カルチョ まとめ。 Jリーグ: カルチョまとめブログ

カルチョまとめブログ|ヌルポあんてな

カルチョ まとめ

3619• 15289• 06月14日 23:27• 06月14日 21:00• 06月14日 20:00• 06月14日 19:00• 06月14日 18:00• 06月14日 16:53• 06月14日 15:00• 06月14日 13:00• 06月14日 10:18• 06月14日 07:24• 06月13日 23:00• 06月13日 21:00• 06月13日 20:04• 06月13日 19:00• 06月13日 18:00• 06月13日 17:00• 06月13日 15:00• 06月13日 13:00• 06月13日 10:45• 06月13日 08:00• 06月12日 23:18• 06月12日 21:11• 06月12日 20:00• 06月12日 19:01• 06月12日 18:00• 06月12日 17:00• 06月12日 15:00• 06月12日 13:00• 06月12日 10:41• 06月12日 07:00• 06月11日 23:01• 06月11日 21:07• 06月11日 20:04• 06月11日 19:00• 06月11日 18:00• 06月11日 17:00• 06月11日 15:00• 06月11日 13:00• 06月11日 10:38• 06月11日 08:00• 06月10日 23:00• 06月10日 21:30• 06月10日 20:00• 06月10日 19:02• 06月10日 18:00• 06月10日 17:00• 06月10日 15:00• 06月10日 13:00• 06月10日 10:41• 06月10日 08:00•

次の

カルチョまとめブログ|ヌルポあんてな

カルチョ まとめ

最新記事一覧• 06月14日 23:45• 06月14日 23:30• 06月14日 23:27• 06月14日 23:05• 06月14日 23:03• 06月14日 23:03• 06月14日 22:52• 06月14日 22:34• 06月14日 22:33• 06月14日 22:30• 06月14日 22:30• 06月14日 22:06• 06月14日 22:05• 06月14日 22:03• 06月14日 21:52• 06月14日 21:34• 06月14日 21:33• 06月14日 21:30• 06月14日 21:15• 06月14日 21:06• 06月14日 21:05• 06月14日 21:03• 06月14日 21:00• 06月14日 21:00• 06月14日 21:00• 06月14日 20:45• 06月14日 20:15• 06月14日 20:06• 06月14日 20:03• 06月14日 20:00• 06月14日 20:00• 06月14日 19:30• 06月14日 19:04• 06月14日 19:03• 06月14日 19:00• 06月14日 18:45• 06月14日 18:38• 06月14日 18:15• 06月14日 18:06• 06月14日 18:06• 06月14日 18:00• 06月14日 17:13• 06月14日 17:05• 06月14日 17:03• 06月14日 17:00• 06月14日 16:55• 06月14日 16:53• 06月14日 16:22• 06月14日 16:20• 06月14日 16:03.

次の

サカサカ10【サッカーまとめ速報】

カルチョ まとめ

日本代表MF鎌田大地と元同MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、現地時間13日のブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンと対戦し、敵地で4-1と勝利した。 この試合で鎌田が相手3人を華麗に抜き去り、驚愕のアシストを披露。 海外メディアが「メッシ風のプレー」「メッシを演じた」「3人を置き去り」と絶賛している。 だが前半終了間際、ヘルタ・ベルリンのベルギー代表DFデドリック・ボヤタが一発退場し、数的有利となったフランクフルトが後半に4点を奪い、4-1と逆転勝利を収めた。 この一戦で脚光を浴びているのが鎌田の超絶ドリブルだ。 1-1で迎えた後半17分、相手エリア左でパスを受けた日本人アタッカーは、中央への鋭いカットインから1人目をかわすと、縦への急激な方向転換から2人目を翻弄。 さらにカバーリングに入っていた3人目が捨て身のタックルを見せると、鎌田は華麗なタッチで抜き去り、最後は中央へパス。 これをポルトガル代表FWアンドレ・シルバがバックヒールで流し込んだ。 米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターのブラジル版は「凄い! 鎌田がメッシを演じ、相手DFを置き去りに、アンドレ・シルバがフランクフルトを象徴するゴールを決めた。 見て!」と絶賛。 ペルーメディア「Depor」が「鎌田のメッシ風の動き」と報じ、衛星放送「FOXスポーツ」公式ツイッターのアルゼンチン版も「鎌田が3人のライバルを置き去りにした」と賛辞を送っている。 フランクフルトは逆転勝利で残留を決めたなか、圧巻のドリブルから超絶アシストで勝利に貢献した鎌田のプレーに世界から注目が集まっている。 今回の件を企画したソ教授側は「昨年末、リヴァプールのある映像でサムネイルイメージに旭日旗のデザインが入り大きな騒動となった後、 多くのサッカーファンらから旭日旗関連の情報提供を受けてきた」と語った。 続けて「約10年前に制作されたマンチェスターユナイテッドのある雑誌に登場した旭日旗が発見され、再び議論を呼んだ。 SNSやEPLの観客席などで発見された旭日旗写真を確保することができた」と付け加えた。 ソ教授は「世界のサッカーファンの注目を集めているEPLで旭日旗が登場していることに批判ばかりするのではなく、 旭日旗の正確な歴史的背景を全クラブにきちんと知らせたかった」と説明した。 今回のメールにはアジアサッカー連盟(AFC)で「2017AFCチャンピオンズリーグ」予選リーグで当時、 旭日旗で応援したJリーグの川崎フロンターレに罰金1万5000ドル(約160万円)を科したという事実を強調した。 また、日本の旭日旗はドイツのハーケンクロイツと同じ意味の「戦犯旗」という歴史的事実を盛り込んだ映像と世界的なスポーツ企業で 旭日旗の模様を使って削除した事例集を添付した。 ソ教授は「今回のEPL全クラブを皮切りに、欧州4大サッカーリーグであるスペイン・リーガ・エスパニョーラ、ドイツ・ブンデスリーガ、 イタリア・セリエAの全クラブに近く同じ内容のメールを送る予定だ」と伝えた。 ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリの宮市亮は14日に行われる第31節エルツゲビルゲ・アウエ戦を欠場するかもしれない。 ヨス・ルフカイ監督は試合に向けたリモート会見で、ここ数日間のチーム練習を控えていたことを明かしている。 今季リーグ戦すべてに出場していた宮市は先月27日の第28節ハイデンハイム戦(0-0)でひざに負傷を負うと、同30日のカールスルーエ戦(1-1)を欠場。 今月5日に行われた第30節ボーフム戦(0-2)はスタメン復帰を果たすも、74分には今季初の公式戦での途中交代を言い渡されていた。 そんな宮市について、12日に開かれた会見で「(前節では)まだ万全な状態ではなかったようだが、日曜日までにコンディションを取り戻せるのだろうか」との質問が飛ぶ。 ルフカイ監督は「彼はボーフム戦の前の試合、カールスルーエ戦は欠場していたからね」と語り、このように続けた。 「ハイデンハイム戦で打撲を受け、ひざに水が溜まっていたのでその週は練習できなかった。 我々は彼がボーフム戦に出場できるためにすべてを尽くし、それはできたが、彼も感覚やリズムを取り戻す必要がある。 日曜日まで100%の状態に戻れるかだが、リョウはこの数日間、チーム練習ができていないため、明日(13日)にしか決められない」 なお中断明け初戦は勝利を収めたザンクト・パウリだが、その後の4試合は2分け2敗と白星なし。 チームは14位に低迷しているだけあって7本とチーム最多アシストを記録する宮市の再びの欠場が懸念されるところだ。 その理由は、クラブによる約1億2000万円の未払いにあるとポルトガル紙『コレイオ・スポルト』は13日付で伝えた。 中島はポルトが新型コロナウイルスの影響で休止されていた練習を5月初旬に再開したあと、再びチームを離れて自宅での個人トレーニングに戻った。 妻の体調不良がその理由だと報じられていた。 6月に入ってポルトガルリーグは再開されたが、これまでの2試合に中島は出場していない。 セルジオ・コンセイソン監督は中島の現状について多くを語らず、「経営陣の問題」だとコメント。 中島の抱える何らかの問題に対してクラブが対処を行っているとしつつ、その詳細を明らかにはしていない。 ポルトガル紙が伝えたところによれば、中島が練習復帰を拒否している理由はクラブの未払いにあるという。 中島は他の選手たちと同じく40%の給与カットに合意したが、それとは別に、昨夏にクラブと契約を交わした際に約束された契約ボーナス100万ユーロ(約1億2000万円)が期日を過ぎても支払われていないとされている。 中島はカタールのアル・ドゥハイルから昨年夏にポルトへ移籍。 ポルトは移籍金1200万ユーロ(約14億5000万円)を支払って中島の保有権の50%を獲得し、8000万ユーロ(約96億7000万円)の契約解除金を設定している。 契約期間は2024年までの5年間となっている。 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。 ミランは今冬の移籍市場で、米MLSロサンゼルス・ギャラクシーと昨年12月で契約が満了したイブラヒモビッチを獲得した。 半年契約に双方が合意した場合の1年間契約延長オプションが付帯しているとされている。 しかしながら、ミランは来季の監督人事を巡り経営権を持つ米ファンド「エリオット・マネジメント」とアーセナルからやってきたイヴァン・ガジディスCEO(最高経営責任者)のタッグが、 イブラヒモビッチ獲得に尽力した元クロアチア代表ズボニミール・ボバン氏と元イタリア代表パオロ・マルディーニ氏のOBコンビと対立。 結果的にボバン氏が解任され、来季には経営サイドが推したラルフ・ラングニック氏が監督就任すると見られている。 こうした一連の流れを目の当たりにしたイブラヒモビッチは2012年夏にクラブを離れて以来の復帰だったが、 「もはや自分の知るミランではない」と、来季プレーする意思はないという。 一方でミラン側も、あまりにも存在感の強いカリスマFWは、スター不在でも強いチームを作れるという方向性で推し進める来季構想において不必要と考えているようだ。 求めるものが全く違うことで、両者は別の道を歩むことが確実になったとされる。 パリ・サンジェルマン(PSG)などでプレーしている時期もミランに対する特別な感情を表現したことがあるイブラヒモビッチだったが、7年半ぶりに戻ったミランでのキャリアは半年で終わることになりそうだ。

次の