ラインモバイル 初期契約解除。 LINEモバイル手数料一覧!初期費用から解約手数料まで。ゼロ円にできる手数料もご紹介!

ラインモバイルに迷ったら契約すべき!だって辞めるのに1000円しかかからないから!

ラインモバイル 初期契約解除

LINEモバイルの申し込み手続き・解約方法はどうなっているのでしょうか。 クーリングオフができるのか気になる人もいるでしょう。 LINEモバイルを契約する前にひととおり確認しておきたいポイントですね。 LINEモバイルでのこれらの手続き方法を解説します。 LINEモバイルの申し込み方法は? 公式サイトで手続き LINEモバイルはから申し込みを行います。 TOP画面右上の「申し込み」をクリックすると手続きがスタート! 基本的には 自分の希望するプラン内容を選択していくだけ。 SIMカードのみかSIMカード+スマホか、LINEフリープランかコミュニケーションフリープランか、などを選択していきましょう。 何度も確認して間違えないようにしましょう。 事前に用意しておくもの ・本人確認書類 ・メールアドレス ・MNP予約番号 MNPで転入する方 申し込みの際に 本人確認書類をスマホやデジカメで撮影し、ファイルをアップロードすることが必要です。 本人確認書類として利用できるのは、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、健康保険証などです。 補助書類として、電気・ガスなど公共料金の領収書や住民票が必要になることがあります。 メールアドレスに関して、ドコモ・au・ソフトバンクが発行するキャリアのメールアドレスは使えません。 キャリアを解約すると利用できなくなるためです。 しかしGmailやYahoo! メールなどの フリーメールがおすすめです! MNPについて LINEモバイルにMNPで加入することも当然できます。 そのためには、解約する通信事業者に依頼して、 MNP予約番号を発行してもらう必要があります。 「ドコモ・au」などではキャリアショップや公式サイトや電話での受け付け、「格安SIM・スマホ会社」は公式サイトでの受け付けが多いです。 場合によってはMNP予約番号の発行料金が必要になることがあるので注意しましょう。 公式サイトから申し込みページへ進まれますと、MNP転入出来ない一部のMVNO業者の一覧がございますので必ずご確認ください。 LINEモバイルでの申し込みの際には、「他社からのお乗り換え MNP転入 」を必ず選択し、発行してもらったMNP予約番号を記入してください。 また、 MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があることにも要注意です。 発行してもらったらすぐLINEモバイルに申し込むのが安全ですよ。 利用料金以外にかかるお金 毎月支払う各プランごとの月額料金や端末の分割払いの他に 初期費用がかかります。 ラインモバイルを契約する際に、 「登録事務手数料」3000円が発生します。 2月までは利用料金以外の初期費用の合計は3000円、2月からは合計3400円となります。 LINEモバイルを解約するには? マイページから手続きができる LINEモバイルの解約は、マイページにて手続きができます。 LINEモバイルで発行してもらったIDとパスワードを入力してログインしましょう。 MNP転出をするためには、LINEモバイルでMNP予約番号を発行してもらう必要があります。 手数料として3,000円がかかりますので注意してください。 違約金はかかる? 音声通話SIMの場合、最低利用期間が12か月の定めがあり、 12か月以内に解約すると9,800円の手数料を支払わなくてはなりません。 これは 違約金と同義ですので、手数料の支払いを避けたいなら、13か月目に入ったことを確認してから解約することをおすすめします。 一方で、データ通信SIMとデータ通信+SMSのSIMに関しては、 最低利用期間が存在していません。 いつ解約しても手数料を支払う必要はありません。 SIMカードは返却する? SIMカードを所定の住所へ返却する必要があります。 封筒に入れて切手を貼って郵便ポストへ入れましょう。 送料はユーザー側の負担です。 2016年から携帯電話でも一部でクーリングオフが認められるようになりましたが、クーリングオフができる契約とできない契約があります。 LINEモバイルの場合は公式サイトからの申し込みなので、 クーリングオフの対象外です。 公式サイトであれば虚偽の説明はなく、納得したうえで契約したとみなされるためです。 LINEモバイルの申し込み前の注意事項にも、クーリングオフの対象外であることが明記されています。 初期契約解除制度 クーリングオフに近い法律はあります。 それが 初期契約解除制度です。 興味のある方は国民生活センターのHPなどで電気通信事業法について調べてみてください。 2016年には消費者にとって大変有利となるように大きく改正されたようです。 から新しい電気通信事業法が確認できます。 初期契約解除制度を要約しますと、 一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度 ということです。 ただクーリングオフと違い、気に入らないから解約するといったことは認められていないようです。 適切なサービスが受けられなかったり、契約が全うされていない状況において、事業者の合意なくして一方的に契約解除できるという法律です。 つまり電波が通じなかったり、端末が使えなかったりとラインモバイル側のサービスに不具合があった場合には、 違約金を払わずに契約解除できるいうことになります。 もちろんラインモバイルのサポートはしっかりしていますので、何かあった場合には必ず対応していただけるのですが、万が一「サービスもダメ」「サポートも対応しない」などのようなことがあった場合には初期契約解除制度を利用しましょう。 まとめ ・LINEモバイルは公式サイトから申し込みを行います。 本人確認書類・メールアドレスに加え、MNPをする人はMNP予約番号を発行してもらっておきましょう。 ・解約に関してはマイページにログインして簡単に手続きができます。 SIMカードの返却だけは忘れないようにしてください。 またLINEモバイルはクーリングオフはできませんので、十分に納得したうえで契約してください。 ラインモバイルの契約申し込みや解約などは、公式サイトでも明瞭に記載しております。 他社と比べてみても簡単に契約の締結・解約が行えると感じました。

次の

【即解約】LINEモバイルの初期契約解除や申し込みをキャンセルする方法

ラインモバイル 初期契約解除

LINEモバイルのプラン・オプションは変更できる? では、自分が契約しているプランやオプションを自由に変更できます。 ただし、LINEモバイルでのプラン・オプションを変更する場合は、LINEモバイルのサービスタイプについて理解しておくことが大切です。 LINEモバイルのサービスタイプ• データSIM(SMS付)• 音声通話SIM サービスタイプによってプラン変更の方法が異なるため、サービスタイプを理解したうえでプラン変更についての解説を見てください。 SIMタイプが同じなら無料で変更可能 LINEモバイルではデータSIM(SMS付)と音声通話SIMによるサービスが提供されています。 同じサービスタイプ内でプラン変更を希望する場合は、 マイページにアクセスすれば簡単に変更可能です。 また、2020年2月からはデータフリーオプションの提供が始まっています。 プラン変更なしでデータフリーオプションだけを変更することもできます。 ただし、回線を利用している場合は、システムの都合により月末の20時から翌月の1日にかけてはプラン変更ができなくなっていますので注意が必要です。 異なるSIMタイプでは追加回線の契約が必要 サービスタイプの変更を伴うプラン変更はSIMカードそのものを変更する必要があるため、SIM回線を追加する契約手続きが必要になります。 異なるSIMタイプへの変更を希望する場合は、 新たにSIM回線の新規契約を行なってから旧回線を解約しなければなりません。 LINEモバイルでは追加回線の事務手数料が最大無料となるため、サービスタイプの変更を伴う場合は契約の手順にも気を付けながら手続きを進める必要があります。 また、LINEモバイルでは2020年2月から料金プランがリニューアルしています。 が、プラン変更をして データSIMを解約すると今後データSIMは一切使用できなくなりますので注意しておきましょう。 LINEモバイルの月額料金• データSIM SMS付き• 音声通話SIM SIMタイプは、 「データSIM SMS付き 」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。 以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。 データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。 電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。 どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。 SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。 LINEデータフリー:0円• 「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。 LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。 「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。 「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。 SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。 そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。 料金プラン・データフリーオプションを変更 同じサービスプランでの変更では、LINEモバイル公式ページからマイページにログインして手続きを行います。 PCからプラン変更する手順 パソコンからプラン変更を行なう手順を紹介します。 LINEモバイルの公式ホームページにアクセスする• 画面右上の[マイページ]をクリックする• ログインIDとパスワードを入力してログインする• [プラン・オプション]を選択する• 希望するプランを選択する• [変更する]をクリックしてプラン変更完了 スマホからプラン変更する手順 スマホからプラン変更を行なう場合の手順を紹介します。 [LINEアプリ]をタップ• LINEモバイルの公式ホームページにアクセスする• [マイページ]をタップする• ログインIDとパスワードを入力してログインする• [データ残量]をタップする• [プラン・オプション]をタップする• [プラン情報]をタップする• 希望するプランを選択する• 確認メールにて内容を確認して完了 LINEモバイルのオプション契約・解除を行う方法 LINEモバイルでのオプション契約や解除を行う方法を紹介します。 PCからオプションを変更する手順 パソコンからオプション契約・解除を行う手順を紹介します。 LINEモバイルの公式ホームページにアクセスする• 画面右上の[マイページ]をクリックする• ログインIDとパスワードを入力してログインする• [プラン・オプション]を選択する• オプションの隣の[変更]をタップする• 契約もしくは解除したいオプションにチェックを入れて[次へ]をタップする• [変更する]をタップして完了 スマホからオプションを変更する手順 スマホからオプション契約・解除を行う手順を紹介します。 [LINEアプリ]をタップ• LINEモバイルの公式ホームページにアクセスする• [マイページ]をタップする• ログインIDとパスワードを入力してログインする• [データ残量]をタップする• [プラン・オプション]をタップする• オプションの隣の[変更]をタップする• 契約もしくは解除したいオプションにチェックを入れて[次へ]をタップする• [変更する]をタップして完了• 確認メールにて内容を確認 LINEモバイルのプラン・オプション変更の際の注意点 LINEモバイルのプランやオプションを変更する際に注意したい点を解説します。 【注意】旧プランを契約している場合は新プランへ移行すべき! 「2019年9月30日以前」に音声通話SIMを契約している場合、新料金プランの音声通話SIMに移行してから変更するようにしてください。 その理由は、新プランに移行すると 最低利用期間がなくなり、解約手数料も1,000円で済むようになるからです。 旧プランからの解約が必要なプラン変更の場合、 違約金は9,800円に設定されています。 そのため、新プランに移行してから手続きを行なったほうが断然お得になるのです。 旧プランから新プランへの変更はマイページから簡単にできますので、覚えておきましょう。 ただし、LINEモバイルの回線を利用している場合、プラン変更に際してSIMカードの交換が必要になります。 カード交換の費用は発生しませんが、SIMカードの入れ替えや初期設定などを行なう必要があるので注意しておきましょう。 LINEモバイルのプラン変更|よくある質問 LINEモバイルのプラン変更の際に、よくある質問を紹介します。 プラン変更を行うと余ったデータ容量はどうなる? LINEモバイルでは基本的にプラン変更を行った際のデータ容量は、 変更後も引き継がれることになっています。 ただし、ドコモ回線で「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」から「ベーシックプラン」へとプラン変更をする場合のみ、データ容量は引き継がれませんので注意してください。 データ容量の上限はいつ変更になる? 基本的には、 プラン変更を行なった翌月1日の7時~15時の間に順次適用になります。 また、ドコモ回線で「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」から「ベーシックプラン」へとプラン変更をする場合のみ、SIMカードを交換して利用開始手続きが完了し次第、データ容量の上限の変更が適用になります。 プラン変更が適用されるタイミングは? プラン変更を行なった翌月1日の7時~15時の間に順次適用になります。 また、ドコモ回線でも「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」から「ベーシックプラン」へとプラン変更をする場合のみ、SIMカードを交換して利用開始手続きが完了し次第、プラン変更が適用になります。

次の

LINEモバイルの申し込み・解約・クーリングオフについて

ラインモバイル 初期契約解除

今回の変更で一番重要なのがココよ。 今まで、LINEモバイルに契約すると初月の月額基本料金(通話料・契約事務手数料のぞく)が無料でした。 キャンペーン扱いではなく常に無料だったためLINEモバイルの強みだったのですが、 残念ながら今回のルール変更で初月無料はなしに。 ルール変更後の初月料金ですが、日割りではなく以下の料金が一律請求となります。 ルール変更後の初月料金• そうね、だけど今はキャンペーンで初月300円よ。 0円が300円に変わるだけだから、実質的な損は小さいわよ。 現在は、「」を実施しているため、全プランで初月の月額基本料金が300円に。 そのため、 実際は初月無料が無くなっても大きな損ではなくなっています。 このキャンペーンはいつ終わるか分かりません。 詳しい内容は記事後半にて解説します。 2019年4月以前までにLINEモバイルに契約した方は、継続してLINEポイントが付与されますが、 2019年5月以降に契約した方はポイント付与が無いので注意して下さい。 最低利用期間内に解約すると、9800円の解約金が請求されます。 最低利用期間は12ヶ月です。 解約金のルールは変わりませんが、2019年5月から最低利用期間のカウントが初月からに変更。 これまで初月無料サービスがあったため、最低利用期間は契約2ヶ月目からでしたが、今後は初月を含めて12ヶ月が最低利用期間です。 このルール変更は最低利用期間が短くなるのでデメリットではありません。 なお、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても解約金は無料です。 簡単に言えばクーリングオフですね。 万が一、ご自宅が通信エリア外だったときの保険です。 今までの初期契約解除は全プラン、すべてのSIMカード種別(音声通話SIM・データSIM・SMS付きデータSIM)で手続きできました。 しかし、 今回の変更からデータSIM・SMS付きデータSIMは初期契約解除が不可となります。 ただ、データSIM・SMS付きデータSIMはどのみち解約金無しで契約解除できるので、初期契約解除のルールが変わったところであまり意味はありませんが・・。 初期契約解除については、小さな変更点なので気にしなくて大丈夫です。 SNS使い放題 新・月300円キャンペーンは継続!全プラン初月300円に 簡単にいうと、初月がどのプランでも300円に。 その後、3ヶ月間1390円の月額割引が継続となるの。 詳しく解説するわ。 今回のルール変更で初月無料の特典が終わり、一律料金が請求されることになりました。 ここで朗報が。 LINEモバイルの目玉キャンペーンである「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」はルール変更後も継続が決定。 しかも、初月料金を全プラン300円にするとの発表も。 ルール変更とともにau回線の提供スタートも始まったおかげが、大盤振る舞いの内容です。 音声通話SIMの初月料金は一律1200円なのですが、キャンペーン期間は300円となります。 2ヶ月目以降も3ヶ月間割引は適用。 全プラン1390円引きとなっています。 なお、 このキャンペーンはLINEモバイルへ音声通話SIMで契約する場合のみ対象(回線はドコモ・ソフトバンク・auどれでもOK)。 終了時期は未定です。 LINEモバイルに契約するなら、今がチャンスですよ。 【まとめ】LINEモバイルのルール変更は痛手、だけどキャンペーンで相変わらず安い この記事では、LINEモバイルのルール変更について詳しくまとめてきました。 もう一度おさらいしておくと、2019年5月から以下のルールが変わります。 初月無料サービスが終了• 最低利用期間が初月からカウント• データSIMの初期契約解除が不可に 「最低利用期間が初月からカウント」以外はマイナスの変更です。 ですが、 幸い「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」が継続するので、実質的なマイナスは数百円程度。 相変わらずの低価格はキープしています。 LINEモバイルのルール変更については今後もウォッチしていきます。 また、ルールが変わったら、その都度お知らせしますね。

次の