かすみ 防災 アリーナ。 かみす防災アリーナ(神栖中央公園防災アリーナ)のアクセス・キャパ・座席・駐車場・スケジュール等の会場情報

News 19

かすみ 防災 アリーナ

5ch. gif 台風で破損、神栖の防災アリーナ 肝心な時に使えず 市民から疑問の声 県内でも大きな被害を出した台風15号の来襲から九日で一カ月。 災害時に約一万人を収容できる施設として 六月に開館した神栖市木崎の「かみす防災アリーナ」は当時、強風で破損したため休館し、市は住民向けの 避難所として開放しなかった。 これに、本紙読者部に「市の対応はおかしい」との声が届き、市にも同様な意見があったという。 市の対応を振り返った。 (水谷エリナ) 市によると、九日朝から十日昼ごろにかけ、市内最大約一万三千軒で停電が発生。 停電地域の大野原コミュニティセンター(大野原)と、 うずもコミュニティセンター(知手中央)を開放し、大野原に最多で四十四人が自主避難した。 アリーナは台風の影響で、サブアリーナの天井近くある二重の窓ガラスの外側一カ所が割れたほか、軒下の防水シートが 風でめくれ上がり、雨や風が入り込む被害があった。 それにより、もともと休館日だった九日のほか、十日を臨時休館にした。 市は「アリーナから約八百メートル離れた大野原を 開放した方が、停電があった地区の住民にとって近くて避難しやすい」と説明。 だが、市民からは「なぜアリーナを開放しなかったのか」 と問い合わせが寄せられたという。 アリーナは総事業費が約百七十億円と巨額なため、二〇一七年の住民投票で建設「見直し」を求める票が多数を占めたが、 石田進市長が建設を続行し、今年六月にオープンした。 そんな経緯もあって、肝心な災害時に使えないことに、 市民から厳しい視線が向けられたというわけだ。 もう一つ問題がある。 アリーナが台風の影響で破損したことで、今後も災害が起きた際に避難所として使えるのかも疑問を残した。 鹿島学園の生徒を受け入れた際は運用に問題がなかったものの、地元選出の村田康成県議によると「防災の施設なのに 壊れたのはどうか」という声が寄せられているという。 伯耆さんも「経年で被害があったのならまだしも、まだ新しい施設。 防災の冠をつけているところで被害があるのはおかしい」 と問題視する。 市文化スポーツ課の木村正朋係長は「ある程度の風速に耐えられるように設計しているが、防水シートがめくれてしまったのも 事実なので、対応する。 ただ、絶対に被害がないようにするのも難しい」と話した。

次の

【茨城】かみす市が170億円投入して作った防災アリーナ、台風で機能せず 市民の受け入れを断る 市民「災害の時に機能しない?」

かすみ 防災 アリーナ

神栖市民 怒り 神栖市民の怒りのニュースが下記のように報道されました。 市は、総事業費で170億円をかけて今年6月に『かみす防災アリーナ』をオープンさせたのですが、アリーナは台風15号の時は市民の避難者の受け入れすらしませんでした。 しかも、建物の前面や入り口がガラス張りで、暴風でガラスの一部が割れ、軒下の防水シートもめくりあがってしまった。 巨額な税金をつぎこんで建設したのに、防災施設として役に立たなかったのです 出典元:ヤフーニュース|headlines. yahoo. この原因は建てたのは神栖市で運営が民間に委託している事のようです。 民間であっても災害時には市の負担として無料開放するように民間との契約を交わすべきなのでしょうね。 スポンサーリンク 怒りの神栖市民の様子 【いばキラニュース】R1. 鉄骨造り地下1階、地上2階建て、延べ床面積は約1万9千平方㍍。 そもそも何でも民営化しないといけないのか?という話です。 市の直営であれば、柔軟に対応できるのに、運営を民間にするからこういう事になる。 合理化のツケが来てるのであって、公共の仕事は効率第一だけではすまないんですよ。 だけど世間は、お役所仕事と批判する。 阪神大震災の時に機能したのは、お役所で燻っていた余剰戦力です。 今のように、職員を切れるだけ切って、対応の悪さを言われても、どこにも余裕なんか無いんで、平常外の対応なんか出来ませんよ。 水道民営化も同じしくみだから、民営化された水道は、災害時の復旧対応も速やかにできるのか、復旧費用は水道料金の値上げにつながるだろう。 海外で失敗続きのPFIを今更日本で導入するのは、愚かだね。 企業側に国民の安心安全を売り飛ばしてるだけだしね。 他の催事にも利用できるようにガラス張りのオシャンティな施設にしたのかもしれないけど、防災施設ならまずは防災優先。 その後に二次的に使用できたら…と考えた方が合理的ではないでしょうかね。 かみす防災アリーナは、地域の防災拠点と位置づけ、災害時の避難所機能および屋内に求められる救援・救護スペース等の機能確保を目的に防災機能を持つ多目的施設として整備しました。 (引用終わり) 民間委託なんて関係ない。 避難者を受け入れなかった運営業者には違約金を払わせるべきだ。 ガラス張りなら出入り口以外シャッター閉まる仕様にするとか、工夫しないと。 地震には強い構造にしたけど、台風のことは頭になかったのでは。 企業委託故の解放の難しさはあると思うが今からでも、協議してほしい。 毎年来るんだから。 特に災害などマニュアル通りにいかないケースバイケースで対応しないといけない事象は苦手です。 そのため日本のような毎年災害が多発する国では「緊急災害対応省」のような専門家を集めて即決対応できる部署が必要ですが、縦割り行政のため運用に不安を持っている内閣は設立することに否定的なのです。 なんらかのマニュアルがあるんだろうけどこれだけ普段あり得ないような天変地異ばかりなのに、迅速な対応をなぜできないのか? 今回の件もそうだけど、台風19号のほうも国やの支援はちゃんと出来ているのでしょうか?? 気象庁の発表は、すごく丁寧にしているのに、国の他の省庁ってどうなってるんですかね? 東北の震災の時は雇用促進住宅の貸し出しとか厚生労働省は積極的に動いてたけど今回はなんかまったくって言った感じですよね。 前回のようにハローワークの窓口で受け付けとか無いんでしょうか?ていうかハローワークの非常勤職員の人数って多すぎるんではないでしょうか? 有効求人倍率も足りてきているのに、そんなに必要?? 人数削減するか、給与減らして今回の台風関連の費用に充てるほうがいいと思うんですが。。 そして、立地にも驚きました。 海の近くであり しかも高層部分がありません。 これでは津波の際の避難場所にもなりません。 それを受け、鶴見川沿いの住人として、昨日の凄まじい大雨の時にも非常に強い安心感がありました。 何億円もかけてそのような仕様にしてくれた行政にも、心から感謝しました。 茨城の防災アリーナにもそのような存在でいてほしかったです。 万が一の状況で市民の辛い環境を防ぎ 緩和するのが本来のあり方だと思います。 まとめ PFI、第三セクター等半官半民のような施設・企業はたくさんありますが、防災施設を兼ね備えた建物は、有事の際には官庁主導で防災施設として機能させることができる旨を契約時に盛り込んでおかないと、こういう時にいつも問題が起きる。 スポンサーリンク.

次の

<開催済>【神栖市】6月1日オープン!かみす防災アリーナ開館記念イベント

かすみ 防災 アリーナ

5ch. gif 台風で破損、神栖の防災アリーナ 肝心な時に使えず 市民から疑問の声 県内でも大きな被害を出した台風15号の来襲から九日で一カ月。 災害時に約一万人を収容できる施設として 六月に開館した神栖市木崎の「かみす防災アリーナ」は当時、強風で破損したため休館し、市は住民向けの 避難所として開放しなかった。 これに、本紙読者部に「市の対応はおかしい」との声が届き、市にも同様な意見があったという。 市の対応を振り返った。 (水谷エリナ) 市によると、九日朝から十日昼ごろにかけ、市内最大約一万三千軒で停電が発生。 停電地域の大野原コミュニティセンター(大野原)と、 うずもコミュニティセンター(知手中央)を開放し、大野原に最多で四十四人が自主避難した。 アリーナは台風の影響で、サブアリーナの天井近くある二重の窓ガラスの外側一カ所が割れたほか、軒下の防水シートが 風でめくれ上がり、雨や風が入り込む被害があった。 それにより、もともと休館日だった九日のほか、十日を臨時休館にした。 市は「アリーナから約八百メートル離れた大野原を 開放した方が、停電があった地区の住民にとって近くて避難しやすい」と説明。 だが、市民からは「なぜアリーナを開放しなかったのか」 と問い合わせが寄せられたという。 アリーナは総事業費が約百七十億円と巨額なため、二〇一七年の住民投票で建設「見直し」を求める票が多数を占めたが、 石田進市長が建設を続行し、今年六月にオープンした。 そんな経緯もあって、肝心な災害時に使えないことに、 市民から厳しい視線が向けられたというわけだ。 もう一つ問題がある。 アリーナが台風の影響で破損したことで、今後も災害が起きた際に避難所として使えるのかも疑問を残した。 鹿島学園の生徒を受け入れた際は運用に問題がなかったものの、地元選出の村田康成県議によると「防災の施設なのに 壊れたのはどうか」という声が寄せられているという。 伯耆さんも「経年で被害があったのならまだしも、まだ新しい施設。 防災の冠をつけているところで被害があるのはおかしい」 と問題視する。 市文化スポーツ課の木村正朋係長は「ある程度の風速に耐えられるように設計しているが、防水シートがめくれてしまったのも 事実なので、対応する。 ただ、絶対に被害がないようにするのも難しい」と話した。

次の