白菜 漬物。 白菜の漬物の簡単な作り方は?塩抜きや切り方も知りたい!

白菜の保存方法と保存期間、長持ちのコツ

白菜 漬物

容器にすき間なく詰めてラップで覆い、軽く重し(600gくらい)をして蓋をします。 寒い戸外に置き3~4日くらい過ぎてラップを剥がし発酵の様子をみましす。 漬け汁に小さな気泡が出てきます。 そろそろ食べはじめても大丈夫です。 キムチを取り出したら、またラップで覆い重しをのせ、なるべく空気に触れないようにします。 写真は発酵が始まり5日目のキムチ漬けです。 ガイドのワンポイントアドバイス 家庭で作るキムチは二週間くらい過ぎると発酵がすすみ酸味が出てきます。 鍋料理や炒め物に使うなど火を通して食べきって下さい。 ヤンニョムを混ぜ合わせた時に味見をして塩を足したり、反対に蜂蜜を加え甘味を強くしたりお好みの味をお楽しみ下さい。 独特の旨味を出すアミの塩辛や小えびの塩辛、粉とうがらしなどは韓国食材店やネットでも手に入ります。

次の

余った白菜の漬物で簡単に作れる!おすすめアレンジレシピ5選

白菜 漬物

白菜をトレーに並べて、塩少々を振ります。 塩一掴みを、白菜の軸の間にはいるように振り入れて、さらに残りの白菜を重ねて、同じように塩を振ります。 一番上に、塩を多めに振って、ジップロックなどに入れて空気を抜きます。 途中で水分をしぼり、漬けこんで3日目くらいに食べられます。 食べる前に水分を十分絞ってから、食べやすい大きさに切ってください。 冷蔵庫で保存するようにしましょう。 浅漬けのアレンジ• 出汁昆布や塩昆布を入れる• 唐辛子を入れる• 塩のかわりに塩麹を使う• 酢を入れる いろいろと試してみて、自分好みの味を見つけてみてくださいね。 カット済み白菜の浅漬け 白菜を食べやすい大きさに切ってから、浅漬けにしたい場合は、よく洗って3~4センチほどに切った白菜をボウルに入れ、計量した塩を振りよく混ぜ合わせてから、ジップロックなどの密閉袋に入れます。 密閉袋の上から重石になるものをのせて、3~5時間ほど置けば完成です。 【材料】(3~4人分) 豆腐 1丁 白菜の漬物 約200g(粗めの細切り) キムチの素 調味料 少々 ねぎ 適量 ニンジン 少々(細切り) ぽん酢かめんつゆ 小さじ2 白ごま 少々 【作り方】• 豆腐を食べやすい大きさに切り、器にもりつけます。 ボウルで、白菜の漬物とキムチの素、ねぎ、ニンジン、ポン酢またはめんつゆを混ぜ合わせます。 (2)を豆腐にのせて、白ごまをかけます。 recipe-blog. そんな白菜を使って自家製の漬物を作って、「我が家だけの味」を目指してみてくださいね。

次の

白菜の漬物で食中毒!? なぜ野菜の浅漬けでO

白菜 漬物

白菜の漬物で食中毒 今年おきた事件でちょっと気になったのは漬物を食べて食中毒になったというものだった。 食中毒といえば、例の焼肉屋集団食中毒。 これは生肉による食中毒で、ついにはレバ刺まで食べることができなくなってしいました。 肉であれば処理の問題とか、下ごしらえ、料理方法などで食中毒になることも考えられますが、まさか漬物で食中毒になるなど、誰が予想していたでしょう。 そう思って少し調べてみると、なんと過去にもおきているようです。 ・・・私はまったく知りませんでした。 今回は白菜の浅漬でしたが、過去には「きゅうりの浅漬け」や「かぶの浅漬け」、「キムチ」などでも起きているようです。 白菜の浅漬けによる食中毒がおきたのは、8月ということで、最も暑いさかりですから、夏ばてで食欲がなくなり人間の体力もおちてしまいます。 そんなときですから、あっさりした漬物でも食べたくなるのは最もなことだと思います。 高齢者施設等で集団感染が起きたみたいですから、働き盛りの成人よりどうしても体力がおちているお年寄りや幼児かかる確率も高くなるみたいですから、気をつけなればなりません。 O157による食中毒の特徴 O157は、O抗原が157番目の大腸菌であることからこのように呼ばれます。 こう書くと分かりにくいのですが、ざっくり言えば大腸菌の分類です。 大腸菌は人間や家畜の腸の中にも存在しています。 ほとんどのものは無害なのですが、中には食中毒を起こすようなものも含まれているのです。 これらを「病原性大腸菌」と呼ぶそうです。 O157は、強い毒を持つ「ベロ毒素」というものを出すのが特徴です。 感染すると一定の潜伏期間を経て、腹痛や下痢、出血、時には「溶血性尿毒症性症候群」という病気になり、命を落とすこともあるそうです。 特に、気温が高くなる時期は、菌が増えやすくなりますので調理道具や食品の取り扱いには十分な衛生管理が求められます。 又、体力が落ちている人や、高齢者、乳幼児などはかかりやすいとされますから、特に注意しなければならないのです。 食中毒を予防するには 一般的に食中毒を予防するには下記のようなことを心がける必要があります。 まな板やふきん、包丁、鍋、といった調理器具を熱湯で消毒し衛生にしておく。 時には消毒剤で調理器具を消毒する。 調理する前や、ものを食べるときは手をせっけんで洗う。 指の爪を切っておく。 食品は低温で保存し、早めに食べる。 O157を初めとして食中毒菌は熱に弱いので、できるだけ加熱処理して食べる。 はえなどから食品を守るため、食べ残しなどには常にラップをする。 上記の中で手洗いは特にまめに行わなければならないと思います。 しかも、正しい洗い方をマスターしておくことが大切ですから、下記を参考にしてください。 これは、インフルエンザが流行しているようなときでも通用しますから是非行ってみてください。 小さいお子さんにも教えておくと良いと思います。 まずは良くぬらしてから石鹸をつけ、手の平をこするように洗う。 手の甲をこするように洗う。 指・爪を一本一本丁寧にこする。 手首を洗う。 流水で石鹸を流す。 清潔なタオルやペーパータオルでよく拭きとり乾かす。 食中毒症状の応急処置 食中毒の主な症状としては、「下痢」や「腹痛」、「嘔吐」、「発熱」です。 下痢や嘔吐の症状がおきたら、トイレなどでできるだけ出すようにします。 異物を排除することが肝心なので、下痢止め薬で止めることはしないほうがいいみたいです。 吐いたものが気管につまるとと窒息のおそれがありますから、薄いビニール袋をして欠き出すことも必要です。 特に高齢者や幼児は気をつけましょう。 下痢がひどいときは体内はミネラルと水分が不足しますから、ミネラルが含まれるスポーツ飲料などで水分を補給する必要があります。 このときあんまり冷たいと胃腸を刺激しますから、冷やしすぎには気をつけましょう。 下痢が止まり、便がゆるくなったらおかゆなどの消化の良いものから慣れていきましょう。 何より、早めに医療機関を受診することは重要です。 食中毒の原因となったものがわかっているならともかく、原因がわからないときや、見たこともないようなキノコを食べてしまったようなときは、すぐにもいく必要があります。 関連記事• 栄養は出来る限り自然な食材から取りたい できれば普段の栄養は サプリなどに頼らず、自然な食材から摂りたいものです。 しかし、現代人の生活において、必要な栄養素を全て自然な食材から過不足なく摂ることは現実的ではないことも否めません。 地方在住の方なら道の駅で地元産の新鮮かつ安全なおいしい野菜を手に入れることも容易ですが、都会暮らしでは難しいと言わざるを得ません。 みずみずしく美味しい旬の野菜を選ぶにも目利きが必要ですし、忙しい方は買い物に行くのも大変でしょう。 そこで一度、本当に新鮮でみずみずしい旬の野菜を食べてみて、ご自身の目利きの力を養ってみるのはいかがでしょうか? Oisix(オイシックス)では、 送料無料で様々な野菜がたっぷり入ったお試しセットを購入することができます。 おいしくなければ 全額返金対応です。 まずは一度、本当の野菜を知ってみることをおすすめします。 きっと今後の野菜選びに役に立ちます。 スポンサードリンク.

次の