カマボコ テント ソロ tc。 ミニ2ルームテントをソロキャンプで使いたい理由

カマボコテントソロTC T2

カマボコ テント ソロ tc

カマボコテントソロTCを設営する 午後、人気のない公園にやってきました。 説明書を忘れてしまったので、記憶を直感を頼りに張ってみましたw(にも説明ありました。 次からはこれ見ながらやろう…) ポールは3本。 ポールをスリーブに通し、ポール用のグロメットに刺します。 グロメットは2か所あります。 自分の力と相談して入る方にいれればOKです。 後は立てて行きます。 ここからが手間取りました。 その結果が… ごらんの有り様よ…orz 余りの酷さに、自信がグラつきましたwww 同じ非自立式のウトガルドはピシッと脹れるのに… その後、ペグ位置を調整したり、張り綱を張ることで、なんとか許せるレベルまで来ました。 ペグは最小で幕体10本、張り綱6本。 他跳ね上げ等で追加必要。 付属は21本。 設営時間は写真を撮りながら30分位。 インナーテントは未使用です。 椅子のチョイスでクリアできます! 使っているチェアは、キャプテンスタッグの ロースタイルイージーチェアと言うお安いお椅子です。 パップテント利用時もこのチェアです。 キャプテンスタッグ「ロースタイルイージーチェア」(座面高215㎜)と ロースタイルの基本 コールマン「コンパクトフォールディングチェア」(座面高280㎜)の比較です。 ) コンパクトフォールディングチェア使用時は 天井の圧迫感が強いです。 やはり快適に過ごす為には、今回のチェアやあぐらチェアの様な、低いチェアが必須となりますね。 もちろん地べたでもいいですけど。 そして、なるべく手の届く範囲に荷物を置き、立ち上がる回数を減らす配置が必要そうですw あっ、幕内高さ120cmと言うのはポール部の一番高い点なので、たるんだリビングの高さはもっと低くなっていると思われます。 良い点 質感グッド! 生地の質感はなかなかのものでした。 tent-markのものよりは若干薄めな気もしますが安っぽさはありません(所有する陣幕との比較)。 所有するタトンカ2TCよりは質感上です。 後述しますが、撥水加工がされていない点には注意ください。 スカートもあるため、秋冬キャンプに役立つことでしょう。 DODのロゴもあんまり気になりません(試作品より小さくなりました)。 ベンチレーター関係もしっかりと設けられています。 遮光性グッド! 今日は陽射しの強い日でした。 そんな日でも… 幕内はしっかりと影が… しかも暑くない!TC素材の利点が発揮されていますね! 悪い点(気になる点) うまく張れない 思い出しました。 キャンプ場でみるカマボコテントって、綺麗にピンと張られているのに出会ったことがないことに…。 うまくなれば奇麗に張れるのか?張れないものなのか? 自分の技術不足と考え、もう少し研究してみます。 リビング(開口部)側の天井が低くなる 左側は寝室側、右側がリビング(開口部)側です。 右側の方が低くたるんでいます。 これが解消できませんでした。 引用元: 改めて公式を見てみるとやはりリビング(開口部)側がたるんでいます。 そういうものなんですね。 開口部があるせいなんでしょうね。 全体的に公式の方が上手く脹れているので、これを目標に精進したいところ… 雨天の使用は非推奨 これは説明書に記載されていましたが、 「ポリコットン生地のテント・タープの雨でのご使用は、推奨しておりません」とのこと。 まぁ濡れたコットンテント後始末を考えると、100%雨予報の時は使わないでしょうけど、急な雨はキャンプの宿命ですよね。 このカマボコテントソロTCは 防水コーティングが施されていません(サーカスTC等のテンマク製品は撥水加工されているものが多いです)。 TC素材は雨が降るとコットン部分が膨らみ、目が詰まって防水機能を果たします。 ですが、急な雨の場合、コットンが膨らむ速度が間に合わず、幕内に霧が発生したりする場合があります。 経験上、雨が溜まらなければ漏れることはないと思います。 パップテントの跳ね上げ部に雨が溜まった場合は漏れてきました。 参考まで。 跳ね上げ部の処理 跳ね上げ部ですが以下の2枚の写真をごらんください 私はハトメ部にポールを入れていました。 スカート部が垂れさがってカッコ悪いです。 引用元: 公式ではスカート先端に設けられたループにポールを入れていました。 うん、こっちの方がカッコイイ!けど、 ループの強度は??個人的にはハトメにポールを入れたいところ。 そこが気になりました(次からは公式のマネをしますが…)。 2本で1,280円です。

次の

軽量仕様のDODカマボコテントソロULを持ってソロキャンプに出かけよう!~どっちが良いの?カマボコテントソロTCと比較~

カマボコ テント ソロ tc

DODから発売されているカマボコテントシリーズのカマボコテントソロTC 今記事では、• カマボコテントソロTCのスペック• カマボコテントソロTCのレビュー を紹介していきたいと思います。 カマボコテントシリーズ DODから発売されているカマボコテントシリーズは 現時点では(2019年春)• カマボコテント2• カマボコテントミニ• カマボコテントソロTC• カマボコテントソロUL に4種類展開になっています。 カマボコテント2の再販が決定、こちらの記事もどうぞ。 カマボコテントソロTCのココが良い 広い前室そのままに、ゆったりくつろげるソロサイズのカマボコテント。 焚き火との相性が良いTC(ポリコットン)素材を採用。 楽天で購入 1~2人が快適に使える広さ 前室、寝室は2人でも快適に使える広さをもたせています。 ソロキャンプだからといって窮屈な思いをする必要はありません。 夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様 スクリーンタープのようにリビング全面をメッシュにすることができるため、夏のキャンプでは涼しく過ごすことができ、蚊の侵入も防ぐことができます。 逆に冬は、テント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカート付きのため、暖かく過ごすことができます。 一部のドアを開けておくか定期的に換気を行ってください。 火の粉に強いポリコットン素材 カマボコテントソロTCには、焚き火との相性が良いポリコットン素材を採用しています。 晩秋から春先にかけて焚き火を楽しみたい人にぴったりです。 迷わないシンプル設計 3本のスリーブにポールを入れてペグダウンするだけのシンプルなトンネルテント構造です。 3本のポールは全て同じ長さなので、入れるスリーブを迷うこともありません。 吊り下げ式インナーテント インナーテント(寝室部分)はアウターテントに吊り下げる構造のため、バックルを取り付けていればアウターテントと同時に設営を行うことができます。 クーポンやポイント利用で購入。 到着も早くてよかったです。 カマボコテントより小さいのでとても簡単に設営できました。 高さがないので出入りに慣れないと頭を引っかけます。 お座敷スタイルにするといい感じだと思います。 中で石油ストーブを使いましたが、すぐに暖かくなりました。 出典:楽天市場 まだ試し張りしかしていませんが やはりポリコットンはいいですね。 幕内でウロウロする様なテントではないので 高さ(120cm)はこんなもんでしょう。 この調子で普通サイズのカマボコテントも ポリコットンになって欲しいな~。 出典:orange カマボコテントソロTCのメリット・デメリット メリット TC ポリコットン は、経年劣化するウレタンコーティングを使用していないため、末永く使用ができる。 TC素材を使用しているため、燃えにくく火の粉で穴があくこともないので、焚き火好きにはgood TC素材を使用しているため、結露がしにくい。 ソロ用としては広々とした作りなため余裕のある空間ができる、夫婦、カップルで使用することも可能。 とりあえずかっこいい デメリット ソロ用テントではありますがTC ポリコットン を使用しているため、重量がある。 (カマボコテントミニとあまり変わらない) TC ポリコットン 素材なため、ケアが必要。 臭いやカビに注意しなければならない。 高さが120cmと低い。 (ソロキャンプなどでは座っていることが多いため気にしなくても良いかもです。 ) 収納時でも大きい。 (カマボコテントミニやアメニティドームMと同じサイズ) まとめ いかがでしたか?このカマボコテントソロTCの一番の魅力は何と言ってもTC(ポリコットン)素材なところですよね〜。 国内産では初めてのTC素材のトンネルテントなんだそうです。

次の

【初設営レビュー】DOD『カマボコテントソロTC』試し張りと感想と。

カマボコ テント ソロ tc

今、ミニサイズの2ルームテントがソロキャンプで流行っている 以前からソロキャンプでユニフレームのユニツアー3というミニサイズの2ルームテントを使っているのですが、 最近ソロキャンプで2ルームテントが徐々に流行していると感じています。 というのも、今年(2019年)になってZANE ARTS(ゼインアーツ)という新しいアウトドアブランドから発売された ROGA-4(ロガ4)というコンパクトな2ルームテント、そしてDODの人気カマボコシリーズのミニマムサイズとして発売された カマボコテントソロTC・ カマボコテントソロULは ソロキャンプに使うのにちょうどよいサイズの2ルームテントという共通点を持っているからです。 これまでは、ソロキャンプで使うのに適切なサイズの2ルームテントがほとんど市場には無かったのですが、最近はソロキャンプに注目が集まっていることもあり、ここにきてほぼ同じタイミングで2ルームテントが発売されました。 ソロ用の2ルームテントは立てる手間が少しありますが、いったん立ててしまえば雨や風を防いでくれ前室内でゆったりと過ごせる快適なテント。 ソロキャンプのスタイルの一つとして、快適なテントでのんびり過ごしたいという方のニーズが高まってきた結果が2ルームテントの流行につながったのだと思います。 芸人のヒロシさんがやっている様なシンプルでワイルドなソロキャンプとは異なりますが、僕は2ルームテントを使った快適なソロキャンプスタイルが好きです。 1年前の2018年にはOgawaの ヴィガスも発売されて今も人気だし、今年はソロキャンプに使えるミニサイズの2ルームテントが一段と流行するのではないでしょうか。 今回は、ミニサイズの2ルームテントについて考えたいと思います。 2ルームテントを使うメリット・デメリット 僕がソロキャンプで使っているユニフレームのユニツアー3という2ルームテントは、実は購入時点ですでに廃番になっていたのですが、偶然2017年に限定販売になり、慌てて購入したものです。 ユニツアー3は、その名の通り3人用テント。 僕のソロキャンプは荷物が多めなので、3人用くらいの少しサイズに余裕のある2ルームテントがソロキャンプでも使いやすいと感じています。 それでは、まず2ルームテントの成り立ちについて振り返ってみましょう。 どうして2ルームテントが流行したのか ファミリーキャンプで様々な環境に一番オールマイティーに対応できるスタイルといえば、少し前までテントとシェルターを合体させたものでした。 テントは寝るスペースで、シェルターはテーブルとチェアをセッティングして食事をしたり、くつろぐスペースですが、この2つのスペースを連結することで雨の時でも濡れることは無いし、虫も入ってきにくいというわけです。 もともとシェルターには大きなメッシュがついていて、虫嫌いのお母さんのいる家族には虫のバリアにもなるため人気のアイテムでした。 僕もファミリーキャンプを始めた頃は、まずコールマンのテントを買い、そのあとで同じコールマンのシェルターを追加購入してテントとシェルターを合体させて使っていたものです。 ところがやはりシェルターとテントを2つ立てる作業は結構面倒です。 はじめからシェルターとテントが合体した2ルームテントは設置がより楽で、何よりテントとシェルターを別々に購入するより価格も安いので、その後2ルームテントはファミリーキャンプの人気アイテムとなったのです。 当時のわが家は、Ogawaのロッジシェルターにインナーをつけて2ルーム化するスタイルでした。 一方、ソロキャンプ用のミニサイズの2ルームテントは、ファミリーキャンプ用2ルームテントのスタイルが完成したのちに、サイズがソロ用に小型化されて出来たものです。 前室の広い2ルームテントのメリット 2ルームテントを使うメリットはいろいろとあります。 テントを離れる時、前室にキャンプ用品を全て収納できる キャンプ場からお出かけする際はテントから離れることになるので盗難の心配があります。 そんなとき2ルームテントなら前室にキャンプ道具を全て収納できるので、防犯という点でとても有効です。 前室なら冬キャンプで冷たい風を防ぐことが出来る 寒い季節のキャンプで冷たい風を遮ってくれる前室の存在はありがたいです。 最近は冬キャンプが人気になっていますが、冬キャンプをするならこうしたシェルターの空間が欲しくなるものです。 雨の日でも快適に過ごすことが出来る テントからシェルターまで幕が連続しているので、テント内にいれば雨の日にも濡れることはありません。 2ルームテントのデメリット ものにもよりますが、一般的にはテントとオープンタープの組み合わせよりは2ルームテントは設営に手間がかかりますし、荷物のサイズは大きくなりがちです。 ソロキャンプに似合う2ルームテント 現在売られている、ソロキャンプに最適なミニサイズの主な2ルームテントをご紹介します。 Ogawaのヴィガス ~写真はより引用~ 2018年にOgawaから発売されたソロキャンプ用テント。 スカートがついているので冬キャンプでも快適ですね。 前室についているメッシュ部分の面積が大きいのも特長です。 今、僕が一番欲しいテントです。 DODのカマボコテントソロTC ~写真はより引用~ 貴重な TC素材のテント。 焚火を楽しみたいソロキャンプではとてもありがたいテントです。 スカートやメッシュもフル装備でついているので全天候型テントといってもいいでしょう。 天井高さが120と少し低めなので、前室ではローチェアを使う必要がありますね。 テントは2~4人用なので他と比べて少し大きめサイズです。 海外製テントのようなデザインですね。 見た目よりテントが軽いのが特長です。 各2ルームテントの比較 先に紹介した2ルームテントの仕様を比較してみましょう。 0kg 10. 3kg 6. 8kg 8. 前室の高さが192cmもあって、前室内でゆったり過ごすことができる魅力的なテントです。 寝るだけのテントならテント高さはあまり重要ではないかもしれませんが、前室があるテントの場合は快適な空間を作る上でこの数値がとても重要になります。 現在使っている最大高さ165cmのユニツアー3は前室の天井高さがそこそこあり、テントの中を移動する際も腰をそれほど曲げなくてもいいので比較的快適です。 より高さを確保しているヴィガスの前室は2ルームテントのツボを押さえていると言って良いと思います。 カマボコテントソロTCは唯一のTC幕。 火の粉が飛んできても穴が開きにくい素材は、テント前で焚火をするのに都合がいいですね。 また、スカート付きなので冬キャンプではありがたいと思います。 またコンセント用ファスナーや小物の収納ポケットがたくさんついているところなどDODのやる気が感じられます。 2ルームテントをソロキャンプで使いたい理由まとめ テント内で快適に過ごせる2ルームテントはファミリーキャンプだけではなく、ソロキャンプでも人気が出来てきています。 最近はソロで冬キャンプをされる方が増えていますが、そんな寒い季節には2ルームテントの前室に暖房器具を入れて暖まることのできるありがたさを特に感じられるはずです。 また 、連泊でソロキャンプをするときなどは買い出しやお風呂に行く時など、テントから一時的に離れる必要がどうしてもありますので、そんな時に2ルームテントなら完全に道具をテント内に収納しておけるので防犯上の安心感がありますね。 さて、これからどんな2ルームテントが出てくるのでしょうか? 僕はテント貯金をしながら、これからも新しいテントが発売されるのを楽しみにしています。 笑 それでは、今回はこのへんで。

次の