カゲロウプロジェクト。 1st PLACE Official Shop

カゲロウプロジェクト (かげろうぷろじぇくと)とは【ピクシブ百科事典】

カゲロウプロジェクト

公式サイトより 賛否両論のまま終わった印象の強い、アニメ 『メカクシティアクターズ』。 じん 自然の敵P さん制作による楽曲群、 『カゲロウプロジェクト』から派生したアニメ企画であり、発表から1年半、満を持しての映像化でした。 じんさんの発表した作品の中で、好きな楽曲はいくつかあります。 しかし、いわゆる『カゲプロ』の一連の作品全てを網羅しているわけではなく、あくまで自分が好きなのはひとつの「楽曲」としての評価のみ。 別に、嫌いというわけではないのですが。 そんな、中途半端に手を出しているに過ぎない僕。 ファンから見れば「にわか」と罵られ、アンチからすれば「ミーハー」などと突っ込まれるのかもしれない。 そんな曖昧な位置にいる自分なりの視点から、 『カゲロウプロジェクト』について再考してみようと思います。 『カゲロウプロジェクト』とは? そもそも、 『カゲロウプロジェクト』ってなに? 『 カゲロウプロジェクト 』 とは、ボカロPである じん 自然の敵P の関連楽曲群の総称である。 8月14日と8月15日の、目も眩むような真夏日の物語である。 ある街で起きた一つの事件を中心にして、登場人物の様々な視点を取り上げていくストーリー構成をしている。 全ての関連楽曲が繋がっており、謎が「謎」を呼ぶ展開となっている。 また、楽曲には全て 「目を~~する話」 とサブタイトルがついている。 (例:目を隠す話、目を奪う話) 登場人物の中にも「目」に関する力を持つ者がおり、 ストーリーの大きな要素の一つとなっている。 () と、まあこの通り。 あくまで、原作は「楽曲群」であるらしい、という点がポイント。 他にも、小説と漫画が現在も続いており、主に中学・高校生の間で大人気のコンテンツ。 そして、冒頭の『メカクシティアクターズ』が、そのアニメ企画ということです。 最初の一歩は「カゲロウデイズ」 僕が、 じん 自然の敵P さんの作品を知るきっかけとなったのは、第3作目にして、『カゲロウプロジェクト』の第3話、。 『初音ミク』のソフト発売当初、2007年晩夏からそのカルチャーにハマり、しばらくは毎日、欠かさずランキングをチェックしていました。 がしかし、2011年ともなれば、もうボカロ動画も飽和状態。 有名Pの作品を追いかけるのが精一杯で、若干のマンネリ感を覚えていた頃でした。 以降は、元から好きだった作者さんと、気になった作品くらいしか追っておりませんでした。 もうね、広がりすぎてね、いっぱいいっぱい。 そんな中、ふと目に入ったのが、 「カゲロウデイズ」。 キャッチーなメロディと、独特の世界観に魅了されました。 当時はアニメ『STEINS;GATE』が放送中だったこともあり、「シュタゲのパクリ」なんてコメントも散見された覚えがあるけれど。 ループモノなんて今や珍しくもなんともないもんね……。 興味を持つまで2年かかった ところがどっこい。 「カゲロウデイズ」を聴いて、ハマったはいいけれど、僕の場合は後が続きませんでした。 じんさんのマイリストも確認して、過去曲を聴いた覚えはあるのですが、いまいち惹かれなかった。 ので、最初の出会いは、それでおしまい。 再度、彼の作品に触れることとなったのは、1年半後の。 たまたま耳にして、「あーいいなー」と思ったところ、よく見たら、じんさんでした、と。 既に『カゲプロ』が話題となり、一部では大人気となっていることは知っていたけれど、特に興味も持つことはありませんでした。 複数楽曲で物語を描くボカロPは他にいくらでもいますし、特段、『カゲプロ』には惹かれるような要素もなかったもので。 で、ようやっと『カゲプロ』に興味を持つきっかけとなったのが、そのまた半年後の によって。 ……え?ちちちちがうよ?べっ、べべべつにモモさんがあまりに可愛くて惚れたからじゃないよ!? わんにゃんぷーさんありがとう(昇天) 全ては、モモさんにいろいろと奪われたせい……ではなく、動画中の、この場面によるもの。 ここにきてようやく、 「え?あ、なに?ちゃんと『カゲロウデイズ』と繋がってんの?」という点に思い至った。 ついでに、『カゲプロ』の根っこの部分の設定、 「目」の能力についても、ここで初めて知りました。 いやだって、それまでに見た作品では、全くそんなことには言及されてなかったし、分かりやすい示唆もされていなかったんだもの。 こうして、「カゲロウデイズ」から2年。 ついに僕は、『カゲプロ』をこの「目」で知ることになったのでありました。 「楽曲」から見える『カゲプロ』 「音楽」を手段として、ひとつの物語を展開していくという構図は、昔から見られるものです。 コンセプトアルバムという視点で見れば、古くはビートルズの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』。 固有のキャラクターが登場し、アルバムを通してひとつの「物語」が語られる作品で言えば、最近だと Sound Horizonが有名かしら。 今や紅白歌手。 「紅蓮の弓矢」の人、といった方が伝わりやすいかもしれません。 『カゲロウプロジェクト』の作品を有する2枚のCD、 『メカクシティデイズ』と 『メカクシティレコーズ』を見ると、後者のSound Horizonが奏でる「物語音楽」よりは、純粋な コンセプトアルバムの方に近いのではないでしょうか。 CDのブックレット、あるいは、ニコニコ動画に投稿されている動画を見れば、そこには固有のキャラクターが存在していることは見て取れる。 けれど、純粋な「歌謡曲」としてそれを聞けば、そこに「誰」がいるのかは分かりません。 おそらく、何の知識もない人にこれらの楽曲を聞かせたところで、その繋がりや一貫性を推測することはできないと思います。 タイトルや歌詞で名前が示されているキャラもいますが、それだけでは、一連の『カゲプロ』の物語を想像することは難しい。 阿澄佳奈さん、花澤香菜さんによる「語り」のインストがあることで、「何かあるんだな」ということは分かると思うけれど。 だからこそ、僕はずっと「目」のことを知りませんでした。 「そんな設定あったの!?」と驚いたくらいですし。 そういう意味で、 歌謡曲としての『カゲプロ』は、原作というよりは「イメージソング」的な立ち位置であると考えた方が自然のように思えるのですが、どうでしょう。 話題性の高い、コミュニケーション手段としての『カゲプロ』 そんな『カゲプロ』も、いざその世界に飛び込んで見ると、おもしろい。 とは言っても、僕はまだ小説版を3巻まで読んだだけに過ぎないので、その魅力を語ろうとしても無理があると思います。 でも、 「キャラ」の魅力は間違いなく大きい。 それぞれに「イメージソング」があるということも手伝って、なかなかに個性的で、読んでいて楽しい。 モモさんかわいい。 ただし、1巻時点では、 一般文芸の「小説」として読むのは辛いように感じました。 主に、文章力的な意味で。 表現が拙く、なんだかよく分からない言い回しも見られる。 全体的な雰囲気としては、一昔前の 「携帯小説」を読んでいるときの感覚と近しいものがあります。 でも逆に言えば、まだまだ伸びしろがあるということ。 事実、僕も2、3巻は夢中になって読みましたし、先の展開が非常に気になっています。 頭からっぽにして読む分には、とても楽しめる、魅力的な物語だと思います。 また、『カゲプロ』周辺を調べていて感じたのは、 ひとつの「コンテンツ」として、とても優秀なんだろうなー、という点。 元にある楽曲群は、ウェブ上で無料公開されているので、導入への敷居はこれ以上ないほどに低い。 そしてCDを買えば、その世界観をさらに広げることができる。 最近は、レンタル店でも大量にボカロ系のCDが置いてあるし、手に入れるのは簡単です。 解釈が多様にできる音楽作品は、それはそれで話題になりますが、そこに小説と漫画が加わることによって、固定化されたひとつの解としての「物語」が提示され、コンテンツへより深く没入することができる。 どんどん続刊が出ることで、話題にも事欠きません。 さらに、ループモノであるがゆえの 「ルート分岐」もまた、大きな魅力。 楽曲、小説、漫画、アニメと、それぞれで別の展開へ向かう物語が語られるため、これまた、知れば知るほど楽しくなってくる。 カラオケに行けば曲を歌えるし、pixivを見ればたくさんのファンアートを見ることができる。 それらの多くは無料、または安価で済むものなので、学生にとっても身近なコンテンツとなりやすい。 そりゃあ、中高生に人気が出ますよね。 もちろん、それ自体がおもしろいから、というのも含めて。 とりあえず僕は、小説の続きを読みます、はい。 Kindleストアで安くなったら本気出す。

次の

カゲロウプロジェクトの結末までのネタバレを教えてください

カゲロウプロジェクト

カゲロウプロジェクトの楽曲はまだ謎が多くて全ては解明されていないんですよね。 ニコニコで楽曲だけ聞いたところでは話の全容はつかめません。 ニコニコにあがった曲だけでなく、アルバム収録作品、またアルバム付属のブックレット、小説、マンガと照らし合わせて考えるメディアミックス作品です。 質問者様は小説を読んでらっしゃるので、だいたい掴めてくるはずですが… とりあえずアヤノとアザミが何者かわからないようですので説明します。 アヤノ…中学、高校とシンタローの同級生だった少女。 人付き合いが下手で性格もねじ曲がったかつてのシンタローを気にかけいつもそばにいた。 (ロスタイムメモリー冒頭を見る限り、シンタローからは鬱陶しがられていた?) 二年前、(高1)屋上から飛び降り自殺をし、シンタローの心に深い傷を作る。 ケンジロウ先生の娘。 楽曲「透明アンサー」、「ロスタイムメモリー」に登場。 アザミ…バケモノ。 シニガミという比喩もされる。 マリーの祖母、シオンの母にあたる人物。 マリーやシオンと違い生粋の怪物である。 遠い昔、人間の少年兵と恋に落ち、シオンを出産。 が、バケモノの自分と人間の少年兵は寿命が違うこと、少年兵が先立って自分だけがこの世界に取り残されることを恐れ、「終わらないセカイ」を作る。 (この終わらないセカイがループ世界ではないかといわれています)。 彼女の髪は全て蛇で、作品中にでてくる全ての「目の能力」を使えます。 また、貴音(エネ)が能力を得る前に彼女の声を聞いたことから、彼女が現在の能力者たちに能力を授けたのでは?とも言われています。 楽曲「シニガミレコード」に登場。 曲の解説ですか… チルドレンレコード…OP曲です。 おそらく全体の物語を解き明かすキーワードになる言葉がちりばめられているのですがまだわかりませんね。 想像フォレスト…森の奥で人目に触れることなく生活していたメデューサの血を引く少女マリー。 母シオンも亡くなり、一人で暮らす日々だが外の世界への憧れを抱く。 …が、怪物である自分自身が周りに受け入れられるはずもない、とジレンマに悩まされるある日、道に迷った少年(後のセト)が訪ねてきて、マリーに「世界は案外怯えなくていいんだよ」と諭し、外の世界へ連れ出してくれる 如月アテンション…なぜか人の注目を集めやすい体質の、アイドル少女如月モモ。 自分の体質にも、アイドルの生活にも嫌気がさし、仕事も学校も放り出し人目を避けて街中へ出かける。 …が、やはり出かけた先でも人の注目を集めてしまい、押し寄せる人の波から逃げていたところを、メカクシ団団長、キドに助けられる。 メカクシ団の面々に心を開き、団員となる。 自分の体質を受け入れて前向きに生きていく。 人造エネミー…画面の中のエネから見た、少年シンタローへの見解。 謎が多い作品だったが、ロスタイムメモリーの2番より、シンタローがループする8月15日の中の一つのルートではないかという見解も メカクシコード…メカクシ団の話?pvがキドであるためキド視点の曲という見方が有力だったが、歌詞が食い違う点が多々あり、現在いろいろな解釈がされている。 カノ視点、セト視点の歌詞があるという説も コノハの世界事情…何者かによって「作られた」存在であるコノハ。 人間であった記憶は曖昧。 曖昧な意識の中で、ヘッドフォンアクターの実験の様子を見ていた。 次に見せられた実験は、カゲロウデイズ。 ループを止めて少年と少女を救いたいと願いつつ、実体化していない彼は何もできないでいる。 …が小説ではコノハは実体化している。 おそらく、「予報外れの雨」によってカゲロウデイズの世界に何か大きな変化が生じた模様。 ヘッドフォンアクター…ある日少女が目を覚ますと世界は終わりを迎えようとしていた。 混乱する世界の中で彼女はヘッドフォンから流れる「彼女自身」の声を聞く。 わけもわからないまま声にしたがって走り、たどりついた丘で彼女は自分のいた「世界」は実験室の一角であることを知る。 …謎すぎるが小説を読むと貴音がエネになる前に経験したケンジロウによる実験だということはわかる。 これもループ世界か 夜咄ディセイブ…団員NO.3カノの話。 欺く能力を手に入れた彼は人を騙し、嘘をつき続ける怪物のような自分をひどく嫌悪するが今更嘘つきの仮面をはがせるはずもなく苦しみながら嘘をつき続ける。 誰かがこの嘘を見抜いてくれるまで、彼は変われない。 「ある日怪物の声がして」から彼もアザミから能力を授かったのではないかと言われるが、真偽はわからない。 ロスタイムメモリー…過去に、アヤノの死にとらわれたシンタローの葛藤の話。 この楽曲から、ループしているのはヒビヤヒヨリの世界だけでないという説が有力に。 一番謎で、考察が盛んに行われている。 まだわからないことはたくさんあると思います。 「回答リクエスト」で指名して質問してくだされば時間がある時にお答えします じゃぁ、それぞれの曲の話を簡単に…。 OP:チルドレンレコード 2ndアルバム収録予定曲 Re Ver. 目に物見せる話。 「カゲロウプロジェクト」全体のメインテーマ。 第1話:人造エネミー :エネ 目を背ける話。 「画面の奥の私」が「君」について述べている。 第2話:メカクシコード :キド 目を隠す話。 メカクシ団のメンバーが街を奔走する。 第3話:カゲロウデイズ :ヒビヤ、ヒヨリ、コノハ 目も眩む話。 少年と少女が8月14日と15日を繰り返していく。 第4話:ヘッドフォンアクター :榎本貴音 目を疑う話。 ヘッドフォンからの声に導かれるまま、少女が終焉する世界を駆け抜ける。 森の奥で暮らすメデューサの少女のもとに一人の少年が訪れる。 第6話:コノハの世界事情 :コノハ、ヒビヤ、ヒヨリ 目を醒ます話。 第7話:如月アテンション :モモ 目を奪う話。 アイドルである彼女には口に出すことの出来ない悩みがある。 第8話:群青レイン:シオン 目に入れても痛く無い話。 とある母親が娘に贈る愛の歌。 第9話:夜咄ディセイブ:カノ 目を欺く話。 気味の悪い嘘つきの話。 嘘つきの『怪物』と成り果てた僕は。 第10話:ロスタイムメモリー:シンタロー、アヤノ、薊 目に焼き付いた話。 繰り返す後悔の話。 18歳になった少年は、変わらない君の笑顔にしがみついて。 第?話:透明アンサー :アヤノ、シンタロー 目を逸らす話。 答が全て解りきってしまう少年。 毎日を漂うように過ごす彼の隣の席には、いつも楽しそうな「君」がいた。 第?話:エネの電脳紀行 :エネ 目を覚ます話。 特例とみなされた「私」は心と身体を離されて、電子欲の旅をする。 第?話:シニガミレコード :薊 目を掛ける話。 一人ぼっちだった化け物と、彼女に恋をして生涯を誓う少年兵。 「君だけ一人老いていく」のが耐えられない化け物が創ったのは「終わらないセカイ」だった。 第?話:デッドアンドシーク :ケンジロウ 目が冴える話。 「こんな未来はきっと幻想だ。 大丈夫、必ず連れ戻す。 」 第?話:夕景イエスタデイ :コノハ 目付きが悪い話 詳細不明。 歌ってみたの本11月号のとじ込み付録「カゲロウデイズ解体新書!」にてセカンドアルバム収録予定曲であることが発表された。 第?話:少年ブレイヴ :セト 目を盗む話 詳細不明。 じん氏のブログにてタイトルのみが明らかになっている。 じん氏のツイッター上でセカンドアルバム収録予定曲であることが判明した。 第?話:アヤノの幸福理論:アヤノ 詳細不明。 2ndアルバム「メカクシティレコーズ」収録予定曲でじん氏の描き下ろしとなる。 タイトルからアヤノの曲とみられる。 IAプロジェクトニュースブログで収録予定曲ということが明らかになっている。 第?話:オツキミリサイタル:モモ 詳細不明。 2ndアルバム「メカクシティレコーズ」収録予定曲でじん氏の描き下ろしとなる。 IAプロジェクトニュースブログで収録予定曲ということが明らかになっている。 第?話:マリーの架空世界:マリー 詳細不明。 2ndアルバム「メカクシティレコーズ」収録予定曲でじん氏の描き下ろしとなる。 IAプロジェクトニュースブログで収録予定曲ということが明らかになっている。 目を輝かせる話 詳細不明。 じん氏のTwitterより。 また、メジャーアルバム「メカクシティデイズ」には「空想フォレスト」というタイトルでアレンジ版が収録されている。 …以上です。 長文失礼しました。 間違っていたらすみません。

次の

『カゲプロ』に動きあり。『カゲロウデイズ』新作『No.9』(仮)は3年後の未来が舞台

カゲロウプロジェクト

冴える蛇のループをもう繰り返さないためにという理由だったが、シンタローは能力をうまく使えず、ループの過程で能力を手に入れたという記憶をなくしてしまった。 そしてあることがきっかけでその記憶を取り戻して、能力を思い出す。 そのきっかけはまだ明らかになっていません。 ヒビヤが放り出されて、それをメカクシ団が見つけた。 モモは幼い頃死んで父親とカゲロウデイズに取り込まれた。 そしてモモが放り出された。 これは幼い頃カゲロウデイズに入った時アザミから貰った能力。 これは全ての能力を統括する能力 よくわからんけど、まあつまりそんな感じの能力なんでしょ で、10個の能力を一箇所に集めてなんやかんやすればカゲロウデイズを作れるらしい。 クロハはこの能力を利用した。 まず能力者を全員集めてそいつらを全員マリーの前で殺す。 マリーは殺されたって事実を受け入れられなくて、また皆に会いたいよ〜つってカゲロウデイズを開いてその中で世界をループさせる。 もう死んじゃった人は生き返らないけど、ヒヨリだけは目が冴える蛇を体に入れて命の代わりにきて生き返る。 皆ハッピー、終わり!.

次の