停電復旧。 停電復旧後はもうひと用心

雷が停電する理由ってなに?近くに落ちてこないのにどうして?

停電復旧

台風15号に伴う千葉県の大規模停電は1週間以上が過ぎたが、いまだ多くの地域で停電が続いている。 昨年9月には関西でも台風21号による大規模停電があり、日高地方も多くの住民が不便な生活を強いられた。 そういった教訓が生かしきれず、再び同じような停電が他の地域で発生するのは非常に残念だが、千葉では残暑かと思えば大雨に見舞われたりと過酷な状況も続いており、一刻も早い復旧を願うばかりである。 今回の千葉県の大規模停電では、通電火災も相次いでいる。 電気が復旧したあとに、損傷した電気機器やコードからの漏電が原因で発生する火災。 1995年の阪神大震災で発生した火災もこの通電火災が多かった。 例えば使用中だった電気ストーブやオーブントースターなどが災害に伴う停電でストップ。 その後、電気は復旧するが、家人が別の場所に避難していた場合、電気が通って動きだした電気機器が火災の原因になってしまうという。 これを防ぐためには、災害が発生して避難する前に、ブレーカーを落としておくのが有効とされる。 ところが、千葉県の大規模停電では、ブレーカーを落として避難していたが、復旧後にブレーカーを上げたところ、しばらくして火災が発生した。 これを防ぐためにはどうすればよいか。 ブレーカーを上げる前に、自宅内のコードが断線していないか、倒れた家電はないかなどをチェックする必要があるという。 長引く停電のあと、電気が復旧した時のありがたさ、うれしさは筆者も昨年の大規模停電で味わった。 一刻も早く電気を付けたい気持ちになるが、少し我慢して家の中を見回るなど、もうひと用心すべきである。 (吉).

次の

雷が停電する理由ってなに?近くに落ちてこないのにどうして?

停電復旧

この疑問の目次• 停電した時の復旧の仕方って知ってる? 停電直後にやらないといけないこと まず行いたいのは状況確認です。 停電が自宅の全てか、一部なのか、あるいは周囲の住宅も停電しているのか、などで対応方法も変わりますので以下で紹介します。 停電時の注意点 時間帯によっても対応は変わります。 夜間に電気が消えていれば、周囲が暗いので転倒しないように状況確認を行いましょう。 停電後、身の安全が確保できていれば、家電のコンセントを抜きましょう。 これは災害復旧が進んで通電が再開した時に、コンセントプラグのスパークで火災が発生することを防ぐためです。 災害で停電が続きそうな場合(復旧のめどが不明な場合)、夏であれば熱中症に気を付け水分補給を行う、冬であれば部屋の温度を逃がさない工夫をする、などの注意も必要です。 光は私たちにとって、とても重要な欠かせない要素です。 身の回りの安全や精神面での安定も考え、慌てずにいち早く明かりを復旧できるようにしましょう。 原因によって復旧の仕方が変わる アンペアブレーカーが落ちていた場合、屋内で電気を使いすぎていた可能性が濃厚です。 まず家電のコンセントをすべて抜き、ブレーカーを上げ、使わなくても済むものを併用するのを控えましょう。 良く使うもので電力消費が激しいのは、ドライヤー、炊飯器、エアコン、ホットプレートなどです。 漏電ブレーカーが落ちていた場合、アンペアブレーカー、安全ブレーカーの全てを落としてから、アンペアブレーカー、漏電ブレーカー、安全ブレーカーの順で上げていきます。 手順を誤って漏電している箇所に触れてしまうと、感電してしまうこともあります。 どれかの安全ブレーカーを上げた時に再度漏電ブレーカーが落ちればそこにつながっているものが漏電している可能性が高いので、切った状態で電力会社か電気工事業者に相談しましょう。 ブレーカーを確認しよう 周辺の家が停電している気配が無ければ自宅のみの問題である可能性が濃厚です。 まずは落ち着いてブレーカーが落ちていないか確認しましょう。 電気の使いすぎなら電力会社に相談 災害などでなく電気の使い過ぎ=アンペア数を超過していたのであれば、家電の併用を控えるか、電力会社にアンペア数を上げる相談をしましょう。 アンペア数を上げれば電気料金が上がることは前提としてください。 停電と同時にガスが止まってしまった!復旧の仕方 ガスメーターの仕組み ガスメーターは災害などが起こったと判断した場合、自動的にガスを遮断する仕組みを内蔵しています。 具体的には震度5を超える地震を確認した場合、長い時間ガスが流れ続けている場合、ガスの流量が大量な場合、ガス圧が下がりすぎている場合などです。 災害時ガスが止まらない方が危険 上記のような安全装置を内蔵しているはずのガスメーターがもし止まらなかったら、災害時にガスによる火災や爆発が起こるなどして危険が増大します。 そのような事態を想定してガスは遮断される仕組みになっていますから、面倒でもこれは許容するしかありません。 普段からメーターの位置を知っておくこと、復旧手順を知っておくことなどで災害に備えましょう。 台風などで停電になる前にそなえておきたいこと 備蓄できる食べ物、飲み物 災害はいつやってくるかわかりません。 食料や水は常に確保しておきましょう。 首相官邸の発表では目安として飲料水は3日分(1人当たり1日に3リットル)、ご飯(火を使わずに食べられるアルファ米など)、ビスケット、チョコ、乾パンなどの用意を推奨しています。 また、用意したものが消費期限を超えていないかも時々確認しましょう。 安全のために懐中電灯 災害時は停電が続く可能性があります。 夜間の災害のために懐中電灯を家の中の取りやすい場所に置いておきましょう。 電力を供給できるもの 電気が得られない時間が長引き、復旧のめど立たない場合などは家族との連絡が取れなくなることも心配です。 電池式の携帯やスマホ用の充電器を確保しておきましょう。 電池は長時間経つと劣化するので時々確認しましょう。 停電をしたら慌てずに行動しましょう! 停電をしてしまった際の対処法や復旧の仕方について紹介しました。 エイブルAGENTなら災害に備えて、その地域のハザードマップなどを提示できます。 また耐震性や免震性のある賃貸物件をご案内することができますので、何でもお気軽にLINEでご相談ください。

次の

千葉で住宅火災、停電復旧後の「通電火災」に注意しよう

停電復旧

停電後にWi-Fiが繋がらない理由 停電が解消されて、電気が復旧したのに、すぐにWi-Fiが接続されないのはなぜでしょうか? それは、2つの理由が考えられます。 この電源との同時起動がWi-Fiの接続を妨げている場合があります。 ネットワークの設定には順序がある場合が多く、それが守られなければ通信が認識されなくなってしまうことがあるのです。 例えば、プリンターをパソコンに認識させる設定の際に、 「ソフトウェア、ドライバーをインストールしてからパソコンに接続」 「ドライバーをインストールしていないパソコンに接続して電源を入れないこと」 などの注意書きをご覧になったことはないでしょうか? 「繋げば勝手に認識して使えるようになるんじゃないの?」 と思われる方もおられるかもしれませんが、 電子機器を相互に認識させる作業というのは、私たちが想像する以上に複雑なものなのです。 手順を一つ間違うだけで内部の通信が上手くいかず、目の前にパソコンとプリンターがあるのに全く作動しないといった事態に陥ってしまいます。 通信や認証には決められた手順があり、それらを無視した同時起動では、たとえWi-Fiルーターとスマートフォンなどの端末の電源が入っておりどちらも故障していないとしても、なぜかWi-Fiに接続できないという事態が発生するのです。 雷によって生じた強力な電圧は、 電源ケーブルを通じて過電流として進入し、接続されている電子機器を壊してしまうことがあるのです。 特にコンピューターなどの精密な電子機械は、過電流による故障の被害が発生しやすいため、Wi-Fiルーターも例外ではありません。 電話線やLANケーブルからも伝わり、接続しているモデムやルーター、それに関連する機器、そこからインターネット回線を有線で繋いでいる場合は、パソコンなどに被害が及ぶ可能性もあります。 例え、落雷しなかったとしても、大気の状態が不安定なだけで過電流が発生することもあるので、過電流を引き起こす全ての気象状態が関係します。 Wi-Fiルーターが故障しなかったとしても電源アダプターが壊れる場合もあります。 その際はルーターの非常時ライトの点滅などをチェックすれば、比較的簡単に見極められるはずです。 停電後にWi-Fiが繋がらない時の対処方法 先程、「停電後にWi-Fiが繋がらない理由」を2つを紹介しました。 ここではその対処方法をお教えします。 ちょっとしたミスでブレーカーを間違って落としてしまったり、電源コードが抜けてしてしまった場合にも役立つ情報です。 モデムは電源が入ってから、正常に作動するまで少し時間が掛かります。 本来この間は、ルーターの電源をオフにして待たなければなりません。 しかし全てが同時に復旧し、モデムが完全に起動し終わる前にルーターの電源が入ってしまうと、ルーターがモデムを認識せずにエラーが発生します。 この状態を解消するために、次の手順で接続機器の復旧作業が必要です。 モデム内のソフトウェアなどの正常な起動にはそれなりの時間が掛かります。 ルーターも同様に5分ほど待ってから電源を入れて下さい。 無線LAN中継器などの子機を使用している場合は、必ずルーター本体の再起動を行ってから数分待って子機の電源を入れるようにして下さい。 モデムやルーターを起動させた後は、やはり数分待ってからパソコンやスマートフォンなどの端末の設定を行うのが最善です。 ネットワークを認識できる安定した状態になるのに、数分の時間を要する場合があります。 注意!!雷が原因での停電の場合、雷が収まるまで復旧作業はしないで下さい! 電源ケーブルやコンセントを触っている最中に雷が落ちて電流が流れると、ご自身が感電する可能性があり危険です。 さらに、何度も停電を繰り返す場合、復旧作業を行う意味がないですし、電子機器にも負担をかけてしまいます。 安全のためにも雷が収まるのを待ってから作業して下さい。 出力が同じアダプターを利用することで解決できます。 ネットショッピングで安く手に入れる事も可能です。 本体に電源が一切入らず何をやっても起動しない場合は、残念ながら故障です。 まるごと買い替えるか、修理に出さないといけません。 ですが、故障の原因によっては保証や保険が使える場合があるので、メーカーや保険会社に問い合わせてみて下さい。 停電時、トラブルにならないための事前対策 「電子機器の故障」「Wi-Fiが繋がらない」など、停電でのトラブルで困らないための事前対策を3つ紹介します。 トラブルを解決するより、事前に対策したほうが、はるかに楽です。 これにより、電源ケーブル経由のトラブルを防げます。 全ての過電流を防げるという訳ではありませんが、一般的な過電流であればある程度防ぐことが可能です。 これで、災害時でも安心して電子機器を使用できます。 上記の、「同時起動」「過電流での故障」も、電源ケーブルがあるために起こるトラブルです。 ということは、電源ケーブルのないWi-Fiに変えれば停電時のトラブルに遭わずに済むということです。 電源ケーブルがないと、停電中でも使えますし、停電復旧後に繋がらないということもありません。 ですから「電源ケーブルのないWi-Fi」=「停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fi」になります。 では、「停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fi」とはどんなものなのでしょうか?? それについては、次で詳しく説明するのでご覧ください。 停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fiとは? 先程「停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fi」=「電源ケーブルのないWi-Fi」と説明しました。 電源ケーブルがないと、停電中でもインターネットに繋げますし、ケーブル経由のトラブルも全く心配いりません。 では、「停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fi」を2つ紹介します。 スマホがWi-Fiルーターになり、パソコンやその他の端末などがネット接続可能になります。 災害時には、スマホが唯一の連絡手段のため、回線が混雑し少し繋がりにくくなる場合もありますが、設定も簡単ですし「スマホのテザリング」はお手軽です。 ですが、仕様可能容量はスマホの契約プラン次第なので、注意が必要です。 よく確認してから使用しましょう。 スマホと同じで、電源コードがなく、ポケットにも入る大きさです。 外部環境に左右されず、いつでも、どこでも、ネット接続できるのが大きな特徴です。 スマホとは使っている回線が違うので、災害時に繋がりにくくなることもありません。 さらに、モバイルWi-Fiは料金が安いのも特徴です。 電源コードがなく、電波も安定していて、料金が安い「モバイルWi-Fi」が「停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fi」で一番のおすすめです。 停電トラブルを避けたいならモバイルWi-Fiへ乗り換えを モバイルWi-Fiは電源ケーブルがないので、停電トラブルとはほぼ無縁ですし、停電中でもネット接続ができます。 さらに持ち運びできるので、災害時の避難先でも使えて便利です。 いつでも、どこでも使えるのがモバイルWi-Fiの一番の強みです。 反対に、停電でのトラブルが多いのが固定回線です。 電源ケーブル経由での故障、電源が入っても正常に起動しないなど、よく耳にします。 固定回線は災害時などに使えません。 また、比較的利用料金も高いので、絶対に固定回線じゃないとダメだという方以外はおすすめしません。 固定回線のメリットは「通信速度が速い」「通信の安定度が高い」といったところです。 ・毎日仕事でネットを使う ・ファイルのやりとりが多い ・オンラインゲームで使いたい ・動画を毎日5時間以上見る こういった方は固定回線が良いでしょう。 特にオンラインゲームは、固定回線以外だと快適にプレイするのは厳しいです。 それ以外の方は、モバイルWi-Fiへの乗り換えをおすすめします。 モバイルWi-Fiは月額料金が安く、光回線にも負けない回線速度が出るものもあるので安心です。 ・停電時や災害時にもネットを使いたい ・通信費を節約したい ・持ち運んで色々な所で使いたい そういった場合は、モバイルWi-Fiが最適な選択です。 固定回線に近い通信速度で、月々料金は半額程度です。 年間で考えれば、数万円もの節約になります。 停電トラブルへの対処法としてだけでなく、利用料金も安く、契約手続きも簡単なのでモバイルWi-Fiへの乗り換えは、かなりおすすめです。 停電トラブル無しのモバイルWi-FiはWiMAXがおすすめ 停電でのトラブルの事前対策として、電源ケーブル無しの「モバイルWi-Fi」に乗り換えるのは、一つの手です。 さらに、料金も安く、持ち運び自由で、契約手続きも簡単なのでおすすめです。 そんな「モバイルWi-Fi」ですが、販売されている種類がいくつかあります。 代表的なのは「WiMAX」とY! mobileの「ポケットWi-Fi」の2種類です。 ドコモも販売していますが、料金が異様に高く利用者も少ないため、おすすめしません。 購入を考える場合は、この2種類を候補にすれば良いです。 では、2つ違いを比較表で見てみましょう。 どちらも使い放題の容量無制限プランがありますが、圧倒的にWiMAXが料金が安いです。 最新機種の通信速度もWiMAXが速いですし、通信回線の方式が2種類あり地域によって切り替えて使う事ができるので、幅広い範囲で利用可能です。 速度制限の条件は一緒ですが、制限が掛かる時間帯が少し違います。 代表的な2つを比べましたが、ほとんどの項目でWiMAXが優れているのが分かりました。 なので、モバイルWi-Fiのおすすめは、WiMAXです。 ・「Web割キャンペーン」で初期費用0円 ・端末料金0円キャンペーン ・他社違約金キャッシュバックあり ・最短当日から利用できる店舗受け取りサービス ・いつでも解約サポート などの、独自のキャンペーンやサービスが多いのも特徴です。 まとめ 停電後にWi-Fiに繋がらなくなる原因は、「同時起動」と「過電流による故障」です。 「同時起動」の場合は、復旧作業を行って下さい。 その際、安全第一でお願いします。 「過電流による故障」の場合は、メーカーに問い合わせ、修理するか新たに購入するかして下さい。 停電はいつ起こるか分かりませんし、 トラブルになってからの解決は、時間も労力も掛かるので事前に対策をしておきましょう。 対策として、3つの方法を紹介しましたが、一番のおすすめは「停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fi」への乗り換えです。 「停電中、停電後、いつでも使えるWi-Fi」とは「モバイルWi-Fi」のことです。 「モバイルWi-Fi」は電源ケーブルが無いので、 「同時起動」「過電流による故障」などのトラブルとは無縁ですし、停電中でも使用可能です。 さらに利用料金が安く、設置も簡単、持ち運びもでき、メリットだらけなので事前対策でなくてもおすすめです。 そして「モバイルWi-Fi」の中でも特に料金が安く、通信速度が速いのが「WiMAX」です。 ですが、WiMAXを提供しているプロバイダによって料金などが違うので注意して下さい。 月額料金最安値2,726円~なのは、Broad WiMAXです。 さらに、端末即日発送、解約サポートなどの独自サービスも充実しています。 停電トラブルで困った経験がある方、災害は急にやってきます。 Broad WiMAXへ乗り換えて、災害時でも安心してネットを利用できる環境を整えておきましょう。 Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2.

次の