は ね バド。 static.promonews.tv: バド!/ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.3: 音楽

『静謐な空間に流れるジャズを聴きながら… (^J^) y

は ね バド

詳細 2020年7月13日 00:13更新 2015年タロバドから、「TRB」 で男子3チーム、女子1チームの社会人チームを作り参戦中です。 2011年2月 バドミントン超ド素人の俺が突然したくなった 何故かって? うーん 突然変異? いえ、違います 昔、じいちゃんが、ハエたたきで、ハエ叩いているの思い出した じいちゃん、楽しそうだったから (純粋にバドミントン始めた人ごめんなさい ) 不純な動機だけど、 素人の俺が始めて、 面白いと思った スポーツ ハマった もちろん本気で上達目指すのも良いし、 俺みたいに、 健康の為、血圧が上がって 倒れない程度に、 『きゃっきゃ 』 っと楽しみながらするのも良し 活動は、白山市の体育館が中心。 日曜日の夜と、土曜の昼が多いです 月1回は、有休使って平日の昼間開催もします。 1回の参加者は老若男女、30名〜50名くらいです。 試合が出来るようになった時は真剣にしましょう 誰でも、お気軽に参加ください。 気も、お金も使わせません お布施取ったり、壺売ったりもしませんので安心を お友達を紹介してくれた人には、1人につき、チロルチョコ2個あげちゃおうかな いろんなバド のサークルあるけれど、それぞれのサークルの特徴があるのだし、時間、場所が合うところに皆な自由に行ったり来たり出来たらいいなと思っています。 そしてバドミントンの人口増えて、全体が盛り上がればいいですしね 平和で楽しくバドミトンをやりたいです。 参加メンバーのマイミクさんや お友達は気軽に参加申請してください。 参加メンバーが知らない人でも、このコミュを見て、 バドをやりたい、楽しみたいと言う人がいたら気軽に参加申請してくださいね。 参加ボタンはコミュから押すことになります。 全体的に基礎打ちが終わったら、15点のフリーの試合になります。 3時間以下の時は、団体戦にするか、トーナメント戦にするか、フリーの試合にするかその時に 決めます。 【その他注意事項】 ・スポーツ団体保険は入っていませんので、 各自入念な準備運動を行ってください。 ・男女が集まる場。 楽しくバドミントンをする事が目的です。 しつこく誘う、嫌がっているのにメッセ、メールを送るなど、常識的でない行 動があった場合は脱退していただく事もあります。 ここで明言しましたので、困っている女性がいたら連絡ください。 ・シングルで1面使う事は遠慮ください。 ・無断で各自のサークルやコミュ、その他の勧誘はトラブルのもとになりますので禁じます。 ・・・・・・・・・・・検索用・・・・・・・・・・・ 出会い 石川県 金沢市 小松市 野々市 白山市 かほく市 能登 北陸 バドミントン スポーツ ダイエット 初心者 体育館 球技.

次の

へドン ビッグバドのチューニングアレコレ。

は ね バド

内容紹介 4年ぶりのブルーノートレコーディング作品。 バップ・ナンバーからバッハ曲まで多彩な魅力を持つ。 『クレオパトラの夢』と並ぶマイナーの名曲『ブルー・パール』は必聴。 創立70周年記念だからこそ可能となった、超スペシャル・プライス。 今回の発売50タイトルを含め全150タイトルがラインナップ。 レギュラー盤である、ブルーノートRVGコレクションシリーズでは未発売の作品が22点あります。 ジャズ・ファン定番の名盤がラインアップ! C RS ジャズにおける天才とは何か?誰か?個人的には、いついかなる瞬間、どの曲においてもいっさいはずれのない人であり、具体的には、パーカー、パウエル、ブラウニーの3人だと思う。 モンクは天才というより奇才(鬼才?)で、気分によっても人によっても評価は変わり、凄いことは凄いが天才ではないだろう。 マイルスはジャズの帝王、アート・ブレイキーはジャズのメッセンジャーであっても天才ではない。 名バンドリーダーだということだ。 ウイントン・マルサリスは超超超優等生であっても天才とは言えまい。 もう一つ天才の(個人的)定義を言えば、音にテクニックや理論を超えた感情を乗せられることだろうか。 パーカーは神々しい音色と同時に、どうにも軽々しいくらいの飄々とした軽やかさを奏でるところがミソであり、ブラウニーはジャズ史上究極的なテクニシャンでありながら、暖かみのある音色がウリであり、ここでいうパウエルは、神経質なまでの感情の揺らめきをそのままピアノに乗せて、テクニックとリリシズムを完璧に共存させて、一切の音に無駄がないところにある。 本作であるが、ブルーノートの諸名作シリーズ、Vol.1、2、それに5のThe Scene Changesほどメジャーで、有名曲は少ないものの、基本的に音楽的価値は全く変わらないところが天才たるゆえんだ。 「Blue Pearl」の軽快かつ抒情的なメロディ、クラシカルで音数の変化、スピーディとスローダウンを繰り返すのが実にスリリングな「Keepin' in the Groove」など、名演ぞろいだ。 ちょうど初期と後期のバランスが取れていて聴きやすいのではないだろうか。 浮遊感溢れるブルージーな「サム・ソウル」。 行き場を求めバドの魂が咆哮する。 一つ一つの音がとても重い。 「クレオパトラの夢」に勝るとも劣らないダークな輝きを発する、メロディアスな名曲「ブルー・パール」。 クラッシクの素養を披露した「バド・オン・バッハ」。 カーティス・フラーのトロンボーンをフィーチャーした、まろやかで落ち着いた数曲。 統一感に欠ける選曲ではあるが、そこに後期パウエルのワン・アンド・オンリーな魅力がある。 「人間」パウエルへの限りない愛着を感じさせる。 全盛期の超人的な切れ味はないものの、弱さやはかなさを受け入れた「天才」の滅びの美学がある。 空を真っ赤に染めて地平線に沈んでいく落日の太陽を見ているかのように感動的だ。 Six of the nine tracks are Powell originals plus three standards featuring trombonist Curtis Fuller. Although there are better Bud Powell albums, this RVG Edition 2002 of 'Bud! ' should be heard by all admirers of the pianist's music.

次の

はねバド!

は ね バド

略歴 [ ] 1934年、生まれ。 両親は。 幼少期から母親の影響でに興じるようになる。 地元の大学を卒業後、自動車販売業で富を成した父の後を継ぎ成功者となる。 にがから地元のミルウォーキーに移転し、セリグ自身も地元ファンの一人としてブレーブスの応援に熱を入れるようになる。 ブレーブスは優勝争いをし、観客も4年連続200万人を動員する盛況を見せる。 ところが、の220万人から、には77万人にまで観客動員が右肩下がりになってしまう。 セリグはGo-to-Bat-for-the-Bravesというチケット促進活動に従事する。 しかし、には91万人に回復したものの、ブレーブスはその年限りでに移転してしまう。 ミルウォーキーはフランチャイズの空白地帯となるが、セリグはに誕生しその年限りで破産したシアトル・パイロッツを購入し、の開幕前に生まれ故郷のミルウォーキーに移転させて、のオーナーとなる。 ミルウォーキー時代のブレーブスに在籍したのファンであり、1975,76年にブルワーズでプレーさせている。 セリグがオーナーを務めた時代は、MLBの球団価値が急上昇していき、MLBのオーナーになるには複数の大規模な資産を持つ個人からなるオーナーグループないし企業でなければならないほどまで巨大化していった。 セリグはこの中にあって小規模な事業家による球団オーナーという「最後の種族」だった。 また、MLB選手会が会長の指導の下、非常に力をつけ、オーナーに対抗する一大勢力となっていった。 選手会とオーナー側との交渉においてストライキやロックアウトが頻繁に起こるようになった。 には、のが辞任(実はセリグを含んだオーナーら球界関係者による「」によるものだった)し、それに伴いセリグが「実質的最高責任者(MLB公式サイトの紹介によればメジャーリーグ最高諮問会議のチェアマン)」に就任する。 1998年には正式にコミッショナーに就任する。 MLBのコミッショナー史上初のオーナー出身のコミッショナーとなる(コミッショナー就任後、ブルワーズオーナーは娘のが2004年まで務めた)。 2009年限りでの退任を表明していたが、で行われたオーナー会議において、3年の契約延長が満場一致で承認され、まで任期が延長された。 、で行われたオーナー会議において、2年の契約延長が満場一致で承認され、末まで任期が延長された。 、任期満了に伴い、コミッショナーを退任。 それから間もない同年4月6日、かつてオーナーを務めていたブルワーズでセリグの名誉背番号として『 1』をブルワーズのに指定された。 2016年12月4日、が殿堂入りを発表。 1988年以降に活躍した球界関係者の候補から選考委員16人の投票により決定した。 評価 [ ] この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年4月) 代表的な実績として、東西中3地区制へのリーグ再編と、それに伴うポストシーズンゲーム改革(の導入)(1994年)、インターリーグ(交流戦)の導入(1996年)アメリカ・カナダ以外での初の公式戦開催(メキシコ、日本)、の開催(1999年)、の導入(2001年)、勝利リーグが本拠地開幕権を獲得(2003年)、(WBC)の創設、の導入(2008年)等が挙げられる。 セリグがコミッショナーに就任した時期の暫くは、MLBの停滞が問題視されてきた。 1990年代アメリカは未曾有の好景気であったが、MLBの観客動員の伸びは芳しくなかったからである。 この一因として、スモール・マーケットの球団と金持ち球団の格差が指摘されてきており、ペナントレースに対するファンの興味を失わせると問題視されてきたのである。 MLBは2000年に有識者を招いての大リーグの改善策を検討した()が、翌2001年には2球団解散を目論む。 セリグのコミッショナーとしての評価は、元々必ずしも高いものではなかった。 特に1994年と2002年の選手会との労使交渉での不手際が非難されていた。 1994年の労使交渉は、232日に及ぶと史上初のストライキによるの中止を引き起こす史上最悪の事態を招いてしまい、一時的に観客動員の停滞と大リーグのイメージ低下をもたらした。 2002年の労使交渉においても、交渉に先立って球団解散を目論み、選手会の敵意をあおるという対応のまずさが非難を浴びたのだった。 だが、何より問題視されたのがオーナー出身という点である。 これは、球界の利益にかなうよう振舞うことが必須とされるコミッショナー職において、特定チームのオーナー出がそれに相応しいのかということである。 セリグは、コミッショナー代行に就任以後も、コミッショナーの年俸とともにブルワーズの役員としての給与も受け取っており、この点に関してフルタイムのコミッショナーとして奉職しているのだからブルワーズの給与は返上するべきであると批判されたのである。 特に、2001年の球団解散騒動においてよりいっそう厳しい批判を浴びることになった。 これは2~3球団を2001年以内に解散させること(とが対象とされた)を発表したものである。 MLBは、この球団解散は膨大な赤字を改善するためのやむをえない選択であるとした。 しかしながら、ツインズの解散には、ブルワーズの利益にかなうものであると批判された。 ツインズが解散することで、隣接するのメディア市場が広がるからである。 また、この騒動の最中に、セリグがかつてツインズのオーナーのからオーナー会議の承認を経ない不正融資を受けたことがミネソタ・ツインズの地元紙Star Tribuneに暴露されるなど、セリグの不正行為に様々な批判が浴びせられることになった。 こうした問題点を抱えているものの、セリグは様々な改革に成功しているのも確かである。 例えば、2002年の集団労使交渉において合意された収入シェアリングによって、チーム間の収入格差の縮小と年俸の低下が発生し、チームの財政面の安定化がなされたとの指摘がある。 また観客動員も2003年以降好転し、さらにはWBCの開催にこぎつけるなどの事業力などと相まって、MLB史上最高の経済的繁栄をもたらしたとの評価が高まるようになった。 そして遅きに失したとはいえ、アメリカプロ野球界における、の本格的規制に向けて重い腰を上げた。 、アメリカスポーツ界の最優秀エグゼクティブに選ばれた。 その年に最も大きな功績を残した経営幹部に贈られる賞で、スポーツビジネス・ジャーナルとスポーツビジネス・デーリーにより2003年に創設された。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の