新型 シボレー コルベット。 新型シボレー・コルベット(C8) 右ハンドル車を設定、日本導入へ 内装/エンジン

【海外試乗】「シボレー ・コルベット」史上もっとも革新的なフルモデルチェンジを果たした、新型コルベットはここがスゴイ!

新型 シボレー コルベット

新型「コルベット スティングレイ」はシボレーモデルの集大成と位置づけていて、かつてない新次元のパフォーマンス、最先端技術、最上級のクラフトマンシップ、ラグジュアリーを提供すべく新たに開発されています。 2020年式の新型「シボレー コルベット スティングレイ」の外観 2020年式「シボレー コルベット スティングレイ」のデザインは、航空機とレーシングカーをルーツとしていて、キャノピー(風防)をフロント寄りに置いたデザインは、まさにF22やF35といった最新のジェット戦闘機やF1レーシングカーにインスパイアされたものだそう。 2020年式の新型「シボレー コルベット スティングレイ」のフロントマスク 「コルベット スティングレイ」には、印象的なフロントマスク、水平方向に流れるクラシックなプレスライン、アグレッシブなフロントフェンダー、コルベットならではのデュアルエレメントヘッドランプが含まれ、コルベットのクラシカルなデザイン要素を受け継いでいます。 新型コルベットのヘッドライトまわり フロントからミッドシップエンジンに移行したことで、本格スーパースポーツカーへの転身といえます。 新たにミッドシップエンジンレイアウトを採用したことで「コルベット スティングレイ」は大きな進化を遂げています。 2020年式新型「シボレー コルベット スティングレイ」のサイドビュー ミッドシップ化によりリヤ寄りの重量配分になり、ストレートおよびサーキットでのパフォーマンスが向上。 フロントアクスル寄りのドライビングポジションが可能になり、レスポンスと操作性が引き上げられたとしています。 2LのスモールブロックV8 LT2エンジン ミッドにマウントされる、シボレーの次世代型6. 2LのスモールブロックV8 LT2エンジンを搭載。 同セグメントで唯一の自然吸気型V8は、パフォーマンスエキゾースト装着時で最高出力495hp(369kW)、最大トルク470lb-ft(637Nm)に達します。 エントリーレベルのコルベットとしては過去最大のパワーとトルクになります。 これにより、エントリーモデルのコルベットとしては歴代最速を達成。 「Z51」パッケージを装着した際の0-60mph加速タイムは、3秒以下だそう。 2LのスモールブロックV8 LT2エンジン さらに、パワートレーンを低い位置に搭載することで低重心化を図り、ハンドリングも向上したとしています。 最も大きくアップデートされたのは、潤滑およびベンチレーションシステム。 ベースグレードモデルに、エンジン取り付け型のドライサンプオイルシステムと3基のスカベンジポンプが初めて採用され、サーキット走行時のための潤滑性能が高められています。 これにより本格的なサーキット走行中に、エンジン内のオイル容量を維持し、パフォーマンスの低下を抑制。 新型「コルベット スティングレイ」では旋回性能が大幅に向上しているため、LT2のドライサンプ潤滑システムは、1Gを超える横方向加速度があらゆる方向に加わっても、卓越したエンジンパフォーマンスを発揮できるように設計し直す必要があったそうです。 リヤハッチに、3. 2mm厚の軽量なガラスパネルを用意 また、リヤハッチには、3. 2mm厚の軽量なガラスパネルが備わり、魅力的なビジュアルを演出する要素になっているほか、LT2エンジンルームの熱を排出するためのトレーリングエッジも用意されています。 次世代LT2エンジンに組み合わされるトランスミッションは、シボレー初の8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)で、素早いシフトと優れたパワー伝達が可能になっています。 トレメックと共同開発されたデュアルクラッチトランスミッションを初採用 このトランスミッションはTREMEC(トレメック)社と共同で専用開発したもので、マニュアルのようなダイレクトな操作感とオートマチックならではの極上の快適性を得たそうです。 ダブルパドル式のクラッチ解除機構が備わっていて、ドライバーが両方のパドルをフォールドすると、クラッチの接続を解除することができるため、よりマニュアルに近い操作が可能。 パドルシフターにより、ドライバーは特定のギアを選択することができます。 さらに、スモールブロックの新型V8エンジンは、専用のDCTの利点でもある素早いシフトチェンジを生かせるよう、トルクカーブが最適化されています。 エンジニアは、DCTの1速ギア比をきわめて低く設定することで、トラクションを高めて素早い発進加速を可能にし、2速から6速まではクロスレシオ設定として、サーキット走行においてエンジンのパワーピークを維持しやすいようにされています。 7速と8速は、高めのギア比に設定されていて、ゆったりとした長距離走行を可能にしつつ負荷を軽減し、燃費の向上が図られています。 加えて、このDCTには新しい電子制御トランスミッションレンジセレクターが組み合わされます。 電気式シフターには、シフトレバーとトランスミッションの間に機械的なインターフェースが存在しません。 2020年式新型「シボレー コルベット スティングレイ」のインパネ ゴルフバッグの積載にも対応 ミッドシップ化の利点はまだあります。 ボンネット、インパネ、ステアリングホイールを低く配置したことで、路面の視認性の高さはレーシングカーと同等していて、ドライバーと同乗者に対して優れた前方視界を提供するとしています。 実用面も向上しているそうで、前後のデュアルトランクにより、約357Lの荷室容量を確保。 旅行の荷物や2セット分のゴルフクラブを収納することが可能だそうです。 (塚田勝弘) by カテゴリー : , , タグ : ,.

次の

シボレー・コルベットの新型C8がフルモデルチェンジ!V8気筒のスポーツカー

新型 シボレー コルベット

GMのシボレーブランドは、ロサンゼルスモーターショー2019に、新型『コルベット・スティングレイ・コンバーチブル』(Chevrolet Corvette Stingray Convertible)を出展した。 「コルベット」は、米国を代表するスポーツカーだ。 新型は8世代目モデル。 シボレーは、8世代目となる新型コルベットに、「スティングレイ」のサブネームを付した。 7月に発表されたクーペに続いて、今度はオープンボディの「コンバーチブル」にも、新型が登場した。 ツーピースのハードトップは、16秒で開閉できる。 6個の電動モーターで作動する。 ボディ同色のハードトップを標準装備した。 オプションでカーボンフラッシュのメタリック塗装が選択できる。 ハードトップは、ミッドシップのエンジンの上に格納される。 複合素材を使用した軽量ハードトップが、エンジンの熱対策が施されたコンパートメントに収納される設計とした。 静粛性を向上させるために、ガラス製ディフレクターは風切り音を減らすように設計されている。 クーペの「Z51パフォーマンスパッケージ」と同じリアスポイラーを装備した。 シボレーによる、ルーフを閉じた際の空力性能は、クーペとコンバーチブルで同じになるという。 ルーフを開けた時でも、トランクに2セットのゴルフクラブを積載できる。 トランクは、クーペと同じ容量だ。 また、コンバーチブルはクーペ同様、フロントフードの下に収納スペースを持つ。 ここには、航空機の機内持ち込み手荷物とラップトップバッグが収納できる。 フロントには、プロジェクターを組み込んだ薄型LEDヘッドライトを採用する。 ボディサイドには、エンジン冷却とエアロダイナミクス性能を高めるために、大型エアインテークが配される。 LEDテールランプには、アニメーションターンシグナルが組み込まれた。 エグゾーストパイプは、4本出しとした。 シボレーによると、クーペとほぼ同じパフォーマンスを可能にしているという。 シボレーによると、高度なパワートレインシステムとシャシーチューニング、格納式ハードトップを組み合わせることにより、新型は史上最も妥協のないコルベットのコンバーチブルになるという。 2リットルV8は最大出力495hp 新型コルベット・スティングレイ・コンバーチブルの最大の特長が、従来のフロントエンジンレイアウトから、ミッドエンジンレイアウトへの変更だ。 新型は、コルベット史上初のハードトップ・コンバーチブルおよびミッドエンジンのコンバーチブルとなる。 新型コルベット・スティングレイ・コンバーチブルのミッドシップには、直噴6. 2リットルV型8気筒ガソリンエンジンが搭載される。 このセグメント唯一の自然吸気エンジンには、ドライサンプオイル潤滑システムや気筒休止システムを採用した。 トランスミッションは、パドルシフト付きの8速デュアルクラッチだ。 素早いシフトチェンジと優れた動力伝達を可能にする。 この8速デュアルクラッチ・トランスミッションは、マニュアルとオートマチックの両方の利点を兼ね備える。 ステアリングホイールの左右に設けられたダブルパドルは、クラッチ解除機能を持つ。 ドライバーは両方のパドルを操作してクラッチを切り、マニュアル操作することができる。

次の

新型シボレーコルベットC8最新情報!発売日は2018年でミッドシップ&ハイブリッドか

新型 シボレー コルベット

シボレーが、フラッグシップスポーツカー「コルベット」の日本発売を発表しました。 ミッドシップ化など大きく変化した新型コルベットC8について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 シボレー・コルベットは、ブランドを代表するスポーツとして長く販売され、米国を象徴する人気スポーツカーになっています。 フルモデルチェンジした新型コルベットはクーペが2019年7月、コンバーチブルが10月に発表され、伝統的なFRレイアウトからMRレイアウトに変更し、世界のスーパースポーツと競う性能とブランド力を手に入れることを目標に開発。 サブネームには歴代モデルでも使用された「スティングレイ」が採用されています。 シボレー新型コルベットC8は東京オートサロン2020で日本初公開するとともに、発売を発表。 デリバリー開始は2021年春からが予定されています。 駆動方式をFRからMRに変更することで、運動性能を向上• ドライサンプ潤滑システムを採用したV型8気筒6. 2L「LT2」エンジン、8速デュアルクラッチ式トランスミッションを搭載• クーペにタルガトップルーフ、コンバーチブルに電動ハードトップを採用• 前モデル「C7」の販売も2021年まで継続し、並行して販売• 日本仕様の装備はフロントカーブビューパーキングカメラ、HDリアビューカメラ&リアパークアシストなどの運転支援機能を標準装備。 「2LT」グレードでは、GT2バケットシートを採用。 上位の「3LT」グレードでは内外装にカーボンパーツを採用するほか、シートにはよりホールド性を高めたコンペティションスポーツバケットシートを装備し、加えてエンジンアピアランスパッケージやカラードブレーキキャリパーなどが追加されます。 前モデルは米国で55,495ドル(約630万円)から、日本には上位パッケージのZ51が導入され920万円からとなっており、新型コルベットは米国で約650万円からという低価格が話題になりましたが、日本では装備を充実することで他のスーパーカーカテゴリのマシンと競うことによりブランド力をアップしていきます。 フロントデザインは前モデルと共通したイメージになるように仕上げられていますが、トランクだったリア部分はエンジンを搭載するために高くボリュームアップ。 ボディスタイルは空力性能が追求され、180kgものダウンフォースを発生させることができるようになっています。 クーペはルーフにタルガトップを採用することによりオープンエアを楽しむこともでき、外したルーフはエンジン後部にあるラゲッジスペースに収納することができるようになっています。 キャビンはエンジンをリアに搭載するために前方に移動され、フロント部分はより鋭い傾斜になっています。 ドライバーの後部にはディフレクターが装備され、オープン走行時の風切り音を低減。 エンジンはクーペと同じものとなっていますが、スプリングとダンパーは専用チューニングされ、クーペ同等のパフォーマンスを発揮できるように仕上げられています。 ホイールベース:2722mm• 乗車定員:2名• この変更により、高速走行時に大きなダウンフォースを獲得することもできるようになっています。 コルベットコンバーチブルは、複合素材を使用した軽量ルーフによりクーペからの重量増が抑えられています。 室内にはレザーとステッチが効果的に使用され、メーターには多くの情報をわかりやすくドライバーに提供するデジタルメーターを採用。 インフォテインメントシステムも大きくドライバー側に傾けることで、マシンの状態などを瞬時に確認することができるようになっています。 車両の操作系はナビシートと仕切るように縦に配置することで、独自の室内空間を創出。 オーディオシステムには、BOSEが手がけたプレミアムモデルが採用されています。 また、ラゲッジスペースはフロントのほか、ミッドシップレイアウトながらリアにも大きな空間が確保され、ゴルフバッグや旅行用のバッグを積み、レジャーを楽しむことができるようになっています。 シボレー新型コルベットC8. Rレーシングカーの画像 シボレー新型コルベットは、レーシングカー仕様となる「C8. R」が発表されています。 新型コルベットのレーシングカーは入念にテストされた大型のエアロパーツを装備。 エンジンにはV型8気筒5. 4kgmを発揮。 今後世界各国のレースシリーズに参戦し、その性能がアピールされます。 V型8気筒6. 2L「LT2」• 最高出力 ベースモデル:497ps Z51パッケージ:502ps• 最大トルク:65. 0kgm• トランスミッション:8速デュアルクラッチ• 0秒(Z51パッケージ:2. 9秒)• 駆動方式:MR シボレー新型コルベットはミッドシップレイアウトに変更され、リアに搭載されるエンジンにはV型8気筒6. 2L「LT2」が採用されました。 V型8気筒6. 2L「LT1」• 2kgm• 6秒 同排気量のエンジンは前モデルのC7型コルベットでも採用され466psを出力していましたが、新型コルベットではベースモデルで497ps、Z51パッケージを装備することで502psを発揮。 1Gを超えるコーナリング性能に対応するため、オイル循環にはドライサンプ潤滑システムが採用され、安定した性能を発揮することができるようになっています。 トランスミッションは前モデルの8速ATから、新型コルベットC8では新開発された8速デュアルクラッチ式とすることで変速時間を短縮。 1速のギヤ比を低く設定することでトラクションを高め、2速から6速まではクロスレシオ設定としてサーキット走行でのパフォーマンスをアップ。 7速と8速は高めのギヤ比とすることで、ロングドライブでの快適性や燃費性能もアップされています。 走行モードは前モデルで用意されていた「Weather」「Tour」「Sport」「Track」に、新しく「マイモード」「Zモード」を追加。 Zモードでは、ドライバーがエンジンとトランスミッションの調整を行なうことが可能になっています。 0秒、Z51パフォーマンスパッケージで2. 9秒まで短縮されています。 プラグインハイブリッドシステムは、前輪をモーター、後輪をエンジンとモーターが駆動する4WDとなり、システム最高出力は900馬力を予定。 他社のAWDやハイブリッドのスーパーカーより価格を抑え、ベースモデルと同じく戦略的な価格設定でライバルに対抗するとみられています。 いつ?シボレー新型コルベットC8の発売日は? シボレー新型コルベットは、当初発表を予定していた2019年1月から半年ほど遅れましたが、米国でクーペが2019年7月18日、コンバーチブルが10月3日に発表されました。 発売日は北米で2020年2月、右ハンドル仕様が導入される日本では2020年1月10日から受注を開始し、デリバリーは2021年春が予定されています。 シボレーはコルベットをミッドシップレイアウトとすることで欧州のスーパーカーに対抗し、ブランド力を高めていきたい考えです。 シボレーはコルベットの登場により、その後発売されたカマロとともにレースで活躍し、大衆車ブランドから徐々にスポーツ性能をアピールするように変化。 エンジンは、初代ではヨーロッパのライトウェイトスポーツカーをお手本に、ハイパワーすぎない直列6気筒3. 9Lエンジンで150馬力になっていましたが、その後アメリカでハイパワーV型8気筒エンジンの人気が高まったことから徐々に出力をアップ。 2代目は250馬力、3代目は300馬力、4代目では410馬力となり、前モデルの7代目C7型ではベースモデルでも460馬力、最上級のコルベットZR1では766馬力まで高出力化。 OHV式は、シリンダー上部にカムを配置し現在一般に使用されているOHC(オーバーヘッドカム)式よりバルブ開閉パーツの重量が重くなるため、緻密な制御が難しく、高回転には不向きであることから採用車が減っていましたが、コルベットでは、カムをシリンダーサイドに配置することで低重心にできるメリットを重視。 各パーツの性能を改善することで、他のエンジン同等となる6000rpm以上のエンジン回転数に対応。 ホイールアーチより一段低いボンネット位置も車両デザインの特徴になっていました。 新型シボレーコルベットについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の