大牟田 飲み屋。 大牟田市でおすすめな 健全で楽しい♪ スナック・パブ!

大牟田市のおすすめグルメ人気店

大牟田 飲み屋

大牟田の某川沿いにあるラブホで2回遭遇しました。 女性の声が聞こえたとも言っていました。 私は車に乗せられてもぼーっと目が覚めなかったのですが、家の前について彼の話を聞いていた時に肩が軽くなり異常な程の眠気が急に引きました。 2回目は彼が先に寝てしまい私はベッドで横になっていた時 耳鳴りと女性の声のようなものが聞こえて来て足から何かザワザワと登ってくる感覚がありました。 左腕が痺れ、目を閉じて消えて消えてと念じると奇妙な風景がフラッシュバックしてまたも急激な眠気に眠ってしまいました。 中途半端な体験談ですみません。 2回共同じ部屋での出来事です。 1回目は霊障に遭遇しない 霊感はあるけど霊が近寄らない タイプの彼が慌てて帰ったくらいなんで、2回目は興味本位てのもありました。 ホテル自体安いし、その部屋はバスルームに簡易ベッドみたいなのがあって気に入ってたんで2回目行きました。 追記ですが、聞こえた声は女性っぽかったのですが、足元から登って来たのは男性のようでした。 それを昨日彼に話したら自分が女性の声を聞いた時は男性の気配は横に立ってじっとしていたそうです。 Part18 大牟田にある三池工業高校がヤバイらしい。 なんでも元刑務所だか収容所だったとか聞いた。 学校の周りを高い塀がぐるりと囲んであったのは、かなり怖かった。 強制労働させる為の炭鉱に続くトンネルの入り口があったり、 むろん過去には処刑場もあったらしい。 実際は、犯罪者や被差別民を強制労働させるために収容する施設です。 だから、施設と炭坑を直接結ぶトンネルがあります。 逃亡するのを防ぐためです。 現在、トンネルの入り口は封鎖されていますが、 炭坑の強制労働にかり出された犠牲者の霊が出入りするのを 多くの人から目撃されています。

次の

炭火焼もみじ (大牟田市|居酒屋,飲食店

大牟田 飲み屋

かつて三池炭鉱の石炭資源を背景とした石炭化学工業でべらぼうに栄えていた 福岡県の最南端、 大牟田市にやってきました。 大牟田市は 「世界でもっともキレイな都市ランキング」の25位に選ばれてたり、生活の質を数値化したランキングでは世界218都市中第69位という、数字で見ると誰もが一度は住んでみたい憧れの街ということが見てとれますね。 そんな大牟田の歓楽街には個人の居酒屋や大型の雑居ビルが立ち並び、飲食店やカラオケ店が入居。 これだけ大型物件が並ぶと迫力あるな~! 大牟田の見どころその1 年金通り 線路脇にある、現在は使われなくなった 大牟田商工会議所 この裏側に進むと 大通りからは一切見えない、まさに知る人ぞ知る激渋飲み屋街が出現。 商工会議所の裏が飲み屋街って最高の街じゃない?? その名も 有明商店街 年金通り 低料金とわざわざ書いてあるくらい、どの店も安く酒が飲めると評判で、この日も昼間から年金生活を楽しんでいる方々がカラオケを熱唱中。 めちゃくちゃいい時間が流れてるな~ 時代を感じる物件なものの、看板や扉などはリフォームされてて、いまでもバリバリ現役であることをビンビンにキャッチ。 やっぱり飲み屋街は夜来たいとこだな~ アーケードを抜けてもまだまだ続く飲み屋街。 片側は駐車場になってるけど、以前は両側とも飲み屋だったんでしょうか。 これが車窓から見えたら興奮するな~ アーケードそのものは180mほどの短いタイプなものの、道幅も高さもあって広さを感じる開放的な空間。 並んでいるお店は老舗が多い中、やり手の若者が始めたおしゃれな店もオープン。 アーケードの脇にドカンと広がる巨大なオープンスペースにはかつて大牟田松屋という百貨店があったのだそう。 この規模の百貨店と、歓楽街に並ぶ店の数から、大牟田の盛況ぶりがうかがえますね。 アーケードを抜けたところにあるのがみなさんお待ちかね 大牟田の文化遺産、 新銀座です。 しぇえええーーー!!! 感動しすぎてヒザから崩れちゃいそう!! 夢でも見ているかのような理想的な空間!! 大牟田に来て、本当によかった!! なんの店だったのかノーヒントの、まっ茶っ茶に染まったビンテージシャッター どんなに技術が進歩してもやはり天然もののエイジングはため息が出るほどカッコイイよな~ 見てよこのナチュラルな木のぬくもり。 アーケードからは明るい陽の光が差し込み、商店街をやさしく包み込む。 全身で深呼吸したくなるほどマイナスイオンがたっぷり。 あ~心地よい!! 座の字に時代を感じる新銀座の文字。 もうこれネームプレートにして胸に掲げたいよね。 比較的新しそうな看板も。 どんな店内だったんでしょうか。 アーケードの外から見ると、いつ幻になってもおかしくない状況。 令和の時代に残っていてくれてありがとうございます! 新銀座は道路を挟んでまだまだ続いていて、ワクワクが止まらない! こちらも同様に最高のたたずまい。 木造の空間にホッとするのはわたしたち日本人が長年暮らしの中で触れてきたから。 それはDNAレベルの感性なのではないでしょうか。 知らんけど。 こちらの通りは比較的お店の看板が残っていて、なに屋さんかが一目瞭然。 呉服や衣料品店が多く、いまで言う109的な流行の最先端スポットといえよう。 JRの前身、国鉄の文字におとなたちは感動。 隣のポスターといい、じっくり時間をかけて味わいたいレトロの詰め合わせ。 こっちには当時を思わせる新銀座の看板。 こうゆう古いものをそのまま今でも残ってるのが大牟田の良さ。 ポツンポツンと絶賛営業中だったり、シャッターの奥で声がしてたりと、誰もいない中でも人の気配が。 いつまでこの姿が見られるかわからないから、レトロ好きはすぐにでも訪れよう。 大牟田の見どころその3 新栄町 本町・銀座通りから大牟田川を越えるとファンキーな街並みが出現。 こちらは 新栄町というエリア。 こちらにも片側式のアーケードが広がり、小売店や飲食店が並ぶ繁華街。 通りにはそれぞれ名前もつけられていて、いかにも街の中心地といった雰囲気。 山岡士郎と栗田ゆう子、海原雄山も訪れたはずの絶対美味い店も。 アーケードの途中には、 ショッピングモール1番街と書かれた全蓋式の商店街もあるじゃん!! うっひょ~!! これは贅沢!! 入り口から出口がすぐ見通せてしまう短い商店街の中には、季節を感じさせる巨大ツリーも出現。 最近は願い事をツリーに掲げ、サンタクロースに叶えてもらうという時代に。 プレゼントだけでなく願い事を叶えるという業務まで請け負っているとは、年に一度とはいえ業務外の仕事の依頼はなんらかの契約違反ですよ。 商店街の裏側は思わず縦で撮りたくなる、ムード満点の路地。 なるほどこれが、「世界でもっともキレイな都市ランキング」25位の理由か。 判定した人、見る目あるな~~~!! 大牟田の街が楽しすぎて、あっという間に日が暮れてしまいました。 さすが歓楽街は一段と輝きを増し、賑わっています。 せっかく日が暮れたことだし、夜に来てみたかった 年金通りへ再び。 ああやっぱり飲み屋街は夜に来なくっちゃね。 昼間以上に人生の先輩方が、次から次へとのれんをくぐる。 古い建物なのにこれだけ看板に明かりがついてるってすごくない?? 中からは楽しそうな歌声や話し声が聞こえ、景気のよさにこっちまでうれしくなっちゃうな~ 昼間は静かだったお店も夜には元気に営業中。 夜に来てよかった!! 銀座通り商店街の夜は、冬の間イルミネーションも開催中! 昼には見えなかった、気づかなかった光景が夜になると見える感動! やはり街歩きは、昼と夜、両方の姿を見るべきだね。

次の

大牟田市の心霊スポット

大牟田 飲み屋

大牟田の某川沿いにあるラブホで2回遭遇しました。 女性の声が聞こえたとも言っていました。 私は車に乗せられてもぼーっと目が覚めなかったのですが、家の前について彼の話を聞いていた時に肩が軽くなり異常な程の眠気が急に引きました。 2回目は彼が先に寝てしまい私はベッドで横になっていた時 耳鳴りと女性の声のようなものが聞こえて来て足から何かザワザワと登ってくる感覚がありました。 左腕が痺れ、目を閉じて消えて消えてと念じると奇妙な風景がフラッシュバックしてまたも急激な眠気に眠ってしまいました。 中途半端な体験談ですみません。 2回共同じ部屋での出来事です。 1回目は霊障に遭遇しない 霊感はあるけど霊が近寄らない タイプの彼が慌てて帰ったくらいなんで、2回目は興味本位てのもありました。 ホテル自体安いし、その部屋はバスルームに簡易ベッドみたいなのがあって気に入ってたんで2回目行きました。 追記ですが、聞こえた声は女性っぽかったのですが、足元から登って来たのは男性のようでした。 それを昨日彼に話したら自分が女性の声を聞いた時は男性の気配は横に立ってじっとしていたそうです。 Part18 大牟田にある三池工業高校がヤバイらしい。 なんでも元刑務所だか収容所だったとか聞いた。 学校の周りを高い塀がぐるりと囲んであったのは、かなり怖かった。 強制労働させる為の炭鉱に続くトンネルの入り口があったり、 むろん過去には処刑場もあったらしい。 実際は、犯罪者や被差別民を強制労働させるために収容する施設です。 だから、施設と炭坑を直接結ぶトンネルがあります。 逃亡するのを防ぐためです。 現在、トンネルの入り口は封鎖されていますが、 炭坑の強制労働にかり出された犠牲者の霊が出入りするのを 多くの人から目撃されています。

次の