美味しい きんぴら ごぼう の 作り方。 【検証】最高に美味しいきんぴらごぼうを作る3つのコツとは? : 料理のコツコツコツ

【材料別】きんぴらごぼうの切り方完全版!ささがき/細切りコツまとめ

美味しい きんぴら ごぼう の 作り方

[message]• info-circle コツ• ・最初から最後までとにかく菜箸でかき混ぜて全体に味を行き渡らせること。 ・味を落ち着かせて冷ましている時、蓋やラップ(器に盛って冷ますなら)をすると乾燥が防げます。 以前、うっかりそのままで冷ましたらパサパサになって泣けました(涙) コメント• 食物繊維たっぷりのごぼうのきんぴらです。 出来立てよりもちょっと時間をおいて味を落ち着かせた方が更に美味! ごぼうの美味しいシーズンは秋~冬ですが、今はスーパーに行けば1年中手に入る野菜なので普段のおかずとして取り入れやすい一品ですね。 きんぴら作りで一番悩むのがやはり味付け。 とりわけ程よい辛さを残した仕上がりはとても美味しいですよね。 この分量だと辛すぎず物足りすぎず美味しくいただけると思いますが、もう少し辛味が欲しいという場合は思い切って赤唐辛子を1本どうぞ! コツにも書きましたが、「 味を落ち着かせる」というのはとても大事だと思います。 きんぴらは特に出来たてはちょっと物足りない味に感じてしまうかもしれませんが、不思議と冷ましてから味が落ち着いたものだとしっかりと味が感じられてお店のような味になります。 その際、冷ましている時に乾燥させないように鍋に蓋をしたり、ラップを被せておくことをお忘れなく! ごぼうって、独特の歯応えがあって煮込むとしっかり旨みもある、日本人にはむかしから馴染みのある野菜ですよね。 できることなら旬の時期にはたっぷり摂りたいものです。 ただ、ごぼうって料理のレパートリーが意外に少なくて「きんぴら」や「豚汁などの具材」として使う程度しかない!っという方も多いのでは? 当ブログではごぼうを使ったレシピをいくつか公開しています。 簡単にできるものから、ちょっぴり手間のかかるものまでありますが、その中からおすすめの料理をご紹介します。 思わず「え?」っと思っていまうかもしれないものもありますが、とても美味しいので試してみてくださいね。 それにしても、世の中溢れ返るレシピサイトの中でよくぞ見つけてくださった!!!っと有難い気持ちです。 感謝いたします。 blogspot. blogspot.

次の

【材料別】きんぴらごぼうの切り方完全版!ささがき/細切りコツまとめ

美味しい きんぴら ごぼう の 作り方

ごぼうの切り方の種類 ごぼうは切り方によって食感や味の馴染み方が変わります。 切り方の種類やそれぞれの特徴を知ることで、より一層美味しい好みの料理を作ることができるはずです。 今回はきんぴらごぼうに向いている3つの切り方を紹介します。 細切り 繊維に沿ってカットする細切りはシャキシャキとした食感になり、きんぴらごぼうをはじめサラダやかき揚げにピッタリです。 筒切りにした後に短冊切り、千切りという工程でカットするので、やや手間と時間がかかる切り方といえるでしょう。 ですが、火の通りが早く味の馴染みがいいのがメリットです。 肉やこんにゃくなど複数の食材を入れたきんぴらごぼうを作る場合にも均等に混ざりやすいのでおすすめです。 ささがき 薄く柔らかな食感になるささがきは、小さいお子さんや年配の方にもおすすめです。 鉛筆を研ぐように包丁で薄く切り落とすのが一般的なやり方ですが、うまくできない場合はピーラーを使ってもOKです。 斜め切り 楕円形になるようにカットする斜め切りは、ごぼうの存在感が大きく食べ応えのあるきんぴらごぼうになります。 短時間でサッと炒めるきんぴらごぼうは、薄めにカットするのがポイント。 逆に煮物の場合は、時間をかけて煮込むのでほっくりした食感を楽しめる厚めの斜め切りがおすすめです。 レシピ 今回は定番の細切りでレシピを紹介していきます。 ごぼう 100g• 醤油 小さじ2• 砂糖 大さじ1 作り方 1ごぼうの皮を処理します。 むき過ぎるとごぼうの風味を損ねるので、アルミホイルをくしゃくしゃにして軽く広げたもので表面を優しく撫でる程度でOKです。 皮が厚く硬い場合は、包丁の背を使って少し深めに削ぎましょう。 2ごぼうは長さ4cmにカットし、短冊切りにしてから細切りにします。 3ごぼうのえぐみが気になる方は、あく抜きをするために10分ほど水にさらします。 長時間水にさらすとポリフェノールが流出してしまうので、10分ほどでザルにあげます。 4にんじんをごぼうと同じ長さ、太さに切ります。 5フライパンにごま油を入れて中火で熱します。 6ごぼうを入れて、3分ほど炒め油を馴染ませます。 7砂糖を加えて2~3分混ぜます。 8砂糖が馴染んだらにんじんを加えて、さらに3分ほど炒めます。 9醤油を加えて混ぜます。 10汁気がなくなるまで炒めます。 11お好みで直前にいりごまをすって振りかけたら完成です。 甘辛い味とほのかな土の香りが食欲を刺激するきんぴらごぼう。 切り方によって食感や味わいが変わるので、いろいろな切り方を試してみてくださいね。 ポイント• ごぼうの土の香りは皮の部分にあるので、皮をむき過ぎないこと。 あく抜きをする際に長時間水につけることでも風味が抜けてしまうので、10~15分ほど経ったらザルにあげましょう。 仕上げのごまは、直前にすり鉢ですると風味がいいのでおすすめです。 すり鉢がない場合は、密閉袋にごまを入れて、陶器のコップなどで押しつぶせばOK!すり鉢ほど細かくはなりませんが、風味は格段にアップしますよ。

次の

きんぴらごぼうのレシピ/作り方:白ごはん.com

美味しい きんぴら ごぼう の 作り方

流水+フキンで洗って汚れを落とす フキンでこすりながら、流水で泥や汚れを落とします。 たわしなどの硬い物でこすると、皮が傷ついてしまい、食感が悪くなります。 皮が厚い場合は、ピーラーを使って薄くむきましょう。 むき過ぎると風味がなくなるので注意。 食感を生かす切り方 ごぼうは繊維が硬く、力で押し切るとボソボソとした食感になってしまいます。 繊維を傷めず、あくが出にくい切り方を覚えましょう。 写真のように刃先をまな板にあてたら、一気に前に滑らせるように押し切ります。 包丁を入れるときは、写真のように刃の中央部分を当てて、手前に滑らせるように引くのがコツ。 あくが出るので、水を張ったボウルの上で、鉛筆を削るように回しながら、刃の中央部分で薄く削り落とします。 あくの抜き過ぎに注意 ごぼうのあく抜きの方法には、次の2通りがあります。 あくは、ポリフェノールという成分。 抜き過ぎると、せっかくの成分が流れ出てしまうので、いずれも手短に。 水にさらす/ 切った直後に30秒ほど水にさらします。 白く仕上げたい場合には、酢水にさらします。 熱湯に通す/ 熱湯に数秒くぐらせます。 少量の場合は、熱湯を回しかけるだけでも構いません。 これだけで雑味が抜け、煮物などの下ごしらえにもなります。 ごぼうは、切り方によって風味や歯応えが大きく変わります。 定番のきんぴらも、切り方を変えるだけで、新しい味わいを楽しめるはず。 ぜひいろいろ試してみてください。

次の