ポケモン go の youtube。 プレミアカップで大活躍するポケモンを伝授!よく使われる技を覚えておけば対策もバッチリ【ポケモンGO 秋田局】(インサイド)

【ポケモンGO】シャドウスイクンとバトル!!シエラ様のラプラス2連で負けられない女の戦いが勃発した件。

ポケモン go の youtube

「ゲット&バトルトーナメント」は2020年1月11日(土)に開催され、ポケモンGOならではの要素を加えたルールが採用。 その名の通り、ポケモンの捕獲とバトルの二部構成となるe-sports大会です。 「ゲット大会」では開催地のお台場を歩き、「ポケモンを捕まえる」ことを目標とし、クリアタイムを競い合います。 その後、タイムが早かった上位16人が「バトルトーナメント」に進出し、「ゲット大会」で捕まえたポケモンのみでバトルを行います。 参加応募は2019年12月26日までとなり、からエントリーすることが可能です。 、株式会社ポケモン ならではのeスポーツ大会が開催されることが決定いたしました。 調べ 視聴URL(2020年1月11日の様子/OPENREC. tv): 「東京eスポーツフェスタ」は、東京eスポーツフェスタ実行委員会がeスポーツの普及と関連産業の振興を目的として今年度初めて開催するイベントで、eスポーツの競技大会や体験企画の実施などにより、その魅力を広く発信するとともに、都内に集積するeスポーツ関連産業の優れた製品やサービスをPRする場となるものです。 そしてこの度、「東京eスポーツフェスタ」の詳細が決定しました。 Niantic, inc. 、株式会社ポケモン協力のもと、実際に歩き回ってポケモンを捕まえるとい「ポケモン GO」ならではの要素も加えたルールで実施することにより、参加者の方にeスポーツを新たなかたちでお楽しみいただけるイベントとなっております。 本大会は、お台場でおこなわれます。 参加者の方々には、まず「ゲット大会」に参加いただき、お台場を歩いて、「ポケモンを捕まえる」ことをテーマにした大会限定フィールドリサーチ(タスク)に挑戦していただきます。 タスクのクリアタイムが最も早い上位16名に「バトル大会」のトーナメントへの出場権が付与されます。 「バトル大会」では、「ポケモン GO」のトレーナーバトル(ポケモンを3匹ずつ出してバトルする、1対1の対戦機能)を使用して優勝を争います。 なお、「バトル大会」に使用できるポケモンは当日お台場で捕まえたポケモンのみなので、「ポケモン GO」トレーナーであれば誰でも気軽に参加できます。 バトルの腕前や知力だけではなく、お台場でポケモンを探す体力やトレーナーとしての勘も必要なeスポーツをお楽しみいただけるイベントとなっております。 これまでに捕まえたポケモンでも対戦できますので、どなたでもお気軽にご参加いただけます。 なお、優勝者には「ポケモン GO」ノベルティステッカーを贈呈いたします。 jp )にご連絡をお願いいたします。 tv: YouTube: 2020 年1月12日 日 OPENREC. tv: YouTube: 《「東京eスポーツフェスタ」イベント内容》 ステージでの、オープニングイベント、エキシビジョンマッチ、決勝大会、表彰式をおこなうほか、eスポーツの関心・期待を高めるトークセッション、eスポーツ関連産業展示会等を実施予定です。 出展社:ゲームソフトの開発、周辺機器• アイテム• , LTD. ・競技種目3種のプレイエリア(「太鼓の達人」、「パズドラ」、「モンスターストライク」) ・「ポケモン GO」のプレイエリア ・業務用音楽ゲーム「beatmania IIDX LIGHTNING MODEL(ビートマニアツーディーエックスライトニングモデル)」(株式会社コナミアミューズメント提供) ・eスポーツトークセッション「eスポーツとは何だろう?」 出演者:筧誠一郎氏(東京都eスポーツ連合会長) ほかeスポーツキャスターやプロプレイヤーを予定 ・eスポーツトークセッション「eスポーツにおけるダイバーシティの可能性」 出演者:田中栄一氏(国立八雲病院作業療法士) ほか、障がい者の就労支援や障がいのあるeスポーツプレイヤーと当プレイヤーを雇用している事業者を予定 ・eスポーツ関連技術の体験、展示 VR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレイを使ったスポーツ対戦の体験や、高速• 大容量通信によるリアルタイム• マルチアングルのeスポーツ対戦映像の中継やAI技術を活用したeスポーツ対戦のハイライトシーン観戦 イベント内容、参加方法などの詳細は、公式HP をご覧ください。 調べ ポケモンGO.

次の

家で遊ぶ「ポケモンGO」 24日はタネボーの「コミュニティ・デイ」 YouTubeで初の24時間ライブ配信も

ポケモン go の youtube

どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を遊び続けるゆずみんです。 今回は新しく実装されたキュレムについてご紹介致します!キュレムはしっかりと対策すれば2人で討伐する事も可能なので、ガンガン倒していきましょう。 キュレムってどんなポケモン? キュレムは『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』に登場したドラゴン、こおりタイプの珍しい伝説ポケモンです。 原作ではレシラムを吸収してホワイトキュレム、ゼクロムを吸収してブラックキュレムといった具合にフォルムチェンジをする事が出来ますが、今回『ポケモンGO』で実装されたのはノーマルタイプのキュレムです。 ドラゴン、こおりというタイプは相性的には弱点が増えてしまう為、お世辞にも良いとは言えない組み合わせ。 弱点はかくとう、いわ、ドラゴン、フェアリー、はがねタイプとかなり多いです。 逆に言えば対策がとてもしやすいポケモンですね! キュレムのステータスは最大CP3575、HP245、攻撃246、防御170。 HPと攻撃種族値が高いのが特徴ですが、他の伝説ポケモンと比べると最大CPと防御の低さが目立ちます。 技1 りゅうのいぶき(ドラゴン) はがねのつばさ(はがね) 技2 ドラゴンクロー(ドラゴン) ふぶき (こおり) りゅうせいぐん(ドラゴン 技1にこおりタイプの技がなく、こおり技統一での運用が出来ません。 技2のふぶきも発動に時間が掛かる技の為、使い勝手が良いとは言えません。 種族値だけで言えばこおりタイプ最強クラスのアタッカーなのですが、技に恵まれずこおりタイプで使うのは難しいと思います。 ドラゴン技で統一して使うのならば、他にすでに優秀なレックウザ、ディアルガ、パルキア等がいるので、ドラゴンタイプで運用してもエース級の活躍とはなりません。 ここまでの情報だけで見ると先日まで実装されていたレシラム、ゼクロム程の捕獲の優先順位はなさそうです。 では次にタイプ別にキュレムに対して有効なポケモンをご紹介していきます。 フェアリータイプおすすめのポケモン• トゲキッス• サーナイト フェアリータイプはドラゴン技を軽減して受ける事が出来るのでおすすめです。 しかしキュレムの技1がはがねのつばさだった場合、フェアリータイプは弱点となってしまうので要注意。 キュレムの技1がりゅうのいぶきだった場合に使っていきましょう。 いわタイプおすすめのポケモン• ラムパルド• テラキオン• バンギラス• ドサイドン いわタイプのポケモンは、はがねタイプの技が弱点となります。 その為フェアリータイプのポケモン同様に、キュレムの技1がはがねのつばさだった場合は選出するのを控えましょう。 かくとうタイプおすすめのポケモン• カイリキー• ローブシン• ルカリオ• バシャーモ ただしこれらのポケモンはそもそもの耐久力が高いわけではありません。 キュレムの強力な攻撃、ゲージ技に耐える為にはほぼMAX強化する必要があるので、しっかりと強化されている場合のみ、かくとうタイプのポケモンを使って下さい。 ドラゴンタイプおすすめのポケモン• ディアルガ• パルキア• レシラム キュレムがこおりタイプの技を使ってきた場合に耐える事が出来るドラゴンポケモンです。 レックウザ、カイリュー、ボーマンダなどのドラゴンポケモンはひこうタイプが入っている為、キュレムのこおり技が2重弱点となってしまいます。 普段大活躍するドラゴンタイプのポケモンですが、キュレムに対しては選出するのは控えましょう。 はがねタイプおすすめのポケモン• メタグロス キュレムに対して、一番おすすめなのはメタグロス。 キュレムの全ての技に対して抵抗を持ちつつ、限定技のコメットパンチは威力抜群のはがね技です。 まさにキュレムを倒す為に生まれてきたようなポケモンなのです。 キュレム対策のポケモンに関してより詳しく紹介している動画はこちら。 ドラゴン軍団は危険!キュレム対策に輝くあのポケモン一択!最強の耐性と攻撃力を準備せよ!【ポケモンGO】 キュレムの2人討伐に成功! 実際にキュレムの2人討伐に成功したので、その時のパーティーをご紹介致します。 1人目パーティー ・メタグロス6体 (CP3783、3648、3401、3336、3314、3294) 2人目パーティー ・メタグロス CP3773 ・ディアルガ CP4011 ・パルキア CP3506 ・ドサイドン CP3706 ・ローブシン CP3311 ・ルカリオ CP2703 このパーティーで天候ブースト無し、大親友ボーナス有り、キュレムの技2はドラゴングロー。 この条件の場合は、残りタイムが40秒程で討伐に成功致しました。 その時の動画はこちら。 【2人討伐】秋田人は農耕民族だ!ナメるなよー!!キュレム2人で倒す【ポケモンGO】 キュレムに対しては「メタグロスが一番おすすめ」だとご紹介しましたが、さすがにコメットパンチのメタグロスを6体MAX強化している人は少ないと思います。 でもご安心ください。 メタグロスだけでなく、他のポケモンもうまく使う事でも2人討伐は可能です。 また、キュレムの技がりゅうせいぐん、ふぶきの場合でも2人討伐に成功しました。 とはいえ、ドラゴンクローが一番難易度が低いと思うので、少人数討伐を狙う方はぜひ参考にして下さい。 最後にキュレムの高個体は狙うべきなのかという点について。 これは現段階ではレシラム、ゼクロム程の優先度は無いと思っています。 しかし将来的にフォルムチェンジしてブラックキュレム、ホワイトキュレムがきた時はものすごく強いポケモンになる可能性があります。 そうなると、すでに実装されているデオキシスの各フォルムやミュウツーとアーマードミュウツー、ギラティナアナザーとオリジンタイプと同じ形で、アメが共通になる事が予想されます。 また、今後技が追加される可能性も捨てきれません。 もしキュレムの技1にこおり技、技2にれいとうビームやゆきなだれなどの強力な技が追加された場合、一気にこおりタイプ最強クラスのアタッカーになります。 将来的な投資も含めて、手持ちのレイドパスと相談して可能な限りゲットしておく事をおすすめしますよ! ではでは今回はこのへんで。 YouTubeにて関連動画を多数投稿中。 《ゆずみん》.

次の

【ポケモンGO】絶望しながら不人気の黄色チームに強制移籍 → 意外とよかった理由とは

ポケモン go の youtube

どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を遊び続けるゆずみんです。 今回は新しく実装されたプレミアカップで大活躍するポケモンたちをご紹介致します! プレミアカップは、GOバトルリーグで選ぶ事が出来る新しいリーグです。 マスターリーグと同じくCP上限は無いのですが、伝説と幻のポケモンが使用NGになっています。 メタグロス、ジバコイル、エンペルトなどのはがねタイプにはドリルライナーを、カイリュー、トゲキッス、ギャラドスなどのひこうタイプにはいわなだれを打っていきましょう! 耐久力が高いわけではないので、シールドの活用や、耐久力のある他のポケモンと組み合わせると活躍してくれますよ。 出し負けをしてしまった時、相手の技を交代受けで受けたい時などに重宝するでしょう。 みずタイプははがね技に抵抗がある為、メタグロスのコメットパンチなどを上手く交代受け出来ればとても気持ち良いです! また、弱点であるくさタイプのポケモンは、プレミアカップになるとほとんど見かけない為、弱点を突かれる事が少ないのが特徴です(くさタイプのポケモンは全体的に最大CPが低いので、このリーグではあまり見かけない)。 カイリュー、ガブリアス、トゲキッスあたりには強気で攻めましょう!特にこなゆき、ゆきなだれの組み合わせはこおりタイプの技構成でトップクラスに優秀です。 更にこれまた環境に多いはがねタイプに抜群をとれるじならしもある為、対応出来る範囲が広め。 しかし、その反面弱点も多く、ほのお、みず、くさ、かくとう、はがねには厳しいです。 この特徴を活かして初手に出し、出し負けを防ぐといった使い方も有効です。 技1のたきのぼりは削り性能が高く、通常技でガンガン削れます。 その分、技2のゲージ技は溜まるスピードが遅く、相手のシールドを消費させる役割にはあまり向きません。 技2のかみくだくがエスパー、ゴーストタイプに抜群なので、環境に多いメタグロスキラーとしても優秀。 げきりんは非常にダメージの高い技なので、弱点じゃなくても相手に大ダメージを与える事が出来ます。 同じかくとうタイプのポケモンで優秀なローブシンもいますが、カイリキーの技2は回転率の良いクロスチョップといわなだれで、相手のシールドをガンガン消費させる使い方も出来ます。 ローブシンはカイリキーに比べると回転率の落ちるばくれつパンチ、ストーンエッジの為、PVPではカイリキーの方がおすすめなんですね。 技の回転率を活かして初手に出し、相手のシールドを消費させる使い方をしてもOK。 カイリキーはすでに持っている人が多い点と、フレンドと交換すればカイリキーに進化する際に必要なアメが0になるので、育成難易度が低めなのもありがたいところですね。 ミラーショットは30%の確率で相手の攻撃力を1段階下げるので、シールドを使った相手にも効果があるのがグッド。 ワイルドボルトは威力が非常に高い反面、こちらの防御力が確定で2段階下がってしまう技です。 ワイルドボルトを打つ時はその後すぐに交代するか、やられる直前に使う様にしましょう。 初手にジバコイルを出してワイルドボルトを2回分貯めてから、2回連続ですぐ打つ戦術も有効です。 トゲキッス、メタグロス、ギャラドスあたりのポケモンに強く出れる事、効果がいまひとつの相手であってもワイルドボルトをうまく当てれば大きなダメージを与えられるのが強みですね。 同じハイドロカノン使いとしてラグラージを使っても良いと思います。 どのポケモンと組み合わせるかによって使い分けをしましょう。 技1マッドショッドを持つラグラージのほうがハイドロカノンを早く打てますが、はがねタイプが入るエンペルトは耐久面で環境に多いメタグロス、トゲキッス、ドサイドンなどに対して活躍してくれます。 環境に多いカイリューやトゲキッスを技1だけでガンガン削ってくれることでしょう。 限定技のがんせきほうは威力が申し分なく、タイプ一致のドサイドンが使えば大ダメージ!更に環境に多いはがねタイプの打点として、ばかぢからをやられる直前や交代直前に使うのも強いです! しかしドサイドンの技ゲージが溜まるのは比較的遅い為、相手のシールドの残数には要注意。 そして耐久面は低く、特に2重弱点であるみず技をくらうと一撃でやられてしまう事もあるので、シールドがある状態で使う事をおすすめします。 技2がどれも優秀なので、自分の戦術に合わせて組み合わせていきましょう。 筆者はメタグロス、エンペルト、ドサイドンあたりを警戒しているのですなじごく、じしんの組み合わせで運用しています。 ガブリアスと組ませるポケモンを考慮してカイリューやギャラドスに弱いと感じたらげきりんを採用するのも良いと思います。 PVPにおいて最強クラスであるゲージ効率の良いマッドショットによって、技2をたくさんうてるのがガブリアス最大の特徴。 すなじごくは相手の防御を確定で1段階下げるので、相手のシールドをはがしつつ相手のポケモン交代を狙うという戦術が非常に強力です。 カビゴンを入れるだけでパーティーの安定度が変わるほど、使いやすいポケモンです。 耐久力が高く、技2の覚える技範囲が豊富なのが特徴ですね。 チャージ効率の良いのしかかりはほぼ固定で覚えさせていいと思いますが、もう1つの技はじしん、ばかぢから、げきりんなど好みのものを選びましょう。 カビゴンは技範囲が豊富な為、相手はシールドを使うかどうか悩む場面が非常に多いです。 カイリューやガブリアスなどのポケモンはトゲキッスにはとても太刀打ちできません。 技1あまえるの威力がとても高く、通常技でゴリゴリと削っていく戦術がとても強いです。 相手がシールドを使う隙を与えずに倒すこともあるでしょう。 あまえるが弱点じゃないポケモンに対しても、通常技だけで同等に戦える場面が多く、シールドでうまく守ればトゲキッスだけで2〜3体突破するほどのポテンシャルがあります。 プレミアカップで見ない日は無い程、人気を集めています。 高耐久な点も強いですが、限定技であるコメットパンチがはがね技最強でとてつもなく強い!効果いまひとつでもなかなかに痛いので、多くの相手がシールドを使ってくると思います。 また環境に多いトゲキッスを圧倒できるため、パーティーの後ろの方に潜んでいる事も多いはず。 2つ目の技であるじしんを開放させれば、ミラー対決(メタグロス同士の対決)になった時もほぼ一撃で倒せます。 マスターリーグでは伝説ポケモンが使われる事が多かったのですが、プレミアカップではドラゴン最強の一角を担うポケモンと言えるでしょう。 通常技でゴリゴリと削っていけるりゅうのいぶきと、回転率の早いドラゴンクローで相手のHPやシールドを消費させる戦い方が強力です。 また、ぼうふうを覚えさせておくと、苦手なトゲキッスにも大ダメージを与える事が出来ます。 限定技ではありますが、威力が非常に高いりゅうせいぐんをうまく使うと、どんなポケモンにも大ダメージを与える事ができます。 技2の組み合わせは自分の戦術に合わせて使い分けていきましょう。 相手としては技の予想をするのが難しく、シールドを使ってくる場面も多いと思います。 実際はもっと話したい事があるのですが、今回は出来るだけ簡潔にと思うのでこのあたりで一区切りとさせていただきます。 実際にもっと喋っている動画はこちら。 筆者が「あー、戦いにくいなあ」と思ったのはウインディ、リザードン、バンギラスあたりですかね。 おそらく使われるポケモンの環境は常に変わっていくと思うので、また参考になりそうな事が思い浮かんだらご紹介していきますね! ではでは今回はこのへんで。 YouTubeにて関連動画を多数投稿中。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の