ライン ブロック どうなる。 LINEでメッセージ受信拒否をするとどうなる?受信拒否の方法は?

LINEでブロックされたらどうなる? 確認方法、非表示との違いなど【2020年版】

ライン ブロック どうなる

【通知】ブロック通知は相手に届かない LINEでは、がいくつか用意されています。 友だちとのトークルームでメニューを開き[ブロック] 代表的なやり方は、トーク画面のメニューから[ブロック]を選択するか方法と「友だち」タブから左スワイプ(iOS)/長押し(Android)して[ブロック]をタップする方法です。 ブロック作業は思いの外かんたんにできてしまいます。 ここで気になるのが、友だちをブロックすると相手に通知されるのかどうかという点。 不快・迷惑なやり取りを避けるためにLINE友だちをブロックしたものの「相手にブロックしたことが通知されてしまうのでは」と不安な人も多いでしょう。 メッセージが既読にならない• 無料通話をかけても出てくれない• グループトークでは既読になるのに、1対1のトークは未読のまま• 全体公開の投稿が相手のホーム画面では見られるのに自分のタイムラインでは見られない 【友だちタブ】相手が消える 友だちリストから相手がいなくなる ブロック直後に、相手のアカウントが友だちリストから消えた ここでは「あぷ子」をブロックしてみます。 「あぷ子」をブロックすると、右上の画像のように「あぷ子」が「友だち」タブから消え、画面上の友だちの人数も 14人 から 13人 へと、1人減りました。 ブロックをすると、友だちリストから相手が排除されることがわかります。 トーク検索でブロックした相手を検索できる 左:「友だち」タブで[友だち]を検索した場合 右:「友だち」タブで[トーク]を検索した場合 上の2つの画像は、「友だち」タブの画面上部にある検索フィールドでブロックした相手を検索したときのもの。 [友だち]フィルタをかけて検索するとブロックした「あぷ子」は検索できませんが、 [トーク]フィルタでは「あぷ子」のトークを検索できます。 これは当然の結果です。 ブロックしたとしても、相手とのトークルームは削除されないからです。 ブロックした相手はいったん「ブロックリスト」に追加されるようになっているからです。 ブロックした相手をLINE上から完全に削除するには、ブロックリストから[削除]する必要があります。 間違えやすいので注意しましょう。 友だちを削除するとどうなるかは、以下の記事で詳しく説明しています。 【1対1トーク】多くの機能が制限される ブロック後の1対1トークでは、トークルーム内の多くの機能が制限されます(制限されることなく利用できる機能もあります)。 とはいえ、ブロックした後であっても相手とのトークルームが自動的に削除されたり、非表示化されたりすることはありません。 ブロック前にやり取りしたメッセージも、ほとんど変わらず閲覧できます。 相手の名前を編集できなくなる [名前の編集]は、相手のアカウント名を自分のLINEアカウント上でだけ好きに変更できる機能です。 相手をブロックすると、トークメニューで相手の名前を編集できなくなります(相手のホーム画面でも編集不可)。 ノートに新規投稿できなくなる ノートはLINEトーク上でメモを保存しておける機能。 ブロックすると、iPhone版LINEではトークメニューの[ノート]ボタンを選択できなくなります。 ノート画面で新規に投稿しようとすると「ブロックしたユーザーとはノートを使えません」と表示され、投稿画面に移動できません。 【iPhone版LINE】トークを左スワイプでノートに移動できる 新規投稿はできないものの、ブロック前に投稿された過去のノートを閲覧することなら可能。 トークを左スワイプするか(iPhone版LINE)、トークルーム上部のノートボタンをタップすれば(Android版LINE)閲覧することは可能。 相手はブロックされた後もノートを投稿できますが、あなた側には通知されず、ノートが更新されることもありません。 アルバム機能を制限される 左:[アルバム]をタップできなくなる 右:iPhone版LINEのトーク画面。 相手と以前共有していたアルバムを見られない トークメニューの「アルバム」は、容量制限がほぼないに等しく(1個のアルバムで1000枚まで、100個のアルバムが作れるので、10万枚を共有できる)、さらには有効期限もないため、お互いに写真を共有するのに活用しているユーザーも多いでしょう。 iPhoneのトーク画面。 相手と以前共有していたアルバムをタップしても中が見れない 相手をブロックすると、 iPhone版LINEではアルバム機能を一切利用できなくなります。 メニューの[アルバム]はグレーアウトしていてタップできないのはもちろん、トークに残った過去のアルバムをタップしても「ブロックしたユーザーとはアルバムを使えません」と表示され、閲覧することすらできません。 Android版LINEでは、ブロック後でもアルバムを閲覧できます。 ただしトークルームのメニューから、アルバムの新規作成や既存アルバムへの写真の追加などはおこなえません(トークのアルバムに関するメッセージ吹き出しをタップすれば、写真の追加などの編集が可能です)。 イベントの追加・閲覧ができなくなる イベントは、トークルーム内でスケジュールを共有できるカレンダー機能です。 ブロック後、トークメニューの[イベント]からの追加・閲覧はできなくなります。 トーク内で共有された過去のイベントを開こうとすると、「イベント機能を利用できるのは、グループメンバーまたは友だちのみです」と表示されるため、閲覧ができません。 ブロックした相手は今までどおりイベントを作成できますが、あなたに共有されることはありません。 ブロック後も使える機能はある ブロック後はほとんどの機能が使えなくなる一方、トークメニューのいくつかはその後も使用可能です。 検索:トーク内を検索できる• :タップすればかんたんにブロックを解くことができる• :ブロック前までにトークに直接投稿された写真/動画が見られる(有効期限が切れたら見れなくなる)• トーク編集:「イベント」の項目はなくなるが、その他の「に保存」「メッセージを削除」「転送」はブロック前と同じ• 設定:「投稿の通知」の項目はなくなるが、その他の設定部分はブロック前と同じ 【グループトーク】ブロック後も変わらず機能する グループトークは、グループ名やグループアイコンを決め、そこに招待されたメンバーたちと継続して連絡をとりあえる機能。 複数人トークは、一時的に友だちをトークに「招待」して、3人以上でやり取りができる機能で、アルバム・ノートの作成はできません。 グループトークと複数人トーク。 どちらも「あぷ子」をブロックした状態だが、「あぷ子」とも会話できている すでに参加済みのグループトークと複数人トークでは、ブロックした相手ともメッセージのやり取りができてしまいます。 そのため、グループトークと複数人トークでは会話できたり既読が付いたりするのに、1対1のトークでは一向に既読がつかないと、ブロックしていることを疑われる可能性があります。 協力者の複数人トーク画面。 本来、ブロック相手、その協力者、自分の3人がトークメンバーにいるはずなのに、自分は存在しない ブロックした相手が、あなたに「ブロックされたかも?」と疑っている状況で、誰かに協力してもらって複数人トークを作ったとします。 「あなた」「相手」「相手の協力者」の3人がトークメンバーにいるはずなのに、協力者側には相手と協力者の2人しか存在しない現象が起きます。 協力者側の複数人トークには「あなた」が存在しないことから、ブロックが断定できてしまうのです。 【無料通話】発着信できなくなる ブロックした相手が無料通話を何度かけてこようとも、あなた側に着信することはもちろん、着信履歴や通知が残ることもありません。 また、 自分から相手に無料音声通話や無料ビデオ通話、Face Playを発信できなくなります。 ブロックする以上、当然の機能制限でしょう。 左:ブロック前 右:ブロック後 無料通話の発信する方法には、相手とのトーク画面から発信する方法と相手のホーム画面から発信する方法、友だちリストから発信する方法(Android版LINE)などがあります。 ブロックをしていない状態であれば、相手とのトーク画面の右上には受話器ボタンが表示されます。 相手をブロックすると、この受話器ボタンは消えてしまいます。 そのため、ブロック後はトーク画面からの発信はできなくなります。 相手のホーム画面でも[無料通話][ビデオ通話]のボタンが[ブロック解除]ボタンに置き換えられてしまいます。 友だちリストから無料通話を発信することもできません(Android版LINE)。 前述したとおり、ブロックした時点で友だちリストから相手の情報は消えているためです。 ブロックされていない場合 ブロックされている場合 「応答なし」の後に3つのオプションが表示される 応答がありません。 62 「応答がありません。 62 」とAndroid版LINEの画面で表示された場合、相手はこちら側にブロックされていることを確実に判断できます(2018年11月現在の時点で有効。 LINEバージョン:8. なおiPhone版LINEの場合、無料通話が強制終了したときの画面表示はブロックの有無にかかわらず同じものとなります(3つのオプションが表示される)。 【タイムライン/ホーム】TLに相手の投稿が流れてこなくなる 左:タイムライン 右:ホーム タイムライン(TL)では、自分や友だち、公式アカウントなどの投稿を閲覧したり、投稿にコメントしたりすることができます(公開範囲設定によって見られない投稿もあります)。 ホームは、アカウントのプロフィール画像やカバー画像、BGM、投稿などをまとめてチェックできる画面です。 タイムラインに相手の投稿が流れてこなくなる タイムライン投稿には、以下の4種類の公開範囲設定が設けられています。 全体公開(友だちの友だちまで公開される)• すべての友だち(自分のLINE友だちのみ。 非公開にしたい友だちも設定できる)• 自分のみ• リスト公開(自分でタイムラインを公開したいメンバーをグループ化できる) タイムラインを開いた画面。 ブロック前(左)には「あぷ子」の投稿があったが、ブロック後(右)、「アプ子」の投稿が消えた ブロック前に表示されていた相手のタイムライン投稿は、相手がどの公開範囲に設定していたとしてもブロック直後に消えてしまいます。 またブロックを解除しても、過去のタイムラインは復活しません。 なお、相手をブロックすることで相手のタイムラインに自分の投稿が流れなくなるので、ブロックされたことに相手が気づく要因のひとつになります。 ホーム画面ではブロックした相手の投稿を見られる 相手のホーム画面上の[投稿]から進むと、ブロックしていても投稿が見られる トーク内の相手のプロフィール画像をタップすると、相手のホーム画面へ移動します。 ホーム画面では通常、左下にある[投稿]をタップするか画面を上にスワイプすると、相手のタイムライン投稿だけを閲覧することができます。 この点、ブロックした相手の投稿はタイムラインと同様に見られなくなるのか思いきや、 自分が公開対象に設定されている投稿であればホーム画面に表示される仕組みになっています。 ホーム画面にはブロックの効力が及ばず、ブロックした後でも相手のタイムラインの更新が反映されるのです。 相手のホーム画面の[投稿]からは、ブロックに関わらず投稿を閲覧できるだけでなく、コメントや「いいね」などのリアクションも可能です。 【LINEスタンプ】プレゼント機能が使えなくなる LINEスタンプのプレゼント機能 ブロックした相手にLINEスタンプや着せかえ、絵文字をプレゼントすることはできません。 スタンプ情報画面からスタンプなどをプレゼントしようとしても、プレゼントを送れる友だちリストの中にブロックした相手が表示されなくなります。 また、ブロックした相手はあなた宛てにスタンプなどをプレゼントできなくなります。 ブロックをした相手があなた宛にスタンプをプレゼントしてきた場合、次のように表示され、ブロックしたことを相手に気づかれる可能性があります。 iPhone版LINE:「この友だちにはスタンプをプレゼントできません。 他の友だちを選択してください」• LINEの友だちの間で楽しむ仕掛けが施されているわけです。 ブロックした相手がランキング上から消える 「LINE:ディズニーツムツム」では、ブロックした相手(さゆこ)がランキングから消えた。 所要時間は1時間ほどだった ここでは「さゆこ」をブロックしてみます。 ブロック前までランキングに入っていた「さゆこ」が、ブロックして約1時間後にはランキングから消えてしまいました。 「LINE バブル2」 「LINE バブル2」でも同じように試してみましたが、ブロックした「さゆこ」は約10分前後でランキングから消えていました。 「LINE バブル2」ではマップ上のアイコンにも変化がある 左:ブロック前 右:ブロック後 ステージをどんどんクリアしてマップを進んでいくラインバブルでは、ブロック前には同じステージに相手のアイコンがありましたが、ブロック後には消えていました。 なお、相手のゲーム画面には変化はなく、あなたにブロックされていたとしても、あなたのランキングやステージの動きが反映されています。 相手がゲーム上でブロックに気づく可能性はほぼないでしょう。 相手にライフを贈れないが、相手から贈られてきたライフの受取りは可能(送り主が「unknown」と表示される) プレイをするために必要なライフは、ランキング画面から友だちと贈り合えます。 ライフとは ゲームをプレイするのに必要で1回プレイするごとに1つ消費されるアイテムの名称は、ツムツムの「ハート」やLINEバブル2の「炎」のようにゲームによって異なります。 そこで本記事では、このようなアイテムのことを「ライフ」と呼んでいます。 アカウントの右にある「ハート」や「炎」のマークがゲームのライフだ ブロック後はランキングから相手のアカウントが消えているため、あなたから相手にライフを贈ることは不可能です。 ところが相手のゲーム上では、ブロックされたことによる変化は特になく、ランキング上にもあなたが存在するため、相手からあなた宛にライフが贈られてくる可能性は十分にあります。 「LINE:ディズニーツムツム」のメールボックス 「LINE バブル2」のプレゼントボックス ブロックした相手が贈ってきたライフは受け取り可能です。 贈られたライフは、贈り主が「unknown」となります。 ライフが送られてくると、LINEのメッセージが届くのが原則です。 しかし相手をブロックしていると、相手から一切のメッセージを受信しなくなるため、メッセージ通知は届かなくなります。 なお以下のような理由から、相手がブロックに気づく可能性があるかもしれません。 ライフをプレゼントしているのに、ライフのプレゼント返しが全くない• ライフのプレゼント返しは来るのに、プレゼント返しのLINEメッセージが来ない• ゲームでは記録が更新され、明らかにアクティブにプレイしているのに、ライフを贈ったときのトークメッセージには既読がつかない 【LINE Pay】送金できなくなる LINE Payを使うと、LINEの友だちに送金できます。 しかし、 ブロックした相手には送金できなくなります。 実際にブロックした際の挙動を検証してみましょう。 ここでは例として「阿武理央」を事前にブロックしておきます。 次に「ウォレット」タブの[送金]をタップして、友だち選択画面に移動します。 左:「阿武理央」をブロックしている 右:ブロックした「阿武理央」を早期ない手に選択できない 右上の画像のように友だち選択画面が表示されましたが、友だちリストに「阿武理央」は見つかりません。 ブロックしている相手にはLINE Payでの送金を実行できなくなっていることが分かります。 逆に、ブロックした相手があなた宛に送金することは可能です。 相手をブロックしているため送金されたことを知らせるメッセージは相手とのトークルームに届きませんが、LINE Pay内で送金のお知らせが届き、残高も増えます。 【LINEギフト】ギフトのプレゼント・受け取りが難しくなる LINEギフト LINEギフトのサービスは、トークルームのメッセージ機能や「ウォレット」タブから使えます。 誕生日プレゼントに喜ばれそうなギフトやコンビニで買えるような菓子、コーヒーなどをLINE友だちにプレゼントできる機能です。 原則としてブロックした相手にギフトを贈れないのが、ブロックした相手が同じグループにいる場合は贈れる ブロックしている「あぷ子」は、LINEギフトの送り先選択の[友だち]で検索できない LINEギフトを贈りたい相手をブロックしている場合、贈り先指定のときに[友だち]で検索しても、アカウントは検索結果に出てきません。 原則として ブロックした相手にギフトはプレゼントできないということです。 左:グループ「アプリオ家族」にブロックした「あぷ子」がいる状態 右:「アプリオ家族」を贈り先にすると、購入手続きへ進めた ところが贈り先を[グループ]にすると、ブロックした相手が当該グループに参加していれば、その相手にもギフトを贈ることができます。 ブロックされている側(あぷ子)のグループトーク画面。 同じグループに参加しているブロックしてきた本人(さゆこ)からLINEギフトが贈られてきた ブロックした相手からのギフトは受け取れるが、通知は来ない ブロックしている相手からLINEギフトが贈られてきても、何も通知されません。 そのため、ギフトがプレゼントされたことに気付きづらくなっていますが、 ギフトを受け取ること自体は可能です。 ここでギフトを受け取ることができます。 もっとも「ギフトを贈ったのにも関わらずLINEメッセージに既読がつかない」「お礼のメッセージが来ない」といった状況から、あなたにブロックされているのかもと相手に疑われる可能性はあるでしょう。

次の

LINEのブロック|無料通話はブロックする側とされる側でどうなる?

ライン ブロック どうなる

LINEゲーム上の繋がりに影響なし 『LINE』の友だちとハートを送り合うなど、協力して遊べる「ツムツム」や「ポコパン」といったLINE系のゲームアプリに影響はありません。 ブロックされていても通常どおり相手にハートが送れます。 そのため、LINEゲーム上でブロックされているか、察するのは難しいです。 ブロックした側は相手のデータが消え、ブロックした相手からハートを送られてきた場合は「unknown」名義に。 また、「unknown」とハートのやり取りもできます。 ブロックされていることに気付く。 および確認する方法 『LINE』ではトラブル防止のためか、ブロックされたことに気付きにくいシステムになっています。 とはいえ自分がブロックされているのかどうかは、気になりますし確認したいですよね。 次の項目をチェックすれば、ブロックされたことを察知できますし、ほぼ確実にブロックの有無がわかります。 タイムラインの変化でブロックに気付く これまでタイムラインにいろいろと書き込んでいた人の投稿が全て消え、「投稿はありません」状態になっていたらブロックされている可能性が考えられます。 スタンプのプレゼント機能でブロックを確認する(課金不要) ほぼ確実にブロックの有無を確認できる方法がこちら。 相手にスタンプをプレゼントすることです。 本当に購入する必要はなく、決済画面まで進めるかどうかを確認すればOK。 もちろん決済完了していないため、相手に通知が届くこともありません。 LINEで販売されているスタンプは130万セットを超えるので、プレゼントしたスタンプを相手がすべて偶然持っている可能性はまずあり得ません。 相手が購入しなさそうなスタンプを贈ってみてください。

次の

LINEでブロックされたらどうなる? 確認方法、非表示との違いなど【2020年版】

ライン ブロック どうなる

LINEゲーム上の繋がりに影響なし 『LINE』の友だちとハートを送り合うなど、協力して遊べる「ツムツム」や「ポコパン」といったLINE系のゲームアプリに影響はありません。 ブロックされていても通常どおり相手にハートが送れます。 そのため、LINEゲーム上でブロックされているか、察するのは難しいです。 ブロックした側は相手のデータが消え、ブロックした相手からハートを送られてきた場合は「unknown」名義に。 また、「unknown」とハートのやり取りもできます。 ブロックされていることに気付く。 および確認する方法 『LINE』ではトラブル防止のためか、ブロックされたことに気付きにくいシステムになっています。 とはいえ自分がブロックされているのかどうかは、気になりますし確認したいですよね。 次の項目をチェックすれば、ブロックされたことを察知できますし、ほぼ確実にブロックの有無がわかります。 タイムラインの変化でブロックに気付く これまでタイムラインにいろいろと書き込んでいた人の投稿が全て消え、「投稿はありません」状態になっていたらブロックされている可能性が考えられます。 スタンプのプレゼント機能でブロックを確認する(課金不要) ほぼ確実にブロックの有無を確認できる方法がこちら。 相手にスタンプをプレゼントすることです。 本当に購入する必要はなく、決済画面まで進めるかどうかを確認すればOK。 もちろん決済完了していないため、相手に通知が届くこともありません。 LINEで販売されているスタンプは130万セットを超えるので、プレゼントしたスタンプを相手がすべて偶然持っている可能性はまずあり得ません。 相手が購入しなさそうなスタンプを贈ってみてください。

次の