斧 パラ コード。 【パラコード】手斧にパラコードを簡単に巻く方法【Husqvarna】

工具男子新聞 パラコードとは?便利な使い方から初心者にも簡単な編み方のコツをご紹介!

斧 パラ コード

僕は、半年前からハスクバーナの手斧を使っています。 キャンパーの間では大人気の斧で、キャンプ場へ行くと誰かしらが使っていますね。 もともとはナイフでバトニングしてたんですが、固い薪だとなかなか割れないんです。 広葉樹を使うことが多いんですが、ナイフでは割れないことも多く、いつも苦労していました。 ある日、勢いよくナイフを叩いたら、根元からナイフが折れてしまったんです。 それを機に、斧を使い始めたという感じですね。 使ってみると人気なのも納得で、固い薪でもスムーズに割ることができます。 先端が重いので軽く振っただけで驚くほどのパワーが出ますし、女性でも簡単に薪を割れるはずです。 ただ、ずっと使っていると根本の部分が傷んでくるので、そのままだと折れてしまうかもしれません。 なので、ここではハスクバーナの根元を保護するカスタム法を紹介します。 斧のネックは傷みやすいから気を付ける 斧を使っていると、根元のネックが傷んでしまいます。 僕の斧も、結構な傷が付いていますよね。 これは、薪が割れた時にネックの部分に当たることで、傷がついてしまうからです。 どれだけ丁寧に扱っても、こればっかりは仕方のないことですね。 斧のネックは、最も負荷が掛かる部分です。 斧を振ったときや薪に当たった時など、かなりの力がネックに掛かることになります。 だから、傷んだままにしておくと、いつか折れてしまうかもしれません。 振ったときに折れて飛んで行ってしまったら、誰かに当たって大怪我をすることもあり得ます。 事故を防ぐためにも、何かしらの対策が必要になりますね。 斧のネックを保護するためにパラコードを巻く 斧のネックを保護するには、パラコードを巻くという方法が最も手軽です。 ドレスアップ性も高いために、やっている人はかなり多いですよね。 ハスクバーナは人気の斧なので、キャンプ場で被ることが多いです。 パラコードを巻いておけばオリジナルになりますし、他人と被ることも無くなりますよ。 保護もできて一石二鳥ですから、ぜひやってみると良いでしょう。 パラコードは、以下のものを使いました。 パラコードの巻き方• パラコードを2つ折りにして持ち手に合わせる• 端を輪っかにしてから反対にコードを回す• 回した部分を2つ折りにして輪っかを作って輪に通す• 反対に回して輪っかを作って輪に通す• 繰り返し 1. パラコードを2つ折りにして持ち手に合わせる パラコードの端から20cmくらいを折り返して、ネックの裏側に合わせましょう。 この時の長さはお好みですが、保護したい幅に合わせて長さを調節してください。 端を輪っかにしてから反対にコードを回す 長い方をねじって輪っかにしてから、反対側にコードを回しましょう。 ここでコードが緩まないように、しっかりと引っ張りながら回すのがコツです。 回した部分を2つ折りにして輪っかを作って輪に通す 反対側に回したら、その部分で輪っかを作って、最初の輪の中に通しましょう。 輪の中に輪を通すわけですね。 反対に回して輪っかを作って輪に通す 輪を通したら、また反対側にコードを回していきます。 反対側でも輪を作って、先ほどの輪っかの中に通してください。 繰り返し あとは、これを最後まで繰り返すだけです。 複雑そうに見えるかもしれませんが、すごくシンプルな構造となっています。 単純な作業ですから、慣れれば誰にでもできるでしょう。 最後まで行ったら、余った部分をハサミでカットしてライターで焙ります。 先端をライターで溶かしておくと、コードが解れるのを防ぐことができますよ。 これで完成ですね。 根元の部分が保護されましたし、見た目の印象もアップしました。 キャンプ場で使っていても、すごく目立つと思います。 斧を研いで切れ味をアップさせる せっかくなので、斧を研いでみたいと思います。 買ってから一度も研いでいないので、そろそろメンテナンスしないといけませんね。 ただ、斧は必ずしも研ぐ必要はないようです。 斧は切るものではなくて叩き割るものなので、切れ味が悪くても関係ありません。 クサビのような役割ですから、研がなくても薪を割ることはできます。 しかし、斧を研いでおくと最初に薪に当てた際に、刃の入り方が良くなるので薪割りをしやすくなるはずです。 僕の斧を見てみると、先端が丸くなっていますね。 かなり使い込んでいるので、一発で薪に刺さらないことも増えてきました。 刃を研いでおけば、少しは改善すると思います。 研ぎ石を使って斧を研ぐ 斧は刃が太いので、ちゃんとした研ぎ石を使った方が良いですね。 家庭用のシャープナーだと、上手く研げないかもしれません。 まずは、研ぎ石を5分ほど水に浸けておきます。 十分に水を浸み込ませたら、表面に水をたっぷりとかけましょう。 刃を当てる角度は15度くらいで、10円玉を2枚重ねたくらいが良いようです。 そのままゆっくりと刃を上下させて、先端を研いでいきましょう。 刃が大きいために、3分割にすると研ぎやすいですね。 今回は、上と真ん中と下に分けて研ぐことにします。 20回ほど上下させて、両面ともやったら完成です。 どうでしょうか? 明らかに鋭利になっていますね。 これだったら、スムーズに薪に刺さりそうです。 薪が割れにくくなった時は、たまにはを研いでやると良いでしょう。 斧の使い方を間違えている人が多い!正しい使い方について 斧を使う時に、正しく使えている人は意外と少ないです。 よくある間違いとしては、力強く一発で割ろうとすることですね。 頭の上まで高く斧を振り上げて、そのまま一気に振り下ろす人がいます。 一般的な薪割りのイメージなのでそうする人が多いのでしょうが、実際にそれで薪を割ることはできません。 漫画のように、スパッと割れることは無いわけですね。 あまりに力を入れすぎると、勢いよく足に当たってしまって大怪我をするかもしれません。 なので、力一杯に振り下ろすといったことは止めましょう。 正しくはクサビのように使う 正しい斧の使い方としては、クサビのように叩き割る方法です。 刃を薪に当ててから、何度も地面に叩きつけて割るようにします。 そうすると力を入れる必要はありませんし、勢い余って足に当たることも無くなるでしょう。 女性でも簡単に割れますから、何度も叩いて割ることを覚えておいてください。 薪割り台は必ず用意する 薪を割る際には、必ず薪割り台を用意しましょう。 地面に薪を置いて割ろうとすると、薪がめり込んでしまって力が伝わりません。 また、石の上に薪を置いて割るのも厳禁です。 刃が石に当たると、欠けてしまうことがあります。 数千円で買うことができますから、必ず持っておくようにしてください。

次の

ハスクバーナの手斧をカスタムしてみた。パラコードでネックガードを作る | Earth indoor / アースインドア

斧 パラ コード

大きな地震や台風を経験した子ども達と一緒に手作りで何か防災グッズを作れないかと調べていました。 ネットで調べていると「パラコードいうロープでブレスレットを作って持ち歩く」という内容を見つめました。 パラコードは防災グッズとして最近話題になっている丈夫なロープになります。 ただのロープとは異なり、色々な使い道があることがわかりました。 ここではパラコードとは何なのか・どのような特徴があるのかを詳しく紹介していきます。 パラコードとは? パラコードはパラシュートコードの略語になります。 パラシュートと人を支えるラインとして使われていたロープになります。 軍事用の兵士向けに開発された物で重力や風力に耐えれる強度のあるロープになります。 近年ではパラコードはミリタリーやアウトドアのアクセントやファッションアイテムとして注目されています。 編むことで色々な小物と組み合わせる事ができます。 編んだパラコードは簡単にほどく事もできます。 パラコードの素材と特徴は? パラコードの素材はナイロン100%が主流になります。 アメリカ製のパラコードはナイロン素材になります。 ナイロン素材の特長としては• 伸縮性があり耐熱で丈夫• 耐摩耗性に優れている• つるつるとした柔らかい触り心地• 吸水により耐衝撃性が強くなる パラコードの中にはポリエステルやポリプロピレンなどを使った物もあります。 ポリエステルやポリプロピレンの物は多くが中国製でアウトドアロープとして販売されている物になります。 アメリカ軍の規格(Mil-spec)の物にポリエステル製品はないので使うならナイロン素材のパラコードがベストだと思います。 パラコードの強度は? 一般的なパラコードは550パラコードで太さ約4mm、耐荷重が250kgになります。 パラコードの構造は2・3本のナイロン糸で作られた芯線が7本束になっています。 その7本をナイロンで覆っている構造になります。 パラシュートと人を結ぶ強靭なロープなので耐久性や強度がないと意味がありません。 パラコードの使い方は? パラコードには色々な使い道があります。 丈夫で使いやすいのでアイディア次第では普段の生活から緊急時まで幅広く使うことができます。 普段・ファッションアイテムの使い方として• 洗濯を干すためのロープ• 荷物を掛けるロープ• 靴ひも• ブレスレット• アクセサリー 強度があるので洗濯物などを干すロープに使えます。 編むことでブレスレットやアクセサリーを作ることができます。 バックルやリングなどを組み合わせる事で色々なファッションアイテムを作ることができます。 防災グッズとして• 骨折の応急処置• 止血帯• 救助の合図• 着火剤• 荷物の保護 パラコードは編んでブレスレットなどにしておくとコンパクトな防災グッズになります。 パラコードで作ったブレスレットを持ち歩いておけば緊急時にブレスレットをほどくとロープに戻ります。 緊急時に必要なロープをおしゃれに持ち歩くことができます。 アウトドアグッズとして• テント・タープのロープ• ハンモックの吊りひも• 歯間ブラシ• 糸 テントやタープを張るロープとして以外にもアウトドア用のロープとして便利です。 パラコードを木に結びつけて布をかぶせれば着替えなどの目隠しにできます。 芯線を引き抜いて普通の糸として使ったり、歯の間に挟まった食べ物を取るのに使えます。 まとめ パラコードは防災アイテム・アウトドア・ファッションなど用途が色々でとても便利です。 工夫次第で色んな使い道があります。 カラーバリエーションが豊富なのでオシャレなブレスレットを作ることができます。 普段はブレスレットして使い、緊急時にはブレスレットをほどいてロープになるので登山やキャンプでのマストアイテムになります。 値段も安いので簡単に手に入れることができます。 ロープを買って手作りでブレスレットなどを作ることもできますし、作るのが面倒な人は完成品も販売されています。

次の

工具男子新聞 パラコードとは?便利な使い方から初心者にも簡単な編み方のコツをご紹介!

斧 パラ コード

機能があればなんでもいいです。 パラコードの巻き方 それでは巻いていきましょう。 巻いた際若干盛り上がる側になるので、キレイに見せたい面と反対側にしてください。 今回の場合 赤線ぐらいから矢印方向にパラコードを巻いていきます。 その際 巻きつけている箇所の隙間がなくなるようを整えながらやるとうまくいくかと思います。 私の場合は10㎜程度残してカットしました。 切断した端をピンセットで持ってライターで溶かします。 溶かした後、巻いたパラコードに押し付けると固定できるかと思います。 また 溶けたパラコードやライターは熱くなるので、くれぐれも火傷に注意して作業してください。 思ったよりキレイに巻けたんじゃないでしょうか。 まとめ 今回はハスクバーナの手斧にパラコードを巻いてみました。 思ったよりも簡単できれいに巻くことができました。 非常に簡単にできるので手斧をお持ちの方はやってみてはいかがでしょうか。 パラコードの色で個性を出すこともできるのでオススメです。 実際に使用してみましたが少し緩みやすいような感じもします。 少し難易度は上がりますが別の方法もご紹介しますので、興味がある方は是非ご覧ください。 それではまた。

次の