敬具 英語。 敬具(けいぐ)の類語・言い換え

ビジネスシーンでの「拝啓」と「敬具」の使い方と例文

敬具 英語

今回取り上げた「謹啓」と「敬具」は、それぞれ頭語と結語の1つです。 「謹啓」と「敬具」以外にも、頭語と結語にあたる言葉はあります。 「拝啓」は、〔つつしんで申し上げる、の意〕書簡の冒頭に記して相手に敬意を表す語。 〔対応する結語には「敬具」をとるのが一般的〕とあります。 また、「謹白」は、つつしんで申しのべること。 手紙・文書の結びに用いて、相手に敬意を表す語。 とあります。 このように、頭語には「謹啓」の他に「拝啓」という言葉があること、結語には「敬具」の他に「謹白」という言葉があることが分かります。 つつしんで申しのべること。 手紙・文書の結びに用いて、相手に敬意を表す語。 〔つつしんで申し上げる、の意〕書簡の冒頭に記して相手に敬意を表す語。 〔対応する結語には「敬具」をとるのが一般的〕 「謹啓」「敬具」とは何がちがうの? 「謹啓」と「拝啓」、「敬具」と「謹白」は、それぞれの大まかな意味は同じですが、漢字が違うように、それぞれ意味が少し違っています。 「謹啓」や「謹白」には、「謹」という字が使われています。 「謹む」は、うやうやしくかしこまるという意味です。 つまり、丁寧で礼儀正しい様子のことをいいます。 また、「拝啓」に使われている「拝む」という字については、「見る」の謙譲語が意味の1つとしてあります。 謙譲語は、自分を下げることで相手を立てる言葉です。 このように、漢字の意味から考えてみると、「拝啓」は、「謹啓」よりも敬意の度合いが低いことが分かります。 そのため、手紙などの一般的な文書で使います。 一方、「謹啓」は、改まった文書で、相手により丁寧な印象を与えたいときに使います。 うやうやしくかしこまる 「見る」の謙譲語。 「謹啓」と「敬具」の組み合わせは間違い? 頭語と結語は、どちらか1つのみで使うことはなく、必ず2つセットで使います。 そして、頭語と結語にはいくつか言葉がありますが、組み合わせが決まっているので、気をつけましょう。 今回取り上げている「謹啓」は、対応する結語には「敬白」をとることが多いが、「敬具」でも差し支えないということです。 また、「敬具」に使われている「敬」という字の意味を調べると、他人をうやまうこと。 謹んで物事を行うこと。 とあります。 そのため、「謹啓」と「敬具」は組み合わせは間違いではないことが分かります。 しかし、「謹啓」は丁寧な文書で使う頭語なので、結語は「謹白」とした方が、より丁寧な印象になるのではないでしょうか。 対応する結語には「敬白」をとることが多いが、「敬具」でも差し支えない 他人をうやまうこと。 謹んで物事を行うこと。 結語の後、別記として、日時・開始時間・場所といった要件の詳細を記載します。 前項で、頭語は1マス空けず書きはじめ、結語は最後の文から改行して書くとご紹介しました。 頭語と結語だけでなく、本文や末文についても、1マス空けて書くという決まりがあるので、覚えておきましょう。 以上を踏まえ、「謹啓」と「敬具」を使った例文をご紹介します。 相手からの返信が必要なので、別記の最後に、返信の締切日を記載するようにしましょう。 招待状では、末文として今後の健康や繁栄を祈る言葉はなくても問題ありません。 しかし、頭語に対する結語は、忘れずに書くようにしましょう。 また、招待状を書くときには、封筒やはがきに相手の名前を記載するため、文書中に相手の名前は入れなくて良いとされています。 縁起のよい日。 祝い事など、何か事をするのによいとされる日。 吉日とは、縁起のよい日。 祝い事など、何か事をするのによいとされる日。 のことをいいます。 しかし、一般的な文書では、日付を明記する必要がない場合も多く、詳細な日付をぼやかすことができるので、「吉日」という言葉が便利に使われています。 以上を踏まえ、下記に例文をご紹介します。 既に入籍している場合、主文に入籍した日付を入れるのも良いでしょう。 慶事では、文章中に句読点を使わず、スペースを代用して文章を区切るので、注意しましょう。 日付には「吉日」と添え、縁起を担ぎます。 また、差出人の名前は新郎・新婦2人の名前を書きます。 以上を踏まえ、下記に例文をご紹介します。 社内文書は、自社の中での連絡や報告に使われる文書のことをいいます。 また、社外文書は、取引先など外部への連絡に使われる文書のことをいいます。 社外文書は、自社の代表として文書を出すため、丁寧で礼儀正しく、失礼のない文書になるように作成することが大切です。 そのため、頭語やそれに続く時候のあいさつ、末文や結語が必要になりますが、社内文書では必要ありません。 ここでは、頭語と結語が必要である社外文書の書き方をご紹介します。 社外文書の書き方 連絡目的で出す文書や、取引先などとコミュニケーションを図る目的で出す社交文書では、頭語を「拝啓」、結語を「敬具」として文書を作成することも多いです。 しかし、より丁寧な「謹啓」を頭語としても、間違いではありません。 社外文書では、文章の基本的な構成に加えて、文書を管理する番号である文書番号、文章の内容を端的に示した表題をつける必要があります。 文書番号は、一般的には社交文書の場合はつけません。 また、日付は元号を用いるのが一般的です。 ビジネス文書では、文書番号の後、後付にあたる日付、差出人の名前、相手の名前を記載した後、表題、前文・主文・末文と続きます。 社外文書の例文を以下にご紹介します。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、〜〜〜。 敬具 お詫びをするときの使い方 ミスやトラブルがあったとき、まずはすぐに電話で謝罪します。 そして、改めてお詫びの気持ちを伝えるため、詫び状を速やかに出しましょう。 お詫びをするときは、頭語は必ず「謹啓」を使用し、より丁寧な文書にする必要があります。 結語は、「敬具」としても問題はないですが、「謹白」とした方がより丁寧で印象が良いのではないでしょうか。 文面も、頭語と結語の使い方も、誠実な対応で、相手の不信感を和らげることができるようにしましょう。 詫び状では、前項でご紹介した社外文書の書き方と少し異なります。 後付にあたる日付、相手の名前、差出人の名前を記載した後、前文・主文・末文と続けます。 詫び状の例文を以下にご紹介します。 敬具 頭語と結語を正しく使ってスマートに!.

次の

ビジネスシーンでの「拝啓」と「敬具」の使い方と例文

敬具 英語

急速な動きで の意• つっつと• 見るまに• つうっと• ぱっぱと• 素早く• さっさと• 迅速に、または急速に の意• さっさと• 普段の時間、または予想した時間より前に の意• 早目に 初期段階の間 の意• 早期に• 初期に 時間を厳守する態度で の意• ぱっぱと• 一も二も無く• さっさと• とっさに(通常、好ましくない出来事を修正する) の意• ほとんど遅れのない、あるいは全く遅れのないさま の意• 猶予なく• 素早く• 慌ただしく、または急いで の意• 急きょ• そこそこに• さっさと• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「謹啓」と「敬具」の使い方・例文|間違い/位置/招待状

敬具 英語

メールでよく使われる「末文、結語」の表現を紹介します。 同じ意味でも相手との関係などによって使い分けされたり、英語メールならではの表現など実に多種多様です。 2 依頼を表す場合 Thank you in advance for... 3 質問の受付を表す場合 If you have any questions, please don't hesitate to contact me. 4 お詫びを表す場合 We're very sorry for... ご配慮いただき、改めて感謝いたします。 2 「よろしくお願いします」を表す場合 Thank you in advance for your assistance. ご協力ありがとうございます。 3 「不明点があればお尋ねください」を表す場合 If you have any questions, please don't hesitate to contact me. Please let me know if you have any comments. Feel free to contact me if you have any questions. ご不明な点がございましたらお尋ねください。 4 お役に立てないことのお詫びを表す場合 We're very sorry for any inconvenience this may have caused you. 今回はお手数をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。 We apologize for rushing you but we need to have this done quite urgently. 急がせてすみませんが、この仕事を至急終わらせる必要があります。 I regret the delay in writing to you. ご連絡が遅くなって申し訳ありません。 結語の例.

次の