今会いに行きますネタバレ。 いま会いにゆきます(韓国映画)のネタバレ(あらすじ)と感想は?キャストと日本版との違いは?

いま会いにゆきます(韓国)のネタバレと感想!日本映画との違いは?|韓流マイスター

今会いに行きますネタバレ

私たちのヒミツ事情5巻のネタバレ感想と、漫画を無料で読む方法を紹介しています。 今巻ではついに菜子が登場! そして桐生の女性恐怖症の理由が明かされます。 そんな麗花にキスをした桐生は、菜子は妹だと言い「麗花に惹かれているが今は付き合うことはできない」と告げました。 そして桐生から報告を受けた菜子がロスから帰国して・・・!? ここからは5巻のネタバレです。 16話 あのあと「このことに関してはまた話す時間作るから!」と桐生に家に帰された麗花。 想いは同じ方向に向かっているはずなのに、桐生をあそこまで頑なに拒ませる理由が麗花にはわかりませんでした。 そんな中、菜子が日本にやってきます。 菜子は桐生の「大切にしたい人」が気になって仕方ない様子。 「絶対会わせない!」と拒む桐生から、どこで知り合ったのかと名前だけを聞き出します。 それから2日後。 菜子は桐生に内緒で、勤め先と名前だけを手掛かりに麗花に会いに行きます。 突然の菜子の訪問に驚きを隠せない麗花。 (あれが菜子さん・・・?) (彼の異性恐怖症に関わる人で桐生さんが誰よりも一番大切に想う人・・) 菜子は麗花に会うなり抱きついて喜びます。 「兄の陸から少しだけ!お話聞かされててね~とにかく直接お会いしてみたかったのぉ!」 麗花はお昼休み、近くのカフェで菜子と話をすることに。 「ねぇ麗花ちゃんってさ、陸のことどう思ってんの?」 あまりに直球な質問に驚き身体が後ろにのけぞる麗花。 その時、麗花の後ろにいた男の人に当たってしまいます。 麗花のオーバーリアクションを見た菜子は、麗花が男性恐怖症であることに気づきます。 17話 菜子と麗花が出掛けたことを桐生に報告する高塔。 動揺する桐生を見た高塔は、桐生を引き止め理由を聞きます。 「菜子はあなたの妹なのに、どーしてそんない執着するの?」 「どーして彼女は二ノ宮の前に現れたの!?」 桐生は頭を下げて改めて高塔の気持ちを断ります。 「少し前までは本当にただ受け取れなかっただけなんだけど、今は好きな人ができたから受けとれない。 」 「それって・・・二ノ宮ってこと?」 「うん。 それを菜子に話したからあいつは二ノ宮の前に現れたんだと思う。 」 はっきりとフラれてしまった高塔。 失恋し泣いている高塔を早乙女は慰めます。 18話 麗花が男性恐怖症だと知った菜子は、桐生との付き合いを反対します。 「陸との交際は認められない。 諦めて。 あなただけはダメ。 」 菜子は辛かった過去、そして桐生が女性恐怖症になった理由を打ち明けてくれます。 事件が起きたのは10年前の夏。 桐生が17歳、菜子が15歳の時でした。 その日、母親が塾帰りの菜子を迎えに行けなくなったので、菜子は桐生に迎えに来て欲しいと連絡をします。 しかし桐生は「めんどくさい」という理由で菜子を迎えにいきませんでした。 1人で帰ることになった菜子は、その日強姦被害にあってしまったのです。 ボロボロの傷ついた菜子は、桐生を恨みます。 「陸のせいだ・・・陸がちゃんと迎えに来てくれなかったからっ!」 菜子はトラウマを抱え何年もずっと怯え続けていました。 尋常じゃない震え、今すぐにでも消えてしまいそうな菜子の姿。 桐生は言葉では言い表せない感情に襲われます。 (女の人ってこんなに弱くて脆くて) (触れる事すら怖すぎる) これが桐生が女性恐怖症になった原因でした。 ここ数年でようやく笑いあえるようになった菜子と桐生。 陸の幸せを願えるようになった今、もうこれ以上彼に苦しんで欲しくないという思いが菜子にはありました。 「陸はあなたといたら色んな場面で思い出すことになる。 忘れさせてあげたくてもあなたが傍にいれば忘れることはない。 」 「だから陸の妹として麗花ちゃんは認められない」 19話 菜子が麗花に話している内容を聞いていた桐生。 「俺は誰とも付き合う気はないよ。 」 桐生の秘密を知った麗花は、菜子の痛み、家族が受けた痛み、桐生が背負った痛み、それが痛い程わかるので涙がとまりませんでした。 そして思いました。 (桐生さんは私と出逢って本当は辛かったんじゃないだろうか?) 翌日、麗花は早乙女に呼び出され告白をされます。 フラれるの覚悟で気持ちだけ伝えたかったのです。 早乙女は麗花の恋を応援してくれました。 好きな人にはいつだって幸せであってほしいと思うのは、みんな同じなのです。 麗花は桐生に気持ちを聞きに行くことに。 桐生は、菜子が心から愛せる人に出会うまで自分は幸せにならないと決めていました。 「今はなによりも菜子なんだ。 菜子の幸せを俺の一番の優先順位にしたいんだ。 」 それが桐生の願いでした。 ならば桐生の意思を尊重すると決意する麗花。 「だけど私にも待たせてください。 」 「男の人が怖くなくなる日が来ても、他の誰かじゃなくて桐生陸斗さんがいいんです。 」 20話 どれだけかかっても桐生のOKが出るまで待つことを決めた麗花。 (これは後退じゃなくて前進だ) (私の選択に桐生さんは戸惑ってたけど、どうか待たせて) 一方、麗花の言葉に対して喜んでいる自分がいることに気づく桐生。 麗花のことになると気持ちがブレてしまいそうになるのです。 明日は菜子がロスに帰る日。 帰る前に、菜子に誘われ外に遊びに出かけることに。 菜子と遊んでいる間、昔のトラウマ、そして麗花のことが頭をよぎる桐生。 目を細めて優しく愛おしそうに微笑む桐生を見て、菜子も頭を悩ませます。 21話 菜子がロスに帰る日。 麗花は菜子に呼び出されます。 改めて桐生を諦めてくれるかの確認をしにきたのです。 麗花は頭を下げて自分の気持ちを伝えます。 「私、桐生さんを諦めることはしたくないです!でもそれはどうこうしたいとかではなくて、ただ想い続けたいんです。 」 話の中で、桐生が「菜子が心から愛する人と出会える日まで待つ」と言っていたことを知った菜子。 菜子は帰りの空港で桐生に言います。 「陸、私は今死ぬほど幸せだから!だからもういいんだよ。 」 「私はちゃんと歩き出せてるから!次は陸が幸せになる番!」 空港で菜子に背中を押された桐生は、麗花の元へと走り出し・・・? 6巻へ続く 感想 ついに桐生の異性恐怖症の原因、そして付き合えないと言った理由が明かされましたね! 過去はとても重く辛いものでした。 こんなに辛いトラウマがあるのに、また人を好きになれるって本当に奇跡だと思う。 今まで辛い思いをしてきた分、これからは幸せになって欲しいなと思いました。

次の

【感想・ネタバレ】いま、会いにゆきますのレビュー

今会いに行きますネタバレ

あらすじ 秋穂巧は妻の澪を亡くし、 息子の佑司と2人で過ごしています。 冒頭、 佑司の18回目の誕生日に ケーキ屋の主人が誕生日用の ケーキを届けに来ました。 森に向かった佑司は 12年前の事を思い出します。 12年前、 澪が亡くなって1年が経ちました。 周囲は佑司を産んだ事で、 澪は体調を崩したと考えています。 亡くなる前に澪は夫と息子に 「 雨の季節に戻ってくる」 と言い残しています。 巧と佑司はその言葉を信じています。 巧は司法書士事務所で働いていますが、 脳の病気を患っています。 カレーもまともに作れません。 なので澪との思い出も 忘れ始めています。 その事を主治医の野口に相談します。 時は流れて、 梅雨の季節が訪れました。 ある日、巧と佑司は 佑司のお気に入りの場所である 森の廃工場に向かいます。 そんな2人の前に 白い服を着た澪が姿を現します。 澪は記憶を失っていますが、 巧と佑司は再会を喜びます。 澪を連れ帰った巧は、 記憶がない澪に自分の妻で 佑司の母だと教えます。 写真もあるので澪も信じます。 〇ネタバレ 記憶を失っている澪ですが、 他に行く場所もないので、 秋穂家で過ごし始めます。 家の中で見つけた指輪は、 自分の指のサイズに合っています。 次の日から、 巧と佑司がやたら元気なので、 同僚も学校の先生も驚きます。 一方で澪は、 散らかった部屋の掃除をし、 2人のために料理を作ります。 また別の日、 巧は澪に自分達の 出会いについて話し始めます。 2人は高二の時に出会い、 巧が澪に片思いしました。 しかし高校の時は何もなく、 澪は東京の大学に行きました。 大学1年の時、 どうしても澪と再会したい巧は、 高校の時に貸したペンを口実に 澪に会いに行きます。 2人はそのままデートに行き、 手紙を送り合う仲になったのです。 梅雨の時期が続き、 3人の共同生活も続きます。 巧は担当医の野口医師に 澪が帰ってきたと話します。 野口は別れの時に 巧と佑司が悲しい思いをすると 不安に思います。 また別の日、 巧と澪は廃工場でキスをします。 澪は初めてのキスみたいと言います。 それから数日後、 佑司が澪と一緒に埋めた タイムカプセルを持ち帰ります。 中には巧と澪の手紙、 そして 澪の日記が入ってました。 中を確認しようとしますが、 巧が体調を崩して倒れてしまい、 澪は彼の看病をします。 澪はベッドの上で、 2人の出会いの続きを聞きます。 いい感じになった2人でしたが、 大学2年の春に巧が病を患いました。 脳の中の化学物質が 異常に分泌されているのです。 全てに絶望した巧は、 澪の前から姿を消しました。 大学を辞めて働き始めた巧の前に 澪が姿を現したのです。 巧は澪を冷たく突き放します。 それでも澪に会いたくなった巧は、 1人で東京に向かいました。 澪が男性と話す姿を見た巧は 声をかけずに去りました。 澪は 白い服を着ています。 さらに時が流れたある日、 澪から巧に電話がかかってきました。 ひまわり畑に呼び出された巧は、 澪にプロポーズされたのです。 翌朝、 2人を送り出した澪は、 手紙と日記を読みます。 ここで澪は真実を知って、 涙を流しました。 この次の日から、 澪は佑司に家事を教え始めました。 庭にはひまわりの種を撒き、 ケーキ屋で佑司の誕生日ケーキを 12年分予約しました。 さらに巧の同僚の永瀬みどりに 巧と佑司の事を託そうともします。 澪は雨の季節が終わったら 巧と佑司の前から消えてしまうのです。 梅雨明けの前日、 澪は佑司の誕生日パーティーを 開きました。 本当の誕生日は翌週 そしてこの日の夜、 巧と澪は結ばれます。 そして梅雨明けが訪れ、 佑司は学校を早退して、 澪の元に駆け付けました。 2人は森の廃工場に向かいます。 その場に巧も現れて、 巧と佑司は澪に別れを告げました。 次の瞬間、 澪は姿を消してしまいます。 〇結末 帰宅した巧も 澪の日記を読んで真実を知ります。 澪も高校の時から 巧が気になっていました。 大学2年の時、 自分に会いに来た巧を見つけ、 澪は彼を追いかけました。 そこで事故に遭い、 意識を失ってしまったのです。 病院で治療を受けている間、 澪は未来へタイムスリップしました。 梅雨の時期に現れたのは20歳の澪 未来を経験した澪は、 その記憶が残っている状態で 病院で目を覚ました。 巧と結婚すると 佑司を産んで命を落とすと知りながら、 澪は巧をひまわり畑に呼び出して、 彼にプロポーズしたのです。 それが自分の幸せだと。 巧と結婚して佑司を産んだ澪は、 将来タイムスリップする自分のために 日記を書き続けました。 そして亡くなる前に夫と息子に 「 雨の季節に戻ってくる」 と伝えたのです。 冒頭に戻り、 18歳になったばかりの佑司は 母が予約したケーキと 父が作ったカレーを食べるのでした。 エンディングはオレンジレンジの「花」 映画を観るならがオススメです。

次の

映画「いま、会いにゆきます」を見ました。しかし、最後意味が...

今会いに行きますネタバレ

あらすじ 秋穂巧は妻の澪を亡くし、 息子の佑司と2人で過ごしています。 冒頭、 佑司の18回目の誕生日に ケーキ屋の主人が誕生日用の ケーキを届けに来ました。 森に向かった佑司は 12年前の事を思い出します。 12年前、 澪が亡くなって1年が経ちました。 周囲は佑司を産んだ事で、 澪は体調を崩したと考えています。 亡くなる前に澪は夫と息子に 「 雨の季節に戻ってくる」 と言い残しています。 巧と佑司はその言葉を信じています。 巧は司法書士事務所で働いていますが、 脳の病気を患っています。 カレーもまともに作れません。 なので澪との思い出も 忘れ始めています。 その事を主治医の野口に相談します。 時は流れて、 梅雨の季節が訪れました。 ある日、巧と佑司は 佑司のお気に入りの場所である 森の廃工場に向かいます。 そんな2人の前に 白い服を着た澪が姿を現します。 澪は記憶を失っていますが、 巧と佑司は再会を喜びます。 澪を連れ帰った巧は、 記憶がない澪に自分の妻で 佑司の母だと教えます。 写真もあるので澪も信じます。 〇ネタバレ 記憶を失っている澪ですが、 他に行く場所もないので、 秋穂家で過ごし始めます。 家の中で見つけた指輪は、 自分の指のサイズに合っています。 次の日から、 巧と佑司がやたら元気なので、 同僚も学校の先生も驚きます。 一方で澪は、 散らかった部屋の掃除をし、 2人のために料理を作ります。 また別の日、 巧は澪に自分達の 出会いについて話し始めます。 2人は高二の時に出会い、 巧が澪に片思いしました。 しかし高校の時は何もなく、 澪は東京の大学に行きました。 大学1年の時、 どうしても澪と再会したい巧は、 高校の時に貸したペンを口実に 澪に会いに行きます。 2人はそのままデートに行き、 手紙を送り合う仲になったのです。 梅雨の時期が続き、 3人の共同生活も続きます。 巧は担当医の野口医師に 澪が帰ってきたと話します。 野口は別れの時に 巧と佑司が悲しい思いをすると 不安に思います。 また別の日、 巧と澪は廃工場でキスをします。 澪は初めてのキスみたいと言います。 それから数日後、 佑司が澪と一緒に埋めた タイムカプセルを持ち帰ります。 中には巧と澪の手紙、 そして 澪の日記が入ってました。 中を確認しようとしますが、 巧が体調を崩して倒れてしまい、 澪は彼の看病をします。 澪はベッドの上で、 2人の出会いの続きを聞きます。 いい感じになった2人でしたが、 大学2年の春に巧が病を患いました。 脳の中の化学物質が 異常に分泌されているのです。 全てに絶望した巧は、 澪の前から姿を消しました。 大学を辞めて働き始めた巧の前に 澪が姿を現したのです。 巧は澪を冷たく突き放します。 それでも澪に会いたくなった巧は、 1人で東京に向かいました。 澪が男性と話す姿を見た巧は 声をかけずに去りました。 澪は 白い服を着ています。 さらに時が流れたある日、 澪から巧に電話がかかってきました。 ひまわり畑に呼び出された巧は、 澪にプロポーズされたのです。 翌朝、 2人を送り出した澪は、 手紙と日記を読みます。 ここで澪は真実を知って、 涙を流しました。 この次の日から、 澪は佑司に家事を教え始めました。 庭にはひまわりの種を撒き、 ケーキ屋で佑司の誕生日ケーキを 12年分予約しました。 さらに巧の同僚の永瀬みどりに 巧と佑司の事を託そうともします。 澪は雨の季節が終わったら 巧と佑司の前から消えてしまうのです。 梅雨明けの前日、 澪は佑司の誕生日パーティーを 開きました。 本当の誕生日は翌週 そしてこの日の夜、 巧と澪は結ばれます。 そして梅雨明けが訪れ、 佑司は学校を早退して、 澪の元に駆け付けました。 2人は森の廃工場に向かいます。 その場に巧も現れて、 巧と佑司は澪に別れを告げました。 次の瞬間、 澪は姿を消してしまいます。 〇結末 帰宅した巧も 澪の日記を読んで真実を知ります。 澪も高校の時から 巧が気になっていました。 大学2年の時、 自分に会いに来た巧を見つけ、 澪は彼を追いかけました。 そこで事故に遭い、 意識を失ってしまったのです。 病院で治療を受けている間、 澪は未来へタイムスリップしました。 梅雨の時期に現れたのは20歳の澪 未来を経験した澪は、 その記憶が残っている状態で 病院で目を覚ました。 巧と結婚すると 佑司を産んで命を落とすと知りながら、 澪は巧をひまわり畑に呼び出して、 彼にプロポーズしたのです。 それが自分の幸せだと。 巧と結婚して佑司を産んだ澪は、 将来タイムスリップする自分のために 日記を書き続けました。 そして亡くなる前に夫と息子に 「 雨の季節に戻ってくる」 と伝えたのです。 冒頭に戻り、 18歳になったばかりの佑司は 母が予約したケーキと 父が作ったカレーを食べるのでした。 エンディングはオレンジレンジの「花」 映画を観るならがオススメです。

次の