面影 歌詞。 追憶~雲上の面影~ 歌詞 @ 高橋リナの音樂小屋 :: 痞客邦 ::

面影 しまざき由理 歌詞情報

面影 歌詞

カテゴリ• この広い世界で 君と出会えたこと 77億分の1の奇跡だったと知りました 真っ白な帰り道 寄り添って 笑いあってた 季節が変わっても 君は変わらずにいてくれた 永遠なんてない 分かってたけど 少しだけ信じてた 君と出会わない人生なら こんなにも苦しく感じないのに 君のこと忘れてしまいたい 止まらないこの涙 手放したこの奇跡 もっと沢山の歌詞は 遠く向こうから 聞こえた 君の声 気のせいってわかっているけど 振り返ってしまうんだ 君と出会わない人生なら こんなにも悲しく感じないのに 君だけを忘れてしまいたい 止まらないこの涙 また同じ 真っ白な季節が巡り 今もまだ手に残る君のぬくもり 君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな 君と出会えることができたから こんなにも一途に愛していられた 忘れないこの奇跡 目次• はじめに 『面影』のLyric Videoが2019年10月14日に公開されました。 この日は足立佳奈さんが20歳になる誕生日であり「Call me」と共に 2曲同時リリースされました。 今作は毎週月曜日に配信中のAbemaTV「今日、好きになりました。 」 の新オープニングとなっています。 女子高生の3人に1人が見ている恋愛リアリティーショーの切なさを十分 に引き出した楽曲と言えるでしょう。 MVでは足立佳奈さんが一人物悲しい表情で道を歩いています。 道中で見せる悲嘆な表情と流れる涙、彼女のエモーショナルなシーンが 全体の主要な構成となっていました。 曲調はローテンポでゆったりと進行していきます。 厳選された少数の音のみで構成されたメロディーが、胸の奥深くに到達し 忘れられない切なさを生み出していきました。 『面影』ジャケットは 「一日の終わり」を表現しているようです。 今作の歌詞全体からも 一つの恋愛の終わりが伝えられています。 足立佳奈さんの表情や動作一つ一つから、そしてフレーズから意味や背景を 考察していくことにしましょう。 タイトル『面影』とは 『面影』とは 「人の心の中に浮かぶ姿や様子」です。 用法としては「この子、父親の面影があるな」といった感じですね。 そこにはいない人をイメージして懐かしんだり考えたりもします。 今作では、主人公が別れた相手の面影を追って日々を過ごす様子が綴られて いました。 MVでは足立佳奈さんがその主人公の心情を表していました。 続く部分から細かい情景を探ってみましょう。 『面影』歌詞の意味 世界中で一人だけ 真っ白な帰り道 寄り添って 笑いあってた 季節が変わっても 君は変わらずにいてくれた 永遠なんてない 分かってたけど 少しだけ信じてた この部分では二人がどれほど幸せだったかが綴られています。 「真っ白な帰り道」とは 雪が降り積もる道を示唆していると思います。 通常は外を出歩きたくない時期ですが、好きな人と寄り添って歩いて いたので笑い合えていたのでしょう。 恋人繋ぎで結ばれた手、時折ぶつかる肩などそのすべてが外気温を忘れ させたのかもしれません。 雪が溶けて春を迎えても、彼は変わらず彼女の側で変わらぬ関係を続け てくれたのでしょう。 彼女はそのことに深い安心感を抱いていたようです。 周囲の恋愛事情を耳にすると恋愛における 「永遠」はないように思えて いました。 しかし「彼となら」と 永遠を少しばかり夢見てしまったのかもしれません。 それほどまでに二人の関係は不変のものに思えたからです。 苦痛と涙の理由 君と出会わない人生なら こんなにも苦しく感じないのに 君のこと忘れてしまいたい 止まらないこの涙 手放したこの奇跡 彼女が感じていた幸せや安心感は永遠にはならなかったようです。 その点が 「手放したこの奇跡」というフレーズから理解できます。 恋愛における究極の 「ジレンマ」でしょう。 恋愛が全く始まらないのは「つまらない」 でも恋愛で決別を経験するとつまらないを超えた苦痛と後悔が襲って くるのです。 そして矛盾とも呼べる気持ちが当人を悩ませることになります。 交際中は相手のことを 片時も忘れられないのに、別れたあとは少しで も 早く忘れて楽になりたいと思ってしまうのです。 MVでは「忘れてしまいたい」という部分で足立佳奈さんが 突然走り出 していました。 これは 日常のペースを速めたり、忙しくして過去を忘れる行動を表して いるのかと解釈しました。 MVの足立佳奈さんも歩きながら涙を流していました。 道中で自分の心に彼の面影が浮かび、彼が伝えてくれた好きの気持ち や温もりが蘇ったからかもしれません。 幸せな分だけ胸がなぶられた感じがしたことでしょう。 彼女の涙の理由は彼との幸せや別れの寂しさだったに違いありません。 いるはずのない君、探して 君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな 君と出会えることができたから こんなにも一途に愛していられた 忘れないこの奇跡 物悲しい表情で切なさを感じる彼女でしたが、悲しみの中で 前向きな思いが頭をもたげます。 それは 彼への感謝でした。 彼女は彼と出会う前まで恋愛経験がなかったようです。 前述でも取り上げましたが、世界中どこを探しても自分が好き になる人はいないと考えていたからでしょう。 「君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな」というフレーズ も上記の考えを裏付けています。 彼と出会い、人を好きになることや永遠を夢見てしまうことを経験 しました。 そして別れの苦しさや切なさ、そして他の人ではこの気持ちを埋め られないことで 「一途な気持ち」も実感したに違いありません。 彼女は道行く中で、彼から教えて貰った宝のような経験を思いの中 で抱きしめたことでしょう。 もう少し時間が経てば、時折浮かぶ彼の面影に 「ありがとう」と言 える日がくるかもしれません。。 まとめ いかがだったでしょうか。 彼女の悲しみの表情や胸いっぱいに広がる切なさが容易にイメージ できましたね。 好きな人との決別は何回考えても胸を抉られる思いがします。 考えるだけでそうなるわけですから、実際に経験すると壮絶ですね。 MVの足立佳奈さんが泣いたり走ったりする描写も、本当に奥深く 感じました。 決別を経験したばかりの人が今作を聴いて慰められたり、気持ちの 整理が出来たら幸いですね。 楽曲を聴きながらゆったりリラックスする時間も大切だと思います。 それこそジャケットが「一日の終わり」を表すように、一日の終わり にこの曲を聴いてから眠りたいと思いました(安眠できそう) そして20歳とは思えない程の貫録を持った足立佳奈さんにも魅了され ました。 大人びたハスキーボイスと顔立ちも印象的でしたね。 また理解しやすくも奥深さを持った世界観にも引き込まれました。 今後の活動と次回作にも期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました。

次の

面影 歌詞「しまざき由理」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

面影 歌詞

カテゴリ• この広い世界で 君と出会えたこと 77億分の1の奇跡だったと知りました 真っ白な帰り道 寄り添って 笑いあってた 季節が変わっても 君は変わらずにいてくれた 永遠なんてない 分かってたけど 少しだけ信じてた 君と出会わない人生なら こんなにも苦しく感じないのに 君のこと忘れてしまいたい 止まらないこの涙 手放したこの奇跡 もっと沢山の歌詞は 遠く向こうから 聞こえた 君の声 気のせいってわかっているけど 振り返ってしまうんだ 君と出会わない人生なら こんなにも悲しく感じないのに 君だけを忘れてしまいたい 止まらないこの涙 また同じ 真っ白な季節が巡り 今もまだ手に残る君のぬくもり 君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな 君と出会えることができたから こんなにも一途に愛していられた 忘れないこの奇跡 目次• はじめに 『面影』のLyric Videoが2019年10月14日に公開されました。 この日は足立佳奈さんが20歳になる誕生日であり「Call me」と共に 2曲同時リリースされました。 今作は毎週月曜日に配信中のAbemaTV「今日、好きになりました。 」 の新オープニングとなっています。 女子高生の3人に1人が見ている恋愛リアリティーショーの切なさを十分 に引き出した楽曲と言えるでしょう。 MVでは足立佳奈さんが一人物悲しい表情で道を歩いています。 道中で見せる悲嘆な表情と流れる涙、彼女のエモーショナルなシーンが 全体の主要な構成となっていました。 曲調はローテンポでゆったりと進行していきます。 厳選された少数の音のみで構成されたメロディーが、胸の奥深くに到達し 忘れられない切なさを生み出していきました。 『面影』ジャケットは 「一日の終わり」を表現しているようです。 今作の歌詞全体からも 一つの恋愛の終わりが伝えられています。 足立佳奈さんの表情や動作一つ一つから、そしてフレーズから意味や背景を 考察していくことにしましょう。 タイトル『面影』とは 『面影』とは 「人の心の中に浮かぶ姿や様子」です。 用法としては「この子、父親の面影があるな」といった感じですね。 そこにはいない人をイメージして懐かしんだり考えたりもします。 今作では、主人公が別れた相手の面影を追って日々を過ごす様子が綴られて いました。 MVでは足立佳奈さんがその主人公の心情を表していました。 続く部分から細かい情景を探ってみましょう。 『面影』歌詞の意味 世界中で一人だけ 真っ白な帰り道 寄り添って 笑いあってた 季節が変わっても 君は変わらずにいてくれた 永遠なんてない 分かってたけど 少しだけ信じてた この部分では二人がどれほど幸せだったかが綴られています。 「真っ白な帰り道」とは 雪が降り積もる道を示唆していると思います。 通常は外を出歩きたくない時期ですが、好きな人と寄り添って歩いて いたので笑い合えていたのでしょう。 恋人繋ぎで結ばれた手、時折ぶつかる肩などそのすべてが外気温を忘れ させたのかもしれません。 雪が溶けて春を迎えても、彼は変わらず彼女の側で変わらぬ関係を続け てくれたのでしょう。 彼女はそのことに深い安心感を抱いていたようです。 周囲の恋愛事情を耳にすると恋愛における 「永遠」はないように思えて いました。 しかし「彼となら」と 永遠を少しばかり夢見てしまったのかもしれません。 それほどまでに二人の関係は不変のものに思えたからです。 苦痛と涙の理由 君と出会わない人生なら こんなにも苦しく感じないのに 君のこと忘れてしまいたい 止まらないこの涙 手放したこの奇跡 彼女が感じていた幸せや安心感は永遠にはならなかったようです。 その点が 「手放したこの奇跡」というフレーズから理解できます。 恋愛における究極の 「ジレンマ」でしょう。 恋愛が全く始まらないのは「つまらない」 でも恋愛で決別を経験するとつまらないを超えた苦痛と後悔が襲って くるのです。 そして矛盾とも呼べる気持ちが当人を悩ませることになります。 交際中は相手のことを 片時も忘れられないのに、別れたあとは少しで も 早く忘れて楽になりたいと思ってしまうのです。 MVでは「忘れてしまいたい」という部分で足立佳奈さんが 突然走り出 していました。 これは 日常のペースを速めたり、忙しくして過去を忘れる行動を表して いるのかと解釈しました。 MVの足立佳奈さんも歩きながら涙を流していました。 道中で自分の心に彼の面影が浮かび、彼が伝えてくれた好きの気持ち や温もりが蘇ったからかもしれません。 幸せな分だけ胸がなぶられた感じがしたことでしょう。 彼女の涙の理由は彼との幸せや別れの寂しさだったに違いありません。 いるはずのない君、探して 君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな 君と出会えることができたから こんなにも一途に愛していられた 忘れないこの奇跡 物悲しい表情で切なさを感じる彼女でしたが、悲しみの中で 前向きな思いが頭をもたげます。 それは 彼への感謝でした。 彼女は彼と出会う前まで恋愛経験がなかったようです。 前述でも取り上げましたが、世界中どこを探しても自分が好き になる人はいないと考えていたからでしょう。 「君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな」というフレーズ も上記の考えを裏付けています。 彼と出会い、人を好きになることや永遠を夢見てしまうことを経験 しました。 そして別れの苦しさや切なさ、そして他の人ではこの気持ちを埋め られないことで 「一途な気持ち」も実感したに違いありません。 彼女は道行く中で、彼から教えて貰った宝のような経験を思いの中 で抱きしめたことでしょう。 もう少し時間が経てば、時折浮かぶ彼の面影に 「ありがとう」と言 える日がくるかもしれません。。 まとめ いかがだったでしょうか。 彼女の悲しみの表情や胸いっぱいに広がる切なさが容易にイメージ できましたね。 好きな人との決別は何回考えても胸を抉られる思いがします。 考えるだけでそうなるわけですから、実際に経験すると壮絶ですね。 MVの足立佳奈さんが泣いたり走ったりする描写も、本当に奥深く 感じました。 決別を経験したばかりの人が今作を聴いて慰められたり、気持ちの 整理が出来たら幸いですね。 楽曲を聴きながらゆったりリラックスする時間も大切だと思います。 それこそジャケットが「一日の終わり」を表すように、一日の終わり にこの曲を聴いてから眠りたいと思いました(安眠できそう) そして20歳とは思えない程の貫録を持った足立佳奈さんにも魅了され ました。 大人びたハスキーボイスと顔立ちも印象的でしたね。 また理解しやすくも奥深さを持った世界観にも引き込まれました。 今後の活動と次回作にも期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました。

次の

面影/しまざき由理の歌詞

面影 歌詞

カテゴリ• この広い世界で 君と出会えたこと 77億分の1の奇跡だったと知りました 真っ白な帰り道 寄り添って 笑いあってた 季節が変わっても 君は変わらずにいてくれた 永遠なんてない 分かってたけど 少しだけ信じてた 君と出会わない人生なら こんなにも苦しく感じないのに 君のこと忘れてしまいたい 止まらないこの涙 手放したこの奇跡 もっと沢山の歌詞は 遠く向こうから 聞こえた 君の声 気のせいってわかっているけど 振り返ってしまうんだ 君と出会わない人生なら こんなにも悲しく感じないのに 君だけを忘れてしまいたい 止まらないこの涙 また同じ 真っ白な季節が巡り 今もまだ手に残る君のぬくもり 君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな 君と出会えることができたから こんなにも一途に愛していられた 忘れないこの奇跡 目次• はじめに 『面影』のLyric Videoが2019年10月14日に公開されました。 この日は足立佳奈さんが20歳になる誕生日であり「Call me」と共に 2曲同時リリースされました。 今作は毎週月曜日に配信中のAbemaTV「今日、好きになりました。 」 の新オープニングとなっています。 女子高生の3人に1人が見ている恋愛リアリティーショーの切なさを十分 に引き出した楽曲と言えるでしょう。 MVでは足立佳奈さんが一人物悲しい表情で道を歩いています。 道中で見せる悲嘆な表情と流れる涙、彼女のエモーショナルなシーンが 全体の主要な構成となっていました。 曲調はローテンポでゆったりと進行していきます。 厳選された少数の音のみで構成されたメロディーが、胸の奥深くに到達し 忘れられない切なさを生み出していきました。 『面影』ジャケットは 「一日の終わり」を表現しているようです。 今作の歌詞全体からも 一つの恋愛の終わりが伝えられています。 足立佳奈さんの表情や動作一つ一つから、そしてフレーズから意味や背景を 考察していくことにしましょう。 タイトル『面影』とは 『面影』とは 「人の心の中に浮かぶ姿や様子」です。 用法としては「この子、父親の面影があるな」といった感じですね。 そこにはいない人をイメージして懐かしんだり考えたりもします。 今作では、主人公が別れた相手の面影を追って日々を過ごす様子が綴られて いました。 MVでは足立佳奈さんがその主人公の心情を表していました。 続く部分から細かい情景を探ってみましょう。 『面影』歌詞の意味 世界中で一人だけ 真っ白な帰り道 寄り添って 笑いあってた 季節が変わっても 君は変わらずにいてくれた 永遠なんてない 分かってたけど 少しだけ信じてた この部分では二人がどれほど幸せだったかが綴られています。 「真っ白な帰り道」とは 雪が降り積もる道を示唆していると思います。 通常は外を出歩きたくない時期ですが、好きな人と寄り添って歩いて いたので笑い合えていたのでしょう。 恋人繋ぎで結ばれた手、時折ぶつかる肩などそのすべてが外気温を忘れ させたのかもしれません。 雪が溶けて春を迎えても、彼は変わらず彼女の側で変わらぬ関係を続け てくれたのでしょう。 彼女はそのことに深い安心感を抱いていたようです。 周囲の恋愛事情を耳にすると恋愛における 「永遠」はないように思えて いました。 しかし「彼となら」と 永遠を少しばかり夢見てしまったのかもしれません。 それほどまでに二人の関係は不変のものに思えたからです。 苦痛と涙の理由 君と出会わない人生なら こんなにも苦しく感じないのに 君のこと忘れてしまいたい 止まらないこの涙 手放したこの奇跡 彼女が感じていた幸せや安心感は永遠にはならなかったようです。 その点が 「手放したこの奇跡」というフレーズから理解できます。 恋愛における究極の 「ジレンマ」でしょう。 恋愛が全く始まらないのは「つまらない」 でも恋愛で決別を経験するとつまらないを超えた苦痛と後悔が襲って くるのです。 そして矛盾とも呼べる気持ちが当人を悩ませることになります。 交際中は相手のことを 片時も忘れられないのに、別れたあとは少しで も 早く忘れて楽になりたいと思ってしまうのです。 MVでは「忘れてしまいたい」という部分で足立佳奈さんが 突然走り出 していました。 これは 日常のペースを速めたり、忙しくして過去を忘れる行動を表して いるのかと解釈しました。 MVの足立佳奈さんも歩きながら涙を流していました。 道中で自分の心に彼の面影が浮かび、彼が伝えてくれた好きの気持ち や温もりが蘇ったからかもしれません。 幸せな分だけ胸がなぶられた感じがしたことでしょう。 彼女の涙の理由は彼との幸せや別れの寂しさだったに違いありません。 いるはずのない君、探して 君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな 君と出会えることができたから こんなにも一途に愛していられた 忘れないこの奇跡 物悲しい表情で切なさを感じる彼女でしたが、悲しみの中で 前向きな思いが頭をもたげます。 それは 彼への感謝でした。 彼女は彼と出会う前まで恋愛経験がなかったようです。 前述でも取り上げましたが、世界中どこを探しても自分が好き になる人はいないと考えていたからでしょう。 「君と出会えない人生なら 恋もしてなかったな」というフレーズ も上記の考えを裏付けています。 彼と出会い、人を好きになることや永遠を夢見てしまうことを経験 しました。 そして別れの苦しさや切なさ、そして他の人ではこの気持ちを埋め られないことで 「一途な気持ち」も実感したに違いありません。 彼女は道行く中で、彼から教えて貰った宝のような経験を思いの中 で抱きしめたことでしょう。 もう少し時間が経てば、時折浮かぶ彼の面影に 「ありがとう」と言 える日がくるかもしれません。。 まとめ いかがだったでしょうか。 彼女の悲しみの表情や胸いっぱいに広がる切なさが容易にイメージ できましたね。 好きな人との決別は何回考えても胸を抉られる思いがします。 考えるだけでそうなるわけですから、実際に経験すると壮絶ですね。 MVの足立佳奈さんが泣いたり走ったりする描写も、本当に奥深く 感じました。 決別を経験したばかりの人が今作を聴いて慰められたり、気持ちの 整理が出来たら幸いですね。 楽曲を聴きながらゆったりリラックスする時間も大切だと思います。 それこそジャケットが「一日の終わり」を表すように、一日の終わり にこの曲を聴いてから眠りたいと思いました(安眠できそう) そして20歳とは思えない程の貫録を持った足立佳奈さんにも魅了され ました。 大人びたハスキーボイスと顔立ちも印象的でしたね。 また理解しやすくも奥深さを持った世界観にも引き込まれました。 今後の活動と次回作にも期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました。

次の