龍が如く7 神ゲー。 龍が如くガチ勢と学ぶ~龍が如くはどれからプレイするのがおすすめなの?|薔薇宮ソーナ|note

龍が如くガチ勢と学ぶ~龍が如くはどれからプレイするのがおすすめなの?|薔薇宮ソーナ|note

龍が如く7 神ゲー

概要 2020年1月16日に発売されたシリーズナンバリング最新作。 今作では主人公がからへと変わり、戦闘システムも今までのアクションからRPGコマンド選択へと変更がなされた。 ストーリー 2001年1月1日。 東城会の三次団体「荒川組」に所属する極道、春日一番は、組長・荒川真澄から 若頭・沢城丈の犯した罪を被るよう頼み込まれ、出頭を決意。 愛する組のため、尊敬する親父のため…… 春日は18年にも及ぶ厳しい刑務所生活を送り、2019年、ついに出所する。 だが、出所をした春日を出迎えてくれる者は、誰一人いなかった。 一人寂しく、故郷である神室町へと戻る春日。 だがそこは、春日の知っているかつての神室町ではなかった。 「神室町3K作戦」という警察の施策により、東城会は崩壊。 現在の神室町は、警察と関西の極道組織・近江連合に完全支配されていた。 そして、そんな状況を作り出した張本人が、荒川真澄なのだという。 公式サイトから引用 評価 元々ナンバリング前作までの看板キャラクターであった桐生一馬が主人公を降りたことに加え、前作までの戦闘アクションから、コマンド入力方式にゲームシステムが変更されたこともあり、前評判は芳しくなかった。 体験版が配信されてからもこの点の評価はそこまで大きく変わらず、ファンからは「シリーズもここまで落ちぶれた」と酷評されるほど失望の声があがっていた。 加えて、龍が如くonlineから登場した春日一番という新主人公が、あまりにも桐生一馬からかけ離れたキャラクターであることから、発売前は本作を正式なナンバリング作品として認めないという声も多かった。 しかし、いざ発売されると評価は一変した。 特に4~6までシナリオ的な批判が多かった同シリーズとしては珍しく、久々にシナリオ面で高評価を得ている。 まず、 明るく抜けた性格ながらもどこまでも一途でまっすぐな春日一番という魅力的な新主人公と そんな春日一番を助ける個性的な仲間たちがプレイヤーの心を掴んだ。 そして、現代の情勢を踏まえたうえで極道そのものの存在が軟化し、ゲームシナリオにも影響を与えていたのが否めない中、本作は 善悪では計りきれない仁義と任侠を突き詰めた龍が如くの王道ストーリーを描いている。 またゲーム内には、もちろん や といった従来の主役級キャラクターや、桐生一馬自身も登場し、物語を盛り上げる最高のエッセンスとして機能している。 特に「6」で散々だった東城会を中心とした既存キャラに結末をつけたことで、主人公交代を適切に行えたという点も評価されている。 ついでに言うとこうしたメインキャラだけでなく、従来作のサイドストーリー等で登場した 脇役キャラもそこそこの数が再登場しており、往年のファンでも楽しめる内容になっている。 バトルシステムに関しては賛否両論あるものの、 春日一番を主役とした新たな龍が如くには相応しいシステムとして、おおむね好意的に受け入れられている(これはこれ、それはそれでアクションでもやりたいという声は絶えないが)。 テンポが遅い、相性バランスが悪いなど不満点も多くまだまだ完成されたシステムとは言えないものの、戦略性も見た目以上に高いことから、発売後における新システムの評価は体験版当時よりはずっと高まっている。 それらの要素からユーザーからは0に匹敵する傑作として評価されている。 以上の要素が重なり、発売前の下馬評を覆して本作は 2020年最初の神ゲーとまで言われるほどの高評価を得た作品になった。 どん底まで落ちた前評判を全てひっくり返しているのを見るに、正に本作のシナリオと同じ「どん底からの成り上がり」である。 売上は前評判の影響もあってジワ伸びといったペースであるが、現状はそこまで悪くない推移。 サブストーリー 春日一番を中心としてサブクエストをこなすた従来の形式のサブストーリーに加えて、仲間との絆を深めるサブストーリーである絆ドラマが実装されている。 更に、パーティチャットと宴会トークというキャラ同士の日常会話が楽しめるシステムを導入しており、キャラ同士の関係性をより深く掘り下げた内容となっている。 登場キャラクター 基本パーティー :cv 龍が如くシリーズの新たな主人公。 詳細はリンク先を参照。 とある事情により、十八年間刑務所に入所していた。 出所後、荒川真澄が変貌した理由を探っていく中で荒川真澄によって胸を撃たれ、横浜の異人町に捨てられる。 :cv 神奈川県警に所属していた、定年退職間際に懲戒免職された元刑事。 作中時間における2019年時点で警視総監となった堀之内の汚職の証拠を見つけることに執念を燃やす。 出所した一番の前に現れた最初の人間であり、最初に仲間になった人物。 :cv(兼モーションアクター) 異人町のホームレス。 元々は看護師をしていたが、とある事情によって看護師を免職される。 春日一番が異人町に捨てられた際に撃たれていた一番を治療する。 一番からは命の恩人として敬意を払われる一方で、気の置けない仲間として強い信頼を寄せられる。 シリーズ恒例のモデリングされたキャラクターの一人。 :cv キャバクラのチーママ。 とある事件に巻き込まれたことがきっかけで春日一番の仲間になる。 異人三(いじんさん) 横浜を裏から支配している三つの勢力。 日本のやくざである【横浜星龍会】、中国系マフィアである【横浜流氓】、韓国系の裏組織である 【コミジュル】の三つの裏社会勢力が戦後以来、「肉の壁」と呼ばれる長年の三つ巴のにらみ合いが続いている。 その危険な三つ巴の状況から、東城会はおろか、全国制覇を果たした近江連合でさえも「肉の壁」には手出しできず、近江連合の勢力の及ばない裏社会唯一の場所となっている。 名前の由来は、童謡の赤い靴に出てくる歌詞から。 【横浜星龍会】 戦後の復興期から横浜の裏社会を取り仕切っているヤクザ組織。 :cv 横浜星龍会の現組長。 仁義や任侠を重んじる反面、ビジネスに抜け目のない現実的な目線も持つ。 一途でまっすぐな任侠を信じる春日一番に一目置き、一番を支えるよき理解者となる。 「肉の壁」の秘密を通じて、荒川真澄とは浅からぬ因縁を持つ。 :cv 星龍会の若頭。 一見クールなインテリヤクザ風だが、 謀殺された若衆の死に本気で悲しみ、親の許しも得ずに報復に飛び出してしまうなど、 実はかなり熱い男。 戸塚大和: 星龍会の本部長。 組のシノギの一環として介護施設『陽だまりの城』を運営しているが、 一方で星野会長にも隠れて「裏のシノギ」に手を出しており、これが原因で春日達と悶着を 起こすこととなる。 【横浜流氓】 読みは「ハンピンリューマン」 戦後横浜に流れてきた中国系の人間が、横浜中華街の覇権争いに敗れて飯店小路を拠点として 二世、三世と続いて勢力を拡大した中国マフィア。 :cv 横浜流氓の現在のボス。 元々父親からボスの座を引き継いだために年齢は若く、気さくな性格をしている反面、 食えない言動も多い策士。 馬淵: 横浜流氓のナンバー2。 通称「ラオマー」。 現在の異人三の均衡を好ましく思っておらず、様々な陰謀を巡らす。 【コミジュル】 韓国語で「蜘蛛の巣」を意味する異人町の三大勢力の一角。 異人町に集まるあらゆる情報を集め、売買している情報屋としての側面を持つ。 :cv コミジュルのボスを務める女傑。 異人町の「肉の壁」の秘密を知る人間の一人。 :cv 詳細はリンク先を参照。 6でも登場していたが、実は7で登場するのは別人。 一番製菓 サブストーリーで登場する和菓子会社。 先代経営者の死亡や大手企業による詐欺等が原因で、現在は経営が苦しい状況である。 事情を聞いた春日は、現経営者の力を借りて会社を立て直していく事となる。 :cv 鎌滝えり 一番製菓の社長で、イベント「会社経営」に関わってくる女性。 祖父の代から続いている会社を守るために、春日と共に会社の再建を目指す。 また、ある条件をクリアする事で仲間になる。 荒川組 春日一番が十八年前まで所属していたヤクザ組織。 元々は系の三次団体としての片隅に事務所を構えていた小さい組だったが、 春日一番が出所する数年前に後に東京都知事となると組んでに通じ、 組長の荒川真澄は近江連合の若頭代行として神室町を取り仕切ることになる。 :cv(兼モーションアクター) 荒川組の組長。 春日一番の命の恩人であり、同時に人生の目標としている「おやっさん」。 一番からは本当の父親の様に慕われており、彼自身も一番を子分としてかわいがる。 春日一番の出所時には、近江連合の若頭代行として神室町のトップとなる。 龍が如くではおなじみとなった実際の役者からモデリングされたキャラクターの一人。 :cv(兼モーションアクター) 荒川組の若頭。 春日一番とは彼が荒川組に所属していた時からそりが合わなかった。 その一方で、春日一番の出生の秘密を知る唯一の人間。 モデリングされたキャラクターの一人。 :cv 荒川真澄の一人息子。 本人はヤクザにはならず堅気として過ごしていた一方で、独自の伝手で日本では認可されていない 医薬品を入手したり、銃を日ごろから携行していたりと、本当の意味での堅気とは言い難い 裏の顔を持つ。 春日一番の同い年であったことから、荒川真澄の頼みによって一番が世話係を 務めることになるが、人使いが悪く、真斗に使われる一番は「奴隷」と揶揄されていた。 一番は出所後、病気によって死亡したと知らされていたが……。 ブリーチジャパン 青木遼が設立した、『グレーゾーンを漂白する』という理念を掲げる全国規模のNPO法人。 政治デモ等の手法で反社会勢力の排除を企てているが、真の目的は青木の邪魔になる存在を 排除する為の「表」の部隊であり、更にはバックに近江連合がいる。 : cv ブリーチジャパン横浜支部長。 青木とブリーチジャパンの理念に心酔しているが、 組織のためなら前記の理念と矛盾した行動も平気で行う危険な面を持つ。 余談 販売初週売り上げは15万本と実は歴代でも二番目に低く、最も売り上げが低いのはシリーズ最初の作品であり、初週売り上げ12万本の「龍が如く1」であることを考えると、事実上のワースト1。 しかし、作品そのものが大幅な変更を受けたことに加え、「春日一番が主人公」の龍が如くとしては事実上の一作目であること、ゲーム自体が斜陽と言われる状況下なことを考えればなかなかの好発進と言える。 また、上記の通りに春日一番や、一番の仲間となる様々なキャラクターの人気が高いこと、何よりもストーリーが高く評価されていること、そしてその後も堅実な伸びを見せていることを鑑みれば、総合的に見ても決して悪い数字ではない。 パロディ 本作では春日一番が「ドラゴンクエスト」を話題にするなど、テレビゲームのパロディがシステムの根幹からサブイベントに至るまでふんだんに詰め込まれている。 その為「汚い」や「汚い」など言われることも。 経験値をたくさんもらえるが倒すには一工夫いる「」。 戦闘中に料金を支払って助っ人を呼び出し、強力な攻撃やサポートを行ってもらうコマンド「」• 敵のデータを集める「」…その図鑑集めのやり取りでから一人選ぶように言われたりする。 (ユーザーからは全員入ってるだろとツッコまれた)• 妨害要素も含まれているカートレースのミニゲーム「」。 のような6股した彼女達の修羅場イベント。 足立さんのつながりネタ。 「安全装置がかかったままだぞ、ど素人」とブラフから拳銃を奪い取る。 追手をかわすためダンボールに隠れる(と見せかけて実際に中に入っていたのは別の理由でダンボール慣れしているナンバだったが)。 ナンバの中の人ネタ。 牛乳を飲むのがやたら早い。 に何かがあるっぽい。 「」ことに関する会話。 「」発言 何か任天堂作品が多いような気がするが、に出る気なのだろうか。 また、サブストーリーのタイトルが何らかのパロディである割合が前作までよりも多くなっており、元ネタも洋画・邦画・テレビドラマ等、何でもありな状態となっている。 関連イラスト.

次の

龍が如く7 光と闇の行方 クリア感想 かなりの神ゲー! 春日一番と仲間との絆 成り上がりの行方!|tamayurakun'sBLOG

龍が如く7 神ゲー

龍が如く7の素晴らしい部分 100点満点中92点と評価できる神ゲーの龍が如く7は本当に素晴らしい魅力が盛りだくさんです。 最高に面白い部分について紹介します。 主人公が最高に面白くて良い奴 龍が如く7で一番前評判が悪かったのが主人公変更です。 主人公の変更って正直に言ってかなりの高難易度です。 逆転裁判なんか完璧に失敗して前作の主人公に戻されるなど、人気シリーズなだけに簡単に変えるのは難しいです。 しかし、 龍が如く7は主人公がかつての主人公桐生さんより断然素晴らしいです。 新主人公、 春日一番を簡単に言えば馬鹿で熱くまっすぐで正義感が強くギャグまでこなせる面白い良い奴です。 桐生さんは基本的に不器用で硬派な男のイメージがありましたが、春日はこれぞ主人公という要素を詰め込み好きにならざるを得ません。 人として男として一本筋が通っておりどこまでもまっすぐな生き様は観ていて最高に気持ちが良いです。 桐生さんの場合だと、カラオケなどでボケるネタ的なボケはありましたが、春日一番は素で面白い奴です。 日常会話ですらギャグ要員としてもこなせるので何をやっても万能です。 それでいながら仲間思いの熱い人間なので嫌いになるわけがないのです。 仲間が魅力的で最高 今までの龍が如くはアクションゲームだったので、仲間はいることにはいましたが基本的に一人で行動していました。 なので、面白いには面白いけど周囲のキャラが輝くことは少なかったように思います。 しかし、RPG形式にすることで仲間と一緒に冒険することが可能になったため 仲間の深掘りが出来るようになりました。 これにより、仲間の個性魅力が十分に発揮されることになりそれがストーリーと絡めて最高の出来になっています。 仲間になるキャラ全てがキャラ立ちしており、 一人一人にキャラの内面を知るイベントがあるので必ず好きになります。 特に最初の方では無職の男3人でハロワに行ったりと、男同士の旅、関係ってこれでいいんだよって感じで笑えて安心できます。 本当の意味でのFF15だと言えます。 この二つも文句なしの神ゲーですが、龍が如く7は個人的には一番面白いストーリーだと思っています。 0とジャッジアイズ同様に、 スケールがでかくまるでドラマや映画を観ているような感覚にさせられる伏線回収ありの重厚なストーリーです。 それに加えて仲間キャラも魅力的で従来通り敵キャラも魅力的なので最高のストーリーをより最高に仕上げています。 謎が謎を呼び、一つずつ明らかになっていく真実にコントローラーを持つ手が汗ばむことは間違いなしです。 そして、主人公が熱くまっすぐなので普通に展開として泣けます。 泣けてストーリーも伏線回収で驚かされて個性豊かな主人公が組み合わさってつまらないはずがないです。 2020年上半期ベストゲームと言えます。 サブクエストも充実している 龍が如くシリーズ通して言えることですが、サブクエストが非常に充実しています。 将棋だったり、ゴルフだったり、パチンコだったりと健在です。 今作で面白いのは会社経営ゲームです。 人を雇って企業を買収して人員配置して会社を大きくしていく経営シミュレーションゲームの出来が面白くストーリーを中断してまでやってしまいます。 また、それ以外の町中で発生するサブクエストも期待していなかったのですが、 意外にストーリーが面白く感動させられたり泣かされたりします。 その他普通に笑ってしまうような展開も盛りだくさんでやり込み要素が抜群です。 バカゲーとしても優秀 龍が如くシリーズ全般に言えるのが今どき珍しいバカゲー要素もあることです。 サブクエストでは、極道の親分と子分が赤ちゃんの格好に扮していたりと完全に 常軌を逸したイベントが盛り沢山です。 その他、会社経営で株主総会があるのですが、株主を説得する人員がルンバだったり、チンパンジーだったり、鶏だったりと何でもあります。 バカゲーでネタとしても楽しめるのも最高です。 前作のキャラの活かし方も上手い 主人公が交代したからといって世界観が全て無くなったわけではありません。 しっかりと今までの続きの話になっており、前作までのキャラもしっかりと出てきます。 しかも、その前作キャラの活かし方が上手いです。 普通前作キャラを出すと変に持ち上げすぎて株を奪ったりするので、なんか白けてしまうのですが龍が如く7は上手くやっています。 レジェンド枠として持ち上げつつ、そこまで深くストーリーに介入せずキャラの魅力だけをしっかりと醸し出します。 ちょうどいい塩梅で前作ファンも今作からやった人も楽しめます。 龍が如く7の気になる部分 神ゲーな龍が如く7ですが、気になる部分もあります。 気になる部分を紹介していきます。 RPG部分の作りが甘い RPGになってその点は悪くないですが、どうしてもRPG部分の作り込みが甘いです。 サテライトビームを連発するだけで敵が倒せたり、最後ら辺になるとむやみやたらにボスキャラが強かったりとモヤモヤする部分があります。 基本的に特定の技しか使わなくなるワンパターンになりがちなのも気になりました。 エンカウントがだるい RPGになったためエンカウントがだるいです。 遠くにいるのにわざわざ絡んできたり、街中を優雅に探索したいのにエンカウントばかりされるのでだるいです。 しかも、強くなっても全て一発で倒せないので地味に削られていくのが苦痛でした。 ジョブ要素があまり役に立たない ハローワークに行けば仲間と主人公は転職出来るのですが、これが活きたためしがないです。 何と言うか使えるジョブとそれ以外で差があり過ぎて、わざわざ変える必要性も無いようなことも多いです。 この部分の作り込みが甘いと感じます。 まとめ.

次の

龍が如く6 命の詩。

龍が如く7 神ゲー

この記事の目次• 『龍が如く7』に低評価・クソゲー扱いされる理由 一部の人が龍が如く7を低評価・クソゲー扱いする理由は主に以下の3つです。 RPG化が許せない 低評価の理由として一番多かったのが、戦闘シーンが従来のアクションからコマンドRPGに変わった事ですね。 単純にRPGが嫌いな人もいれば、「龍が如くにはアクションしか考えられない」という人もいるでしょう。 熱烈なファンをほど低評価をしてしまうのかも知れません。 面白い、面白くないではなく、RPG化が許せないという理由で低評価を付ける人が多いと感じました。 ファンタジー色が強くなりリアリティがなくなった 龍が如く7ではRPG化するにあたって ドラゴンクエストのスクウェア・エニックスの協力を得ているんですよね。 そのため、ドラクエのパロディー要素が随所に組み込まれており、ファンタジー色が強くなっています。 私も最初はそうでした。 でも、慣れます 笑 序盤はギャグ多めの軽いノリの展開が多いので、勇者やアイドルが戦っても意外と違和感がありません。 後半になり話の展開がシリアスになるにつれ違和感が出るのかと思いきや、不思議な事にその頃にはすっかり慣れているんですよね 笑 それに、あくまで「ゲーム脳である春日一番の妄想によってそう見えてるだけ」なので、言うほど世界観をぶち壊しているわけでもないです(ホームレスやアイドルが戦うのは妄想ではないですが・・・w)。 そもそも『リアリティ』という点では過去作も同じです。 龍が如くシリーズは『大人向けな作品』であって『リアリティのある作品』ではないんですよね。 シリアスでありながらも無茶苦茶なのが龍が如くなんです。 『仲間』とか『友情』というテーマが嫌い 低評価を付けている人の中には『仲間』や『友情』といったテーマが嫌いという意見もありました。 これまでの龍が如くシリーズは桐生一馬という クールで硬派な人間が描かれていました。 一方で、龍が如く7では春日一番という 仲間思いで暑苦しい人間を中心に描かれています。 『漢気がある』いう点では両主人公とも変わらないのですが、表面的には対極とも言えるキャラクターの違いがあるので抵抗感を感じるのかも知れません。 『仲間』や『友情』が本作のテーマなので、今作では主人公以外のキャラクターもしっかりと描かれています。 特にホームレスのナンバにまつわるストーリーが熱かったですね(RPGであることを生かした展開には震えましたw)。 そしてラストの展開で 春日一番を好きにならない人はいないと思います。 それぐらい魅力的なキャラであり、良く出来たストーリーなんです。 『龍が如く7』というナンバリングタイトルにする必要性は無い? 「龍が如く7はナンバリングタイトルにすべきではなかった」「スピンオフ作品なら許せたのに」という意見も多かったですね。 しかし私はナンバリングタイトルにする必要性はあったと思います。 その理由は、紛れもなく 時系列的にも舞台背景的にも正当な続編だからです。 龍が如く7になってゲーム性は全く異なるものに変わりましたが、ストーリー性やコンテンツの充実度では シリーズ集大成と言える出来栄えなんですよね。 結論を言うと、 『龍が如く7』は最高傑作と言われる『龍が如く0』に並ぶ神ゲーだと断言できます! RPGテイストの戦闘は好みが分かれる部分はありますが、 ドラクエが楽しいと思える人なら普通に楽しめるクオリティに仕上がっていますし、 ストーリー面は個人的には龍が如く0を超えたと言っても良いレベルですね。 プレイヤーの意表を突くストーリー展開はついつい先を見たくなってしまいますし、ラストの展開は全力でプレイヤーを泣かしにかかってきます。 ボリュームも満点なのでじっくりと楽しみたい人は是非遊んでみてください!.

次の