誠 晃 印刷 逮捕。 三晃印刷株式会社

暴力団一覧

誠 晃 印刷 逮捕

この記事の内容の信頼性について。 確認のための文献やをご存じの方はご提示ください。 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。 議論はを参照してください。 ( 2008年10月) 暴力団一覧(ぼうりょくだんいちらん)は、のの五十音順一覧。 代目は除く。 目次 あ行 [ ]• 六代目山口組 二代目• 七代目• 稲川会• 住吉会 幸平一家• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家• 三代目• 一和会• 六代目山口組• 稲川会 七代目三本杉一家• 神戸山口組 二代目宅見組• 六代目山口組• 神戸山口組• 稲川会 二代目山川一家• 二代目大日本平和会 二代目• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組 二代目• 沖縄旭琉会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目倉本組 関東原組• 姉ヶ崎連合会 姉ヶ崎関東会 寛野睦会• 稲川会 六代目• 六代目山口組 七代目• 六代目山口組 太田会• 六代目山口組 二代目• 稲川会 三代目• 住吉会 住吉一家 親和会 七代目• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目弘道会 九代目• 三代目• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 國粹会 落合会• 六代目山口組 古川組• 六代目山口組 二代目益田組• 二代目福博会 四代目• 三代目勝浦会• 六代目山口組 英組• 六代目山口組 二代目宅見組 荒牧組• 稲川会• 六代目山口組 六代目• 住吉会 住吉一家 五代目• 六代目山口組• 六代目山口組 英組 二代目• 道仁会 小林組• 六代目山口組• 章友会• 三代目• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 三代目• 稲川会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 初代• 五代目共政会• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 國粹会• 住吉会 住吉一家 七代目• 稲川会• 初代 か行 [ ]• 六代目山口組• 三代目• 六代目山口組• 住吉会 幸平一家• 六代目山口組 國粹会• 極東会 松山連合会 松山一家 二代目• 六代目山口組• 六代目合田一家• 六代目山口組 二代目弘道会 十代目• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 西和会 二代目• 六代目山口組• 六代目山口組 四代目山健組• 任侠山口組• 六代目山口組 二代目倉本組• 稲川会• 六代目山口組• 稲川会• 稲川会• 六代目山口組• 神戸山口組 木村會• 六代目山口組 三代目• 三代目勝浦会• 神戸山口組• 九州三重野會• 五代目• 三代目• 神戸山口組• 住吉会 住吉一家 六代目• 六代目山口組• 六代目山口組• 三代目• 親和会• 五代目• 神戸山口組• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目• 三代目山口組• 稲川会• 稲川会• 神戸山口組 山健組• 六代目山口組 二代目• 神戸山口組 五代目山健組 兼生会• 六代目山口組 後藤組• 六代目山口組 四代目山健組• 神戸山口組 山健組• 住吉会 住吉一家 親和会 三代目• 住吉会 住吉一家 五代目• 稲川会• 二代目倉心会• 六代目山口組• 六代目• 六代目山口組 二代目• 住吉会• 六代目山口組 五代目• 沖縄旭琉会 二代目• 稲川会• 六代目山口組 五代目• 神戸山口組• 六代目山口組 國領屋一家• 四代目• 六代目山口組• 一和会 北山組• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家• 稲川会 加藤組• 六代目山口組 川合組• 六代目山口組 三代目• 神戸山口組• 六代目山口組 二代目• さ行 [ ]• 神戸山口組 篠健組• 住吉会 住吉一家• 一和会• 神戸山口組 五代目山健組 酒井組• 住吉会 幸平一家 加藤連合• 七代目• 五代目山口組• 六代目山口組 六代目• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 八代目• 住吉会 住吉一家• 稲川会 七代目• 沖縄旭琉会• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 六代目• 住吉会 住吉一家• 稲川会• 神戸山口組 二代目宅見組 二代目勝心連合• 六代目山口組 三代目益田組• 六代目山口組 二代目• 極東会• 六代目山口組• 浪川会 村上一家• 六代目山口組 二代目美尾組 二代目• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家 大日本興行 二代目• 住吉会 住吉一家 二代目• 一和会• 住吉会 住吉一家• 二代目• 六代目山口組• 稲川会• 六代目山口組 二代目• 松葉会• 六代目山口組• 神戸山口組• 住吉会• 四代目諏訪一家 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目弘道会• 稲川会• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組• 神戸山口組 五代目山健組• 住吉会 住吉一家• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 六代目山口組 四代目山健組 二代目• 六代目山口組 九代目• 神戸山口組 侠友会 四代目• 神戸山口組 五代目山健組• 六代目山口組 た行 [ ]• 六代目山口組 太田会• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家• 波谷組 三代目• 二代目• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組 二代目倉本組 九代目• 三代目浅野組• 神戸山口組 五代目山健組• 神戸山口組 五代目山健組 五代目健竜会 誠竜会• 六代目山口組 三代目益田組 昌心会• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目• 住吉会 住吉一家 八代目• 神戸山口組• 任侠山口組• 六代目山口組 太田会• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 六代目山口組 二代目弘道会• 六代目山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会 三代目• 稲川会 裕統一家• 沖縄旭琉会 二代目• 神戸山口組 英組 二代目• 住吉会 住吉一家 五代目• 沖縄旭琉会 二代目• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目• 道仁会• 神戸山口組• 六代目山口組 二代目弘道会• 住吉会• 住吉会 住吉一家 親和会 二代目• 沖縄旭琉会 三代目• 六代目山口組 二代目美尾組 な行 [ ]• 浪川会• 住吉会 住吉一家 六代目• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組 六代目豪友組 八代目• 浪川会 永虎組• 六代目山口組 二代目• 神戸山口組• 沖縄旭琉会• 浪川会 中原組• 稲川会• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 五代目國粹会 十三代目• 浪川会 浪勝総業• 浪川会 浪川総業• 住吉会 住吉一家 六代目• 沖縄旭琉会• 住吉会 幸平一家• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 西和会 四代目• 住吉会 住吉一家 西和会 六代目• 六代目山口組 二代目浅川一家• 神戸山口組• 住吉会 住吉一家• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家滝野川八代目 大塚地区橋本組 は行 [ ]• 六代目山口組四代目• 住吉会 住吉一家 馬橋七代目• 住吉会 幸平一家• 稲川会 六代目• 六代目山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 滝野川八代目• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目黒誠会• 住吉会 住吉一家 西海家• 六代目山口組 五代目• 稲川会 中島一家• 住吉会 住吉一家 六代目• 稲川会 十代目• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家 七代目• 二代目福博会 二代目• 住吉会 住吉一家 七代目• 三代目侠道会• 中野会• 三代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会• 三代目• 住吉会 住吉一家 三代目中村会• 三代目山口組• 六代目山口組 茶谷政一家• 三代目福博会 三代目• 住吉会 住吉一家 初代• 六代目山口組 二代目倉本組 二代目• 神戸山口組• 六代目山口組 岸本組 二代目• 六代目山口組• 六代目山口組• 三代目山口組• 住吉会 幸平一家• 六代目山口組 四代目山健組 二代目• 六代目山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目小西一家 二代目• 六代目山口組 二代目弘道会 藤島組 ま行 [ ]• 神戸山口組• 神戸山口組• 六代目山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 沖縄旭琉会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目髙山組• 神戸山口組• 二代目• 稲川会 堀井一家• 極東会 松山連合会• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組 二代目• 極東会• 任侠山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 七代目• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目• 稲川会• 六代目山口組 四代目山健組 五代目健竜会• 六代目山口組 三代目益田組• 六代目山口組 二代目弘道会 六代目• 住吉会 住吉一家 初代• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 十代目• 浪川会• 浪川会 村上組• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 二代目松田組• 六代目山口組• 神戸山口組• 五代目山口組 尾崎組 六代目• 稲川会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会 三代目司興業• 五代目山口組 や行 [ ]• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組 二代目古川組• 稲川会• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 八代目• 住吉会 幸平一家• 住吉会 住吉一家 親和会 五代目• 六代目山口組 三代目誠友会 二代目• 住吉会 住吉一家 大日本興行 二代目• 稲川会 二代目• 神戸山口組• 稲川会 七代目三本杉一家• 六代目• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目倉本組• 住吉会 住吉一家 親和会 六代目• 稲川会• 沖縄旭琉会• 住吉会 幸平一家• 沖縄旭琉会• 神戸山口組• 稲川会• 稲川会• 六代目会津小鉄会 ら行 [ ]• 六代目山口組 後藤組• 沖縄旭琉会• 住吉会 住吉一家 六代目• 六代目山口組 後藤組 わ行 [ ]• 六代目山口組 二代目• 神戸山口組 五代目山健組 鷲坂組 その他 [ ]• 土建暴力団• 港湾暴力団 脚注 [ ] [].

次の

虚偽業績発表で発電会社社長ら逮捕 補助金詐取容疑で別会社社長も 東京地検特捜部(1/2ページ)

誠 晃 印刷 逮捕

お客様の意向を素早く現場へ。 常に笑顔と誠意で対応します。 商業印刷であろうと、出版印刷であろうと、お得意先様からのニーズをくみ取り、やり取りさせていただくのは、営業の役割です。 印刷の営業が、ほかの営業職と違うのは、数量や型番、納期、価格といった固定の情報だけで終わらないところ。 いろいろな段階から入るパターンがありますが、何もないイメージだけのところから、ご提案を積み上げる場合もあります。 ご提案といっても、例えば紙のご提案もありますし、サイズ、色数、印刷の仕方、加工の手法、場合によっては内容的なところなどもあります。 いかに、最終的にはご予算に合わせ、ご要望を実現できるか、というところにつきます。 そのためには、全般的な知識が必要なうえ、イレギュラーなものならばその効率的な製造設計も必要となります。 最近、印刷会社に求められるものも多様化しています。 誠晃印刷でも、PETやPPといった特殊現反の印刷なども行っており、従来とは違った知識も必要となります。 一つ一つ挙げるときりがありませんが、機械ひとつとってもさまざまな要素があるので、日々勉強です。 加えて、今後は外国語翻訳サービスや企画デザインなどももっと増えてくるはずで、扱う文字や言葉としてもバリエーションがでてくるでしょう。 こういった、営業が直面する様々な変化は、厳しいと言われる印刷業の中でも、可能性の部分だと考えております。 前向きに、まじめにニーズにお応えしていくことは、時代に合わせたノウハウを蓄積していくことにもなるのだと思っています。 ネット社会の現代では、印刷物の力が過小評価されがちだと感じています。 でも、きっとその力が正当に評価され、ネットと印刷物という情報伝達手段が相互補完の形で住み分け方が確立していくのだと思います。 おそらくそこでは、印刷物は色などのきちんとした情報、正確な情報を担当することになるでしょうし、触感を含めた感性の部分を担当することになっていくと思うのです。 そのために、印刷物の力を最大限に発揮させるべく、我々は印刷のノウハウを蓄積し、新たな発想を持ち続ける必要があると考えています。

次の

無断で堕胎、逮捕医師の病院が謝罪会見「被害者におわび」

誠 晃 印刷 逮捕

北海道警は11日、覚せい剤事件で家宅捜索に入ったマンションの一室で、特定抗争指定暴力団・系幹部らが、金を賭けた「賭け麻雀」をしていたとして賭博の疑いで現行犯逮捕した。 逮捕されたのは、系「」幹部、こと容疑者(74)と、同幹部で「三代目」組長、こと容疑者(70)、札幌市内の会社役員の男ら5人。 調べに対し、5人は容疑を認めている。 高橋容疑者らは6月11日午後、札幌市中央区南9条西3丁目のマンションの部屋で「賭け麻雀」をしていた疑い。 道警が別の覚せい剤事件で、この部屋に家宅捜索に入った際に発見、現行犯逮捕した。 「賭け麻雀」はチップを現金で購入する形で、1日に数万円から十数万円が動き、高橋容疑者が人を集め取り仕切って常習的に賭博が行われていたとみていて、賭博開帳図利の疑いも視野に捜査している。 福岡県警博多署は11日午前、福岡市博多区の歓楽街・中洲で無許可営業したとして摘発されたキャバクラ店の経営に関与したとして、指定暴力団・の本部事務所などを風俗営業法違反容疑で家宅捜索し、書類など数百点を押収した。 浪川会本部を捜索 キャバクラ店は「暴力団員立入禁止」の標章を店舗出入り口に掲示しており、暴力団排除に取り組んでいる姿勢を示しながら、実際はの資金源になっていた可能性があり、博多署が実態解明を進めている。 博多署は10日、風営法違反(無許可営業など)容疑でキャバクラ店経営者、北嶋昇容疑者(28)=福岡市中央区清川1=ら2人を逮捕した。 内偵捜査で北嶋容疑者らが、と親交があり、キャバクラ店の売上金の一部がに流れていた疑いが浮上した。 「暴力団員立入禁止」の標章は、県暴力団排除条例に基づき、飲食店が県公安委員会に申し出て掲示するが、北嶋容疑者は別人の名義で店を営業し、標章を利用したとみられる。 掲示店に入った暴力団組員は県公安委から退去を命じられ、背くと50万円以下の罰金が科せられる。 県警によると、掲示店の経営に暴力団の関与が疑われるのは異例。 滋賀県警大津署は11日、医師を脅して新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を無理やり受けようとしたとして、・六代目系組員で建設業、中野利明容疑者(46)=大津市長等=を強要未遂の疑いで逮捕した。 中野容疑者は容疑を否認している。 滋賀県警大津警察署 中野容疑者は5月24日、大津市内の病院で、男性医師からPCR検査を断られたところ、「このまま帰れって言うんか。 お前、責任とれんのか」「検査やれや、どうなっても知らんぞ」などと脅迫。 検査を強要させようとしたとしている。 中野容疑者は熱があったため、病院を受診。 病院関係者から「医師が診察中に患者に恫喝されている」と通報があり、同署員が駆けつけたが、中野容疑者はすでに病院にいなかったため同署が行方を追っていた。 県公安委は再度、意見聴取の場を設定した上で本命令を出すかどうか判断する。 意見聴取は組側に弁明の機会を与え、仮命令の妥当性を判断するための手続き。 この日は午前10時から県庁分庁舎に会場が設けられたが、開始時刻になっても組関係者は現れず、1時間以上過ぎた時点で欠席と判断された。 関係者によると、組側からは出席しない旨が伝えられたという。 仮命令は、再度開かれる意見聴取の日まで延長される。 暴力団対策法では、再聴取の場にも組側が出席しなければ、本命令を出すことができると規定している。 を巡っては、5月30日に組事務所付近での若頭(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃され、特定抗争指定暴力団・系幹部、容疑者(52)=同市古豊千=が銃刀法違反容疑で逮捕された。 県警は銃撃事件をとの対立抗争とみており、報復を防ぐための緊急措置として今月5日に仮命令を出し、多数の組員の事務所への集合などを禁止している。 警視庁は9日までに、今年4月に東京都渋谷区のスクランブル交差点付近で、指定暴力団・系組員らとイラン人らが、乱闘騒ぎを起こしたとして暴行容疑で逮捕した。 系幹部らが、みかじめ料を要求してトラブルになったという。 逮捕されたのは、ハリッグ・アブドラ容疑者(52)ら2人と、系「」幹部、容疑者(34)、同組員、大角良容疑者(33)ら4人。 当時、イラン人側が大角容疑者に「薬はいらないか」と声をかけ、系幹部らが「覚醒剤を売買するなら、みかじめ料か覚醒剤を渡せ」と言って乱闘騒ぎになったとみられている。 警視庁はハリッグ容疑者らがセンター街で違法薬物を売買をしていたとみて調べている。 イラン人の2人は容疑を否認している。 警視庁万世橋署は10日、交際相手の女性を巡ってトラブルになり、メイドカフェの男性オーナーから現金を脅し取ろうとしたとして指定暴力団・系幹部、山崎太士容疑者(44)を恐喝未遂の疑いで逮捕した。 山崎太士容疑者 山崎容疑者は去年11月、秋葉原でメイドカフェを経営する男性(当時29)に200万円の借用書を強制的に書かせ、金を脅し取ろうとした疑い。 山崎容疑者は交際していたメイドカフェの女性店員を巡って男性とトラブルになっていた。 男性オーナーに「ヤクザの女に手を出したんだから分かってるんだろうな」「ヤクザに示談書はない!借用書だ!」などと脅し、毎月20万円を手渡すよう約束させたという。 取り調べに対し「話しを聞きに行っただけ」と一部、容疑を否認している。 岸本容疑者とみられる人物が近くの駐車場に止めた車内で待ち伏せし、銃撃の機会を見計らっていたことも判明。 岡山県警は同容疑者を銃撃の実行犯と断定した。 事件の起きた5月30日は、2016年に系元組員に射殺されたの元若頭の法要が岡山市内であり、法要を終えて事務所へ戻ったところを銃撃された。 事件ではの若頭が腹部に銃弾1発を受けて重傷を負い、逃走する車両と接触した男性組員(62)も負傷。 岸本容疑者は現場から約2キロ離れた路上で車内に銃を隠し持っていたとして現行犯逮捕された。 和歌山県警和歌山東署は4日、和歌山市で橋を渡った車がT字路を曲がり切れずに堤防下の住宅に突っ込んだ事故で、特定抗争指定暴力団・傘下組員・案浦広樹容疑者(48)=和歌山市元寺町西ノ丁=を道交法違反(酒気帯び運転、過失建造物損壊)の疑いで逮捕した。 車に突っ込まれた住宅 案浦容疑者は5月31日午前1時半ごろ、飲酒運転で和歌山市の紀の川大堰管理橋でで乗用車を運転中、橋を渡った直後にT字路を曲がり切れずにガードレールを突き破り、約20メートル離れた堤防下の住宅2階に突っ込んで住宅を壊した疑い。 住宅は空き家だった。 案浦容疑者は病院に搬送され、腕などに軽傷。 住宅の持ち主との間に面識などはないという。 警察は事故現場で酒のにおいがしたことから、案浦容疑者のアルコール検査を行い、4日に酒気帯び運転の疑いで逮捕した。 案浦容疑者は事故当時「覚えていない」と話していたが、現在は黙秘している。

次の