チャーハン の 作り方。 【美味しいチャーハンの作り方!】ちょっとの工夫でチャーハンが「パラパラ」に

美味しいパラパラチャーハンの作り方。5つの裏技を試してみて、一番良かったのはコレでした!【まとめ】

チャーハン の 作り方

卵・マヨネーズ・バター・油を、炒める前にそれぞれご飯と混ぜ合わせた結果、いちばんチャーハンがパラパラになった方法は? 各レシピのメリット・デメリットも解説します。 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よくいわれているのは、ご飯と生卵を混ぜてから炒める方法で、これは確かにパラパラになります。 それでは「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるでしょう。 色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 4パターン共通の作り方・手順全ての作り方に共通する手順です。 長ねぎは粗みじん切りにし、ハムは5mm角に切る。 調味料は、共通なのが塩、こしょう、オイスターソース(または醤油)。 使っても使わなくてもいいのが、ニンニクとごま油。 ご飯は温かいものが良く、冷凍ご飯や冷やご飯なら、レンジで温めて軽くほぐしておく。 ご飯と卵を混ぜて、パラパラチャーハンを作るご飯と卵を混ぜる方法です。 卵を溶きほぐし、温かいご飯に加え、ざっくりと混ぜる。 中華鍋をよく熱し、油を大さじ1入れ、ねぎとハムを入れて炒めて香りを出す。 卵ご飯を入れ、ヘラかフライ返しで大きく返しながら、焼き炒めする。 卵にだいたい火が通ったら、酒をふりかけ、鍋を振って炒めてパラパラにする。 塩ひとつまみ、こしょう少々をふって炒め、オイスターソースを回し入れて炒める。 お玉ですくって皿にあけると、パラパラすぎてまとまらない。 技要らずでパラパラになり、冷めてもパラパラ。 作り方は最も簡単。 チャーハン全体が同じ味で同じ色あい。 小さいお子さんは食べ散らかしてしまうかも。 ご飯とマヨネーズを混ぜてパラパラチャーハンを作るご飯とマヨネーズを混ぜる方法です。 ご飯にマヨネーズ10gを混ぜる。 油小さじ1で具を炒める。 ご飯を入れて炒めて寄せ、空いた場所に溶き卵を流し入れて軽く炒め、ご飯と炒め合わせる。 酒をふりかけてパラパラにし、塩少々とコショウで調味し、オイスターソースを回し入れて炒める。 ご飯にしっかりと下味がついているため、旨味が増し、冷めても味が良い。 マヨネーズに塩味がついてる分、塩を加減する必要がある。 旨味が増す分、食べ飽きることも考えられる。 ご飯とバターを混ぜてパラパラチャーハンを作るご飯とバターを混ぜる方法です。 温かいご飯に、バター10gをのせて溶かし、まぶしつけるように混ぜる。 中華鍋を熱して油小さじ1を入れ、具を炒める。 バターご飯を入れて炒めて寄せ、空いた場所でざっくりとした煎り卵を作り、ご飯と合わせて炒める。 酒をふり入れてパラパラにし、塩コショウ、オイスターソースで味付ける。 パラパラというよりもホクホク。 ご飯をバターで炒めると焦げやすいのだが、このやり方なら大丈夫そう。 バターが固形なため、ご飯と混ぜる時に、若干の時間を要する。 ご飯と油を混ぜてパラパラチャーハンを作るご飯と油を混ぜる方法です。 酒をふりかけてパラパラにし、塩コショウし、最後にオイスターソースを加えて炒め合わせる。 油を混ぜると、パラパラになるというよりも、鍋にくっつきづらくなるように感じる。 最もパラパラになったのは卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると(冷めたらもう一度炒めるということ)パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の

絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

チャーハン の 作り方

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の

うま屋のチャーハンの作り方

チャーハン の 作り方

【美味しいチャーハンが作りたい!】 お昼に、お弁当に、気軽に作れてお腹も満足になる、チャーハン。 しかしながら、その作り方は奥が深いんです! パラパラにしたい! どちらかというとしっとりにしたい! チャーハンの好みも人によって千差万別。 そして、いざ、そういう風に作りたいと思って実行に移しても上手くできないこともたくさんあります。 ここでは、いつくつかのポイントをふまえて少しパラパラめで、それでいてバラバラにならない適度なしっとり感もある美味しいチャーハンの作り方を紹介します。 【美味しいごはんの作り方?】 チャーハンで最も重要な食材と言えば、米! ライスです! 炊き方というよりか、作り方、準備の仕方、といった方がいいかもしれません。 さすがに田んぼからはやめておきましょう…… 現実に、米の作り方を調べないとね…… 炊く時は普通に炊いてください。 あまりべちょっとしたごはんでは、美味しいチャーハンは作れません。 固すぎても然り。 そして、チャーハンを作る時と言うのは、ごはんが余ってしまった時ですよね。 そんな時に、美味しいチャーハンを作り方を実行するための、ごはんの大切な準備があります。 冷ごはんをそのまま使うのはNGの作り方です。 炒める時に、ダマになってしまいます。 かといってレンジでチンしてすぐに使うのもよくありません。 ごはんの水分が余分に残ってしまい、べたっとした仕上がりになってしまいます。 だから、冷ごはんはチンした後に、適度にほぐし、ごはんの水分を少し抜くようにしてください。 もちろん乾かしすぎてカピカピになると、美味しくなくなるので気をつけて。 美味しいチャーハンの作り方とは、ごはんの状態を仕上げることなのです。 【具材と油はシンプルなのがうまい】 美味しいチャーハンの作り方を実現するために、必要なもの、それは、チャーハンの具と炒める油。 あまり具をたくさん入れ過ぎるとチャーハンの米より具が主張してしまうので、ほどほどに。 必要なもの、外してはいけない物は卵。 そして、ネギ。 あとは、何か、魚介や肉などのダシになるもを使うことが美味しいチャーハンの作り方に必要な具です。 とはいえ、そんな高級食材ではなくてよいです。 ちくわや、かまぼこ、ハム、ベーコン、焼き豚など、スーパーに手に入れられるもので結構。 それらの具材とネギを米と馴染むようなサイズに細切れしてください。 あまり大きく過ぎると米の食感を邪魔します。 卵は、ライス1膳強に対して1個の割合で、あまりごはんの割合が多いと、卵とのなじみが悪くなります。 卵はよく白身と黄身をほぐしておきます。 下味としてごま油や塩コショウを少々混ぜておくと風味がよくなります。 そして油は、サラダ油でかまいません。 ごま油で最初から炒めると、ごはんや具が焦げ付きやすくなります。 ごま油はチャーハンの仕上げに使ってください。 あとは、あまり奇をてらった油は使わないように、オリーブオイルでチャーハンはあまり美味しくないようです。 香りがつよいので、せっかくのチャーハンの風味が消されます。 美味しいチャーハンの作り方とは、シンプルにお家の具材を使うことなのです。 【さぁ、調理をはじめよう!】 さて、美味しいチャーハンの作り方の大切な行程がやってまいりました。 フライパンを用意します。 テフロン加工のものが、おすすめです。 あまりよくないフライパンだと、米も卵も焦げ付いて、片づけが悲惨なことになります。 美味しいチャーハンの作り方は片づけ方まで大切なのです そして、フライパンを熱します。 中火強程度にして、油を引きます。 サラダ油大さじ1~1. 5くらいです。 少し気持ち多めで 油が熱さない内から、刻んだネギと他の具材を入れて炒めます。 この時、しょうがを入れると、また違った風味になって美味しいです。 あまりアツアツの油に具材を入れると、跳ねて、やけどの原因になるので気を付けてください。 美味しいチャーハンの作り方はケガをしないことも重要です。 そして、ネギの香りがたってきたら、ここからがスピード勝負です。 ほぐしていた卵をいれます。 少し卵を垂らしてじゅわっと、フライパンで熱されるくらいのタイミングです。 卵を入れてフライパンに広げたら、すぐさま、ほぐしていたごはんを投入してください。 ここで火を弱火にします。 フライ返しや木べらなどで、米の一粒一粒を、ほぐすように切るようにして、米粒に卵を絡めるようにしてください。 ここで大切なのは、米を潰さないこと! 米と卵を捏ねない事! すばやくやること! これを守らないとチャーハンがべたつく原因になります。 そしてすぐに、火力を中火の強程度に戻します。 ここでも米を切るように炒めるのは忘れずに。 美味しいチャーハンの作り方とは、スピードとの戦いです。 そしてフライパンは余計に動かしてはいけません。 中華鍋のようにカッコつけて振っても、さほど素晴らしいチャーハンにはならないのです。 中華鍋が輝くのは、厨房などの業務用の強化力があってこそです。 家庭用のガスコンロではただの鉄の塊であり、主役はフライパンなのです。 フライパンを動かすと火力にむらができ、十分に熱が回らないために、チャーハンがべたついたり、仕上がりにむらができます。 だからフライパンを動かさずに、へらを動かしてください。 さっと切るように、時折返して、卵と具と米が馴染むように。 きっとパラパラになっていきます。 美味しいチャーハンの作り方とはスピードとの戦い。 そしてかっこけつないこと。 愚直にチャーハンと向き合うことです。 【仕上げは頼りっぱなし?】 最後は味付け、奇をてらわずに、市販の中華スープの素をふって混ぜてください。 味の濃さはお好みで あんまり入れ過ぎるとしょっぱいし、べたつきます そして、醤油をさっと回し入れて、チャーハンと馴染ませます。 仕上げは、ごま油。 鍋肌に回しかけてから、再びチャーハンとさっと馴染ませて、香ばしい香りがしたら完成です! ここももちろんスピード勝負! 美味しいチャーハンの作り方とはお家にあるもので素朴に味を決めるということです。 【美味しいチャーハンの食べ方?】 さて、今までは、美味しいチャーハンの作り方を紹介していましたが、もちろん重要なのは食べ方ですよね! それは、つまり、できあがりをすぐに食べることです! できあがりを食べるのと一度冷めたものをチンして食べるのでは、風味も食感もまるで違います。 チャーハンとは刹那的な食べ物です。 完成した時が最高のものです。 あとはただ、劣化していくのみ…… だから本当は、お弁当にはおすすめできないのです。 お家で食べるのが、一番です。 お好みで塩コショウとか、ラー油とか、かけても美味しいですよ。

次の