甘いもの。 甘いものを我慢するのは必要ない!食べても太らない方法

甘いものを食べると歯が痛い・しみるのは何が原因?【歯科医監修】

甘いもの

甘いものが食べたくなる理由 砂糖の過剰摂取 砂糖中毒 甘いものを食べないとイライラする、すぐに甘いものが欲しくなる、甘いものがないと不安になる、落ち込みやすい、こんな症状はありませんか? もし、このような症状があるなら「砂糖中毒」になっている可能性があります。 砂糖には、依存性があることを知ってますか?砂糖を摂取すると、脳内ではアルコールやコカインと同じような作用が起こることが分かっています。 砂糖を摂ると、脳内麻薬と呼ばれているホルモン、エンドルフィンが分泌されます。 甘いものを食べると、ほっとするのは、このためです。 砂糖を摂取することで、さらに満足感を得ようとします。 また継続的に摂取することで、これまで以上の量を摂取しないと満足できなくなり、摂取が途切れると不安やイライラしたりなどの症状が現れます。 血糖値の大きな上昇 また、砂糖を摂取すると血糖値が急激に上がります。 しかし、インスリンの大量分泌され、急激に血糖値が大きく下がります。 このため、血糖値を上げようと、また食べたくなるのです。 ダイエット中に飲み人も多い、カロリーゼロ飲料水。 これに含まれている人工甘味料もインスリンを過剰分泌されることがわかっています。 つまり食べても、また食べたくなります。 炭水化物の摂り過ぎ 炭水化物の摂り過ぎも、砂糖と同様、血糖値を大きく上げます。 特に白米や白い食パンなど精製された食品は血糖値が上昇が早く、その後インスリンの過剰分泌により大きく下がるため、何かを食べたくなる衝動に駆られます。 別腹 「お腹いっぱい。 」なんていう人もいますが、これも甘いものがやめられない理由の一つです。 甘いものが大好きな人は、お腹がいっぱいでも、食べられてしまいます。 これは、好きな食べ物、美味しそうな食べ物を見ると、脳が満足感を得られると判断して、胃の中にスペースを作ってしまうんです。 食後なのに甘いものを食べてしまうのはこのためです。 疲労感やストレスが溜まっていると、別腹が生まれやすいです。 ストレス 不安や寂しさなどの不安を食べることで満たそうとするため、食べ過ぎてしまうことがあります。 特に甘いものは、脳で快感を得やすい食べ物なので、ストレスで甘いものに手を出しやすいのです。 甘いものを口にすることで、一時的に満足感は得られるのですが、ストレスの根本的な解決がされていないと、また甘いもので満たそうとする悪循環が生まれます。 栄養の偏り 偏った食事をしていると、栄養素が不足し、その不足分を得ようとして、しっかり食べても食べ足りない感覚に襲われます。 甘いものを欲する場合、たんぱく質や脂質、ビタミンB群が不足していることが考えられます。 ダイエット中だからとむやみに食事の量を減らしたり、脂を必要以上に避けていると、逆に甘いものを欲し、太りやすくなってしまいます。 睡眠不足 夜更しをしたり睡眠時間が短いと、睡眠の質が下がります。 そして、普段よりも食欲が増してしまいます。 またグレリンが増えると高カロリーのものを欲するようになります。 生理とホルモンバランス 女性は生理前になるとホルモンバランスの変化によって、食欲も旺盛になります。 例えば、生理前によるストレスや食欲増進の働きのあるプロゲステロンが活発になる、感情をコントロールする脳内物質セロトニンが少なくなるなどが、甘いものを食べたくなる原因と考えられます。 Sponsored Link 甘いものをやめる方法 砂糖抜き 砂糖中毒の疑いがあるなら、日常生活から砂糖の摂取をやめてみましょう。 これまで口にしていた甘いものを絶つことはとても勇気のいることです。 まずは3日間だけ挑戦してみましょう。 3日間だけでも砂糖を断つと血糖値が安定して精神的にも落ち着いてきますし、味覚もリセットされるので、これまでよく食べていたものも甘く感じることでしょう。 どうしても断つことができないという人は、お菓子からフルーツに変える、清涼飲料水からお茶か水にする、など普段よく口にしているものを別のものに変えてみましょう。 関連記事 よく噛む 噛むという行為は、早食いを防止し満腹感を得られやすくなります。 また噛む行為はセロトニンの分泌量を増やすとも言われています。 一口で20~30回を意識してみましょう。 歯ごたえのあるものを食べるだけで自然と咀嚼回数も増えます。 間食にアーモンドなどのナッツ類にすれば、タンパク質や良質や脂質、ビタミン類も補給できて満腹感も得られるでしょう。 関連記事 バランスの良い食事 バランスの良い食事で栄養をしっかり摂ることで、不思議とこれまでよりも甘いものが食べたくなくなります。 これまで炭水化物を中心に食べてしまっていたなら、炭水化物を少なめにしてタンパク質や脂質をしっかり摂取しましょう。 関連記事 水を飲む 喉が渇いていると、以外にも甘いものが欲しくなることがあります。 甘いものが食べたくなったら、まずは水分をしっかり補給してみましょう。 その時はもちろん、砂糖が入っているような清涼飲料水ではなく水か無糖のお茶です。 睡眠をしっかりとる 睡眠をしっかり確保することで、甘いものへの欲求が緩和されるという研究結果があります。 睡眠時間が4時間以下の人は太りやすいという研究結果もあります。 余計な食欲を抑えるために、夜更かしせずに、睡眠時間をしっかり確保しましょう。 関連記事 食事以外でストレス発散 ストレス発散に甘いものを食べることは手っ取り早いのですが、それでは悪循環が生まれます。 食べること以外でもストレス発散は可能です。 運動をする、読書をする、お風呂に入る、音楽を聴くなどでストレスは発散されます。 自分の好きなこと、楽しいことをしてみてください。 まとめ いかがでしたか?女性特有のカラダの機能があるため、甘いものを食べたくなることは仕方のないことです。 甘いものを食べ過ぎてしまったことに罪悪感を持つと、それがストレスとなり、より甘いものを食べたくなります。 時には食べ過ぎてしまっても大丈夫です。 しかし、砂糖の摂り過ぎ、偏った食事、睡眠不足などは、甘いものがやめられない理由だけでなく、太る原因や肌荒れ、大きな病気にもつながることもあります。 心当たりのある人は、少しずつ改善してみましょう。 生活習慣をなかなか変えられず、甘いものがやめられない。 そして、自己嫌悪に…。 そんな時は、サプリメントを利用するのも良いでしょう。 以下の記事では、今人気のサプリメントをご紹介しています。

次の

甘いものを食べると歯がしみるのは虫歯が原因なのか徹底検証してみた

甘いもの

虫歯の原因は甘いもの? 「甘いものを食べると虫歯になる」そんな風に、小さな頃から言われてきた人も多いのではないでしょうか。 確かに甘いものは虫歯の主原因のひとつです。 しかし、それだけで虫歯になるわけではありません。 いくつかの原因が重なった時に虫歯になるのです。 虫歯の原因とは? 虫歯の原因は様々です。 原因の一例としては「甘いもの」「虫歯菌」「歯の質・歯の形状」があげられます。 その他、「唾液の質(性状)」「粘膜の付着位置や形態・お口の中の解剖学的要因」などがあげられます。 それらに「時間の経過」という要因が加わり虫歯が発生します。 ここでは、「甘いもの」「虫歯菌」「歯の質・形状」について詳しく取り上げていきたいと思います。 甘いもの 糖質は、虫歯菌の栄養源になります。 虫歯菌は糖を栄養に繁殖し、プラーク(歯垢)を形成し、酸を出して歯を溶かします。 虫歯菌 虫歯菌の中でも特にミュータンス菌が、虫歯の原因になります。 誰でも口の中に存在している口腔内常在菌です。 生まれたばかりの赤ちゃんには存在しないのですが、次第に周囲の人から感染します。 お口の中にいるだけでは悪さはしないので、歯に付着したままにならないよう、丁寧に歯みがきをする事が大切です。 「虫歯菌」については、お口の中の「細菌層の分布」は人によって違います。 虫歯菌が多く常在している人は虫歯になりやすいですが、虫歯菌以外の他の細菌が広く分布しており、虫歯菌が少ない人も居ます。 歯の質・歯の形状 肌の質と同じように、歯の質も人それぞれ違います。 歯の質によって「酸」への溶けやすさが違います。 例えば、永久歯よりも乳歯の方が、歯の質が弱く虫歯になりやすくなりますし、生えたばかりの歯は、歯の表面がまだ未熟なため、虫歯になりやすくなります。 また、歯の形状や歯並びによっても、虫歯リスクは高まります。 歯並びや噛み合わせの状態によっては、汚れが溜まりやすいので、注意が必要です。 甘いものと時間の関係 甘いものは、虫歯の原因のひとつですが、「甘いもの」と「時間」の関係が、虫歯に深く関わりがあります。 通常、お口の中は、ほぼ中性を保っています。 しかし、甘いものを食べた後は、酸性に傾くようになります。 これが、30分から40分かけて元の中性に戻るのですが、ダラダラと甘いものを食べているようだと、お口の中が酸性に傾く時間が長くなります。 ダラダラと間食をしたり、アメやガム、ジュースなどを常に口にしているのは危険です。 虫歯の原因になる甘いものとは ひとくちに「甘いもの」と言っても、全ての「甘いもの」が虫歯の原因になるわけではありません。 最も虫歯になりやすいのは「砂糖(ショ糖)」です。 次いで、果物に含まれる「果糖」や、「ブドウ糖」「水あめ」「麦芽糖」も虫歯の原因になります。 反対に、甘味成分でも「キシリトール」「ステビア」など虫歯にならないものもあります。 特に「キシリトール」は、虫歯の原因にならないだけでなく、虫歯菌の力を弱めるなど、虫歯予防効果も期待できます。 まとめ いかがでしたでしょうか?「甘いもの」は虫歯の原因のあくまでひとつに過ぎません。 なかには、「甘いもの」をたくさん食べていても、虫歯にならない人も居ます。 一日のうちにどれだけの時間、歯に細菌が酸に分解できる物質があるかという時間軸が共通した大きな要因だと考えています。 この要因は修飾因子として無視はできません。 規則正しい食生活・間食の摂り方を見直して、虫歯になりにくい口腔内環境を作っていきましょう。

次の

甘いものをやめる方法とは?ストレスなく健康的に痩せられるコツ

甘いもの

疲れていると甘いものが食べたくなったり、食後はデザートがほしかったり。 甘いもの好きの人にとって、甘いものは人を幸せにする癒やしの効果があります。 ですが、甘いものがないとイライラしたり、四六時中甘いものが欲しかったりしたら、それは「砂糖依存症」かもしれません。 ふだんから甘いものが大好きで、 「甘いものを食べると落ち着くけど、最近妙にイライラする」 「何もしていないのに疲れやすくなった」 と感じたら、甘いものが原因で体調に変化が出ている可能性があります。 砂糖の過剰摂取を続けると、糖尿病の発症が心配なだけでなく、骨粗鬆症やうつ病の原因になることもあるのです。 砂糖依存症とは? みなさんは砂糖に依存性があることをご存じでしょうか? 毎日食べるほどにもっと食べたくなり、それが積み重なっていくことでさらに食べたい欲求を加速させていきます。 こうして発症してしまう砂糖依存症 糖質依存症 とは何か、詳しく見ていきましょう。 砂糖依存症の特徴 砂糖依存症とは、砂糖を大量には摂らずにいられない、いわゆる「甘いもの中毒」のことです。 砂糖は「マイルドドラッグ」とも呼ばれ、薬物やアルコール並の中毒性・依存性があるといわれています。 健康な体であれば食後のデザートくらいの甘いものを口にすれば満足できますが、砂糖依存症を発症すると大量に食べないと欲求が収まらなかったり、四六時中甘いものを口にしていないと落ち着かなくなったりします。 特に、極端なダイエットや妊娠・出産・成長期など体の栄養バランスが大きく変化しているときは要注意です。 何らかのきっかけで、砂糖を常用し、耐性ができることによって、砂糖の摂取をやめたときに禁断症状を引き起こす場合は、砂糖依存症の可能性があります。 <砂糖依存症に陥るメカニズム> 食べ物から摂取された糖質(ごはんなどの炭水化物、ケーキなどの甘いもの)は体内の消化酵素によって分解され、ブドウ糖に変化します。 血中に溶け込んで全身をめぐり、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)を上昇させます。 糖の中でも砂糖は分子が小さいために体内でブドウ糖に分解されやすく、特に栄養を吸収しやすい状態にある空腹時に砂糖を摂取すると血糖値が急上昇します。 その結果、血糖値を下げる働きのあるインスリンが一気に分泌され、血糖値が急低下します。 いわゆる低血糖が引き起こされます。 体が低血糖になると、脳はそのエネルギー不足を「お腹が空いている」と勘違いし、「糖分を摂取して血糖値を上げろ」と指令を出します。 つまり、砂糖を急激にたくさん摂ると逆に血糖値が下がり、お腹が空いているわけでもないのに繰り返し「砂糖=甘いもの」を食べたくなる、という現象が起きるのです。 さらに、砂糖には幸福感や癒やしを感じさせるドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど脳内神経伝達物質の分泌を促す働きがあります。 これらは日常のストレスをやわらげるためにも大切な物質ですが、「糖質を食べると、幸せが感じられる」状態が頻繁に繰り返されると、脳はこの快感がクセになります。 そのため、砂糖に麻薬のような依存性があるといわれています。 砂糖依存症とは、「快感を得るためには、糖質を摂らなければいけない」と脳が勘違いしている状態ともいえます。 <砂糖依存症の症状>• 甘いものを食べないと落ち着かず、我慢しているとイライラする• ストレスを感じると甘いものが食べたくて仕方なくなる• チョコレートやアメを持ち歩き、ことあるごとに甘いものを食べている• 妙に疲れやすく、甘いものを食べると元気になる• 短時間の労働などでめまい・立ちくらみなどを感じる この他、以下のような疲労やうつ病などにも似た倦怠感などの症状が出やすくなる傾向もあります。 頭痛がする• 集中力がない• 落ち込みやすい• 怒りっぽい• 手足が冷える• 朝起きるのが辛い これらの症状は、低血糖やビタミンB1不足によるものだといわれています。 気分を落ち着かせるためや、ストレス発散のために食べていた甘いものですが、過剰摂取が続くと、逆に心身を疲れさせてしまうことも。 何気なく食べてしまいがちなおやつは、それが食べ過ぎかどうか一瞬考えるクセをつけるだけでも、口に入る糖質の量をコントロールしやすくなるはずです。 また、疲労やうつ病に似た症状が長期間続く場合は、うつ病を併発している可能性も少なくはありません。 うつ病かもと思いあたる症状があった場合は、早めに専門の医療機関へ相談しましょう。 砂糖の含有率 コーラ500ml 約56. 1日の食事には、これに料理で使う砂糖やみりん、根菜や主食の炭水化物などが加わります。 私たちの身の回りには糖質を含む食べ物や飲み物が多く、普通に生活しているだけで簡単に糖質の摂取制限量をオーバーしてしまうのです。 ストイックな糖質制限をする必要はありませんが、この事実を頭の片隅におき、甘い飲み物を控えるなどできることから少しずつ砂糖依存症のリスクを減らしていきましょう。 砂糖依存症の対処法 どんな食品にも入っている糖質を完全にカットすることは難しく、甘いものが好きな人にとって甘いものをまったく食べてはダメと言われるのはつらいことです。 しかし、砂糖依存症にはきちんとした対処が必要。 生活の中で無理なく砂糖摂取をコントロールするコツをお伝えします。 無理はせず、少しずつ実践していきましょう。 ・甘いものを身の回りに置かない 会社のデスクの引き出しやキッチンの戸棚など、目に入りやすい場所やすぐ手が届く場所にお菓子を置くのはやめましょう。 また、通勤の行き帰りや待ち合わせ時など、なんとなくコンビニに寄ってしまうクセがある人は「コンビニに寄らないクセ」をつけましょう。 コンビニ通いは甘いものを買ってしまう一番の原因です。 ・おやつはフルーツや芋、栗などを食べる 小腹が空いたり、甘いものが食べたくなったときは、フルーツやドライフルーツ、さつま芋、栗などを食べるようにしましょう。 飲み物にはちみつなど自然由来の甘みをプラスするのもおすすめ。 ただし、食べ過ぎては本末転倒なので、しっかり噛んで食材を味わうなどして、食べる量には十分な注意を払いましょう。 ・ビタミン、ミネラルを豊富に含む食事を心がける 玄米や豚肉、野菜を中心としたビタミンB群やミネラルが豊富に含まれる食品を意識的に摂りましょう。 これらの成分は甘いものの過剰摂取で不足した栄養素を補い、脳が砂糖を欲しがってしまう負のサイクルに歯止めをかけてくれます。 また、「疲れたから甘いものを食べる」のではなく、疲れたときはゆっくり休むことで疲れを取りましょう。 イライラして仕方がない!という日が続くなら、ウォーキングやストレッチなど体を動かしてみるのもおすすめです。 夜更かしはやめて十分な睡眠を取る、食事の時間やバランスを見直すなど、規則正しい生活を心がけると、驚くほどはやく不調も改善されていくことでしょう。 糖尿病だけではない? 砂糖依存症による病とは <砂糖摂取による「うつ病」のリスク> 糖質は体内で分解されてブドウ糖になり、これが代謝機能に働きかけることでエネルギー源に変わります。 糖の分解にはビタミンB群やカルシウムなどが必要ですが、それらは体温の維持や食べ物の消化、脳を正常に働かせるためにも重要な栄養素です。 しかし、甘いものをたくさん食べると、体内に入ってきた大量の糖分を分解するためにビタミンB群やカルシウムがどんどん使われます。 すると、体を正常に働かせる栄養素があちこちで不足し、さまざまな弊害が起こるようになるのです。 砂糖依存症がうつ病を併発させるといわれる原因は、「栄養不足」がひとつとされています。 エネルギーをつくりだすための素材(糖質)はあっても、道具(ビタミンB1)がないために脳神経がガス欠状態になってしまうのです。 それによって気持ちはどんどん不安定になり、興奮したり、落ち込んだり、すぐにイラついたり、緊張したりと、うつ症状が出やすくなっていきます。 うつ病を併発した場合は、うつ病の専門的なケアが必要です。 うつ病は早めの発見と治療で、早期回復ができる病気です。 砂糖依存症セルフチェック 甘いものが好きな人の多くは、「甘いもの好き」を病気とは思っていません。 本当にただ甘いものが好なだけなのか、砂糖依存症なのか、以下の質問でチェックしてみましょう。

次の