楽天イーグルス 前身。 東北楽天ゴールデンイーグルスの背番号9番!歴代9番の選手と傾向を紹介

楽天、台湾では「モンキーズ」 来年プロ野球リーグ参入:朝日新聞デジタル

楽天イーグルス 前身

野球 ロッテ・マーティン弾にツイッターが沸いたワケ []• プロ野球 [7月16日 10:00]• コラム [7月16日 10:00]• プロ野球 [7月16日 10:00]• プロ野球 [7月16日 9:47]• プロ野球 [7月16日 8:18]• プロ野球 [7月16日 8:18]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:37]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:31]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:23]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:20]• プロ野球 西武高橋光成は楽天相手に5連敗中/パ見どころ []• プロ野球 [7月16日 9:47]• プロ野球 [7月16日 8:18]• プロ野球 [7月16日 8:18]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:37]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:31]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:23]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:20]• プロ野球 [7月16日 7:20]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:13]• プロ野球監督談話 [7月16日 7:09]• 高校野球 高校球界初!大阪偕星学園にドミニカ留学生コンビ []• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 7:20]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 21:01]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 21:01]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 20:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 19:48]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 19:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 19:14]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 19:13]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]• アマ野球 [7月2日 8:53]•

次の

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天イーグルス 前身

伝統工芸品にヘビーデューティー用途に対応した耐久性を付与 2020-01-24 産業技術総合研究所 ポイント• 粘土を含むナノコンポジットを玉虫塗の保護層として使用• 保護層付与で表面硬度が2段階向上し、傷がつきにくい• 2020シーズンから正式採用 概要 国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)化学プロセス研究部門【研究部門長 古屋 武】 蛯名 武雄 首席研究員らは、宮城県指定伝統的工芸品「玉虫塗」を製作する有限会社東北工芸製作所【代表取締役 佐浦 康洋】 以下「東北工芸製作所」という らと共同で工芸品の活用範囲を広げる粘土含有ナノコンポジット保護層を開発した。 この保護層を付与した玉虫塗は、5カ月に亘る太陽光暴露試験でも色褪せない耐久性があり、さらに、ウレタン樹脂と比べて表面硬度が2段階向上し、傷がつきにくいことが特徴である。 この保護層を付与した玉虫塗ナノコンポジットで塗装したヘルメットは、株式会社楽天野球団【代表取締役社長 立花 陽三】 以下「楽天野球団」という の東北楽天ゴールデンイーグルス 以下「楽天イーグルス」という の選手用ヘルメットとして2020シーズンより正式採用が決定した。 このヘルメットは1月29日 水 から31日 金 まで東京ビッグサイト 東京都江東区 で開催される新機能性材料展2020にて展示される。 図1 玉虫塗ナノコンポジットの構成 左 と玉虫塗ナノコンポジットを付与したヘルメット 右 開発の社会的背景 漆器は国際的に高く評価されている工芸品であるが、市場が縮小傾向にあり、その再興が重要な問題である。 また漆器に限らず塗料は一般に表面が柔らかく傷がつきやすい、紫外線によって色が褪せるなどの問題を持っている。 粘土などの細かな無機粒子を均一に樹脂と混合すると樹脂と無機粒子のネットワーク構造が形成され樹脂の硬度が上がる。 実際に、漆と無機粒子の混合によって堅牢な漆器が製作されているが、この場合塗料には透明性は要求されず、無機粒子が漆中にナノメートルレベルで均一混合することは求められない。 一方、無機粒子が樹脂中にナノメートルレベルで均一混合すると、無機粒子と樹脂の界面で可視光が散乱せず透明なコンポジット材料にできる。 多くの色の塗料に対して適用できることから、透明性をもち、かつ簡単なプロセスによりさまざまな形状の製品に使用できる保護層の開発が求められていた。 研究の経緯 産総研は粘土と樹脂からなるナノコンポジット膜の研究開発で多くの実績がある。 東北工芸製作所と産総研はJST復興促進プログラムシーズ顕在化タイプ、ハイリスク挑戦タイプ 復興促進型 によって宮城県伝統的工芸品である「玉虫塗」の表面にこのナノコンポジット膜を保護層として付与し、保護層の高い硬度により玉虫塗を傷つきにくくして、高耐久食器として製品化していた。 しかし、保護層を硬化するために紫外線をあてるプロセスを必要とし、そのため製造できる製品の大きさや数は紫外線炉の大きさに制限され、同時に生産性が劣るという問題があった。 また、紫外線を全体に均一にあてなければならず、硬化できているかが外観では分からないため、複雑な立体形状の製品への適用が難しいという問題があった。 さらに、塗布作業を行う場所から紫外線炉に入れる作業の途中で埃が表面に付着する場合があり、良品比率が低下するという問題もあった。 そのため、紫外線をあてずに硬度を上げる保護層塗料と製造プロセスの開発が求められていた。 今回、地元の伝統的な技法である玉虫塗に興味を持った楽天野球団からヘルメットへの応用を提案された東北工芸製作所が試作を開始し、産総研と開発したナノコンポジット保護層の採用を決めた。 共同で試作評価を進め、透明性が高く、表面硬度も高い保護層用塗料を特定し、そのコーティングプロセスも開発した。 本研究の成果を適用することで十分な外観・性能を有するヘルメットの製作に成功した。 なお、この開発は、ものづくり中小企業製品開発補助金 仙台市 による支援を受けて行った。 研究の内容 今回、玉虫塗ナノコンポジットをヘルメットに適用するため、東北工芸製作所と産総研が種々の組成の保護層用塗料を比較評価し、透明ウレタン樹脂に透明な粘土である合成スメクタイトを添加したものを採用した。 ウレタン樹脂に混ざりやすくするため、有機物で合成スメクタイトの表面を覆った有機化粘土を用いた。 ウレタン樹脂の硬化には、加熱・紫外線照射などの硬化プロセスは適用しなかった。 ウレタン樹脂への分散性が不十分だと粘土がだまになり、これが白い粒として認められ美観が損なわれる。 三種類の有機化粘土を含む粘土素材を候補とし、添加量の最適化を行ってウレタン樹脂と混合した。 図2は種々の粘土素材と混合したウレタン樹脂からなる保護層の光学顕微鏡像である。 粘土素材Aを添加した場合は大きなだまが観察され、粘土素材Bを添加した場合は、粘土素材Aほどではないが大きなだまが観察された。 一方、粘土素材Cを添加した場合は、粘土素材を添加しない場合と区別がつかない程度までだまの発生を抑えられた。 これは粘土素材Cのウレタン樹脂への分散性が優れていることを示す。 ガラス板上に保護層を付与しその透明性を評価したところ、粘土素材の種類によらず全光線透過率は高い値を示した一方で、ヘーズ 曇度 は、粘土素材A、B、Cの順に小さくなった。 ヘーズは小さいほど外観がクリアであることを示し、粘土素材Cを添加した場合は、ウレタン樹脂そのものの値に近かった。 硬さについて鉛筆硬度試験で評価したところ、粘土素材を添加しないウレタン樹脂の表面硬度はFであったが、粘土素材Cを添加すると、表面硬度は2Hまで二段階向上した。 だまが発生した粘土素材AやBよりも添加効果が高いことから、粘土素材Cの高い分散性が表面硬度の向上にも寄与することが示唆された。 以上のように、だまが発生せず表面硬度を上げられる粘土素材とその添加量を見いだした。 東北工芸製作所はこの材料を玉虫塗の保護層としてスプレー塗工で付与できることを確認するとともに、さまざまな立体形状の製品に適用できる製造プロセスを確立した。 これにより、十分な外観・性能の玉虫塗ナノコンポジットヘルメットを製作することができた。 このヘルメットは5カ月間に亘る屋外での太陽光暴露試験を行い、色褪せがないことを確認した。 また、玉虫塗ナノコンポジットヘルメットは楽天イーグルスの選手用ヘルメットとして2020シーズンより正式採用が決定した。 図2 種々の粘土素材を添加したウレタン樹脂の光学顕微鏡像 表 種々の粘土素材を添加したコーティング層の評価結果 今後の予定 今回開発した透明保護層はスプレー塗工で付与でき、加熱処理や紫外線照射による焼き付けを行う必要がないため、付与できる製品の大きさに制限がなく、複雑な形状の製品に適用できる。 今後はナノコンポジット保護層の工芸品へのさらなる用途展開を進めて、従来のテーブルウェアにとどまらず、屋外での利用や工業製品など幅広い用途への適用を検討する予定である。 「銀粉」を撒き、その上から「染料」を加えた透明な漆を塗り上げる。 宮城県指定伝統的工芸品であり鮮やかな色と輝きが特徴である。 ケイ素と酸素からなる4面体シートとアルミニウム、鉄、マグネシウムなどの金属元素と、酸素と水酸基からなる8面体シートが重ね合わさり、厚さ約1 ナノメートルの単位結晶となる。 着色の原因になる不純物を含まないため無色透明である。 また、水やプラスチックに非常に細かいレベルで分散させることができる。 産総研の前身である東北工業試験所は、昭和50年代にこの合成スメクタイトの工業的製造法を開発した。 100%に近いほど材料の光透過性が高い。 ここでの透過光は材料をまっすぐ透過した光と拡散して透過した光の両方を含む。 透明材料の曇り具合を判断するのに用いられ、この数値が大きいほど白濁して見える。

次の

産総研:東北楽天ゴールデンイーグルスのヘルメットに玉虫塗ナノコンポジットが採用

楽天イーグルス 前身

歴代の背番号5番を背負った選手をご紹介 まず東北楽天ゴールデンイーグルスの背番号5番を付けた、歴代の6選手を一挙ご紹介いたします。 年 度 年 数 球 団 名 選 手 名 2005年~2006年 1・5年 東北楽天ゴールデンイーグルス 斉藤秀光選手 2006年 0. 5年 東北楽天ゴールデンイーグルス バレント選手 2007年 1年 東北楽天ゴールデンイーグルス 空白 2008年~2009年 2年 東北楽天ゴールデンイーグルス セギノール選手 2010年 1年 東北楽天ゴールデンイーグルス フィリップス選手 2011年 1年 東北楽天ゴールデンイーグルス 空白 2012年~2015年 4年 東北楽天ゴールデンイーグルス 牧田明久選手 2016~ 東北楽天ゴールデンイーグルス 茂木栄五朗選手 背番号5番をつけて活躍した主な3選手をご紹介 次に、楽天イーグルスの背番号5番と呼べる3名をピックアップし、経歴をご紹介いたしますので、是非参考にしてください。 フェルナンド・セギノール選手 生年月日 1975年1月19日 出身地 パナマ国ボカス・デル・トロ県 投/打 右/右・左 プロ野球歴 モントリオール・エクスポズ 1998年~2001年 オリックス・ブルーウェーブ 2002年 ニューヨーク・ヤンキース 2003年 北海道日本ハムファイターズ 2004年~2007年 東北楽天ゴールデンイーグルス 2008年~2009年 ニューアーク・ベアーズ 2010年 オリックス・バファローズ 2010年 ランカスター・バーンストーマーズ 2011年 タイトル 本塁打王1回、ベストナイン2回 セギノール選手は日本プロ野球とアメリカ大リーグを3回も往復した、とても珍しい選手です。 日本プロ野球チームには、2002年のオリックス・ブルーウェーブを皮切りに、のべ4球団を渡り歩きました。 そのセギノール選手がもっとも長く日本プロ野球界に在籍したのは、2回目に来日した6年間でした。 そして、日本ハムファイターズに4年、楽天イーグルスに2年の間に、付けていたのが背番号5番です。。 強打のスイッチヒッターとして、北海道移転初年度の日本ファイターズでは、2004年には三冠王となったダイエーの松中選手と並び、本塁打王を獲りました。 その後2008年には、球団が出来てまだ4年目の楽天イーグルスに移籍をし、4番打者として期待されました。 しかし、北海道日本ハムファイターズ時代のようなバッティングは見せられず、2009年シーズンをもって自由契約となり退団してしまいました。 牧田明久選手 生年月日 1982年6月3日 出身地 福井県越前市 投/打 右/右 プロ野球歴 大阪近鉄バファローズ 2001年~2004年 東北楽天ゴールデンイーグルス 2005年~2016年 タイトル 特になし 牧田選手は高校時代に投手として活躍をしていましたが、打力と走力を買われて、2000年に当時の近鉄バッファローズに入団をいたしました。 その後、2004年の大阪近鉄バッファローズの消滅により、分配ドラフトを経て、楽天イーグルスへと移籍をいたしました。 牧田選手はレギュラーの座をつかめないでいましたが、その打力と勝負強さで、チームの勝利に何度も貢献をいたしました。 特に、2012年に記録した1試合7打点は、球団のタイ記録として残っています。 その牧田選手は2012年に、それまでの背番号63番から5番へと変更をしています。 牧田選手の背番号へのこだわりは、阪神タイガースから日本ハムファイターズで活躍をした、新庄剛志の存在があります。 牧田選手は新庄剛選手に憧れるあまり、彼が阪神タイガース時代に付けていた、背番号63番と背番号5番を選んだといわれています。 私が牧田選手の活躍で最も印象に残っているのが、2013年11月3日の、日本シリーズ第7戦でのホームランです。 2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方に勇気を届ける日本一に、このホームランで大きく近づいたといえます。 レギュラーに定着するまではいかなかった牧田選手ですが、東北楽天ゴールデンイーグルスのファンには、このホームランによって強烈な印象を残しました。 茂木栄五朗選手 生年月日 1994年2月14日 出身地 東京都小金井市 投/打 右/左 プロ野球歴 東北楽天ゴールデンイーグルス 2016年~ タイトル 特になし 茂木選手は神奈川県下の野球名門校である桐蔭学園高校で、1年秋から4番打者として活躍をした選手です。 2015年にドラフト3位で楽天イーグルスに入団をすると、翌年のシーズン開幕戦には、球団創設以来初めて、新人野手としてスタメン出場を果たしました。 2017年までは1番打者として定着、2018年は田中和基選手の台頭もあり様々な打順をまかされましたが、ケガもあり不本意な成績で終わってしまいます。 私の茂木選手のイメージというと、積極的なバッティングです。 その証拠として、2017年には公式戦での初回先頭打者初球本塁打を3本記録しています。 これは2018年シーズン終了時において、パリーグのタイ記録です。 これは、茂木選手が憧れている松井稼頭央選手が2002年にマークしていて、茂木選手にとっては憧れの選手と肩を並べた記録として、喜んでいるのではないでしょうか? また、茂木選手がバッターボックスに入った際の応援も特徴があります。

次の