限界 レベル 1 から の 成り上がり。 限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~ 2(未来人A) : MFブックス

限界レベル1からの成り上がり(MFブックス)

限界 レベル 1 から の 成り上がり

高橋哲也は、仕事帰りに突如異世界に召喚される。 しかし勇者召喚に巻き込まれただけのテツヤは、「限界レベル」というレベルを上げられる上限値が最弱の1。 その世界では限界レベルが低いものは欠陥品呼ばわりされ、殺されてしまうという決まりがあった!無理やり召喚されたにもかかわらず、理不尽にも魔物が大量にいる谷底に落とされたテツヤ。 彼は魔物に襲われて死にかけ、苦し紛れにユニークスキル「死体吸収」を使ったところ、なんと死体が生前所有していた能力が得られた!「・・・・・・やってやろうじゃねーか!」この世界で生き残り、強くなって、自分を召喚した奴等を見返してやる。 最弱と呼ばれた限界レベル1の男の、最強への成り上がりがはじまる! もっとみる 商品情報 新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

限界レベル1からの成り上がり(MFブックス)

限界 レベル 1 から の 成り上がり

ニコニコ静画、コミックウォーカー様で読むことが出来るので、ぜひ読んでみてください。 主人公、高橋哲也は勇者召喚に巻き込まれ、異世界に召喚された。 召喚された異世界は多種族が領土を巡り争いあっているような世界。 人間は領土をほとんど失い窮地に立たされていた。 その窮地を脱するため、異世界人たちは、勇者召喚を行ったらしい。 召喚された異世界には、限界レベルというものがある。 すべての人間には生まれつき、レベルを上げる事が可能な数値が決まっている。 それが限界レベルだ。 勇者として召喚されたものは、皆、限界レベル125や99など高レベルだったが、哲也の限界レベルは1だった。 この世界で限界レベルの低いものは、欠陥品呼ばわりされ、廃棄されるという決まりがあった。 限界レベルが1だった哲也は、理不尽にも魔物が大量にいる谷底に落とされてしまう そこで彼は、初期に持っていたユニークスキル【死体吸収】を使う。 死んだ者を吸収し、その者の能力を得れるというそのスキル。 哲也は死体吸収の力を使い、最強の存在へと成り上がっていく。 哲也を追い出した人間たちは、最初は勇者たちの活躍のおかげで順調だったのだが、徐々にほころびが出始め、破滅の道を辿っていく。

次の

限界レベル1からの成り上がり

限界 レベル 1 から の 成り上がり

ニコニコ静画、コミックウォーカー様で読むことが出来るので、ぜひ読んでみてください。 主人公、高橋哲也は勇者召喚に巻き込まれ、異世界に召喚された。 召喚された異世界は多種族が領土を巡り争いあっているような世界。 人間は領土をほとんど失い窮地に立たされていた。 その窮地を脱するため、異世界人たちは、勇者召喚を行ったらしい。 召喚された異世界には、限界レベルというものがある。 すべての人間には生まれつき、レベルを上げる事が可能な数値が決まっている。 それが限界レベルだ。 勇者として召喚されたものは、皆、限界レベル125や99など高レベルだったが、哲也の限界レベルは1だった。 この世界で限界レベルの低いものは、欠陥品呼ばわりされ、廃棄されるという決まりがあった。 限界レベルが1だった哲也は、理不尽にも魔物が大量にいる谷底に落とされてしまう そこで彼は、初期に持っていたユニークスキル【死体吸収】を使う。 死んだ者を吸収し、その者の能力を得れるというそのスキル。 哲也は死体吸収の力を使い、最強の存在へと成り上がっていく。 哲也を追い出した人間たちは、最初は勇者たちの活躍のおかげで順調だったのだが、徐々にほころびが出始め、破滅の道を辿っていく。

次の