに金額が異なる点にあります。 人の場合ではこの診察をしたらいくら、この薬でいくらというように金額が決められているので、どこの病院に行っても大きく変わることはありません。 ところが動物病院は自由診療で獣医師が自由に治療費を決めることができるので、A病院では安かったのにB病院では高いお金を払ったという状況が生まれるのです。 滅多に起こることではありませんが、猫はとても敏感で繊細な動物なので、少しのことでも胃腸炎を引き起こすことがあります。 具体的な例として、以下のように猫がストレスを感じるシーンが多いと、胃腸炎になることもあります。 引っ越しなどで環境が変わった• 来客が多い• 物音に敏感でおびえていることがある また人の食べ物をあげてしまうことで、胃腸炎を引き起こす猫もいます。 安易に人間の食べ物をあげないようにしましょう。 治療は診察をして経過をみることがほとんどですが、投薬や点滴をすると胃腸炎でも大きな出費になるので、万が一に備えてお金を準備しておくと対応しやすいでしょう。 猫は床や地面に顔が近いので、「どうしてこんなものを!?」と思うようなものを口に入れて飲み込んでしまうこともあります。 おもちゃについているひも• ねずみのおもちゃ• おやつの袋 誤飲の場合は、まずどこに異物が入っているのかを確認するため、レントゲンを撮ることがほとんどです。 そして胃カメラや手術で異物を取り除きます。 特に手術の場合は、麻酔を使っても大丈夫かの血液検査もするので、トータルで10万円以上かかることがあります。 外耳炎はふだんから耳をめくって通気性をよくしたり、麺棒にイヤークリーナーをつけて掃除してあげたりすると、予防にもなっておすすめです。 もし外耳炎になった場合は、投薬治療になります。 耳の中に液体の薬をたらしたり、抗生物質をご飯に混ぜて食べさせたりします。 外耳炎はクセになりやすく、出費がかさむ可能性が高いので厄介な病気です。 医療費が高額になったときのための対策を3つご紹介します。 自分に合った対策を見つけましょう。 ペット保険に加入する ペット保険には大きくわけて、入院・手術・通院にかかった費用を補償する「総合補償型」と、手術など一部の補償をする「特化型」があります。 かかった費用の補償割合は、ペット保険各社によって異なります。 もちろん補償割合が高くなれば保険料も上がります。 また、動物病院の窓口でその場で精算できるものと、いったん全額を支払ってから保険会社に請求するといったように、保険金の受取方法にも違いがあります。 しっかり備えたいのか、保険料を手ごろに抑えたいのか、手間をなるべく省きたいのか…など、ライフスタイルに合わせて気になるペット保険を比べてみるとよいでしょう。 猫貯金をする 保険は使わなかったらもったいないし…と思う人は、猫貯金をしてみるのも対策の1つです。 ただし貯金の場合、「今月は苦しいから来月でいいや」と思って、全然貯金できないことも起こりえます。 そのような場合は積み立てにして、強制的に口座からひかれるようにしてみるのもおすすめの方法です。 1か月に1万円などと金額を決めて貯金をしていくと、万が一の大きな出費の際に、よりよい治療方法を選ぶことができます。 病院に相談する 医療費が高額になる場合は動物病院に相談するという方法もあります。 病院によっては分割払いに応じてくれたり、費用がかかりにくい治療を選択してくれたりします。 ただし、分割払いを認めていない動物病院もあるので、かかりつけの病院に事前に確認しましょう。 まとめ 公的な医療保険がない猫が病気になったりケガをしたりすると医療費は高額になりがちです。 入退院を繰り返して治療が長期化したり、高齢になるにつれて医療費がかさむことも…。 大切な家族を守るためにも家計と相談して、いざというときでも対応できるようにしましょう。

次の