第二波 やばい。 新型コロナ第二波は来るか?武漢解除後の中国の対策を現地から解説

【悲報】アメリカさん、完全に「第二波」に突入してしまうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww(※画像あり)

第二波 やばい

net (CNN) 世界保健機関(WHO)は26日、新型コロナウイルスの感染拡大に触れ、「第2波」が発生すれば、さらに数百万人規模が死亡する事態もあり得るとの見方を示した。 戦略イニシチアブ担当のラニエリ・グエーラ事務局長補佐がイタリアの国営テレビ「RAI」との会見で述べた。 新型コロナの感染はこれまでWHOの担当者が仮定してきた事態の進展に沿って進みつつあるとも述べた。 博士でもある同補佐は、新型肺炎の今後の展開について、過去のスペイン風邪の世界的な大流行の事例に言及。 夏季に感染が衰え、9月と10月に激しく勢いを取り戻し、結果的に第2波で5000万人の犠牲者が出たと指摘した。 欧州の一部諸国や世界各地では感染予防策として打ち出していた社会経済活動の規制緩和が始まっている。 欧州連合(EU)は対象国を絞った国境閉鎖の解除や海外渡航の制限解除も検討している。 WHOの公式サイトによると、新型コロナによる世界全体の感染者総数は中央ヨーロッパ夏時間の6月26日午後3時過ぎの時点で947万2473人を確認、死者は48万4236人となっている。 86 ID:G2DH34290. 91 ID:1gY76H880. net 暑くなるとウイルスが元気になって感染力が倍増する。 これマジ。 人類全員覚悟せよ。 47 ID:D4qo099a0. 09 ID:8Oguy3hU0. net 全く対策をしない場合だ。 39 ID:xDffD0TI0. 89 ID:qY2HGu6J0. 46 ID:1oW9q4A50. 02 ID:W0LLy0Dj0. net 第二波は日本人絶滅仕様です。 47 ID:2LYm60cn0. 02 ID:vbEOanwo0. 46 ID:1oW9q4A50. 71 ID:zLJp05dK0. 02 ID:9qV9fTrX0. 14 ID:iz4E5NZh0. 48 ID:AD1bpZmr0. 85 ID:Pr7vVrQD0. 36 ID:g3ViHLdf0. net ところでスペイン風邪はどうやって終息したの。 64 ID:6MziYKtg0. 19 ID:6MziYKtg0. 25 ID:WiKBezc10. 21 ID:wHwmXKJm0. 04 ID:ch35xCkq0. 85 ID:e6ofaXgg0. 73 ID:FjprbDeK0. 38 ID:DLmjH0El0. net 中国は洪水後に更に変な疫病流行りそう。。 そっちのが怖い。 72 ID:2q9g10i70. net クロンボ禍だね 最初に広げたのもデモやって二次パンデミックさせたのも黒人 黒人は人類の敵か 総レス数 486 101 KB.

次の

第二波への備えは大丈夫か?コロナ赤字に苦しむ病院の生の声

第二波 やばい

2020. 14 新型コロナウイルスの「第2波」は訪れるの? 医師が解説します。 現在世界中で恐れられている新型コロナウイルスの第2波。 実際に、韓国や中国の武漢では経済活動再開後に再び集団感染が報告され、新型コロナウイルス第2波に対して警戒をしています。 日本にも新型コロナウイルスの第2波はやってくるのでしょうか。 医師が詳しく解説していきます。 新型コロナウイルスは1月15日に第一感染者が確認されてから感染者数は徐々に増加。 特に、感染者数が日本で最も多い東京は3月頃から感染者数が爆発的に増加しています。 全国的に見てゴールデンウィークを過ぎたあたりから徐々に減少している傾向にあり、宮城県などいくつかの県においては2週間感染者が0の地域も見られてきています。 感染者数が日本全国で最も多い東京都でも、4月9日が感染者数のピークであったと報告をしており、5月12日の時点での感染者数は28人となり、 一時3桁にまで及んだ感染者数は10日連続で2桁台に抑え込むことができています。 5月12日時点での日本における新型コロナウイルス感染者数は15,874人となっており、世界全体で見た新型コロナウイルス感染者数は、400万人を超えていることが明らかとなっています。 世界的に見ても特に先進国の中でも日本の感染者数は少ない傾向となっており、緊急事態宣言による外出の自粛や、国民一人一人が意識をし手感染症対策をしていることの効果が出ていることがうかがえます。 感染により持続的な免疫が得られるのか? 人には一度ウイルスに感染すると免疫を獲得することができ、生涯感染をしないという免疫機構が備わっています。 例えば、麻疹や水痘などは一度感染するとその後二度と感染しません。 こういった免疫を終生免疫と呼んでいます。 ですが、ウイルス全てが終生免疫を獲得できるわけではありません。 例えば、インフルエンザはかかった年にはもう一度かかるということは少ないものの、翌年またインフルエンザにかかるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 これは、 インフルエンザというウイルスが終生免疫を獲得できないこと、さらに免疫力が持続しないことから、その年の感染は免れることができたとしても次の年には免疫力がなくなっており、また感染してしまうという結果になるからです。 持続的な免疫獲得というものはコロナウイルスに対しても有効なのでしょうか。 新型コロナウイルスに関しては現在も研究段階ということもあり専門家の意見も分かれているというのが現状です。 ですが、どの専門家も共通して述べているのは 新型コロナウイルス(COVID-19)の終生免疫獲得はできないのではないかということです。 なぜ、持続的に免疫を獲得することができないのか、その理由については2点が指摘されています。 1点は ほかのコロナウイルスが感染を繰り返しているという点が指摘されているからです。 コロナウイルスは現在世界を騒がしているCOVID-19以外にHCoV-HKU1、HCoV-NL63、HCoV-OC43、HCoV-229Eといった種類があります。 これらのコロナウイルスは風邪の原因ともなるウイルスなのですが、 同じ年に再感染することもあることが研究で明らかになっています。 このため、 新型コロナウイルスも同じコロナウイルスであることから感染をする可能性があるのではないかという点が指摘されています。 もう1点は 新型コロナウイルスが抗体を獲得できたとしてもその持続期間が短いのではないかという点です。 2002年から翌年にかけて流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)も原因ウイルスはコロナウイルスの一種でしたが 免疫持続期間は平均して約3年としています。 そのため、新型コロナウイルスも免疫期間が短いのではないかという点が考えられています。 これまでの研究においても、新型コロナウイルスに感染した方の血液検査をして調べたところ、抗体は非常に少なかったということも分かっています。 ですが、まだまだ研究段階にあり、新型コロナウイルスがどのような免疫機能を獲得するのかは今後分かってくるところでしょう。 「第2波」はあるの? 現在、 緊急事態宣言や外出の自粛が解除され経済行動が再開された韓国や中国の武漢では集団感染が報告されています。 また、イランでも新型コロナウイルス感染者数が再び増加して経済活動が再度ストップしているという情報もあります。 日本にも新型コロナウイルスの第2波はやってくるのでしょうか。 日本における新型コロナウイルスの第1波は3月末から4月中旬であったと厚生労働省は見ています。 その後、4月下旬から5月初旬にかけて日本へ帰国してきた方が、アメリカ経由で侵入させてしまった新型コロナウイルスが日本国内に拡散しており、これが第2波だったのではないかという見方が強まっています。 つまり、 日本における第2波はすでに起こっていたというのが厚生労働省の見方です。 ですが、 今後経済活動が再開した際に、中国や韓国と同様に集団感染をおこし、また新たな波が起こることが懸念をされています。 今後、新型コロナウイルスはどのような経緯をたどり終息あるいは再度感染を増加させてしまうのかについては現在も研究段階となっています。 新型コロナウイルスに関する動向がありましたらこの記事で詳しくお伝えしていきます。 安倍首相は5月4日に緊急事態宣言延長に関する記者会見で、アビガンを5月中の薬事承認を目指す考えを明らかにしており、アビガンが承認される日も近いと考えられます。 今後、アビガンを含む新型コロナウイルスの治療薬の動向について分かり次第こちらの記事で詳しくお伝えしていきます。 クリニックフォアグループのオンライン診療について より便利に診療を受けていただくために、 初診から受診可能なオンライン診療を始めました。 自宅で・オフィスで・外出先で・スキマ時間に、ご来院いただかなくても、便利に診療を受けて決済いただき、必要なお薬をご自宅までお届けします。 クリニックに来院することによる新型コロナウイルス感染リスクを防ぐ為にも、ぜひご利用ください。 ぜひご利用ください。 クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

次の

みんなの意見

第二波 やばい

コロナウイルスのやばい予言で話題のインドの少年 今、世界中で話題になっているインドの14歳の少年。 コロナを完全に予測したその少年の名前はアビギャ・アナンド君。 彼は占星術師で地元では神童と呼ばれているとか。 彼が2019年8月22日にYouTubeに投稿した『2019年11月~2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画が、米オンライン紙「International Business Times(4月4日付)」にとりあげられたことで世界的に有名になったようです。 彼は自分のYouTubeチャンネルを持っていて、5月の時点でチャンネル登録者数が約87. 5万人。 その動画も690万回再生されています。 アナンド君は過去に現在のコロナの状況をすでに予言しているのです。 今回のコロナウイルスの予言は大爆発する前に言い当てていますし、発生時期も正確に当てています。 コロナ予言の内容は何に基づいて発信しているのか? アマンド君の予言は5000年以上の伝統を持つ古代ヨーガの聖典「ヴェーダ」の教えに基づく占星術のようです。 これは宇宙の天体の運行状況によって未来を予測するもので、古代の聖者たちが深い瞑想状態に入った時に、天(潜在意識)から得られる知識だそうです。 やばい予言の内容 ・2019年11月からウィルスによるパンデミックが発生する ・2020年3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していく。 ・さらに世界的に困難な時期となり、経済から航空サービス分野まで世界は様々な困難に直面する ・5月29日以後、徐々に減少していくが、それも2日間しか続かないだろう ・6月の終わりまで世界では何一つ良いことが起こらず、新型コロナウイルスの本格的な収束は7月から。 しかし人類の苦難はそれで終わらない・・・と、彼は今後のコロナウイルスの経過についても予言しているようです。 スポンサーリンク コロナの第二波はいつ来るのか?そのやばい予言とは? 過去のコロナの状況を的確に言い当てているアナンド・アビギャ君は今後の経過についても具体的に次のように予言しています これからの第二波の予測は 2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現し、それは驚異のウイルスであり 今夏のコロナをはるかに超えるものであるということです。 そして、それは2021年3月31日まで続く致命的なものになるといいます。 新種のウイルスとはどんなものか? 彼は「2020年12月20日~2021年3月31日までの期間にスーパーバグが現れる」と発言しています。 そのスーパーバグと言うのは、日本語で「超多剤耐性菌」と言われ、あらゆる抗生物質に耐性を持つ菌などのことをいうそうです。 そのウイルスは世界で全方位的に地域とは関係なく多発的に発生し、それもある特定の時間になると、まるで命令を受けた兵士のようにウイルスが爆発するというのです。 新種のウイルスの治療薬は? そのウイルスに対して、いかなる予防措置も効果がなく、当然、治療薬もないということで、そのスーパーバグに対応する薬剤は全くないということになります。 アマンド君は、今起こっている世界のパンデミックは、動物の殺戮(屠殺)と地球環境汚染を行う人間に対する警告だといっています。 ですから、人間が改めない限りこれからも続くとアナンド君は警鐘しています 最後に アナンド・アビギャ君の動画を見て本当に恐ろしくなり、これは絶対、恐怖を煽るフェイク動画なのでは?と疑いたくなりました。 それに、これは単なる予言であって、世界の状況は日々、変化しているので、この予言第二波のウイルスが確実に当たるという確証はどこにもありません。 (そう思いたいですが・・・) どちらにしても、まだ来ぬ未来を案じてばかりで日々過ごすわけにはいきません。 とにかく第二波のこのやばい予言が当たるにしろ当たらないにしろ、危機感と準備はしっかり持っていたほうがいいかもしれません。 その時期が来て、第二波のやばい事が何も起こらなかったということになれば、それはそれで良かったということになります。 夏までにすべてのウイルスがこの世界から消えてなくなりますように願うばかりです。 【アナンド・アビギャ君が2019年8月に投稿した動画です。 ただし英語なので、わかる方はぜひご覧ください。 (他の方が日本語で解説している動画もあるようです)】.

次の