野党 参議院 違い。 衆議院と参議院って何が違うの? 〜ややこしい衆議院と参議院の違いをわかりやすく解説!〜

習ったけれど忘れていた!「衆議院」と「参議院」の違い

野党 参議院 違い

現在の参議院 まず、日本にはどんな政党が存在するのでしょうか。 現在の参議院に議席を持っている主な政党を表にまとめたのがこちらです。 左派?右派? 政治に必ず出てくるのが「左」「右」という言葉です。 一言で言うと、左=革新派、右=保守派、を表します。 各政党にも、それぞれの政治的立場があり、それによって理念や政策は大きく異なります。 政治的立場という観点から各党を比べた図がこちら。 各党の特徴 自由民主党 現在内閣で政権を握っているのは自由民主党(自民党)です。 そのため、総裁(党首)である安倍晋三が現在の日本の総理大臣です。 自民党はわりと保守的な政策が特徴的で、高齢者、農家、労働者からの支持が強いです。 特に1955年からはほとんどの期間を自民党が政権を握り、政党としても歴史が長いです。 また、現在は 公明党と連立政権を組み、協力して政権を担当しています。 立憲民主党 実は2017年に創立したばかりの新しい党ですが、野党の中で最も大きく、自民党とは対立的な立場にあります。 その名の通り 立憲主義を理念とし、憲法によって政治権力の悪用や政治支配を制限・防止しようとしています。 また、リベラルで革新的な政策が特徴的です。 国民民主党 現在は解党となった「民進党」が分裂したことがきっかけで2018年に創立した新しい政党です。 実は立憲民主党も同じ民進党ルーツです。 旧民進党のリベラル・革新派議員が結成した立憲民主党に対し、国民民主党は「 穏健な保守」「革新保守」などと言われています。 公明党 公明党の大きな特徴としてあげられる挙げられるのは、仏教系宗教法人の 創価学会を母体としていることです。 比較的保守的な政党であり、理念が自民党と近いことから現在は 自公連立政権を組んでいます。 日本維新の会 党本部は大阪市にあり、もとは「大阪維新の会」という大阪府の地域政党が母体となって結成された特殊な党です。 主な政策として「 身を切る改革」「道州制導入(地方分権)」「規制緩和」などを掲げています。 希望の党 維新のように、もとは小池百合子氏の地域政党「都民ファーストの会」を母体として結成された政党です。 結成当時の比較的早い頃から性別、性的指向、人種などの 多様性を尊重する政策を重視しています。 党のウェブサイトにもあるように、改革保守の立場をとっています。 日本共産党 英語に直すと Japanese Communist Party。 「コミュニスト」という強い言葉が入っていますが、歴史も長く、党の理念が揺るがない、解党や結党を繰り返さないという点では非常に安定した政党でもあります。 民主主義改革を目指した政策を出し、日本の現状と共産党が理想とする民主主義を比較して政策を主張するスタイルが特徴的です。 社会民主党 ズバリ、 社会民主主義を掲げている政党で、共産党と似た点として「日本には改革が必要」と考えています。 社会民主主義の理念とは、平和・自由・平等・共生。 終わりに いかがでしたでしょうか。 「党が多すぎて何から調べていいのか分からない」「選挙って複雑そう」と思っている方、その気持ちよくわかります。 私も初めて投票に行った時は調べることがたくさんあって少し大変だな、と思いましたが、政党の種類や違いを知るだけで様々な政策のあり方、政治の方向性などを理解することができます。 ぜひこれを参考に皆さんも投票に行く準備をして下さい! 【関連記事】 学生団体ivote i-vote. jp のメディア事業部。 「若者と政治のキョリ」を近づけるべく耳よりな情報を届ける。 ちなみに年中メンバー(含ライター)とインタビュー先を募集している。 関連する記事• 2019. 09 「何を見て投票先を決めればいいのかわからない!」 そんな人におすすめなのが選挙公報。 極めて簡単に候補者全員を比べることができる、選挙公報の読み解き方[…]• 2019. 09 第25回参議院議員通常選挙が7月4日に公示され、投開票日は、7月21日となっています。 2019年は12年に一度の「統一地方選挙」と「参議院議員選挙」[…]• 2019. 04 もうすぐ参院選が始まりますね。 皆さんはどのようにして情報を得て選挙に行きますか? テレビ?家族? 無論、そのような人も大勢いるとは思いま[…].

次の

習ったけれど忘れていた!「衆議院」と「参議院」の違い

野党 参議院 違い

「野党と与党」と、「衆議院と参議院」との違いでしょうか? 最近の報道では「衆議院=与党」で「参議院=野党」だと誤認されても、仕方がないかもしれませんね。 それぞれ2種類あって、互いに対峙しているようになっていますからね。 「与党」とは、政権側の政党のことです。 「野党」とは、逆に政権側にいない政党です。 一方、日本には法律を作る機関(立法機関と言います)として、国会があります。 国会には、「衆議院」と「参議院」が存在しています。 なので、「野党と与党」と「衆議院と参議院」とは、そくイコールで結べるものではありません。 しかし、日本では、国会で内閣総理大臣を多数決で指名して政権を立てています。 ということになります。 ところがです。 国会は、衆議院と参議院に分かれています。 どちらも、多数派となっていれば、問題ありません。 両方で多数派になっている政党が「与党」です。 しかし、衆議院と参議院で多数派が異なることがあります。 今がまさしくそうです。 衆議院では、自民党と公明党が合わせて衆議院では多数派ですが、参議院では少数派です。 この場合、憲法の規定で衆議院を優先することになっています。 そのため、自民党と公明党が与党、民主党などその他の政党が野党と扱われます。 法律は、衆議院と参議院の両院の賛成多数がないと成立しません。 ところが衆議院は与党が多数派で、参議院は野党が多数派です。 内閣が提出した法律案に、衆議院で内閣を支える与党の賛成により可決、参議院では内閣と対峙する野党の反対により否決という対決状況が頻発しています。 このような状況が報道され、「与党と野党との対決」と「衆議院と参議院との対決」と同一視しやすい環境になっています。 与党・野党の違い これは選挙によって一番多く当選した政党のことを「与党」といいます。 現在の自民党がそうなります。 その他の党のことを「野党」といいます。 民主党をはじめ、共産党、社民党などは野党になります。 ただし公明党のように、与党に同調しますという姿勢をとっている少数政党は結果的に「与党」となります。 言葉で言うと「~連立」という言葉をニュースでは聞くかもしれません。 (現在の場合は「自公連立」といいます) 多数党・少数党で与党・野党と違いをつけるわけです。 少数党が集まって多数党の可能性もあります。 または政権を担当している党が与党、政権を担当していない党が野党ともいえます。 衆議院・参議院の違い 衆議院は任期が4年であり、選挙資格は25歳から可能です。 衆議院には解散があり、4年間必ずとは限りません。 そのため衆議院は参議院よりも基本的に権限が強く、法律などの最終決定権限は衆議院にあります。 参議院は任期が6年であり、選挙資格は30歳から可能です。 参議院は3年ごとに半数の議員を入れ替え選挙します。 そのため参議院には解散選挙というシステムはありません。 必ず6年間は政治家として活動することになります。

次の

与党と野党の違いをわかりやすく紹介!衆議院と参議院のどちらにもある党!?

野党 参議院 違い

衆議院と参議院の違いを解説 衆議院と参議院を比べると、定数や任期、選挙で立候補できる年齢など多くの違いがあります。 また、「 解散があるかどうか」や「 内閣不信任決議ができるかどうか」といった面でも違いがあります。 違いをわかりやすく理解するために、衆議院と参議院の主な違いを表にまとめてみました! 衆議院 参議院 定数 465人 248人 任期 4年 6年 被選挙権の年齢 25歳 30歳 解散の有無 あり なし 内閣不信任決議 あり なし 衆議院と参議院の違い1:定数 衆議院には「解散」があります。 衆議院の解散が決まると、衆議院の議員を改めて選挙で決めるため、 465人の衆議院議員すべてが免職となります。 465人のうちの289人は、 小選挙区制(各選挙区の中で最大票数を獲得した1人を選ぶ選挙制度) から選ばれます。 残りの176人は、 比例代表制(各政党が獲得した票数の比率によって議員数が決定する選挙制度) で選ばれます。 一方、参議院には「解散」がありません! つまり、衆議院と違い一度にすべての議員が免職になることはありません。 参議院の議員は、3年ごとに半数(124人)ずつ任期を終えます。 124人のうち74人は、全国を45の選挙区に分けた選挙区制で選ばれます。 選挙区制は、得票数の多い人が議員に当選する最も一般的な選挙制度です。 なお、選挙区によって当選する議員数は違い、各選挙区で1~6人の定数が決まっています。 残りの50人は比例代表制で選出されます。 参議院議員を選出する際の比例代表制は、 全国を1つの選挙区としてみなして政党の支持率に対して議員の定数を割り振ります。 ちなみに、衆議院議員選挙でも比例代表制は行われています。 衆議院の比例代表制では、 全国を11の地域ブロックに分けてブロックごとに政党の支持率を算出し議員数を割り振ります。 【ポイント1】• 衆議院の定数は465人• 参議院の定数は248人• 衆議院には「解散制度」があり、全議員が一度に免職することがある• 参議院には解散がなく、3年周期で議員の半数が選挙を行う 衆議院と参議院の違い2:任期 参議院議員の任期は6年です。 特別な事情がない限り、参議院議員就任後は、6年の任期を全うします。 一方、 衆議院議員の任期は4年ですが、 解散制度があるため、必ずしも任期を全うできるとは限りません。 また、 内閣不信任決議が可決されたとき、内閣は 「内閣の総辞職をするか」「衆議院の解散をするか」 を選択します。 解散後は40日以内に衆議院選挙が実施され、 選挙後30日以内に特別国会の召集と内閣総辞職が実施されます。 【ポイント4】• 参議院には「解散」がない• 衆議院には「解散」がある• 衆議院解散後は、40日以内に選挙が実施される 衆議院と参議院の違い5:内閣不信任決議 衆議院の中で「現在の内閣を信任できない」という声が高まると、 衆議院本会議に参加している衆議院議員の過半数の同意を得て、内閣不信任決議を決定します。 内閣不信任決議が決定されると、 10日以内に内閣は、総辞職するか衆議院を解散するかのどちらかを選択しなくてはなりません。 内閣不信任決議により衆議院が解散した場合でも、衆議院選挙が終了した後に内閣は総辞職します。 つまり、内閣不信任決議が可決されると、 衆議院を解散するかどうかに関わらず、必ず内閣は総辞職することになります。 衆議院と参議院それぞれの役割 衆議院や参議院の役割は、日本国憲法で決められています。 日本国憲法は、第2次世界大戦後の1946年に公布されたもので、それ以前は大日本帝国憲法というものがありました。 大日本帝国憲法は、明治時代に制定されたものなので、明治憲法とも呼ばれます。 明治憲法における帝国議会では、皇族や華族などによって構成される「貴族院」と選挙によって選ばれる「衆議院」の二院制でした。 その後、1945年にポツダム宣言を受諾した後、議会制度が大きく見直され、 日本国憲法では「参議院」と「衆議院」の二院制による新たな日本国議会となりました。 帝国議会においては、衆議院は予算先議権を持っていましたが、衆議院と貴族院の役割は対等でした。 しかし、日本国議会においては、衆議院には参議院よりも「優越権」が認められています。 衆議院議員は任期が短く解散制度があるため、民意を反映しやすい存在です。 衆議院の決定が参議院の決定よりも優先されることは、 より民意を反映した政治を実現しやすくするのです。 衆議院の役割 衆議院には解散制度があるため、なかなか4年の任期を全うできません。 衆議院と参議院の二院制になってから、 衆議院が4年の任期を全うしたのは1976年11月の1回だけです。 その1回以外は、任期途中で解散し、 新たな民意を反映した議員や新たな民意を反映した政党の議員が選出されてきました。 つまり、衆議院に4年の任期があるといっても、 基本的には任期途中にすべての衆議院議員が免職されて、新たな議員が選出されることになります。 衆議院議員の候補者たちは、度重なる選挙活動によって、 国民が何を希望しているのかを汲み取れます。 選挙活動や選挙区の人々との交流で得た民意を、国会に持ち込み、 より多くの国民の理想を実現させる役割があります。 そのため、 衆議院の役割は民意の反映にあるといえます。 【衆議院の役割についてのポイント】• 4年任期と解散制度で衆議院は民意を反映しやすい• 衆議院の役割は「民意の反映」にある 参議院の役割 民意は常に正しいとは限らず、 長期的な視野で見ると民意に従って行動することが国にとっての不利益につながる可能性があります。 民意を反映しやすい衆議院議員だけで国政を決めると、将来的には日本が住みにくい国になる恐れがあります。 その時々の 極端な意見に走りがちな民意に流されずに冷静な判断をする役割を与えられたのが参議院です。 参議院議員は6年の任期の間、解散せずに国政に携わるため、長期的な視野で日本の国政を捉えられます。 つまり、 民意を反映するために衆議院が提案した議案や法案を「良識の府」として 長期的な視野で冷静な判断をするのが参議院の役割です。

次の