ニュー ビートル カブリオレ。 ニュービートルカブリオレ(フォルクスワーゲン)の中古車

ニュービートルは故障多数?実燃費は10km/L前後って本当??

ニュー ビートル カブリオレ

トランスミッションの一部の部品交換で症状が治ります。 具体的な症状は次のような感じです。 いずれも エンジン始動後、10分から長い時は1時間位はなんにも問題ないのに、突然症状が出てきます。 シフトアップやシフトダウンの時に「ガツン」や「ゴクン」といったショックを感じる• シフトレバーをNからDやRに入れた時に「ガツン」とくる• 2速から3速、3速から4速に変わるときに「グワーン」とエンジン回転が吹け上がってからつながる(その後メーターのシフトインジケーター点灯が反転して3速固定になってしまう)• 1速から2速、2速から3速に変わるときに「トントン」という感触で変速する これら変速異常を起こすのは、「 バルブボディ」というATミッションの内部にある装置の不具合が原因です。 特に ニュービートルカブリオレで使われている「バルブボディ」はこの不具合が多発しています。 この「バルブボディ」を対策済みの製品に交換するだけで変速ショックが治るんです! ところが、ディーラーに診断してもらうとバルブボディ交換で30万円オーバー、ミッション交換と判断された時は100万円近く見積が出てきます。 しかし、当店なら、バルブボディ交換が部品代と工賃で、 170,000円 税込 ! 当店では、このオートマ(AT 不具合対策済みのリビルト品を提携会社から新品の半値以下で入手しており、また諸部品も海外から格安にて取り寄せているため、170,000円という低価格を実現できております。 保証も1年間、期限内走行距離は無制限です。 ご安心ください。 【修理実績】 ミニクーパーS H17年式 GH-RE16 77000km ミニクーパーS H17年式 GH-RE16 62000km アウディ A3 H15年式 GH-8PAXW 84350km アウディ A3 sportback H18年式 GH-8PBLR 62250km ゴルフトゥーラン H17年式 GH-1TBLX 79800km ニュービートルカブリオレ H15年式 GH-1YAZJ 67300km ゴルフV H16年式 GH-1KAXW 83200km ゴルフトゥーラン H16年式 GH-1TAXW 103200km ゴルフV H17年式 GH-1KBLX 76300km ゴルフプラス H17年式 GH-1KBLX 84200km ゴルフトゥーラン H16年式 GH-1TAXW 79700km ニュービートルカブリオレ H16年式 GH-1YAZJ 62400km ゴルフトゥーラン H16年式 GH-1TAXW 103700km ゴルフトゥーラン H17年式 GH-1TBLX 107600km ゴルフトゥーラン H17年式 GH-1TBLX 64400km ミニクーパーS H17年式 GH-RE16 41500km etc. 【ご依頼から修理完了までの流れ】 まずはお電話(044-930-5117)もしくはメールフォームからお問い合わせください。 作業実施工場は、M. Kファクトリー(川崎市多摩区長尾7-1-4)です。 正式に修理をご依頼いただきましたら、部品の入荷日と合わせてお客様のお車のお持込み日を決めます。 ご遠方の方、お車が動かなくなった方、陸送も手配できますので、ご相談ください。 走行に不安がある方は、損害保険に付帯のロードサービスを利用するのもよいでしょう。 代車は修理期間中、無償でお貸し致します。 台数に限りがございますので、事前にご予約が必要です。 お車は、当店の混雑状況にもよりますが、通常で3~4日、お預かり致します。 修理が完了しましたら、メールもしくはお電話にてご連絡致します。 お車の引渡し時に、代金をお支払い頂きます。

次の

型式:GH

ニュー ビートル カブリオレ

トランスミッションの一部の部品交換で症状が治ります。 具体的な症状は次のような感じです。 いずれも エンジン始動後、10分から長い時は1時間位はなんにも問題ないのに、突然症状が出てきます。 シフトアップやシフトダウンの時に「ガツン」や「ゴクン」といったショックを感じる• シフトレバーをNからDやRに入れた時に「ガツン」とくる• 2速から3速、3速から4速に変わるときに「グワーン」とエンジン回転が吹け上がってからつながる(その後メーターのシフトインジケーター点灯が反転して3速固定になってしまう)• 1速から2速、2速から3速に変わるときに「トントン」という感触で変速する これら変速異常を起こすのは、「 バルブボディ」というATミッションの内部にある装置の不具合が原因です。 特に ニュービートルカブリオレで使われている「バルブボディ」はこの不具合が多発しています。 この「バルブボディ」を対策済みの製品に交換するだけで変速ショックが治るんです! ところが、ディーラーに診断してもらうとバルブボディ交換で30万円オーバー、ミッション交換と判断された時は100万円近く見積が出てきます。 しかし、当店なら、バルブボディ交換が部品代と工賃で、 170,000円 税込 ! 当店では、このオートマ(AT 不具合対策済みのリビルト品を提携会社から新品の半値以下で入手しており、また諸部品も海外から格安にて取り寄せているため、170,000円という低価格を実現できております。 保証も1年間、期限内走行距離は無制限です。 ご安心ください。 【修理実績】 ミニクーパーS H17年式 GH-RE16 77000km ミニクーパーS H17年式 GH-RE16 62000km アウディ A3 H15年式 GH-8PAXW 84350km アウディ A3 sportback H18年式 GH-8PBLR 62250km ゴルフトゥーラン H17年式 GH-1TBLX 79800km ニュービートルカブリオレ H15年式 GH-1YAZJ 67300km ゴルフV H16年式 GH-1KAXW 83200km ゴルフトゥーラン H16年式 GH-1TAXW 103200km ゴルフV H17年式 GH-1KBLX 76300km ゴルフプラス H17年式 GH-1KBLX 84200km ゴルフトゥーラン H16年式 GH-1TAXW 79700km ニュービートルカブリオレ H16年式 GH-1YAZJ 62400km ゴルフトゥーラン H16年式 GH-1TAXW 103700km ゴルフトゥーラン H17年式 GH-1TBLX 107600km ゴルフトゥーラン H17年式 GH-1TBLX 64400km ミニクーパーS H17年式 GH-RE16 41500km etc. 【ご依頼から修理完了までの流れ】 まずはお電話(044-930-5117)もしくはメールフォームからお問い合わせください。 作業実施工場は、M. Kファクトリー(川崎市多摩区長尾7-1-4)です。 正式に修理をご依頼いただきましたら、部品の入荷日と合わせてお客様のお車のお持込み日を決めます。 ご遠方の方、お車が動かなくなった方、陸送も手配できますので、ご相談ください。 走行に不安がある方は、損害保険に付帯のロードサービスを利用するのもよいでしょう。 代車は修理期間中、無償でお貸し致します。 台数に限りがございますので、事前にご予約が必要です。 お車は、当店の混雑状況にもよりますが、通常で3~4日、お預かり致します。 修理が完了しましたら、メールもしくはお電話にてご連絡致します。 お車の引渡し時に、代金をお支払い頂きます。

次の

【試乗記】ザ・ビートル カブリオレ[再]

ニュー ビートル カブリオレ

VW 2016. 08 2017. 可愛いらしさとモダンさを併せ持つニュービートルが気になる人も多いと思いますが、故障は維持費にも関わってくるので購入前には是非知っておきたいところです。 また 実燃費もそこまで良くないという噂ですがどれほどのものかチェックしてみました。 スポンサーリンク ニュービートルは故障多数? 故障が多発しているのは事実ですが、ほとんどが古めのビートルで起こっています。 (なおかつ走行距離が多いもの)比較的新しいビートルではあまり見られません。 どのような 故障例があるのかをご紹介します。 窓が落ちる 窓が突然ストンと落ちます。 これはビートルでは定番の故障と言われていて旧型では頻繁に発生します。 一度起こり始めると、修理しても再発するようになります。 警告灯等がなぜか点灯する 運転などしていて特に違和感を感じないものの、突然警告灯などが点灯することがあります。 ディーラーに持ち込むと機械類の故障やコンピュータの異常が見つかったりします。 AT滑り AT滑りは特に走行距離多めの旧型ビートルで発生例が多いようです。 AT交換が必要になった場合50万円以上かかることもあります。 新型車や高年式はある程度安心、中古車や旧型は注意が必要。 引用元 新型のニュービートルであれば故障に対する耐久性はかなり上がっていますが、中古車を買う場合は注意が必要です。 走行距離や年式によっては、故障をある程度覚悟して乗る必要があります。 でも必ずしも故障するわけではありません。 故障が多いのは事実ですが、全然問題なく乗れている人もいます。 メンテナンス、当たりハズレなどの個体差、使用環境によって変わってきます。 もし不安であれば中古車の中でも、できるだけ高年式のものや走行距離が少ないものを買うことをオススメします。 故障時やメンテナンスなどで維持費がかさみやすい 維持費がかかるといわれますが、実は故障以外にもお金がかかるのがその理由です。 ニュービートルに限らず、外車全般は維持するのにお金がかかります。 それは故障したときの部品代や消耗品の部品代が日本車より割高だからです。 故障が起きなかったとしても普段のメンテナンス代にお金がかかるんですね。 そしてそのメンテナンスを怠ると故障に発展してさらに費用がかかるので、維持費がかかります。 このように外車は故障発生しなくても維持するために日本車よりもお金がかかります。 維持費がかかるというのは本当のこと。 でも維持費がかかるけど乗っていたいのが外車の魅力なんですよね。 また、燃料がハイオクなので燃料代もかさみます。 燃費があまりよくない上に燃料がハイオクなので維持費がかかりますね。 購入時に燃費も重視したいならゴルフとかのほうがいいかもしれません。 ディーゼルエンジンモデルであれば、さらに燃費も加速力も伸びます・・・ ミニクーパーとニュービートルの燃費性能を比べたらミニクーパーの勝ちです。 まとめ• 窓のずり落ち、警告灯の点灯、AT滑りなどの故障が見られる• 故障は旧年式や走行距離が多いニュービートルに頻発している• 新型のニュービートルは故障に対する耐久性が格段に向上している• ミニクーパーとニュービートルの燃費を比べた場合、ミニクーパーのほうが燃費が良い ニュービートルは日本車にくらべて維持費がかかりますが、唯一無二のデザインに惚れた人なら乗る価値があります。 ニュービートルに乗っている人は、故障が多くてもデザインに惚れて満足している人がほとんどです。 ニュービートルの可愛らしくてモダンなデザインは、維持費がかかると分かっていても乗りたくさせられます。

次の