海星 女子 学院 大学。 神戸海星女子学院大学

神戸海星女子学院大学の偏差値・ランク・受験対策|学習塾・大成会

海星 女子 学院 大学

3年次配当の正規授業(展開科目)として設置されている「インターンシップ」は、事前学習と就業体験、事後学習の3部構成からなる。 事前学習はオリエンテーションから始まり、インターンシップに参加することの意義について考えさせる。 また、並行してキャリアセンター就職支援プログラムとして、外部から招へいする特別講師により、社会人としての心構えやビジネスマナーなど就業体験において最低限必要となる知識や行動についての講義と訓練を実施する。 就業体験は夏期(夏休み)に実施され、実施期間はインターンシップ受け入れ先により1〜3週間程度である。 事後学習では、体験実習において学んだことをレポートにまとめさせると共に、成果発表会を開催する。 1年次において「キャリアデザイン入門」を必修・半期授業として実施。 主に自己理解、他者理解、コミュニケーション能力など、大学生活や将来のキャリア構築において必要とされる基礎的能力の育成に取り組んでいる。 また、1年次生に対してのキャリア教育として、学長、学科教員、キャリアセンターによる講義など5回を割り当てている。 社会集団の一員としての自己確認を行うとともに、キャリアモデルとなる卒業生によるキャリア講演を聴講することにより、自らのキャリアについて考える機会とさせている。 3年次以降については、実際の就職活動に向けての準備段階として、インターンシップや就職準備セミナーを中心とした就職サポートプログラムを展開している。 『進学支援』とは? 進学を希望する学生に対して大学・短期大学が行う支援やサポートなどの取り組み。 『インターンシップ』とは? 進路指導として学生の就業体験や社会貢献活動への参加を制度化し、学生が自らの適性や将来のキャリア、業種や職種等に対する理解を深めたうえでの進路選択を実現するための取り組み。 『キャリア教育』とは? 学生に勤労観・職業観及び職業に関する知識や技能を身につけるための教育を行い、自らの個性や適性を理解し、主体的に進路を選択する能力を育てるための教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? 国家資格試験を受験し合格することを目的に、学校が資格取得講座などを用意し、学生が望む進路を実現するための支援をする取り組み。

次の

神戸海星女子学院大学 進路・就職情報|大学ポートレート

海星 女子 学院 大学

3年次配当の正規授業(展開科目)として設置されている「インターンシップ」は、事前学習と就業体験、事後学習の3部構成からなる。 事前学習はオリエンテーションから始まり、インターンシップに参加することの意義について考えさせる。 また、並行してキャリアセンター就職支援プログラムとして、外部から招へいする特別講師により、社会人としての心構えやビジネスマナーなど就業体験において最低限必要となる知識や行動についての講義と訓練を実施する。 就業体験は夏期(夏休み)に実施され、実施期間はインターンシップ受け入れ先により1〜3週間程度である。 事後学習では、体験実習において学んだことをレポートにまとめさせると共に、成果発表会を開催する。 1年次において「キャリアデザイン入門」を必修・半期授業として実施。 主に自己理解、他者理解、コミュニケーション能力など、大学生活や将来のキャリア構築において必要とされる基礎的能力の育成に取り組んでいる。 また、1年次生に対してのキャリア教育として、学長、学科教員、キャリアセンターによる講義など5回を割り当てている。 社会集団の一員としての自己確認を行うとともに、キャリアモデルとなる卒業生によるキャリア講演を聴講することにより、自らのキャリアについて考える機会とさせている。 3年次以降については、実際の就職活動に向けての準備段階として、インターンシップや就職準備セミナーを中心とした就職サポートプログラムを展開している。 『進学支援』とは? 進学を希望する学生に対して大学・短期大学が行う支援やサポートなどの取り組み。 『インターンシップ』とは? 進路指導として学生の就業体験や社会貢献活動への参加を制度化し、学生が自らの適性や将来のキャリア、業種や職種等に対する理解を深めたうえでの進路選択を実現するための取り組み。 『キャリア教育』とは? 学生に勤労観・職業観及び職業に関する知識や技能を身につけるための教育を行い、自らの個性や適性を理解し、主体的に進路を選択する能力を育てるための教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? 国家資格試験を受験し合格することを目的に、学校が資格取得講座などを用意し、学生が望む進路を実現するための支援をする取り組み。

次の

神戸海星女子学院大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

海星 女子 学院 大学

概要 [ ] 大学全体 [ ]• により運営されていたの。 に海星女子学院短期大学として設置された。 内にキャンパスが置かれていた。 設置されていた学科数は最大で2つだったが、うち1学科が大学の学科に譲渡されたため1学科のみとなった。 教育および研究 [ ]• に「キリスト教学」があった。 学風および特色 [ ]• の宣教者フランシスコ修道女会により設立された神戸海星女子学院が母体となっている。 関連書物の一つとして『神戸海星女子学院短期大学創立30周年記念誌』がある。 沿革 [ ]• において修道会が創立させる。 海星女子学院短期大学(かいせいじょしがくいんたんきだいがく)として開学。 英語科を置く。 家政科増設(学生数は43人 )• 神戸海星女子学院短期大学と改称。 学生募集最後となる(家政科のみ。 1998年5月1日時点では、156人在籍 )• 7月28日廃止(1999年5月1日時点では、70人在籍 )。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 兵庫県神戸市灘区青谷町2-7-1 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学科 [ ]• 英語科 (最終年度における学生総数は123人となっている。 家政科 専攻科 [ ]• なし 別科 [ ]• なし 取得資格について [ ]• :英語科• :家政科 学生生活 [ ] 部活動・クラブ活動・サークル活動 [ ]• 神戸海星女子学院短期大学で活動していたクラブ活動:・S・S・C(社会奉仕)ほか。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ] 大学関係者 [ ] 歴代学長• 対外関係 [ ] 系列校 [ ]• 参考文献 [ ]• 『』(全国高等学校長協会編。 『』(日本私立短期大学協会発行:)• 『』(『私大コース』シリーズ別冊)• 『』(局技術教育課監修)• 『』第49号(日本私立短期大学協会発行:)• 『』()• 『』()• 『』()• 『』() 脚注 [ ] [].

次の