面接 メール 日程調整。 面接日程調整メールへの返信マナー(例文・文面付き)

【例文付き】面接日程調整のメール返信マナー

面接 メール 日程調整

面接日程のやり取りはメールが基本 応募した企業から、面接日程に関するメールが送られてきます。 あなたは、応募先からの「日程通知メール」の正しい返信方法を知っていますか?文面に「返信不要」と書かれていた場合は返信する必要はありませんが、通知メールがあったら時間を空けず、なるべく早く返すのがマナーです。 しかし、「どのように返信すればいいのかわからない」「ビジネスメールの言葉遣いに自信がない」と感じて後回しにしてしまう人が多いのではないでしょうか?そこで今回は、日程通知メールへの正しい返信方法について、例文を交えながらご紹介します。 必ず返信しないといけないの? 応募先の企業から送られてきた面接日程に関するメールのことを、「日程通知メール」と言います。 「返信不要」と書かれていない限りは、必ず返信しましょう。 応募者何百人もの面接スケジュールを組むために、会場や待機場所の確保、面接当日の段取りなど細かなスケジュール調整がおこなう必要があります。 なので、予定の確定が遅くなればなるほど、先方に迷惑を掛かることになるのです。 また、採用担当者たちはあなたの言葉づかい、レスポンスの早さ、相手の立場や状況を考えた書き方ができているかなど。 社会人として、最低限のマナーがあるかどうかを厳しくチェックしている場合があります。 面接日程メールに返信するときのポイント! 就活専用のメールアドレスを作っておく 普段あなたがサイト登録に使っているアドレスとは別に、就活専用のメールアドレスを事前に作っておきましょう。 それは、登録した別サイトからの就活、イベント、セミナー情報やメルマガ配信などで埋もれないようにし、見落とすリスクを避けるためです。 もしも今、恋人の名前、飼っているペットの名前などが入っているメールで企業とやり取りしている場合は、直ちに就活専用の別アドレスを作りましょう。 「非常識」「社会人マナーがなってない」と採用担当者にマイナスイメージを植え付けてしまう可能性もあります。 ユーザー名は自分の名前を入れておく 就活用のメールアドレスには、自分の名前を入れておくといいですよ。 使用するのは、ファーストネーム、ラストネームどちらでも構いません。 企業側は送られてきたメールを見ただけで、誰からの返信なのかがすぐにわかります。 ユーザー名に自分の名前を入れるのは、人事担当者への敬意や立場や状況を考慮した思いやりの気持ちです。 署名を作成する ビジネスマナーの基本として、メールの最後に記載する署名も必ず作成しておきましょう。 氏名、在学中の大学名と学部、電話番号、メールアドレスの4項目は必須です。 氏名の最後に()でひらがな表記を入れておくと、より親切な印象になります。 また、メールアドレスは一番最初にお伝えした就活専用のアドレスを記載してください。 件名は必ず入れる 「面接日程の件につきまして」「面接日程について」という件名を必ず入れてください。 件名入力はビジネスメールの基本です。 採用担当者に関わらず、会社員の受信トレイには1日に何百通という膨大な量のメールが送られてきます。 もし件名がついていない場合、一体何に関してのメールなのか分からない上、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられて気付いてもらえないケースもあります。 こうしたリスクを避けると共に、企業側の状況を考慮して必ず件名は入れるようにしましょう。 返信する時の件名はそのままで 応募先の企業とのやり取りが続くと、件名の前に「Re:」という文字が表示されますよね。 これに対して返信する時は、件名はそのままでいじらず残しておきましょう。 この「Re:」を残しておくことでこれまでのやり取りが表示されるため、採用担当者たちはメール管理しやすくなるんです。 あなたのほかにも、採用担当者がやり取りをしている応募者たちはたくさんいます。 「Re:」が付いた状態での返信は失礼だ、と感じる人もいると思いますが、変更したり新規作成したりせずにそのまま返信してください。 宛名は正式名称 株式会社を(株)有限会社を(有)と略すのは失礼な行為に当たります。 しっかり正式名称を入力して送りましょう。 また、やり取りしている担当者名の記載も忘れずに。 引用返信を使う 企業から日程に関するメールが届いた場合、部分引用で返信しましょう。 例えばこうです。 承知いたしました。 ありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 「承知いたしました。 ありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします」があなたの返信文です。 引用を用いた返信は、受け取る相手への気遣いや配慮です。 こうして引用で送ることにより、「あ、日程に関する返信だな」とすぐに内容を把握できるほか、気配りができる人と好印象を持ってもらえます。 マナーの正解はひとつではありません。 24時間以内に返信する、件名をつけるなど基本的なマナーを理解した上で、相手の気持ちを考えながら臨機応変に対応したいですね。 面接日程メールへの返信で気をつけるべき点は? 企業の担当者とメールでやり取りをする際、正しい言葉遣いができていますか?間違えやすい言葉や正しい使い方についてご紹介します。 本文の書きはじめは「お世話になっております」 これは、クライアントとのメールのやり取りで必ず使います。 面識のない相手に対しては、必ず「お世話になっております」というフレーズを使いましょう。 たまに「お世話になります。 「お世話になります」は、すでに付き合いのある相手、もしくはこれからお世話になる可能性のある取引先に対して使います。 「かしこまりました」「承知いたしました」 企業から提案された日程に対して意思を伝えるときは「かしこまりました」や「承知いたしました」を使いましょう!「了解しました」と使う人が多くいますが、とてもカジュアルな言い回しのため、目上の人に対して使う言葉としてはふさわしくありません。 受け取った相手から「日本語の使い方も知らないのか」と思われてしまう可能性があります。 本文の表記は統一させる カタカナ、平仮名、漢字の表記を統一させましょう。 ・頂く/いただく ・致します/いたします ・19:00/19:00 メールを送るときに迷うのが、「頂く」と「いただく」どちらの使い方が正しいのかどうか。 実は、漢字と平仮名では明らかな違いがあるんですよ。 「頂く」は、『ご飯を頂く』『コーヒーを頂く』など、食べたり飲んだりといった動詞の謙譲語を表すため、漢字表記はビジネスシーンにおいてはNG。 誰かに何かをしてもらう場合は「いただく」と平仮名にする、ということを覚えておきましょう。 好印象を与えるメールのポイント メールでの言葉づかいも大切ですが、受け取り手の気持ちを考えた書き方をすると、「お、この子のメールは思いやりにあふれている」と好印象を持ってもらえるもの。 そこで、どんな書き方が喜ばれるのか見ていきましょう。 返事はできるだけ早く返す 企業からの返信には、気がついたときに素早く返しましょう。 多くの応募者の面接スケジュールを管理しているため、ひとりでも返信が遅いとなかなか予定を組み立てられません。 しかし、返信が早ければ担当者の負担を減らすことができ、仕事の生産性も上がるもの。 仕事の早さとメールの返信の早さは比例する、と聞いたことがあります。 仕事が早い人ほどメールへの返信が非常に早く、マメでしっかり者が多いと言われているんですよ。 就職すると、クライアントとのメール連絡が多くなります。 1分でも早い方が自分自身の仕事の効率もアップするのではないでしょうか。 内容はわかりやすく簡潔に 伝えたい内容は、わかりやすく簡潔に書きましょう。 少しでも自分の良さをアピールしたくて、自己PRを盛り込んだりダラダラと書いた内容は、読む人がしんどく感じてしまいます。 ひとつのブロックは3〜35行程度で区切って、読みやすさも意識したいものです。 読み手への配慮 忙しい時間を割いて面接の日程を調整してくれる人に対し、相手の事情や状況を理解した書き方を心がけましょう。 相手の質問には必ず返事をして、無駄なやり取りをなくすことを意識してください。 上でも触れたように、多数の応募者のスケジュールを同時に管理しています。 呼んだ相手がわかりやすいかどうか、自分が逆の立場ならどういう内容だったら読みやすいかを意識することが大切です。 「させていただく」や「お」「ご」の使い過ぎに注意しよう! 丁寧な文を意識しすぎて、一文に「させていただく」を何度も使ったり、「お」や「ご」をつけすぎてしまうことってありませんか?私は会社に入社したての頃、「させていただきます」を上司から『読みにくい』と注意を受けたことがありました。 読み手の気持ちを考え、読みやすい文章を意識しましょう! メールへの返信は24時間以内! 企業からの連絡への返信は、24時間以内に済ませましょう。 返信にベストな時間帯は、13時〜14時、16時〜18時。 全員がそうだとは限りませんが、ランチあとはメールを確認してから業務に入る人が多くいます。 そのため、メールに気づいてもらいやすくなるのです。 企業で働いている人たちは、日中は打ち合わせ、商談、資料作成、電話応対などでバタバタしています。 返信が遅くなり、誠に申し訳ございません。 面接日程の件ですが、こちらでは特に希望する時間はございませんので、ご担当者様のご都合のよろしい日時をご指定いただければ幸いです。 お忙しいところお手数をお掛けして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。 ここで紹介するのは、企業側から指定された日時が可能な場合の返信方法です。 パターン1と2、どちらで返信しても構いません。 このたびは面接のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 お忙しい中、日程調整していただきまして誠にありがとうございます。 当日はどうぞよろしくお願いいたします。 日程調整のご連絡をいただきまして、ありがとうございます。 お忙しい中、面接の機会をいただき誠にありがとうございます。 当日はどうぞよろしくお願いいたします。 このたびは面接のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 是非、選考に参加させていただきたく存じます。 下記日程はいかがでしょうか。 そのほかの日程も、できるかぎり柔軟に対応いたします。 お忙しいところお手数をおかけし申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 不快な印象を与えずに改めて日程を組んでもらえるよう、丁寧な言葉遣い、申し訳ないという気持ちを盛り込みましょう。 このたびは、選考のご連絡をいただき誠にありがとうございます。 ご連絡頂きました日程ですが、 大変申し訳ございません。 あいにく大学の受講日と重なってしまったため、下記日程で再度ご調整いただくことは可能でしょうか。 本日は面接の日程を変更していただきたく、ご連絡いたしました。 お忙しいところお手数をおかけし大変申し訳ございません。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 こちらのスケジューリングミスが原因で、確定していた日時を再度調整してもらうわけです。 常識的に考えれば、担当者に電話をかけて直接謝罪するのが礼儀というもの。 企業はあなたとだけ面接をするわけでも、あなたとだけ日程調整のやり取りをしているわけでもありません。 メールだけでをポンと送って済ませるのではなく、きちんと謝罪して理由を伝え、もう一度調整してもらえるのかどうか誠意を持って対応しましょう。 大学のゼミと日程がかぶった、他の企業の会社説明会の時間とブッキングした、など理由はいろいろあると思いますが、事前に電話しておくだけでも「ちゃんとしている」と好印象になる可能性もありますよ。 企業から面接日程の返信メールが来ない! 日程メールに返信したのに連絡が全然来ない!ということありませんか?来る日も来る日も、メールをチェックしても音沙汰ない場合の具体的なアクションは下記の通りです。 1週間待ってみる まず考えられるのは、担当者が返信を忘れているだけという可能性です。 タスクにまみれて後回しになっていたり、体調不良でしばらく休んでいる、ということも考えられます。 担当者のなかには「すぐに返信してせっかちだと思われるかもしれない」とあえて2〜3日空けてから返信する人もいるようです。 さまざまな理由が考えられるため、不安や焦る気持ちもわかりますが、まずは1週間待ってみましょう。 それでも返信がない場合は電話をかける 1週間待っても変化がない場合は、担当者に電話をかけてその後の具体的な動きはどうなっているのかを確認をしましょう。 その際、相手を急かすような言い方をしたり、返信が遅れていることを責めるような言い方をしないように気をつけてください。 」と、あくまで確認のために連絡したんですよという姿勢で相手を尊重する伝え方を心がけましょう。 10時〜11時、13時〜15時に電話をかける 電話をかける時間は、10時〜11時、13時〜15時が理想です。 就業が開始してすぐの時間帯は、メールの確認や電話応対などでバタバタしている場合が多く、「後ほど折り返します」と言われてしまう場合があるからです。 相手の状況を考えて、企業の就業開始時間を調べてから電話をかけましょう。 上でも触れましたが、13時〜15時の間は午前中の業務がひと段落していることが多いため、電話に出やすくその場で対応してもらえる可能性があります。 とは言えやらなければならない業務は山ほどあるはずです。 端的に丁寧に用件を伝えましょう。 電話での話し方 企業:お電話ありがとうございます。 あなた:お世話になっております。 あなた:お世話になっております。 お忙しいところ大変申し訳ございません。 今、お時間はよろしいでしょうか? 担当者:はい、大丈夫ですよ。 あなた:ありがとうございます。 面接の日程につきましてお伺いしたく、ご連絡させていただきました。 担当者:面接日程の件ですね。 大変お待たせして申し訳ありません。 今、確認いたしますので少々お待ちいただけますでしょうか。 あなた:はい。 お手数おかけして申し訳ございません。 よろしくお願いいたします。 担当者:お待たせいたしました。 承知いたしました。 お忙しいところ突然ご連絡してしまい、申し訳ございませんでした。 担当者:とんでもございません。 こちらこそ、お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。 それでは、当日お会いできることを楽しみにしております。 ご連絡いただきありがとうございました。 失礼いたします。 あなた:ありがとうございました。 それでは失礼いたします。 メールの返信って夜中でも大丈夫?人事に本音を聞いてみた! ここからは、株式会社Branding Engineerで人事採用と広報を担当している根崎結花(ねさき・ゆか)さんにお話を伺っていこうと思います。 即レスの方が話もスムーズですよね。 私も連絡を入れるときは、時間帯に気をつけようと思います。 本日はお話、ありがとうございました! 日程通知メールのやり取りで、ビジネスマナーが問われている 応募企業からの面接日程通知メールでは、レスポンスの早さ、丁寧な言葉遣い、敬語、相手への配慮など、社会人として最低限のマナーがあるかどうかも問われています。 時間を空けずに極力早く返信するためには、就活専用のアドレスを作る、フォルダ分けしておくなど事前準備が必要です。 「あとで返そう!」と後回しにせず24時間以内に返事を送り、日程が合わない場合はこちらから候補日を提示するといった正しい返信方法を身につけておけば、入社した時も外部とのやり取りに役立ちます。 何より、丁寧な言葉遣いや謝罪・感謝を盛り込んだメールは、相手に好印象です。 正しく送って、これからの就職活動をよりスムーズに進めていきたいものですね。

次の

「日程調整メール」の書き方とは?催促・断り方や就活時の注意点も

面接 メール 日程調整

日程調整をしてもらう場合、基本的には自分の都合によるものなので、どんなに丁寧なメールの返信で日程調整のお願いをしても面接が不可能になってしまう、という事態ももちろんあり得ます。 とはいえ、企業側も就活生のさまざまな事情は理解しています。 日程調整が必要になるということは、それだけその企業と採用担当者に手間をかけさせてしまううえに、メールのやりとりに関しては当然のことながら評価の対象となります。 相手の視点に立って、丁寧にきちんと送りましょう。 日程調整メールを送る際は、提示された日程に面接に行けないことに対するお詫びと、複数の候補日を記載しましょう。 ただ単に指定された日程に行けないというだけでは、先方も困ってしまいます。 採用担当者も普段の企業の仕事にプラスして採用活動に関する時間を割いています。 指定する日程を複数挙げることはもちろんですが、「上記の日程で、ご都合が悪いようでしたら、改めて日程を提示させて頂きますので、ご連絡いただけますでしょうか」などの一文を入れるだけで、印象はずっとよくなります。 また、送信する時間帯も深夜や早朝は避けましょう。 日程調整メールのタイトルや最後の署名をしっかり記載して、誤字脱字も入念にチェックしておきましょう。

次の

メールの返信マナー|転職面接の日程調整他、応募企業へのメールの書き方(例文・注意点あり)

面接 メール 日程調整

この度は面接日程のご連絡、誠にありがとうございます。 希望日程を記載いたしましたので、面接日程のご調整の程、よろしくお願いいたします。 お忙しいとは思いますが、ご確認・ご検討のほどよろしくお願いいたします。 また、中途半端な時間指定ではお互いに勘違いをしてしまうケースもありますので、括弧書きなどで明確な時間指定を記載しておきましょう。 この度は面接日程のご連絡、誠にありがとうございます。 下記の日程にて面接を希望いたしますので、ご調整のほどよろしくお願いいたします。 何卒よろしくお願いいたします。 この度は面接日程のご連絡、誠にありがとうございます。 私事で大変申し訳ございませんが、今回ご提示いただきました日程にて都合を合わせることが難しいため、別日にてお願いできないかご連絡いたしました。 なお、下記日程であればお伺いすることができますので、改めて面接日程の調整のほど、よろしくお願いいたします。 先日は面接日程の調整とご連絡、誠にありがとうございました。 日程を押さえて頂いたにも関わらず、大変申し訳ございません。 誠に勝手ながら、下記の日程にて面接日程のご変更を検討いただけませんでしょうか。 お手数ではありますが、日程変更の確認・ご検討のほど、よろしくお願いいたします。 また、面接前日や当日の場合は電話で連絡するようにしましょう。 面接の日程が確定したあとの返信は必須 面接の日程が確定した後は、すぐにメールの返信を行うようにしましょう。 メールは電話やメッセージアプリと違い、相手が確実に内容を確認しているかがわかりません。 また、確認事項のやり取りを行った後には、確認のメールを返信することがビジネスマナーの一つにもなっています。 ここからは、日程が確定した後の返信が必須な理由や注意点、例文をご紹介していきます。 (1)面接の日程が確定した後の返信が必須の理由2つ 面接の日程が確定した後に返信するメールには、2つの理由があります。 単にメールを返信するのではなく、しっかりと返信する理由を把握しつつメールを送信するようにしましょう。 #1:日程を押さえたことを伝えるため 日程確定後に送る返信メールでは、約束した日時に日程をおさえたことを伝えるという意味合いがあります。 双方に確認をしているという意味もありますので、日程が決まった後は必ず返信メールを送るようにしましょう。 #2:お礼を伝えるため 面接は仕事の時間を割いて行われるため、先方には「時間をいただきありがとうございます」という気持ちや、時間を割いて日程調整してもらっているという気持ちを持ちましょう。 日程が確定した最後には、これまでのやりとりに対してお礼を伝えるべく返信メールを送るべきなのです。 先日は面接日程の調整とご連絡、誠にありがとうございました。 当日は貴重なお時間をいただきますが、よろしくお願いいたします。 面接の日程調整のメールの注意点5つ 面接の日程調節のメールを返信する際には、以下の5つのポイントに注意しておきましょう。 面接日程の調整の返信メールの注意点5つ• 24時間以内に返信する• 件名はRe:で残したままにする• 署名をつける• 前の文章は残したままにする• 候補日はなるべく多く提示する 順に説明します。 (1)24時間以内に返信する 面接の日程調整が確定した後は、遅くとも24時間以内に返信するようにしましょう。 ただし、これは面接に関わらず一般的なマナーであり、実際には返信が早ければ早いほど、先方への印象も良いものとなります。 仕事をする上で、決定事項を投げかけただけでは仕事は完了とならず、相手からの確認・返信が返ってきて始めて、その仕事が完結したことになります。 面接においては多くの人とやり取りする必要があるため、1通でも早く返信があると先方からの印象も良いものとなるでしょう。 (2)件名はRe:で残したままにする 日程調整が確定したメールが送られてきた場合、返信メールは「新規」で作成するのではなく「返信」で行いましょう。 その際に件名に「Re:」と付けられますが、これはReply(返事)の意味ですので消さずに残しておきましょう。 膨大なメールの中でも、件名にRe:が付けられていることで返信がきていることが一目瞭然となりますので、Re:は残したままにするのがビジネスマナーなのです。 なお、返信メールの件名は変える必要はありませんので、そのままの件名で返信を行いましょう。 (3)署名を付ける メール本文における「署名」とは、自分の名前や住所、メールアドレス、電話番号などの情報ですが、メールの文末に署名を残すのはビジネスマナーの一つでもあります。 これは、先方が名刺や履歴書などを確認すること無く、あなたの連絡先を把握することができますし、文末に署名があることでメールの最後であることを把握しやすいためです。 数本のメールであれば管理もしやすいですが、数多くのメールをやり取りしている場合、署名のあるなしで仕事の効率も大きく変わってきます。 先方に迷惑をかけないためにも、面接の段階から本文の文末には署名を付け、メールを送るようにしましょう。 (4)前の文章は残したままにする 返信メールを送る際には、以前からのやり取りが残っている前の文章は残したままにしておきましょう。 一見すると重ね書きして相手に失礼に感じるかも知れませんが、これも一つのビジネスマナーとなっています。 例えば、やり取りの内容を再確認したい場合に、別のメールで内容を再確認するよりも同じメール内で再確認する方が効率が良いためです。 特に面接時にはたくさんのメールのやりとりが発生するため、面接担当者としては一つのメールに全てのやり取りが残されている方が管理がしやすいのです。 (5)候補日はなるべく多く提示する 面接の日程を決める場合の注意点ですが、一つの候補日に決めるのではなく、第1候補・第2候補といくつかの候補日を提示するようにしましょう。 先方から候補日が提示されたからといって、日程が決定するまではまだその日に決まるとは限りません。 そうなってしまうと再度、日程調節のやり取りを行う必要が出てきてしまい、先方に2度手間を取らせてしまうことになります。 先方から日程が提示された場合も、こちらから日程を提示する場合にも、予め候補日は多く提示するようにしましょう。 4.まとめ 今回は面接の日程調節と、日程確定後の返信メールについて紹介しました。 面接の日程調整や、調整後に送る返信メールはあなたへの評価にも影響してくる場合があるので油断は禁物です。 この記事を参考にして返信メールの理由やポイントにさえ気をつければ、プラスの評価も得られる可能性も高くなりますよ!.

次の