リクナビnext 口コミ。 リクナビNEXTの口コミ&評判は?退会・ログイン・CMについても調査

転職サイト「リクナビNEXT」の評判・口コミは?【低評価のみ】

リクナビnext 口コミ

特に技術系はへんな求人しかない。 地方は地方の専門誌を使った方が効率が良いと思う。 — 転職したい!と思ったら。 jobchange2014 リクナビネクスト落ち着いて欲しい。 他のサイトに比べてリクナビNEXTは求人の質が高く量も豊富でよい。 特にクリエイティブ系はおすすめです。 — 転職したい!と思ったら。 jobchange2014 マイナビ転職は持ってる求人が少ないけど、リクナビネクストとエージェントは持ってる数多いな 早速貿易系の割と有名な会社の探してきてくれたりとかしてる リクナビのが良いかもなぁ — HK 一時帰国隔離軟禁中 triphz 前から気になってたストレングスファインダー的なもの、やってみた。 リクナビNEXTの『グッドポイント診断』というもの。 私の強み5つ 💠親密性 💠現実思考 💠悠然 💠冷静沈着 💠受容力 結果は…こんな感じだった。 会社支給SIMだから — HK 一時帰国隔離軟禁中 triphz 私のオススメ転職サイトはリクナビNEXTです。 パソナなどの各転職エージェントから連絡が来る仕組みになっていますが、自分に適した求人を紹介してもらえる確率が一番高かったです。 ちなみに今働いている会社の紹介もありまして、連絡頂いたエージェントから有益な情報を色々教えてもらいました。

次の

リクナビNEXTの口コミ評判は?メリット・デメリットまとめ【転職サイト】

リクナビnext 口コミ

「キャリトレ(旧キャリアトレック)は果たして登録するべきか?」という悩みを、特徴や評判、口コミをもとに解説していきます。 強みとしては、 人口知能があなたとマッチした求人を見つけてくれるという点です。 キャリトレは利用すると転職する上でのメリットも多くあり、転職活動をサポートしてくれるでしょう。 ですが、デメリットもいくつかあり、それらを防ぐためにリクナビNEXTを利用する際には、いくつかの注意点を守る必要があります。 転職サービスによって何に特化しているか、していないかというものは少なからずあります。 当然、 あなたにマッチした転職サービスを使わないと 転職 をスムーズにこなすのは難しくなるでしょう。 自分に合った転職サービスをまずは決めるのが、転職を始めるスタートです!• 書類添削がない• 面接対策がない• キャリアの相談ができない• 非公開の求人がない• 条件の交渉ができない• 30代には向かないサービス それぞれ詳しく解説していきます。 書類添削がない キャリトレでは書類添削を受けることはできません。 全て自分で職務経歴書などを考えていく必要があります。 転職エージェントではこういった「めんどう」だと思うことも、面談などで相談しアドアイスを貰うことができます。 困った時にエージェントの担当者に電話をすれば、すぐにアドバイスをいただくことも可能です。 ベストな選考通過に繋がる書き方をアドバイスしてもらえるので、一人なら30分かかってしまうようなことも電話一本で解決してしまうのです。 このような、アドバイスをいただけるのは エージェントサービスの特権になります。 面接対策がない 先ほど紹介した「サポートは望めない」に似ているのですが、キャリトレは面接対策がありません。 転職エージェントのアドバイザーにもよりますが「この企業ではこういった質問がされやすい」「この質問にはこうではなく、こう答えるべき」など的確なアドバイスで内定を貰う可能性を高くすることができます。 やはり内定率を上げたければこのサービスは利用した方が良いでしょう。 転職の面接対策には• 退職理由の伝え方• 志望動機の伝え方• 自分にはどのような強みがあるのか• 自分の長所の伝え方 このような項目に対する対策は人それぞれによって変わってきます。 なぜなら、人それぞれによって 長所も違いますし、 仕事の環境なども違うからです。 自分で、自分自身の面接対策を考えるということは、特に初めての転職の方にはかなり難しいものがあります。 キャリア相談ができない リクナビNEXTでは将来的に どうキャリアアップしていくかなど、全て自分で判断していかないとありません。 ですが、リクルートエージェントは他の大手転職エージェントを利用していると、あなたと一緒に「 今後どうしていくべきか」など、 過去に転職支援をした膨大なデータをもとにアドバイスをしてくれます。 もちろん、キャリトレも人工知能などで、できるだけミスマッチな企業を紹介する可能性を低くしています。 自分でキャリアをじっくり考えたいのであれば、キャリトレで求人を見て参考にしていけばいいですし、 いろいろな提案が欲しいのであればエージェントを利用してた方が良いです。 非公開の求人がない エージェントサービスには、そのエージェントごとに保有している 非公開求人というものがあります。 非公開求人とは簡単に言うと、ハローワークや転職サイトには掲載されていない独自の求人だと考えてください。 幹部候補など役職付きの求人などのほとんどは、この非公開求人である可能性が高いです。 大抵、魅 力的な求人というのはあまり多くの人が目にすることができない 非公開求人や、 ヘッドハンティングのパターンがほとんどになります。 転職サイトの優良案件はどうしても誰でも応募できる分、内定を貰う倍率が高くなりがちです。 こういったことを避ける手段として、エージェントを利用するのも一つの手段です。 条件の交渉ができない 転職エージェントでは、担当していくれた方が部署の希望先や給与の交渉などを行ってくれます。 こういった交渉はキャリトレなどの転職サイトではできません。 転職サイトでは求人情報通りの給与になってしまうのがほとんどのパターンです。 こういった、交渉ができないのはキャリトレを利用する上では把握しておかないといけません。 30代には向かない キャリトレは20代支援の転職サイトなので、 20代以降ではマッチした仕事を紹介してもらうのは難しいと予想できます。 30代の方は転職サイトの利用にこだわるのであればリクナビNEXTを利用したり、そうでない方は 大手のエージェントやミドルエイジや職種などに特化したエージェントを利用していくと良いでしょう。 キャリトレで期待できるサービス キャリトレの弱点を知った上で、次はキャリトレの利用する上での強みをほ紹介します。 キャリトレの強みは以下の4つになります。 サービス 27歳 女性 仕事が忙しかったこともあり、空いた時間の合間にキャリトレを利用していました。 マッチング制度が凄く高くて驚きました。 3つくらい転職サイトを利用したのですが、キャリトレが一番希望条件に合った仕事を探しやすかったです。 使い初めの方は、どれも同じくらいと感じていたのですが、だんだんと学習機能があるのか魅力的な求人がキャリトレには多くなっていきました。 忙しい方で、効率よく求人を探していきたい方にはおすすめのサービスです。 このように、時間がない方でもキャリトレの 人工知能の技術によって、あなたにマッチした仕事を効率よく見つけてくれます。 これが合間時間に魅力的な求人を見つけることのできる秘訣でしょう。 圧倒的なシンプル操作 事務 25歳 女性 操作もシンプルなので、求人探しがそこまで苦にならなったです。 エージェントなどは連絡頻度も多いですし、何かと時間を拘束されることが多かったので、こういった自分でサクサク転職をっ進めれるキャリトレは良かったです。 求人に関しても、誰もが知っているような企業や知られてないっけど良いといった企業が多かったですよ。 このように、キャリトレはアプリなどの操作がしやすくて良いという声も上がっています。 短時間で自分に合った求人を見つけれるということは、 余った時間に 面接対策や 書類対策などいろいろな 内定率を上げる勉強ができます。 また、エージェントサービスとも併用しやすいでしょう。 ヘッドハンターや企業にアピールできる 気になる求人に「興味あり」で保存しておくと、キャリトレに登録している職務経歴書を読んだ企業やヘッドハンターが面談を約束された プラチナスカウトメールを送ってきたりします。 もちろん、その人のキャリアにもよってくるので、来ない人にはきませんが来る人には多くのスカウトメールが送られてくるでしょう。 人事 28歳 男性 登録して、職務経歴書などを整えると、3社くらいからスカウトメールが送られてきました。 その3社はどれもヘッドハンターのスカウトメールだったので、面談が確約されていたものではありませんでした。 しかし、登録から2週間後くらいに気になっていた企業からプラチナスカウトメールが送られてきました。 おかげさまで転職も上手くいったので感謝してます。 キャリトレを利用した際には、気になる求人にはこっそりヘッドハンターや企業にアピールしてみてください。 豊富な求人数 キャリトレは公開求人数が1 15,000件とかなり豊富です。 その中から人工知能があなたにマッチした企業を選んでくれるのですから、 かなり優良な案件と出会う可能性が高いです。 不動産 26歳 男性 毎日レコメンドでいろいろな求人が紹介されます。 よくここまでいろいろな企業があるなと利用中は思っていました。 隙間時間にも確認しやすいので忙しい方にはおすすめの転職サービスです。 積極的に求人を探さなくてもいいのは良かったです。 このように、いろいろな求人に出会えたという利用者の口コミがたくさん見られました。 いろいろな求人と出会えるということは、 求人の数が 何よりも多いという証明になるでしょう。 キャリトレと併用すべきサービス5選 キャリトレはどちらかというと、転職の意欲が高いという人よりかは 転職を考えている人向けです。 もし、キャリトレを利用していて、 転職を決断したのであれば転職エージェントと併用をおすすめします。 併用したほうが、 優良の非公開案件を確保できますし、 転職に特化したサポートを受けれるので内定率も上がるからです。 できるだけサポートを使い倒して、優良企業から内定を獲得しましょう。 ここでは、もしキャリトレを利用していて、転職を本格的に進めたい20代の方に真っ先に登録してほしいエージェントをおすすめ順で5つ紹介します。 万が一、この5つに気になるサービスがなかった場合は下記に紹介しきれなかったエージェントがあるので、参考にしてみてください。 全て無料なので気になるもの2~3つ登録して、どんどん試してみてください。 以下がキャリトレ利用者におすすめできるエージェントになります。 それぞれの特徴を紹介していきます。 マイナビエージェント【20代の転職におすすめ】 20代利用者の 信頼度がNO. 1 という実績があります。 マイナビエージェントはサポートが手厚く、求人数が大手業界の3、4番手あたりにもかかわらず、 満足度が一番高いのが特徴的です。 サポートが手厚い分、エージェントとのやりとりも多いので、中には頻度が多すぎて重たいと思ってしまう方もいるようです。 また、中小企業の独占求人も他のサービスよりかなり多く取り扱っており、 優良企業と巡り合う可能性も高いと言われています。 20代で転職のプロと綿密な話し合いをして、しっかりと企業を選びたい方には必ず登録してほしいサービスになります。 リクルートエージェント【実績で選ぶなら】 株式会社リクルートキャリアが提供してくれるサービスの一つです。 リクルートの他サービス「リクナビNEXT(求人サイト)」は自分でたくさんの仕事を探さないといけない手間があります。 しかし、リクルートエージェントは、膨大なリクルートの求人の中からエージェントがあなたに合った求人を見つけてくれます。 「 転職支援実績No. 1」というのもエージェントたちの「 サポートの質の高さ」と「 紹介できる求人の多さ」の裏付けでしょう。 圧倒的な求人の多さが売りなので、他のエージェントや転職サイトの求人数が少ない時の補助的な役割で登録する方も多いようです。 転職活動を始めるならまず登録しておきましょう。 doda【安定のサポートで選ぶなら】 求人数も多く、特に以下の 通信、営業、企画系の3つがdodaの転職先では人気です。 もちろん、大手ということもあり、 上3つの職種以外にも多くの求人があります。 エージェントのサポートの質には定評があるものの、あくまでどこかの業界に特化した転職サービスではないので、 専門性の高い職業ではエージェントの知識不足があるという不満点を持つ利用者もいます。 担当してもらうアドバイザーには知識不足という当たりはずれはあるものの、 優れたサポートには定評があるので「転職は初めてでどのように対策すればいいのかわからない」と思っている方は、丁寧にサポートしてくれるdodaはおすすめです。 マイナビという転職業界大手のサービスではあるものの、やはり20代前半に特化したため、求人数に物足りないという利用者もいるということです。 適性診断という質問に答えて客観的に自己分析できるサービスも利用でき、若者の転職を徹底的に支援しています。 また、心配される求人数の少なさに関しては、他の転職サイトやエージェントを併用すると転職求人の少なさを補えます。 ワークポート【ガンガン企業に応募したいなら】 ワークポートはIT・Web系に強いのが特徴です。 しかし、特にサポートや全体的な求人数は多くもなく少なくもないといった感じで、サポート自体も質は普通です。 サポートは事務的であまりヒアリングもしないという口コミがありますが、 紹介する求人の質よりもできるだけたくさん応募して内定を貰おうというスタイルの裏付けでしょう。 多く応募してこそワークポートの力が発揮されるので、そこまで多く応募したくない、めんどくさいと感じる方は他社のエージェントを使うのがおすすめです。 また、多く企業を応募するスタイルなので、内定をいただいたときにはしっかり自分で「 この企業は自分に合っているのか」を吟味することが大切です。 とにかく 早めにに内定を貰いたい方にはワークポートは適しているでしょう。 不動産 26歳 男性 毎日レコメンドでいろいろな求人が紹介されます。 よくここまでいろいろな企業があるなと利用中は思っていました。 隙間時間にも確認しやすいので忙しい方にはおすすめの転職サービスです。 積極的に求人を探さなくてもいいのは良かったです。 最後に、、、 いかがでしょうか? キャリトレの弱点と強みを知れば自分が利用するべきか、そうでないかはわかってくると思います。 そして、自分に合った使用方法のするサービスを使うことで、内定率も上がり満足いける転職ができていきます。 キャリトレは転職を急いている人向けよりは、 転職を考えている人向けです。 求人などをどんどん紹介してほしい人には向いていません。 そういった方は下記のエージェントをどんどん利用してみてください。

次の

【リクナビNEXTの評判】口コミから分かる失敗しない使い方

リクナビnext 口コミ

転職サイトは一人で情報収集• 転職エージェントはプロについてもらってマンツーマンで対策 詳しい違いは下記の表の通りです。 転職サイト 転職エージェント 求人 自分のペースで求人が見れるが、自分で探す必要ある 転職のプロが自分に合った求人を紹介してくれる 情報 転職体験談・転職ノウハウなどの情報が豊富 アドバイスはくれるが、転職サイトほどの情報量はない サポート マンツーマンでの面接対策・職務経歴書添削サービスはないので自分で頑張る必要がある マンツーマンで面接対策・職務経歴書添削してくれる 場所 webで完結 アポイントを取って対面での面談が必要 リクナビNEXTでできないこと リクナビNEXTは転職サイトなので、上で述べたとおり下記の4つはできません。 あらかじめ出来ないことを把握した上で利用しましょう。 キャリア相談 あなたのキャリアについて相談できるような相手はいません。 ただ一方的に他の人の転職事例をみれるだけです。 確かに情報量は多いのですが、 「結局自分の場合はどうすればいいのか」を考える必要があります。 求人紹介 スカウト機能(後述)がありますが、あなたに合った求人を厳選して提案してきてくれる訳ではありません。 結局は自分が興味がある範囲でしか検索できないので、 自らアンテナを広く持って探す必要があります。 履歴書や職務経歴書の添削 経歴を入力するだけで自動で職務経歴書を作成してくれる素晴らしいサービスがあるのですが、 正直それをそのまま提出するとレベルが低いです。 転職エージェントとは異なり、書かれた内容に不備がないか、書類選考の合格率を上げるような書き方に改善できないかとアドバイスをくれる訳ではありません。 面接対策 面接対策の情報はたくさん載っていますが、こちらも転職エージェントとは異なり、実際に模擬面接をして面接通過率を上げるような対策を一緒にとってくれる訳ではありません。 このように、転職サイトだけでは転職対策をすべてカバーしていないので、基本的には 転職エージェントとの併用をオススメしています。 職務経歴書を簡単作成• 豊富な転職ノウハウ• 求人特集• グッドポイント診断• スカウトメール• リクナビNEXTのアプリ 職務経歴書を簡単作成 転職活動をする際に必須な書類は「履歴書」と「職務経歴書」ですが、職務経歴書は初めてなので何をどう書いていいのかわからないですよね。 そこで便利なのがリクナビNEXTの職務経歴書作成機能。 プロフィールや職務経歴を入力すると、入力内容に従って自動で職務経歴書が作成されます。 Wordでダウンロードすることもできるので、修正を加えたりして企業に提出できます! 豊富な転職ノウハウ リクナビNEXTには過去の転職経験者のノウハウが体系化されてまとまっています。 転職活動の流れや求人の探し方、面接対策から退職の手続き方法まで、 これを見れば転職活動の流れがすべてわかるくらい情報量が豊富です。 求人特集 情報量が多いと自分にあった求人を探すのが大変です。 リクナビNEXTには下記のような求人特集が組まれていて、自分の状況にあった求人を探しやすくなっています。 グッドポイント診断 転職活動には自己分析が欠かせません。 人にはそれぞれ強みがありますが、 自分では客観的に把握しづらいものです。 会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。 無料なのにかなり質が高いので、 グッドポイント診断をする為だけにリクナビNEXT登録してもいいくらい。 18種類の中から、あなたの強みを5つ診断してくれます。 実際に僕もやってみたのですが、 結構精度が高く自己分析の参考になりました。 診断結果はリクナビNEXT経由での応募時に添付できるので、企業側に自分の強みが伝わりやすい工夫もあります。 スカウトメール 先ほどリクナビNEXTには求人の紹介はないと言ったのですが、職務経歴などを記載しておくことで企業や転職エージェントからスカウトが来るようになります。 下記は転職エージェントからスカウトが来ている画面です。 職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能です。 今は未だ転職意向が低い人でも、 自分の可能性を広げる機会として活用できます。 リクナビNEXTアプリ リクナビNEXTにはアプリもあるので隙間時間で転職活動ができます。 希望の条件を入力すると、条件にあった会社がみれます。 また職務経歴書を登録しておくと企業側からオファーが来ているのもみれます。 \転職者の約8割が利用/ リクナビNEXTを実際に使った人の口コミ評判【良い点悪い点】 ではここからは実際に利用した他の人の口コミを見ていきましょう。 まずはポジティブな意見から。 リクナビNEXTの良い点 リクナビNEXTの利用に向いている人• 初めての転職活動の人• とにかく手間をかけずに転職活動をしたい人• 転職することをまだ決めていない人 初めての転職活動の人 転職活動をしたことがない人は、まずなにから始めればいいのか手探り状態で不安だと思います。 そんな時に、転職の流れや転職経験者の声を見ると、 具体的なノウハウはもちろん「なんとなくほっとする」安心感を得ることができます。 これは初めての転職では重要。 自分でも転職していいんだと勇気をもらうことができます。 とにかく手間をかけずに転職活動をしたい人 とにかく時間がない、転職活動が面倒だという方は、リクナビNEXTとそのスカウト機能を使って転職活動をすると良いでしょう。 転職活動で最も時間がかかる作業の1つが「企業探し」なので、その部分を割愛できるのは効率性で言うとかなりメリットがデカいです。 転職することをまだ決めていない人 まだ転職することを決めてないんだけどな…それでも使ったほうがいいのかな という人でも大丈夫です。 むしろ転職をまだ決めていないからこそ使ったほうがいい。 最初は登録して、リクナビNEXTの特集や体験談を眺めているだけでも良いです。 流れてくる案件に反応せず、ただメールを見ているだけでもOK。 転職することを決めていなくても、心の中では「本当にこのまま今の会社に居続けてもいいのだろうか」と疑問を持っているはず。 上記でみたように、リクナビNEXTには転職体験記や転職ノウハウの記事がたくさんあります。 眺めているだけでも転職に対するイメージが具体化していくので、オススメです。 \転職者の約8割が利用/ おまけ|リクナビNEXT以外にも転職活動の際に登録すべきオススメサイト【用途別】 リクナビNEXTは万人受けする総合型の転職サイトなので、次のような人はリクナビNEXTだけでは物足りないでしょう。 まだ今の仕事で学べることがあるから、転職は考えていないからエージェントには登録してない• 転職は興味はあるけど、エージェントに登録するほどでもないかも• エージェントに登録すると、面談を受けろとしつこく勧誘されるから面倒臭い• エージェントに登録をしなくても、自分で探せる もしこう考えて、転職エージェントに登録をしていないならば、あなたはキャリアで損をしている可能性があります。 転職エージェントは、転職をしようと思った時に登録をするものではありません。 むしろ今の仕事に真剣に取り組むためにも、転職活動をする前から登録をしておくべきものです。 僕は直近で転職意向がなくても、 1年に 1回は信頼できるエージェントと面談し下記内容を話しています。

次の