必殺 仕事 人 激突。 ドラマ『必殺仕事人 激突!』の動画まとめ

必殺仕事人シリーズ最強について 最強の仕事人に中村主水を挙げる人がよく...

必殺 仕事 人 激突

内容紹介 (商品番号:KIBF-98217~22) 全30作にわたる必殺DVDシリーズもいよいよファイナル! 連続放送終了から4年を経て復活した第30作がついにDVD化!! 本商品は『必殺仕事人 激突!』(1991年10月8日~1992年3月24日放映)全21話を収録したDVD 6枚組です。 脚本:吉田 剛、中村勝行、篠崎 好、高山由紀子、保利吉紀、田上 雄、いずみ 玲、鴨井達比古、中原朗、佐藤五月 監督:原田雄一、石原 興、松野宏軌、吉田啓一郎、津島 勝 〈メインキャスト〉 中村主水:藤田まこと/夢次:中村橋之助/せん:菅井きん/りつ:白木万理/さだ:麻丘めぐみ お歌:光本幸子/山田朝右衛門:滝田 栄/同心 成川:目黒祐樹/初瀬:酒井和歌子/秀:三田村邦彦 【収録内容】 第1話「ねずみ小僧の恋人」 (ゲスト:平泉 成、谷口 香、マキノ佐代子) 第2話「大久保彦左衛門のたらい」 (ゲスト:織本順吉、池田純子、中丸新将) 第3話「水戸黄門の印籠」 (ゲスト:鷲生功、久富惟晴、塚田きよみ) 第4話「八百屋お七の振袖」 (ゲスト:杉浦 幸、小野さやか、中田博久) 第5話「弁天小僧のかんざし」 (ゲスト:高汐 巴、上野山功一、岩尾正隆) 第6話「徳川家康のキセル」 (ゲスト:菅貫太郎、早川純一、水原まき) 第7話「江戸繁盛の裏の顔」 (ゲスト:小川敦子、畠山 久、大林丈史) 第8話「新門辰五郎のまとい」 (ゲスト:加納 竜、守谷佳央理、山本紀彦) 第9話「対決!邪剣VS剛剣」 (ゲスト:高沢順子、堀田真三、石山雄大) 第10話「主水、出勤日数をごまかす」 (ゲスト:椎谷建治、斉藤絵里、小林勝彦) 第11話「主水、阿片戦争に気をもむ」 (ゲスト:北原佐和子、妹尾 洸、宮口二郎) 第12話「霊感少年を操る極悪人」 (ゲスト:鷲見利恵、蔵下輝美、北 九州男) 第13話「夢次、見合いする!? 」 (ゲスト:吉田次昭、山口 仁、高島礼子) 第14話「主水一家のバブル」 (ゲスト:若林志穂、中田浩二、伊藤 高) 第15話「夢次、女盗賊にほれる」 (ゲスト:朝比奈順子、西沢利明、藤 奈津子) 第16話「夢次、江戸のテレクラでバイトする」 (ゲスト:一色彩子、原口 剛、高品 剛) 第17話「主水、幕府のクーデターにまきこまれる」 (ゲスト:小林昭二、石浜 朗、伊藤敏八) 第18話「主水、釣り友だちの恨みを晴らす」 (ゲスト:島田順司、荒木しげる、北川めぐみ) 第19話「秀、女絵師のモデルになる」 (ゲスト:佐川満男、吉川十和子、石橋雅史) 第20話「主水、京に上る」 (ゲスト:綿引勝彦、吉野真弓、芦屋小雁) 第21話「最後の大仕事」 (ゲスト:清水章吾、黒部進、湖条千秋) 内容(「Oricon」データベースより) ファンの要望に応え、連続放送終了から4年を経て復活した必殺シリーズ第30作! 藤田まこと、中村橋之助、光本幸子、麻丘めぐみ、目黒祐樹、滝田栄、酒井和歌子、三田村邦彦ほか出演。 全21話収録。 初回限定生産。 必殺シリーズ第30弾『必殺仕事人・激突! 』のDVD-BOXの発売と成りました。 これをもって足掛け9年に渡り続いた必殺シリーズDVDもリリース完了となります。 今作は1987年に『必殺剣劇人』でのTVシリーズ終了後に年数回のTVスペシャルとして継続してきた総決算として1991年の10月より毎週火曜夜9時にレギュラー放送を再開させたものです。 所謂『必殺仕事人』としては9作目になります。 従来の仕事人シリーズが好きな人、特に仕事人III以降が好きな人にはオススメできる内容とは思いますが、マニアの人達には『必殺仕事人V・旋風編』と並んで低評価される事が多いです。 ・仕事人狩り部隊の覆面組が中途半端に退場 ・時計屋 後にフリーター のキセルビーム ・お面おばさん ・目黒祐樹が演じる同心成川が結局ただの同心だった ・ビデオ合成がちゃちい ・後半になると仕事人達が滅多に全員揃わない ・酒井和歌子が演じる元締の初瀬が前半数話と最終回にしか出てこない ・田中様の消滅 ・ナレーター徳光和夫 …あくまでも個人的意見ですが、ざっと思い付いただけでも上記の様にかなり不満点があります。 しかし、主水と秀のゴールデンコンビの復活や剣豪・滝田栄氏が演じる山田朝右衛門の豪快かつ流麗な殺陣は見応え十分ですし、そして何と言っても藤田まこと氏熱唱の主題歌『月が笑ってらぁ』等々、見所が多いのも事実です。 なのでここは余程の必殺マニアやコレクターの人以外は、特に未見の人はレンタル等で作品内容を十分に確認されてから購入を検討されるのが無難でしょう。 尚、この作品以後『必殺仕事人2007』までの15年間、必殺シリーズのTV作品は空白の期間が生まれる事になります。 仕置人のDVD-BOXが発売された当初は、まさか全作のソフト化が果たされるとは半信半疑でした。 (しかもスペシャル版まで…) メディアの主役が徐々にブルーレイに移行し、まさか途中でリリースが中断したりはしまいかと不安になることもありました。 しかしこうして完結のときを迎えた今、この長い長いマラソンを続けてよかったと心より思うわけです。 同志の皆様、9年間お疲れ様でした。 私にはこれから視聴するというタスクが待ち受けていますが(笑)、 なにはともあれ、全作出揃ったことを喜びたいと思います。 僭越ながら、BOX全55巻 ! の総括として、満点を差し上げます。 (「激突!」のレビューでないこと、お詫び申し上げます) 震災後の対応にもどかしさが残る各方面… 今の福島県民のためにも、 パンチの効いた仕事人よテレビに帰って来てくれ!主水よ! 必殺シリーズ第30作『必殺仕事人 激突!』DVD初商品化である。 ニュースステーションの放送時間拡大のため、テレビ朝日に金曜22時枠を 返上したABCテレビ。 金曜21時「ハングマン」枠と22時「必殺」のドラマ枠は 実質的に1987年秋に終了した。 ABCはその後枠で素敵にドキュメントを制作し、 連続ドラマ制作からは一時手を引く。 しかし必殺は正月等にスペシャルで継続 していた。 そして平成3年の秋、バブル経済も弾け世の中に活をいれるために 仕事人は火曜21時に変更されて戻ってきた。 中村主水や秀のキャラはそのまま。 そこへ中村橋之助、滝田栄、光本幸子の新メンバーが加入。 江戸に暗躍する悪を 倒す。 翌日の学校で「おい昨日の仕事人みた」「何あの必殺技」とか言ってたこと を思い出す。 中学生にもわかりやすい時代劇が必殺でもある。 最初の1クール覆面 組というレギュラー敵まで登場して新たな工夫はみられた。 しかし藤田氏が「はぐ れ刑事〜」との兼ね合いもあり2クールで終わった。 ED主題歌「月が笑ってらあ」 心温まる感じでいい。 後番組、藤竜也氏主演の『裏刑事』も必殺テイスト全開で 面白かったですね。 第一話から、覆面組との決着までの数話はテンション高く、なかなか素晴らしい出来栄えだと思います。 特に覆面組との 唐突な迄の、驚くべき早期の 決着回は、エッ!これってもしかしてもう最終回 打ち切り ? と思わせる、少なくとも後期必殺シリーズにはない、傑出したインパクトがあったと思います。 特に滝田栄の剣豪っぷり。 しかしその後の最終回までの残りは、まるで凪の季節。 藤田まこと、三田村邦彦の枯れっぷりも相まって、徳光和夫のナレーションそのままののどかなムード。 そして何よりも許せないのは、好演の目黒祐樹を全く生かせなかったこと。 結局、凄い凄いと云われ続けた必殺スタッフ 演出も脚本も照明も制作も何かも が キャスト同様、もはや衰え切ったということの証明に他ならないのでしょう。

次の

必殺仕事人 激突!とは (ヒッサツシゴトニンゲキトツとは) [単語記事]

必殺 仕事 人 激突

必殺仕事人:飾り職人の秀の部屋 *秀さんについて「必殺20年のあゆみ」参照いたしました。 * 秀さんの部屋 「必殺仕事人」初登場の秀さんで〜す。 今まで必殺の視聴者は男性が圧倒的に多かった。 ところが、三田村人気と共に若い女性がこのシリーズを見るようになり、流れが徐々に変化して行った。 簪で相手の急所を一撃する殺し技。 昔よりこのシリーズの見せ場は殺しのシーンにあると言われていたが、さらに拍車がかかったことは言うまでもない。 その凄腕ゆえに、神楽坂の元締と縄張り争う向島の元締の組織から、常に命を狙われている。 吉原の遊郭・丁字屋の遊女・若紫にベタ惚れで、身請けの金の五百両を稼ぐ為に仕事を引き受ける。 最終回は太夫となった若紫を連れて駆け落ちに成功。 おなじみの簪を武器にした殺し技はますます磨きがかかった。 三田村邦彦にとっても初主演ということもあり、いつになく元気な秀として生まれ変った。 この設定はかの大人気ファミコンソフト「スーパーマリオブラザーズ」のマリオ(秀)がピーチ姫(若紫)を救出するため、クッパ大魔王(向島の元締)と闘うという設定からのパロディーと考えられる。 いかにも現代を即座に反映させるという山内式制作方針はここでもフルに発揮され、それを時代劇としてまったく不自然さをかんじさせないあたりはさすがに巧みというほかはない。 仕事人に復帰する。 「必殺」TVシリーズ全作品リスト 放送期間 話 出 演 第1作 必殺仕掛人 1972. 2〜1973. 14 33 緒形拳、林与一、山村聰、 津坂匡章、太田博之 第2作 必殺仕置人 1973. 21〜1973. 13 26 藤田まこと、山崎努、沖雅也、 津坂匡章、野川由美子 第3作 助け人走る 1973. 20〜1974. 22 36 田村高廣、中谷一郎、山村聰、 宮内洋 第4作 暗闇仕留人 1974. 29〜1974. 28 27 石坂浩二、近藤洋介、藤田まこと、 津坂匡章、野川由美子 第5作 必殺必中仕事屋稼業 1975. 4〜1975. 27 26 緒形拳、林隆三、草笛光子、 岡本信人 第6作 必殺仕置屋稼業 1975. 4〜1976. 9 28 藤田まこと、沖雅也、新克利、 渡辺篤史、中村玉緒 第7作 必殺仕業人 1976. 26〜1976. 23 28 藤田まこと、中村敦夫、大出俊、 中尾ミエ、渡辺篤史 第8作 必殺からくり人 1976. 30〜1976. 22 13 山田五十鈴、緒形拳、芦屋雁之助、 森田健作、ジュディ・オング、間寛平、 芦田伸介 第9作 必殺からくり人 血風編 1976. 29〜1977. 14 11 山崎努、浜畑賢吉、ピーター、 草笛光子、 吉田日出子 第10作 新必殺仕置人 1977. 21〜1977. 4 41 藤田まこと、山崎努、中村嘉葎雄、 火野正平、中尾ミエ、藤村富美男、 河原崎建三 第11作 新必殺からくり人 1977. 11〜1978. 10 13 山田五十鈴、近藤正臣、 芦屋雁之助、 古今亭志ん朝、 ジュディ・オング、 緒形拳 第12作 江戸プロフェッショナル 必殺商売人 1978. 17〜1978. 18 26 藤田まこと、草笛光子、梅宮辰夫、 火野正平 第13作 必殺からくり人 富嶽百景殺し旅 1978. 25〜1978. 24 14 山田五十鈴、沖雅也、 芦屋雁之助、 江戸屋小猫、高橋洋子、岡田英次 第14作 翔べ!必殺うらごろし 1978. 8〜1979. 11 23 中村敦夫、市原悦子、和田アキ子、 火野正平、鮎川いずみ 第15作 必殺仕事人 1979. 18〜1981. 30 84 藤田まこと、三田村邦彦、 伊吹吾郎、 中村雁治郎、山田五十鈴、 山田隆夫、 木村功、三島ゆり子、 鮎川いずみ 第16作 必殺仕舞人 1981. 6〜1981. 1 13 京マチ子、高橋悦史、本田博太郎、 西崎みどり 第17作 新必殺仕事人 1981. 8〜1982. 25 55 藤田まこと、三田村邦彦、 中条きよし 、山田五十鈴、鮎川いずみ 第18作 新必殺仕舞人 1982. 2〜1982. 8〜1983. 1 38 藤田まこと、三田村邦彦、 中条きよし、 山田五十鈴、鮎川いずみ、 ひかる一平 第20作 必殺渡し人 1983. 8〜1983. 21〜1984. 24 43 藤田まこと、三田村邦彦、 中条きよし、 山田五十鈴、鮎川いずみ 、ひかる一平 第22作 必殺仕切人 1984. 31〜1984. 11〜1985. 26 26 藤田まこと、京本政樹、村上弘明、 山田五十鈴、鮎川いずみ、 ひかる一平 第24作 必殺橋掛人 1985. 2〜1985. 15〜1986. 25 33 藤田まこと、京本政樹、村上弘明、 鮎川いずみ、柴俊夫、梅沢富美男、 笑福亭鶴瓶 第26作 必殺まっしぐら! 1986. 8〜1986. 7〜1987. 13〜1987. 31 19 藤田まこと、村上弘明、三浦友和、 かとうかずこ、桂朝丸 第29作 必殺剣劇人 1987. 7〜1987. 25 8 近藤正臣、田中健、あおい輝彦、 二宮さよ子、工藤夕貴 第30作 必殺仕事人 激突! 1991. 8〜1992. 24 21 藤田まこと、三田村邦彦、 中村橋之助、 滝田栄、光本幸子、 酒井和歌子.

次の

必殺仕事人・激突!

必殺 仕事 人 激突

第1話 ねずみ小僧の恋人• 第2話 大久保彦左衛門のたらい• 第3話 水戸黄門の印籠• 第4話 八百屋お七の振袖• 第5話 弁天小僧のかんざし• 第6話 徳川家康のキセル• 第7話 江戸繁盛の裏の顔• 第8話 新門辰五郎のまとい• 第9話 対決! 邪剣VS剛剣• 第10話 主水、出勤日数をごまかす• 第11話 主水、阿片戦争に気をもむ• 第12話 霊感少年を操る極悪人• 第13話 夢次、見合いする!? 第14話 主水一家のバブル• 第15話 夢次、女盗賊にほれる• 第16話 夢次、江戸のテレクラでバイトする• 第17話 主水、幕府のクーデターにまきこまれる• 第18話 主水、釣り友だちの恨みを晴らす• 第19話 秀、女絵師のモデルになる• 第20話 主水、京に上る• 第21話 最後の大仕事.

次の