ジョイコン ドリフト。 二台目switchのジョイコンも壊れた。接点復活剤(スプレー)で安くて簡単、お手軽修理。

【勝手に動く!?】Switch Liteのスティックの修理方法を紹介

ジョイコン ドリフト

Nintendo Switchのコントローラーである「Joy-Con」のスティックが勝手に動く問題に対して、アメリカで集団訴訟が提起されたとなどが報じています。 日本でも悩んでいる方が多いかもしれないこの問題について、現状や今できる対処法を紹介します。 「Joy-Conドリフト」に悩む人は多い? 出典: 今回訴訟を提起した人物は、「Joy-Conドラフト」と呼ばれるこの現象が発生するまで約11か月間使用したとのこと。 保証期間内であったため、任天堂のサポートを利用して無償修理を受けたものの、その後保証期間が切れた別のJoy-Conで同じ現象が発生したため、訴訟を決断したとのことです。 Joy-Conをめぐっては、アナログスティックが勝手に動くことがあると一部ユーザーの間で話題となっていました。 Joy-Conがほこりや汚れの影響を受けやすい構造をしているせいではないか、あるいは経年劣化のせいではないかなどの指摘がありますが、詳しい原因は判明していません。 影響を受けていないユーザーも多いことを考えると、保管状況や利用頻度に起因する問題である可能性もあります。 サポートサイトに対処方法が掲載 なお任天堂のサポートサイトでは、よくある質問として「」を掲載しています。 Joy-Conの誤作動に悩んでいる方は、まずはこちらのサイトに掲載されている方法を試しましょう。 それでも改善されない場合は、「」から修理を申し込みましょう。 よくある質問として掲載されていることや、ネット上の反応から、悩まされている方もそれなりにいると推測されるJoy-Conドラフト問題。 今後の推移に注目するとともに、ひとまずはJoy-Conをホコリのかかりにくい場所で保管したり、定期的にクリーニングしたりして、慎重な管理を心掛けることをおすすめします。

次の

ジョイコンが勝手に動く不具合(ドリフト)が集団訴訟に発展!現状できる対応方法は?

ジョイコン ドリフト

ニンテンドースイッチのジョイコンドリフトについて、続報が出ています。 今回は、正式に裁判になり、任天堂も関連してコメントを出しているというものです。 スイッチ、ジョイコンドリフト裁判 ニンテンドースイッチは、海外で「ジョイコンドリフト」と呼ばれる問題が話題になっています。 この問題は、原因が少し異なるかもしれないものの、本体の発売後からずっと存在しているものです。 その内容は、ジョイコンがドリフト状態になるという、そのままの内容ですが、漂流(drift)するように勝手に動く(=何も入力していないのに勝手に入力状態になる)ことから、こういった名称が海外で付けられています。 ジョイコンドリフト問題は、以前から存在するものの、なぜか最近になって海外フォーラムで大きく盛り上がる展開になっており、先日ご紹介したように、集団訴訟の動きが出ていました。 今回、この動きを取りまとめていた法律事務所が、正式にアメリカで任天堂を相手に裁判を起こすことにしたと少し前に発表しています。 そうするのが適切だと思いました! — Micah SeekerofWorlds Have YOU Experienced… The Joy Con Drift? Whens it happen for you? — SwitchForce TheSwitchForce 任天堂もコメント ニンテンドースイッチのジョイコンドリフト問題については、このように、アメリカで正式に裁判沙汰になったので、海外メディアも大きく取り上げています。 そして、この問題に関連して、海外メディアがアメリカ任天堂からコメントを得ています。 これによると、任天堂は、高品質な製品を発売することに大変誇りを持っており、これからも継続的に自社製品を改善していくとしています。 また、言われているような状態が発生することがあるという報告が出ていることは把握しているとしています。 そして、もし、ユーザーがニンテンドースイッチで何か楽しめないような事態に遭遇したのならば、それについてはサポート対応していくと明らかにしています。 よって、裁判になったこともあり、非があるとも非がないとも言わないような曖昧なコメントではありますが、とりあえず、問題意識は持っているということのようです。 なお、ニンテンドースイッチのジョイコンに関するユーザーの不満は、今回裁判になったドリフト状態になるというもの以外にも、そもそも壊れやすいというようなものなどもあると思われます。 また、PROコンも、壊れやすかったり、テトリス99がまともにプレイ出来ないほど十字キーの誤爆が多発するなど、スイッチの純正コントローラー関連の不満点は色々と多いと思われます。 任天堂ハードと言えば、これまで、壊れにくいという話や、サポートが良いという話が、ファンから出ることが多くなっていました。 しかし、ニンテンドースイッチ時代になり、これらの話とは真逆の話が出ることも多くなっています。 これは、裁判で勝った負けたなどで、仮に一時的にやり過ごせたとしても、今後のファン層へ影響が非常に大きいものになるので、一刻も早くジョイコンとPROコンの改良版を発売して、ファンの不満の根本的な解消を図って欲しいところでしょう。

次の

ジョイコン(Joy

ジョイコン ドリフト

公開日: 2019年12月23日 最終更新日: 2020年03月26日 2017年に発売された任天堂のゲーム機である「 Nintendo Switch ニンテンドースイッチ 」が人気を集めています。 そんな人気の「スイッチ」なのですが、発売以来 あることがユーザーの間で度々問題になっています。 それは、付属コントローラーである 「Joy-Con ジョイコン 」が壊れやすいということです。 この「 ジョイコンがすぐ壊れる」ということは世界中でも問題になっていて、特に何もしていないのに スティックが勝手に入力されてしまうといったことがあるようです 参考:。 2019年8月には、 マイナーチェンジ版の新しいスイッチが登場し、 多少はジョイコンの不具合も改善されたようですが、それでも 依然として耐久性には問題があるようです 参考:。 このように、ジョイコンは 仕様として壊れやすいものであるようです。 そこで、スティックを多用するアクションゲームなどではジョイコンを使わずに サードパーティーのスイッチコントローラーを使うことをオススメします。 ジョイコンは壊れやすい 「Nintendo Switch ニンテンドースイッチ 」を購入すると、 「Joy-Con ジョイコン 」と呼ばれるコントローラーがLとRの2つ付属しています。 このジョイコンは、 スイッチに装着して使ったり、スイッチから外してBluetooth接続で ワイヤレスで使うこともできます。 そんな画期的なジョイコンなのですが、 スティック部分が壊れやすいということが度々言及されています。 海外ではジョイコンの故障をめぐって 訴訟問題に発展しているケースもあって、いかにジョイコンが壊れやすいものか分かると思います。 このように、ジョイコンが壊れやすいのは ある程度仕様のようなので、 スティック入力を多用するアクションゲームなどの使用には控えた良さそうです。 しかもジョイコンは高い ここで、「 ジョイコンが壊れちゃっても新しいのを買えば良いじゃん?」と思う方もいるかもしれませんが、 ジョイコンは定価8千円以上と高いのです。 8千円も出せばスイッチの新作ソフトが1本買えてしまう値段なので、コントローラーのために8千円も出すのは割りに合わないわけです。 このように、スイッチに付属されているジョイコンは、 なるべく壊さないように気をつけて使う必要があります。 サードパーティーのスイッチコントローラーは2000円台で買える 任天堂は公式に「」というゲームコントローラーを発売しています。 このように、「ジョイコン」も「Proコントローラー」も、 高いくせにすぐに壊れやがるのであまり使いたくないところです。 ここでオススメなのが、ジョイコンやProコンは使わずに サードパーティーのスイッチコントローラーを使う方法です。 任天堂純正ではないサードパーティーのスイッチコントローラーは、 2,000円台から販売されていて、購入しやすくなっています。 実際に私もBEBONCOOLというサードパーティーのコントローラーを使っていますが、振動機能にも対応していて なかなか使いやすいです。 また、サードパーティーのスイッチコントローラーは Amazonで検索をかけるとたくさんあるので、良さそうなものを見つけてみるのも良いと思います。 ウェブサイト: うまく買えば、 「Proコントローラー」を1つ買う値段でサードパーティーのスイッチコントローラーが2〜3個買えてしまうので、スイッチのゲームを複数人で遊びたい方にもオススメになります。 このように、サードパーティーのスイッチコントローラーは コスパも抜群に良いのでオススメになります。 ジョイコンはリングフィットアドベンチャー専用にするのが吉? 「ジョイコンが壊れやすい」という事実は変わらないため、 なるべくジョイコンを使わないことが重要になります。 とは言っても、2019年10月に発売された「リングフィット アドベンチャー」では、 ジョイコンをリングコントローラーに接続しないと遊べない仕様となっています。 このように「リングフィット アドベンチャー」ではジョイコンが必要になるのですが、実際のところ スティック操作などはほとんど使わずに主にリングコン側で操作します。 そのため、「リングフィット アドベンチャー」を遊んでいて ジョイコンが壊れてしまう心配はなさそうです。 そう考えると、いっそのこと ジョイコンは「リングフィット アドベンチャー」専用にしてしまうのもアリです。 そして、マリオやゼルダ、スマブラなどの アクションゲームを遊ぶ時はジョイコンではなくサードパーティーのスイッチコントローラーを使うようにすれば、ジョイコンが壊れるリスクはほぼゼロになります。 スイッチのほとんどのゲームは「Proコントローラー」に対応しているため、サードパーティーのスイッチコントローラーでも問題なく遊ぶことができます 1-2-Switchなど一部ゲームは非対応。 携帯モードメインならSwitch Liteにするのもアリ? ここで、「 スイッチは携帯モードで遊ぶことが多いからジョイコンを使う必要がある」という方もいると思います。 このようなスイッチを携帯モードで遊ぶことが多い人の場合は、いっそ 「Switch Lite スイッチ ライト 」に乗り換えるのもアリだと思います。 そのため、 スイッチの旧モデルで携帯モードで遊んでいる方は、スイッチを売却してスイッチライトに乗り換えると快適になります。 ただし、 スイッチライトのスティックがジョイコンと比べて壊れにくいのかどうかはまだ発売から月日が浅いので分かりません。 最後に 今回は、『 ジョイコンは壊れやすい!サードパーティーコントローラーを使おう』についてご紹介しました。 このように、ニンテンドースイッチの ジョイコンは壊れやすいので、サードパーティーのスイッチコントローラーを使うのがオススメになります。 もちろん、ジョイコンの代わりに任天堂純正の「 Proコントローラー」を使うのもいいのですが、 Proコンは高い上に耐久性の低さが問題視されているので注意しましょう。 リングフィットアドベンチャーはジョイコンを使わないと遊べないのですが、 スティック操作はほとんど使わないので壊れる心配はなさそうです。 重要なのはマリオやゼルダ、スマブラ、スプラトゥーンなどの スティック操作をガンガン使うアクションゲームで、これらのゲームを遊ぶ時はジョイコンの使用は避けましょう。 皆さんも、サードパーティーのスイッチコントローラーをうまく活用して、壊れやすいジョイコンに対抗しましょう。 こちらの記事もオススメです:.

次の