カズヒロ。 司田カズヒロ

【フィットする暮らし】浜島直子さん 第1話:理想はシンプルに生きること、「はまじ」というライフスタイル。

カズヒロ

CD情報 2018年11月10日 土 発売 映画「イーちゃんの白い杖」に書き下ろした挿入音楽集 DATSUN320 最新作 ORIGINAL SOUND TRACK「I-あい-」 収録曲 1. 「I-あい-」 2. 咲かせるよ 3. 「I」+「I」 4. どんぐり 5. ラベランダー 6. 「I」青のシオン 7. 春に向かう足音 full version 8. ライオンの涙 9. 願い星叶い星 10. 浜松シネマ・イーラ/静岡シネギャラリー/清水町シネプラザサントムーンの上映映画館3館でも映画公開中にCD購入可能 詳細はをご確認ください。 振替日程、チケットの払い戻しについては後日お知らせいたします。 その他、最新情報・詳細は公式サイトをご確認ください。 チケット払い戻しに関しては、近々アナウンスがありますので、追ってご連絡いたします。 楽しみにして下さった方々、大変申し訳ありません。 PROFILEに、2019年を追記しました。 2019年12月16日(月)静岡県 静岡UMBER 『slowly but surely vol. 2019年10月11日(金)夕刻 テレビ静岡 フジテレビ系 「ただいま!」テレビ番組テーマ曲『キミとの日常』CD発売記念と致しまして、川口カズヒロ番組生出演し歌います。 是非ご覧になって下さい。 や番組サウンドロゴなど全5曲収録!! 静岡県内CD取り扱い店などの情報は後日アップ致します。 2019年6月15日 土 MARK IZ 静岡にて行われる テレビ静岡新番組『ただいま!テレビ』の記者会見に 川口カズヒロが参加出演致します。 番組テーマソング『キミとの日常』を生歌にて初お披露目。 2019年7月1日 月 夕方より月曜〜金曜で放送開始の新情報バラエティ番組 テレビ静岡 フジテレビ系 『ただいま!テレビ』番組テーマソングに DATSUN320 川口カズヒロが書き下ろして歌う新曲が起用決定致しました!! 2019年6月3日〜静岡県内TVCMで放送開始! 13:30〜上映開始 受付13:00〜 映画鑑賞後、監督や出演者の舞台挨拶に加え、川口カズヒロの主題歌生演奏の演出もございます。 代わりにヘルプドラムを花団たっちんがやってくれます。 お子様がいてライブに行けないと言う方はこの機会に是非。 詳しくは、をご確認下さい。 詳しくは、をご確認下さい。 詳細はをご確認ください。 11月公開映画『イーちゃんの白い杖』? 評判は良かったけれどセトリに入らず存在を忘れられた孤児曲や評判が頗る悪かった変態曲。 曲提供用に作られたが内容がナメ過ぎてボツにされた曲など、当時の音源から新たにレコーディングし直したものまで収録の全6曲。 収録曲 1. 後退った望蜀者〜inordinate desire〜 2. 第一印刷 3. 青く響くRadio 4. 富士山頂 5. ふじっちロード バーディクト編 6. ありがとうございます。 キャンセル待ち、追加チケットの有無に関しては席数確認次第発表致します。 なお、追加チケット等は既に来ているキャンセル待ち予約のお客様優先となります。 og presents BROS. Vol. DATSUN320の最新情報はこちらから。 2020年 6月14日(日) 『ガガガSP ライブツアー2020「ガガガ・ハウス」』 会場: 静岡県 静岡UMBER 本公演は、新型コロナウィルスの感染・拡大防止に伴い、開催延期が決定いたしました。 振替日程、チケットの払い戻しについては後日お知らせいたします。 その他、最新情報・詳細は公式サイトをご確認ください。 公式サイト: ガガガSP ライブツアー2020 「ガガガ・ハウス」 静岡公演に関するお知らせ いつもガガガSPを応援頂きありがとうございます。 ガガガSPライブツアー2020「ガガガ・ハウス」に関しまして新型コロナウィルスの感染・拡大防止に伴う、公演の開催について慎重に協議を重ねてまいりましたが、本公演の開催延期を決定いたしました。 直近でのご案内となりました事、ならびに当公演を楽しみにしてくださっていた皆様へ心よりお詫び申し上げます。 延期・中止に伴う振替日程やチケットの払い戻し等、後日改めてオフィシャルHP・SNS等でお知らせさせていただきます。 なお発表に伴いまして、対象公演のゲストバンド出演は現在未定となっております。 出演に関して変更や追加などが決定した場合は追ってお知らせいたしますので予めご容赦ください。 また調整がつかない場合はやむを得ず公演を中止とさせていただく場合もございます。 チケットは振替公演においてはそのまま有効になりますので、紛失されないよう大切に保管して下さい。 残念ながら振替公演にご来場いただけないお客様へは、ご購入頂いたプレイガイドにて払い戻しの対応をさせて頂きます。 なるべく早くご案内できるよう努めてまいりますので、今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。 何卒ご理解頂きますよう宜しくお願い申し上げます。 1日も早い事態の終息と皆様の健康と安全を心よりお祈り申し上げます。 都内ライブハウスを中心に活動し、自主制作CDを 累計4000枚以上売り上げる。 2008年 8月 東京渋谷で開催された『渋谷音楽祭』に推薦枠で出演。 メインステージのCC. LemonHALL 渋谷公会堂 にて渡辺美里らと共演、 2000人の観衆の前で演奏しTVなど各メディアでも取り上げられる。 かりゆし58のツアーに参加。 全国放送音楽番組『ストリートファイター』出演。 川口はCM声優としても活動を開始。 明星一平ちゃん、リアップJETなど 2010年 7月 同レコード会社より2ndアルバム『月の蝉』全国リリース。 全国放送の音楽番組『音龍門』に出演。 川口の地元紙、静岡新聞に取り上げられ、富士市で行われた 友人追悼ライブの模様がSBS『イブニングアイ』で放送。 ガガガSPのツアーに参加。 2011年 4月 全国から支援物資を集め福島県南相馬市に直接寄付。 非難施設を巡り各所でライブを行う。 後に南相馬市長より感謝状が贈られる。 5月 新宿旧コマ劇前にて泉谷しげる、コザック前田らと共に 震災募金のゲリラライブを決行。 翌日のヤフーニュースに掲載。 6月 シングル『無数の正義』発売。 8月 新宿にてチャリティワンマンライブを行い ライブ収益全て東北被災地に寄付。 9月 兵庫県で行われた音楽フェス『長田大行進曲』に出演。 ORANGE RANGE、KAN、PUFFYなどの共演者の中タワーレコードによる CD会場即売でセールス1位を獲得。 11月 3rdアルバム『空心彩』を同レコード会社より全国リリース。 でんぱ組incなどと共演。 全国放送『音龍門』四週連続出演。 新宿タワーレコードにてインストアライブを行い満員の200人を動員。 新宿タワレコCD即売セールス歴代1位を獲得。 12月 埼玉FM、NACK5の月間エンディングテーマに 『恩愛と言う名の唄』がタイアップ決定。 2012年 5月より全国各地でワンマンライブを開催。 11月 大阪ワンマンライブにて2013年春にバンド活動を休止する事を発表。 2013年 3月 新宿で開催したワンマンライブよりバンド活動休止。 2016年 9月 渋谷クラブクアトロより三年半の活動休止を経てバンド活動再開。 集まった観衆約600人。 10月 小田原アリーナで開催された音楽フェス『小田原イズム2016』に 出演。 スペースシャワーTVなどでライブ模様が放送。 2017年 1月 Vo. 川口の主催イベントを富士市で初開催しソールドアウト。 2月 ドラム柳原がかりゆし58のサポートドラマーに抜擢され全国ツアーへ。 3月 八王子市で開催の音楽フェス『HACHIOJI ROCK DREAM 2017』に出演。 シングル『岳南電車』発売。 5月 静岡県の企業イベントへの出演が急激に増加。 地元メディアへの出演も増える。 7月 川口は企業のCMソングライターとしても本格的に活動を始める。 9月 静岡県富士市を走るローカル線、岳南電車の走る車両を貸し切ってのワンマンライブを開催。 昼の部、夜の部2公演共にチケットソールドアウト。

次の

ぼくについて│GEEK

カズヒロ

シリーズ「フィットする暮らしのつくり方」は、そんな自分らしく心地いい暮らしをつくっておられる方を取材し、暮らしのヒントをお届けする読みもの企画。 vol. 13となる今回は「 はまじ」の愛称でおなじみ、モデルの 浜島直子(はまじまなおこ)さんに登場いただきました。 なんて気持ちよさそうに笑うひとなんだろう。 雑誌で、テレビで、浜島さんの笑顔に出会うたびいつもそう感じていました。 おしゃれに興味が出てきた中学生の頃から、「はまじ」はずっと私たちの憧れ。 それは彼女が母となった今も変わりません。 どんな服を着て、どんな部屋に住んで、どの街で買い物をして、家族とどう過ごしているんだろう。 どうしたら私も、あんなふうに気持ちよく笑えるんだろう。 仕事と子育ての両立をしながら、ますます輝きを増していく浜島さんのフィットする暮らし。 全4話でたっぷりとお届けします。 もくじ 第1話:理想はシンプルに生きること、 「はまじ」というライフスタイル。 私たちは、どうして「はまじ」に惹かれ続けるのだろう? 涼しげな茶器が素敵なお茶セット、どこかで見覚えがあるなと感じた方も多いのではないでしょうか。 ポイントは急須のフタ。 あれ、もしかしてこれって哺乳瓶の……? そう、実はこれ、浜島さんがご自身のインスタグラムにアップされていた写真と全く同じ構図で撮影したもの。 取材当日の朝、いつものように日課のお茶を淹れた様子とともに「これから取材です」と告知してくださいました。 スタッフは一同大喜び! ご自宅にお伺いして、さっそくこのお茶を見せていただいたんです。 右側のボトルのお茶の量が減っているのはそれまでの時間にご家族が飲まれた分。 リアルでしょう(笑)? 哺乳瓶の乳首をフタ代わりにするユーモアとセンス(実はこれ、先に穴が開いているので非常に実用的でもあるんです!)、いたずらっ子のような表情でそれを見せてくれるチャーミングさ。 私たちがどうして「はまじ」に惹かれ続けるのか、その片鱗をかいま見たような気がしました。 大好きな祖母のように、ズルくないひとでありたい 浜島さんが「絶対になりたかった」というモデルの仕事を始めたのは18歳のとき。 高校3年の夏、雑誌『mc sister』のイベントに出かけてスカウトされたのがきっかけでした。 両親の反対を押し切って上京した彼女の強い味方になってくれたのは、大好きな祖母。 一緒に話すとこちらの気持ちまでパッと明るくなるような、冗談の好きな楽しいおばあちゃんだったと言います。 浜島さん: 「仕事を始めた当初から、いつも一番にほめてくれた人ですね。 『あれ見たよ、よかったよ』って、もうべた褒め(笑)。 電話するたび『どんなに忙しくてもテングになっちゃだめだよ』『身近にあるものや人に感謝しなさい』『ズルい気持ちを持たないように』と何度も繰り返し言ってくれたことは、今も意識して肝に銘じています。 『仕事が充実していても奥さんの仕事をきちんとしなさい』って、家のことをちゃんと考えるきっかけをくれたのもおばあちゃんでした」 自分のことばっかりで家を大事にできていなかった20代 プライベートでは23歳で映像作家のアベカズヒロさんと結婚。 が、当時はテレビ番組『世界ふしぎ発見!』の海外ロケで2カ月に1度、2週間は家を空けるのが日常で、「結婚した意味ないじゃん」と言われるほど仕事優先の生活でした。 夫のためにおかずの冷凍ストックをたっぷり作っては嬉々として長期の仕事に出かける妻と、本当は夫婦そろって家で過ごす時間をもっと大切にしたいと思いつつもそれを見送る夫。 少しずつ夫婦の気持ちはすれ違っていったといいます。 浜島さん: 「最初は(夫の)カズちゃんに『子どもは30 歳まで待ってね』と言ってたんです。 それがだんだん『35歳まで待ってね』に変わって。 歳がすこし離れた夫から『オレもうすぐ50になるから家族のこと考えようよ』って言われて初めて『ああそうか、ずっと待っててくれたんだ』と気づきました。 それをきっかけに夫婦で出産にのぞみたいという気持ちになったんです」 洋服も、インテリアも、考え方も。 シンプルって「私らしい」 その後37歳で妊娠、出産。 産後は夫婦のどちらかが子どもをみるというやり方で仕事に復帰しました。 当然ライフスタイルは一変。 家族の暮らしを考える上で軸になったのは「シンプル」ということでした。 浜島さん: 「20代の頃って、たとえばファッションにしても足し算の楽しみ方だったんですよね。 あれもこれもっていう。 でもそれがだんだん 引き算に変わってきたんです。 流行にも、人からどう見られるかにも左右されずに、自分らしいものを着るってすごく素敵だなと思って」 お手本にしたのは、仕事をきっかけに出会った同性の先輩たち。 彼女たちの暮らしぶりに大きな刺激を受けたといいます。 伊藤まさこさん、高橋郁代さん、ワタナベマキさん、雅姫さん、平澤まりこさんーー。 自分らしさとスタイルが確立されているから、余計なものをプラスしなくてもかっこいい。 正直『ガーン!』って気持ちでした。 ラオスの少数民族、レンテン族の女性たちによる手仕事が美しいアイテムに一目惚れでした。 浜島さん: 「まりこはん(平澤まりこさん)が『ストーリーや背景を感じられるものが好き』と言っていたのを聞いてなるほどなぁって。 確かに人の手が作ったものって、暮らしに温もりと味わいが出るんですよね」 「ときめくかどうか」を基準に、断捨離スタート 自分らしくシンプルに暮らすために浜島さんが始めたのは、断捨離。 一週間そのままにしておいて、存在を忘れていられるものならいらないなって。 心のワンクッションを置くようにすると踏ん切りがつけやすいんですよ」 あの人が持っているからとうらやましくて買ったバッグ、背伸びして選んだブランドのオーラに負けてうまく着られなかった洋服。 ひとつひとつ「これはときめく?」と自身に問いかけて手放すものを決めたそうです。 浜島さんにもそういう買い物の失敗経験があるんだ、ということに私たちはびっくり。 そう伝えると「えー!?全然あります。 同じですよ!」と、とびきりの笑顔で答えてくれました。 次回2話目では、断捨離を終えた今の浜島さんのご自宅を紹介。 (つづく) もくじ モデル、タレント 浜島直子 愛称「はまじ」。 北海道出身。 高校在学中にスカウトされ、18歳でモデルデビュー。 LEE専属モデル、NHK総合「あさイチ」、 TBS「暮らしのレシピ」、TBS「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターなど、幅広く活躍。 近著に夫・アベカズヒロ氏との共著『しろ』(ミルブックス)がある。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

カズヒロ(辻一弘)の国籍はアメリカ?出身高校・大学はどこ?

カズヒロ

ついにアカデミー賞が発表されましたね、私はジョーカーに絞っていましたが、やはり作品賞は難しかったのでしょうね 笑 ネタについては、ここではネタバレになりますので申し上げにくいのですが、不安要素を助長するようなことをしたくなかったような一面もありえますよね。 でもホアキンフェニックスの減量と言い、この作品には非常に情熱を感じて他なりませんでしたが…それでも今回驚いたのが、またメイクの部分でカズヒロさんが2年ぶりにメイクアップ賞を受賞されたことですよね! これには本当に驚きましたし、やはり2年ぶりとはいえ直近で賞を受賞されているわけで、これで前回初受賞したのが実力だった!と更に印象付けたように思います。 日本人として嬉しい限りですが、少し気になったコメントがありましたね…日本では夢がかなわない。 これには一体何が隠されているのか、 日本文化が嫌いになったきっけかや原因、このあたりを推察していきたいと思いますが、他にも同賞を受賞した巧みな特殊メイク方法についても少し触れておきたいと思います。 Sponsored Link カズヒロ メイクアップアーティスト が日本文化を嫌いになったきっかけや原因とは… 日本人でありながら、何故日本文化が嫌いになってしまったのでしょうか。 この日本文化というのは伝統芸能などを指しているのではなく、 恐らく日本の習慣と言いましょうか、日本人の考え方などを指しているように感じるのですが、日本では何かとしがらみが多いですよね。 年齢を重ねるごとに、自分ではどうしようもないような障壁があったり、あとは実力がありながらもそれを評価しないような風潮があったり、確かにカズヒロさんが言う、特殊な日本文化はあるように思いますよね。 アメリカではそうではないのかもしれませんが 笑 勝手なイメージだと自由の国、そして誰にでもチャンスがあるようにも感じますね!例えば芸人の綾部さんがアメリカに行かれていますが、それも一握りのチャンスを掴みに行っていますし、 日本では限界を感じた所もあるのかもしれませんね。 原因は人間関係ともいわれていますが、やはりそうなるとしがらみなのでしょうね…自分はこうしたくても、会社が、組織が、先輩が、師匠がそうはさせてくれない、認めてくれない、自分がしたいことと真逆な事をしなければならない。 恐らくそのようなことなのでしょうね、きっかけはアメリカに行く前になるのでしょうから、1996年頃でしょうかね、 代々木アニメーション学院で講師を務められたりしていた頃でしょうから、もしかするとこの頃までには既に人間関係の悩みを少なからず持っていたことでしょう。 誰かを教えるということに疑問を感じたり…はたまた組織の中で何を成果にして、誰の為にどうするのかなど、疑問に感じることがもしかするときっかけや原因になったことも考えられるかもしれませんよね。 カズヒロが実践する特殊メイクの方法とは? 1996年ぐらいまでに、日本でカズヒロさんんい特殊メイクを習っていた生徒にとっては、本当に鼻が高いことでしょうね 笑 私が元生徒なら、絶対に自慢していると思います。 世界に羽ばたくメイクアップアーティストですからね…今後も間違いなく活躍をすることでしょう。 さて、カズヒロさんが実践されているメイク方法についてですが、少し調べて見ましたが、どうもほとんどのメイクアップアーティストが実践しているようなメイク方法は、基本的に顔の部分を覆う様なメイク方法をしつつ、実写の本人に寄せていくようなメイクをするのが基本のようです。 ですが、カズヒロさんのメイク方法については、少し違うようで、 部分的にメイクで盛ったりと元々の素材を生かしつつ、そしてカズヒロさんのメイクものせつつで作り上げていくようです。 今回の作品でもカズヒロさんのメイクは女優さんの元々の顔もしっかり残しつつ、そしてご本人にも似せていくようなナチュラルなメイクをされていましたので、うまくメイクをされているな!というような印象でした。 Sponsored Link カズヒロは結婚しているの?子供については… カズヒロさんですが、2000年代でかなり多くの活躍をされているのですが、ここ最近日本でも注目をされるようにはなりましたよね。 そんなカズヒロさんは既にご結婚をされているのか?少し調べて見たのですが、嫁さんと子供についての情報が一切ありませんでした 笑 今回のような授賞式には、意外と夫婦で出席とかあり得るのではと思っていたのですが…。 ブログ運営者:土屋 みつる 昭和から平成になる頃、日本に生まれました。 自称、WEB編集者の自動車マニアなわたくし土屋 みつるが、基本的には、皆様に役立つ自動車に関する裏話や色々な情報を発信してまいります。 小学校低学年からプラモデル、ミニ四駆の製作に没頭し、高学年になる頃には、両親の車の洗車やタイヤ交換をし始め、中学生になる頃には、車の軽整備なども、両親の影響ではじめました。 国産車や外国車についても、浅い所から深い所まで、精通しております。 最近の若人たちの車離れを、食い止めるべく、車の良さ、凄さなどを分かって頂きたいために、様々なエピソードやお役立ち情報など紹介してまいりたいと思います。 どうぞお楽しみください。

次の