ゼンリー ゴーストモード バレる。 Zenly(ゼンリー)使い方&評判レビュー!位置がバレない対処法も

Zenly(ゼンリー)のゴースト機能「フリーズ」「あいまい」の使い方──ブロックや削除、プライベートモードなどプライバシー管理もまとめて解説

ゼンリー ゴーストモード バレる

「プライベートモード」「友達が電話番号登録」していない場合はフレンド追加の通知はされない 再度された友達申請でブロックすると相手にメッセージが表示される 2回目の友達申請の際に表示される「ブロック」でユーザーをブロックすると、 ブロックされた相手には上の画像のように「エラー:このユーザーは友達に追加できません。 」と表示されます。 もし、再度友達申請をされるようなことがあればこのエラー表示がされるので確実にブロックされたことはバレるでしょう。 ブロックに近い機能でバレる ゴースト機能でバレる Zenlyにはブロックまではいきませんが、ブロックに近い機能があり、位置情報をバレずに利用することができます。 ですが、実際は「フリーズ」も「あいまい」もどちらもこれから紹介する理由が原因で友達にはバレてしまいます。 フリーズ まず、フリーズ機能とはあなた自身の位置情報を固定する機能です。 例えば、 自宅にいて「フリーズ」を設定してそのまま外出しても友達などに表示される位置情報は自宅の位置情報のままになります。 一見、じゃあ位置情報はバレないし、利用しても特に問題ないかもと感じますが、以下のバレる理由を確認してください。 「あいまい」に設定すると、友達の地図上に表示される自分のピンに「あいまい」と表示され、友達があなたの位置情報をタップすると「〇〇はあいまいになっています。 」と表示されます。 このようなことから「あいまい」を使っているんだと完全にバレてしまいます。 ブロックやゴースト機能を利用していることをバレないようにする方法 ブロックはしない ブロックしてしまうと、確実にいつか「ブロックしていること」が相手にバレてしまいます。 しかし、友達申請の際に「拒否」を行っておけば友達になることもない上に、拒否したところで特にバレません。 何度も申請する人に対して毎回拒否するのは面倒かもしれませんが、バレないようにするためにはこの方法がいいでしょう。 リアルな友達だと「なんで承諾してくれないの?」と聞かれる場合があるので注意が必要です。 あいまいは使わない 先ほど説明したように「あいまい」は相手の地図上に表示されてしまう機能です。 なので、知られたくないから「あいまい」に設定しているんだとバレてしまいます。 すぐにバレるので「あいまい」は使わないようにしましょ う。 フリーズは一定時間で居場所を変えるようにする 「フリーズ」は位置情報がバレないとても便利な機能ですが、位置情報を固定する機能なので、数日間も場所を変更しないと「フリーズ」を使っているとバレてしまいます。 フリーズを使ってバレないようにするには「一定時間で居場所を変更する」ということです。 フリーズ機能を一度解除して違う場所に移動して、再度フリーズ機能に設定することで居場所を変更することができます。 そうすることで、フリーズを設定していても不自然に位置情報が固定されることがないのでおすすめです。 退会する Zenlyは常に位置情報をオンにしておかなければ利用できないアプリなので、 位置情報は誰にもバレたくない、知られたくないと思った方は退会することをおすすめします。 退会することでブロックやゴースト機能を利用せずに位置情報を知られることがなくなります。 ただし、退会するということはZenlyを利用できなくなるということなので、 Zenlyは利用したいという場合には「フリーズ」機能を利用することが一番のおすすめです。

次の

Zenly(ゼンリー)でブロックされてる!?確認する方法を徹底解説

ゼンリー ゴーストモード バレる

特定の相手とだけ位置情報の共有をやめる Zenlyがわずらわしく感じられる場合は、まず位置情報を共有する友だちを見直してみましょう。 位置情報の共有をやめたい相手がいた場合は、以下のような方法で対応できます。 「ずっと」フリーズを利用する Zenlyには、自分の位置情報をぼかす「ゴーストモード」が備わっています。 フリーズは、このゴーストモードの一部であり、位置情報を設定時点の場所に固定する機能です。 フリーズの適用時間は、「2時間・8時間・24時間・ずっと」の4段階。 さらに適用する相手も自分で選択できます。 「ずっと」でフリーズ機能を適用させると、相手のアプリ上には、その時点の位置情報がずっと表示され続けます。 移動がないことを不審に思われる可能性はありますが、アイコンが消えるわけではなく、メッセージのやりとりも変わらず可能です。 メッセージ履歴の削除方法• 画面左下の吹き出しマークをタップ• 削除したいメッセージの履歴を長押し• 「自分だけ削除」をタップ Zenly自体をやめる そもそもZenly自体をやめたいという場合は、以下のような方法で退会を行いましょう。 アンインストールする Zenlyのアプリ自体をアンインストールすれば、位置情報の共有はされなくなります。 ただし、アカウントが削除されるわけではないので、相手側の画面にはアンインストールした時点の位置情報が永遠に表示され続けます。 位置情報が残ることが気になる方は、アカウントの削除依頼を行ってからアンインストールしてください。 アカウントを削除する 位置情報を残さずZenlyを退会したい場合は、アカウントを削除しておきましょう。 アカウントを復活させる方法• Zenlyを開き、規約に同意した後、名前・生年月日を登録• 以前のアカウントと同じ電話番号を登録• 電話番号で本人確認がとれると、「アカウント無効のお知らせ」が表示されます 復旧する場合は「復旧」をタップしてください 削除依頼から30日を過ぎたアカウントに関しては、2020年2月6日現在、復旧の方法はありません。 Zenlyアカウントを変更する 最後に、今までのアカウントを捨て、別のアカウントでZenlyを続ける方法を解説します。 別の電話番号でログインする そもそもZenlyでは、電話番号ごとにアカウントを管理し、情報を保存しています。 そのため、別の電話番号でログインすれば、まったく別人として再度Zenlyを始めることができます。 2台持ちなどで複数の番号をお持ちの方は、別の番号でアカウントを作り直すのが最も簡単な手段でしょう。 以前のアカウントは何もしなければそのまま残ってしまうので、必要な場合は削除依頼をあげてください。 アカウントの削除方法については、本記事の「2. 2アカウントを削除する」で詳しく解説しています。 電話番号を変える 複数の電話番号をお持ちでない方は、現在の電話番号を変えることで新しいアカウントをつくることができます。 ただし、手間や料金を考えると、あまり現実的な手段ではないかもしれません。 アカウント削除を依頼して30日待つ Zenlyでは、依頼して30日経過すると、アカウントの削除が完了します。 動作確認はとれていませんが、アカウント削除後に同じ電話番号で再登録することは、理論上可能と思われます。 一定期間Zenlyが使えなくても構わないという方は、こちらの手段も試してみる価値がありそうです。 IP電話のアプリを使う Zenlyのアカウント登録に必要なのは、着信ができる番号です。 そのため、IP電話のアプリを利用して「050」始まりの番号を取得することでも、新しいアカウントを作ることができます。 この記事を作成するにあたって、「SMARTalk」で新しい番号を取得し、Zenlyのアカウント作成を行ってみました。 本人確認の着信までに少々時間はかかったものの、問題なくアカウントの作成は完了。 新しいアカウントを持つことができました。 公式に推奨される方法ではないかもしれませんが、こちらも試してみる価値はあるかと思います。 新しいアカウントは登録した「050」の番号に紐づくので、できれば取得した番号は解約せずに残しておきましょう。 なお、IP電話のアプリの中には、通話を利用しなくとも月額料金がかかるものもあります。 利用の際は、あらかじめ料金設定を確認してください。 今回検証に利用した「SMARTalk」は、かかる料金はこちらから発信した通話料金のみであり、月額料金も番号発行手数料もかかりません。 クレジットカードや住所・氏名の登録が必要ですが、今回のようなケースには特におすすめです。 適した手段を選んで、Zenlyと上手くつきあおう! 時にはわずらわしくも感じられるZenlyですが、気の合う友だち同士でわいわいと利用するのは楽しいものです。 アカウントの削除・変更も含め、自分に適した手段で、上手くつきあう方法を見つけてみてください。

次の

【大流行】現代っ子がやっている位置情報共有アプリ、ゼンリーとは!|JGS

ゼンリー ゴーストモード バレる

ゴースト機能は2種類• :自分の現在地が大まかに表示される• :フリーズにした瞬間の場所が現在地として固定される 「あいまい」な位置と 位置を「フリーズ」の2種類がゴースト機能として用意されています。 どちらも、アプリをアンインストールすることなく、居場所を眩(くら)ませることが可能です。 ゴースト機能の設定は、画面右下にある人アイコンをタップし、次の画面右上にあるゴーストのアイコンからおこないます。 ゴースト機能を適用したいユーザーを選び、画面上部に表示された「あいまい」か「フリーズ」を選ぶだけです。 いつでも設定変更は可能です。 なお「あいまい」な位置を選択した場合、相手にもその設定がバレてしまう仕様になっています。 以下では、2種類のゴースト機能について詳しく説明していきます。 ゴースト設定を「あいまい」にする場合に注意してほしいのが、相手に対してあなたが「あいまい」設定をしていることがバレる点です。 マップ上では、相手のアイコンの横に斜線の入った矢印マークが反映されます。 このマークにより、相手があいまい設定にしていることがわかります。 相手のアイコンをタップし、矢印マークを選択すると、自分と相手の距離・ルートを検索することが可能です。 このように、「あいまい」設定をすると、相手にもその事実が完全にバレしまうことを知った上で実行する必要があります。 ゴースト機能:位置を「フリーズ」とは? 位置を「フリーズ」に設定すると、設定を開始する直前の場所にずっと固定されるようになります。 つまり現在地が動かないため、相手のマップ上で指している場所と違うところにいてもバレないということです。 また、この設定は相手に通知されません。 あまりにも現在地が動かないことに相手が違和感を感じない限り、フリーズを利用していることは気づかれないでしょう。 ゼンリーの「ブロック」機能とは? ゴースト機能の「あいまい」や「フリーズ」設定を使えば、現在地をうまく隠すことが可能です。 しかし、相手の地図上からあなたが消えるのではなく、居場所をごまかすための機能なので、存在自体を消すことにはなりません。 さらにメッセージも送受信可能で、完全にシャットアウトしたことにはなりません。 友達関係を一時的に辞めるなどと同様に、ゼンリーにもブロック機能は存在します。 ところがゼンリーにおける「ブロック」はすでに友達になってしまった人に使うことができないため、注意が必要です。 友達を完全ブロックするには「削除」しかない では、ゼンリーで友達を完全ブロックするにはどうすればいいのでしょうか。 結論、相手を自分のゼンリー上から「削除」してしまう以外に方法はありません。 削除をするということは、IDを交換・承認する前の状態に戻るということ。 再度お互いに登録し合わないとゼンリーでのコミュニケーションは復活しません。 地図画面に戻ると「appllio」が居なくなっていた 削除が完了したあとに、一度だけ[フレンドの追加]画面が表示されます。 ただし、相手がかつ、あなたの電話番号を電話帳登録していない場合は、フレンド追加画面は表示されません。 削除したままでよければ何も書かれていない背景を適当にタップし、マップ画面へと遷移します。 削除された相手側は、次にゼンリーを開いたときに「連絡先にありません」と書かれたフレンド追加画面が表示されるようになっています。 この画面から、 さゆたろから削除されたことがわかります。 もちろん地図画面にも表示されていないため、遅かれ早かれ削除されたことがバレるでしょう。 電話番号やZenly ID、「知り合いかも」リストから相手が友達申請をしてきた際にブロックするか否かを選べます。 一度ブロックすると、今後は相手から友達申請がくることも、相手の「知り合いかも」リストに載ることもなくなります。 相手がZenly IDや電話番号を使って友達申請をしてきたときに[ブロック]を選んでください。 画面右下の人マークを開き、右上の設定ボタン[ ]をタップすると「ブロックしたユーザー」の項目があります。 ブロックが完了していると、ここに該当のユーザが表示されます。 ブロックしている限り、相手から友達申請がくることはありません。 ゼンリーの「プライベートモード」とは ゼンリーには、 お互いにアドレス帳に登録している人だけが友だち追加可能な「プライベートモード」があります。 いま友達になっているメンバーや、電話帳に登録されている親しい間柄だけで楽しみたい場合に利用するといいでしょう。 プライベートモードを[オン]にすれば設定が完了です。 「知り合いかもしれないユーザー」に表示されないようにする方法 プライベートモードの下にある「おすすめユーザーをオプトアウト」を[オン]にすると、相手の「知り合いかもしれないユーザー」リストにあなたが表示されなくなります。 この「知り合いかもしれないユーザー」には、あなたの電話番号を登録している相手、かつゼンリーを利用しているユーザーや、「友達の友達」にあたるユーザーが表示されるようになっています。 できるだけ自分がゼンリーをやっていることを伏せておきたいときや、急に友達申請をされたくないときなどに使うと有効でしょう。

次の