ヒルドイドクリーム ジェネリック。 ヒルドイドソフト軟膏とヘパリン類似物質油性クリームの基剤【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

ヒルドイドソフト軟膏を顔に塗る場合の効果と副作用や使い方!

ヒルドイドクリーム ジェネリック

ソフト軟膏とクリームの違いは? ヒルドイドソフト軟膏は油中水型のクリーム、ヒルドイドクリームは水中油型のクリームです。 効能効果はどちらも同じ。 成分はヘパリン類似物質。 油中水型のソフト軟膏は伸びがよく広がりやすいので、夏向け。 水中油型のクリームは冬場や、重症例に効果的らしい。 アレ、メーカーに聞いたことをメモしたつもりなんですが、なんか変な気が。 冬は乾燥しやすいので、油分の多い軟膏。 夏はクリームを使うというのが常道な気が。 ヒルドイドクリームのほうが硬いですね。 臭いし。 以前、ヒルドイドクリームはヒルドイド。 ヒルドイドソフト軟膏は、ヒルドイドソフトという名称でした。 結局、使用感の良いヒルドイドソフトのほうがメジャーなので、クリームいらないんじゃないか、と。 ヒルドイドのことをヒルドイド軟膏と言っていた人もいた。 ヒルドイド軟膏なんてものは無い。 クリームとソフト軟膏の違い ヒルドイドクリームとヒルドイドソフト軟膏、パスタロンクリームとパスタロンソフト軟膏の違いは水中油型(O/W型)か油中水型(W/O型)か、というところです。 牛乳やマヨネーズはO/W型、バターやマーガリンはW/O型となります。 ヒルドイドクリームはオダブツ型なので、ヒルドイドソフト軟膏に混ぜたほうがいいってことか。 だから、ヒルドイドソフトとの混合のほうが多いのか。 ヒルドイドQ&A Q. 3剤の基剤特徴と使い分けを教えてください。 ヒルドイドクリームの基剤は水中油型(O/W)の乳剤性軟膏(以下、クリーム剤)、ヒルドイドソフト軟膏は油中水型(W/O)のクリーム剤、ヒルドイドローションは水中油型の乳剤性ローションです。 現在上市されているヘパリン類似物質含有外用薬の中で、油中水型の基剤はヒルドイドソフト軟膏だけです。 3剤は、使用部位や季節などに応じた使い分けが可能です。 ヒルドイドクリームは展延性に優れることから、乾燥する冬場やしっとりした使用感を得たい場合によく用いられます。 ヒルドイドローションは展延性が良いことから、広範囲の使用、有毛部への使用に優れます。 また、さらっとした使用感が得られることから夏場に好まれます。 ビーソフテン油性クリーム ついにヒルドイドソフト軟膏のジェネリックが登場しました。 「ビーソフテン油性クリーム」 ビーソフテンソフト軟膏じゃないのね。 油中水型だから油性クリーム。 じゃあ今までのビーソフテンクリームは、ビーソフテン水性クリームってわけだ。 名称変更しないかな。 話は変わりますが、最近名称変更で経過措置になる薬多過ぎ。 それでまだ期限のある薬が返品不可なんて理不尽過ぎる。 名称変更も添付文書改訂程度の扱いにできないものかな。 わかりにくい薬品名 保険薬辞典などを見るとわかりますが、ヒルドイドソフト軟膏にジェネリックはありません。 (2013年12月にビーソフテン油性クリームが発売され、ヒルドイドソフト軟膏のジェネリックが登場しました。 ) パスタロンソフト軟膏には、ベギン軟膏とか、アセチロール軟膏とかのジェネリックがありますが。 ヘパリン類似物質の塗り薬に、ヘパダーム軟膏とかあるから、もしかしたらヒルドイドソフト軟膏のジェネリックか?とか思いますが、こちらはヒルドイドクリームのGE。 ヒルドイドクリームのジェネリックは多数ありますが、ソフト軟膏のジェネリックは無い。 明らかにソフト軟膏のシェアのほうが高いのに、他のメーカーではソフト軟膏を作る技術が無いということなのか? おそるべしマルホ。 598• 265• 227• 146• 205• 217• 210• 113• 178• 101• 135• 153•

次の

ヒルドイドソフト軟膏とヘパリン類似物質油性クリームの基剤【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

ヒルドイドクリーム ジェネリック

比較する 比較 薬品名 薬価 (薬自体の価格) 先発 22. 20円/g 先発 先発 6. 10円/g ジェネリック 12. 90円/g 先発 先発 6. 40円/g ジェネリック 先発 先発 先発 8. 00円/g ジェネリック 22. 20円/g 先発 先発 10. 10円/g ジェネリック 8. 00円/g ジェネリック 8. 00円/g ジェネリック 6. 10円/g ジェネリック 6. 10円/g ジェネリック 5. 30円/g ジェネリック 5. 30円/g ジェネリック 8. 00円/g ジェネリック 5. 30円/g ジェネリック 5. 30円/g ジェネリック 8. 00円/g ジェネリック 6. 10円/g ジェネリック.

次の

ヒルドイドクリーム0.3%の後発薬・ジェネリック一覧

ヒルドイドクリーム ジェネリック

この記事の目次• ヒルドイドの本製品とジェネリック 冬の乾燥肌がひどいときにかかりつけの皮膚科でお医者さんに行き、ヒルドイドを処方してもらいました。 ヒルドイドローション• ヒルドイドソフト軟膏• ビーソフテンローション(ジェネリック) 以上の3種類を比較してみました。 ヒルドイドローション まずはヒルドイドローション。 ボトルちっちゃい。。。 乳液状ですが、かなりゆるめで伸びの良いのテクスチャです。 この写真の量あれば、顔中濡れそうなくらい。 普段の乳液代わりに使うか、結構水分量が多そうなので化粧水なしでこれだけでもいいかも。 においはありません。 ヒルドイド軟膏 そしてヒルドイドソフト軟膏。 ムヒくらいの大きさのチューブです。 結構固い。 そして伸びはそれほど良くなく、重いテクスチャです。 でも嫌なべたつきは感じません。 製薬会社も塗り心地頑張って良くしてくれてるんですね。。 ネットで調べたヒルドイドソフト軟膏の口コミとして、アイクリームとして使っているという人もいました。 なるほどすごく効きそうですが、この場合は、目の粘膜に付かないように充分注意が必要ですね。 こちらもにおいはありません。 ビーソフテンローション ビーソフテンローション。 こちらがヒルドイドのジェネリックになります。 とろみのある化粧水です。 めちゃくちゃ吸収がよく、乾燥した季節だと塗ったそばから浸透してしまう感じです。 冬だと少し物足りないですね。 ビーソフテンローションは、べたつく季節に使うのに適しているものかなと思います。 においはありません。 通販で買えるヒルドイドのジェネリック 日本のメーカーのヒルドイドを買うには医師の処方箋が必要ですが、海外メーカーの ヒルドイドクリームはビーソフテンという名称でジェネリック一般薬として通販で購入できます。 さらに。。。 知らなかった・・・。 海外メーカー品と聞くとちょいと心配なので調べてみたのですが、製造元は「OLIC Ltd」というタイの製薬会社でした。 とりあえず中国ではなかったので少し安心。 で、この「OLIC Ltd」さんは、日本のジェネリック医薬品を作っている「富士製薬工業」さんという製薬会社の傘下の会社らしいです。 ようするにタイにある日系企業ということですね。 余談ですが、今回見つけたヒルドイドを個人輸入できるショップで販売していたプラセンタがめちゃくちゃ良さそうなんですよ。。。 ヒトプラセンタって、日本では医療用としての利用しかできないけど、プラセンタのなかではとても安全性も効果も高いんです。 これが一本400円台で買えるなんて。 ヒルドイドの主な効果・効能は保湿ですが、血流を改善し肌の新陳代謝を高める作用があるので、シミやシワへを改善する効果が期待できます。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドには、使用感や基材の違いにより、4種類のお薬があります。 ヒルドイドクリーム0. ヒルドイドソフト軟膏0. ヒルドイドローション0. ヒルドイドゲル0. ネット上でアンチエイジングに効くとして話題になっているのは、この3種類を指しています。 ちなみにヒルドイドゲルは、ケガの痛みや腫れの治療などに使用されます。 ヒルドイドの副作用 ヒルドイドは塗り薬ですので、命に関わるような重篤な副作用はありません。 93%ですので、ほとんど副作用の心配がないお薬といえます。 わずかに起きる可能性のある副作用としては、発疹、発熱、痛み、かゆみなど、皮膚上の一時的なものですので、ヒルドイドの使用を止めればほとんどが改善します。 ただひとつ注意が必要なのは、ヒルドイドは血栓を溶かし血流を良くする作用があるお薬ですので、血友病などの出血性疾患がある方は使用できません。 また、粘膜への使用は禁止されています。 もし顔に塗る場合は、目の粘膜に入らないように注意が必要です。 ヒルドイドのジェネリック医薬品 ヒルドイドのジェネリック医薬品で有名なのは、 「 ビーソフテン」 です。 こちらも処方箋が必要なお薬ですので、入手するには病院の診察を受ける必要があります。 ヒルドイドの成分「へパリン類似物質」とは ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似ている、つまり「類似」している成分です。 (そのまんまですね) 体内の成分に似ているため、とても安全性が高いのが特徴です。 ヘパリン類似物質には 「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の働きがあり、乾燥肌の改善にとても効果があります。 一般的な保湿成分として、ワセリン、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などがありますが、これらはどれも表皮まで、あるいは角質層までしか届かないのに対し、ヘパリン類似物質は角質層のさらに奥の 基底層まで届きます。 このため、他の保湿成分が肌表面だけの保湿であるのに比べ、ヘパリン類似物質は肌の内側から乾燥を改善する成分であると言えます。 ヒルドイドとジェネリック比較まとめ ヒルドイドローション、ヒルドイドソフト軟膏、ビーソフテンローションを実際に使ってみて、効果、使い心地ともに私が一番気に入ったのは ヒルドイドローションです。 保湿の実力は本当にすばらしいヒルドイドちゃんたち。 病院に行く時間の無い方は試してみるのもいいかもしれません。

次の