やっ たね た え ちゃん 元 ネタ。 [AA元ネタ]やったね たえちゃん![漫画] やったねたえちゃん! ニコニコ動画のニコッター

やったねたえちゃんの元ネタ

やっ たね た え ちゃん 元 ネタ

****** 1.いい年したおっちゃんがケータイでミクシィ。 見た目からして「バリバリ仕事しますよ~」って感じのサラリーマン(たぶん自分の親と同じぐらいの歳)が、混雑した電車の中でケータイの画面を凝視してました。 たまたま隣に立っていたので、なにげなく覗いたところミクシィの閲覧をしていました。 ミクシィというのは有名なSNSですが、どうも自分と同世代ぐらいの人が使ってるのかなってイメージがあります。 60歳を楽にすぎたじいちゃんばあちゃんが釣りや庭といった趣味つながりでやってるってハナシも聞いたことはありますが、年齢が高くなるほどPCからしてるのかなという気がします。 だって、そのほうが見やすいでしょうしね。 でも今日見た人はメガネをおでこに載せながら、狭い画面に踊る誰かの記事っぽいモノを必死で見てました。 ミクシィ内での友達(マイミクとか言うんだっけ?)にはどういう人がいるんでしょうかね?? @@ 2.自分のケータイの振動はやさしすぎ ケータイって外を歩いているときはたいていマナーモードにしてることが多いです。 というわけで歩いているときの着信お知らせはバイブレーション(振動)になるのですが、新ケータイの振動がどうも弱い気がするんですよね。。 今日も歩いているときに電話が来たことに気づかず、かけなおすはめになりました。 なんかイイ方法はないですかね… @@ 3.外国人の待ち受けが… 帰りの電車で何席か隣に鼻が高くて彫りの深い外国人がいました。 留学生かなんかわりかし若い感じです。 電車を降りる時、たまたまその人が開いてたケータイの待ち受け画面が見えたのですが、そこにあったのはこんな一文字。 「神」 日本文化に興味ある外国人(欧米中心)からすると漢字ってエキゾチックであこがれるのかもしれませんが、「神」って…。 スキー部で同期だったG君の姿がカブる気がしました。

次の

やったねたえちゃん!とは (ヤッタネタエチャンとは) [単語記事]

やっ たね た え ちゃん 元 ネタ

「家族がふえるよ!」 「やったねたえちゃん!」 やったねたえちゃん!とは、有名なの一である。 起・承・転・結の『 承~ 転』部分に当たる。 概要 はカワディ作の"あふれる現代の"「」に登場する1である。 「」は「」に収録されている。 通りに属するので、未の人は気になってもになるまで慢しよう。 あんまりにも内容がひどいので、このを使うとたとえ冗談であっても「」「おいばか」と返されることがある。 としては、下記のをとして使っているや、理やりされてしまうっぽいによく付けられているようである。 このたえちゃんのである、に仮託された存在「」は、精で言うところの「 イマージー( y )」という症状がその正体。 のく、古くより作品で、とりわけではよく題材として扱われる現らしい。 内容(反転してご覧になってください)• 起「の手のしろ、のまっしろ」「覚えてるのはそれだけ」 あるところにたえちゃんとおかあさんがおりました。 おかあさんは育児面でチャされていた人物だったので、たえちゃんに「これがあればしくはないでしょう?」と言ってを与え、たえちゃんをに入居させました。 しかあさんはついにに戻ることはなく、そのまま十数年が過ぎて行きました。 承「からだよ」「似合うかな」『よ、にも見せてあげたいねぇ』 たえちゃんは与えられたに「」と名付け、肌身離さず携行し、時々会話を交わす仲にまでなっていました。 そんな中、たえちゃんのが引き取り手に現れたので「やはりの元へ返すべきではないか」という話になり、たえちゃんは(の)の元で暮らすことになりました。 たえちゃんはこのことをに「家族がふえるよ!」と報告し、も「 やったねたえちゃん!」とたえちゃんをましたのでありました。 転「の女はなんかじゃなく"こいつ"で遊ぶんだよ」 そこはであった。 預けられたは小汚く、飲んだくれで、さらにの片付けもロクにできないダヤジであった。 はを「古い汚え」と一蹴すると、たえちゃんに"あること"を、()の代役として強要するのでした。 たえちゃんはに助けを呼びます。 しかしは「がくれるワケねえだろォが」と否定し、強引に歩を進めたのでした。 結「もういらねェだろ」 ブ チ ッ 、。 特有の「安心感」をズタズタに引き裂くという、とてもとてもな筋立てであり、見る人が見ればが夢に出てきそうなぐらいのになるだろう。 よく商業流通できたもんだ。 また某画像ではこので一時期「が増える」という言葉に陰惨な意味が付会されていた時期もあった。 「」というのが向こうでしたのか、あるいは上述のように的な筋立てを用いたからか、同作は英訳されての裏を漂っているらしい…。 :::::::::::::::: る が ゃ ね i 〃 ハ::::::: \. ヽ 、 /::::::::::::::::. :::::.. え っ i! 族 ち. た i! r'r' ,. ん i! : そして2019年10月 フラッパー 一般誌 で連載するよ!やったねたえちゃん! 関連動画 MMD再現 関連静画 公式漫画 ファンアート 関連商品 関連リンク• 関連項目• カワディ•

次の

やったねたえちゃん!とは(意味・元ネタ・使い方解説)AA

やっ たね た え ちゃん 元 ネタ

やったねたえちゃんの元ネタ この言葉の元ネタはハッキリ言うと 18禁の内容であるため、調べる際には注意が必要。 さらに言うなら、「やったねたえちゃん!」というかわいらしい言葉とは裏腹に、元ネタはかなりヘヴィーな内容であるため、トラウマとして記憶に残る恐れがある。 「やったねたえちゃん!」は、これはカワディMAXの『 コロちゃん』という 涙あふれる現代のファンタジーエロマンガの一コマ。 たえちゃんという少女は幼い頃に母親に捨てられ施設に預けられることになる。 父も母もいないたえちゃんは母が別れ際にくれた「コロちゃん」という白いクマのぬいぐるみだけが自分の家族であり、肌身離さず持ち歩いていた。 そんなたえちゃんがいなくなった母の兄である伯父さんの家に引き取られることとなる。 その時にそれまで唯一の家族であったコロちゃんに「 家族がふえるよ!!」と報告するとコロちゃんは「 やったねたえちゃん!」と返してくれるのであった。 しかし問題はここからである。 詳しい内容については割愛するが、引き取った伯父さんがまともな人間ではなく、たえちゃんに対して 鬼畜の所業を繰り返すのである。 エロマンガであるということからおおよその想像はつくであろう。 最終的にはコロちゃんは喋らなくなり、真っ二つにちぎられてゴミ箱に捨てられてしまうのであった…。 鬼畜なストーリーと「 家族がふえるよ。 やったねたえちゃん!」という悲しくもインパクトのあるセリフから多くの人のトラウマとしてネットで広まった。 特にラストのコロちゃんがゴミ箱に捨てられるシーンはトラウマ度大…。 「やったねたえちゃん!」の元ネタを知るためだけに見るにはあまりにもリスクが大きい。 元ネタのマンガの詳しい内容が知りたい方は、「やったねたえちゃん」で検索すればすぐ見つかるはず。 しつこいようだが、 閲覧には注意が必要。 ちなみにたえちゃんの本名は「 たえ子」である。 「やったねたえちゃん!」の元ネタがあまりに重すぎて、たえちゃんの本名が頭に入ってこない…。

次の