ポケカ シールド。 VMAXスペシャルセット ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック プロモパック ポケカ トレカ :G5

ポケカのスリーブサイズとおすすめデッキシールドまとめ!

ポケカ シールド

ザマゼンタV カード評価 7. 0点 ザシアンVのような派手さはなく、タッグチームGXやGXポケモンたちのダメージは防げないが、 強力なVMAXポケモンおよび特殊エネルギーが増えるごとに評価を上げていくポテンシャルを秘めているポケモン。 マリィ カード評価 9. 0点 ひとことでいうと「自分が得をし、相手が損をする状況を作ることができる」カード。 さらに「山札の下」に戻すため次のターンシロナなどのシャッフルするカードでも使われない限り戻したカードは引かれない。 先攻サポートが使えなくなるポケカVならではの強力すぎるカードデザイン。 モルペコV・モルペコVMAX モルペコV カード評価 7. 0点 エレキホイールはベンチに逃げることが出来るためピッピ人形などを壁にして150点を連打することが出来る。 ソード・シールド環境においてザシアンVとともに環境に一番乗りをあげたポケモン。 モルペコVMAX カード評価 7. 5点 新システムVMAX進化。 モルペコVより進化する。 サイドが3枚とられる代わりに圧倒的なHPとワザの威力を誇る。 HPが300もあるため確実に全体に40ダメージ刻んで、残りをコケコVで殲滅できるようになっている。 ワザ「ダイホウデン」そのものの威力も強力。 カビゴンV・カビゴンVMAX カビゴンV カード評価 7. 0点 驚異的な耐久を持つ「カビゴンVMAX」に進化することができる。 カビゴンVそのものもVポケモンのなかではHPがかなり高め。 進化前、進化後ともにに対応しており一気にサーチすることが可能。 カビゴンVMAX カード評価 8. 0点 込みでHP390という高いHPとベンチが揃ってれば安定して210打点が出せるのは魅力的。 エネルギーも無色で様々なポケモンと合わせやすい。 たとえばピカチュウ&ゼクロムGXのフルドライブやのアルティメットレイなどのエネ加速などにも対応している。 溶接工で2エネ加速することで炎エネルギーを手札からはるだけでいきなり攻撃が可能。 また、にも対応している。 欠点として無色ポケモンなので弱点をつくことができない。 しかし闘タイプには弱点をつかれるため注意。 カビゴンVMAXに限らず、無タイプはエネの色の指定がない代わりに弱点をつくことができないのがネックとなる。 イエッサンV カード評価 6. 0点 特性「こころくばり」でHPを回復させることがメインとなるポケモン。 イエッサンVを2体置くことで毎ターンHPを40回復できるなど、複数体並べることで油断ならない回復量を出すことができる。 ミステリートレジャーに対応しているのも評価点。 カビゴンVMAXのような高い耐久を持ったポケモンを回復させよう。 ヤミラミV カード評価 7. 0点 一見するとHPが低く使いにくいポケモンだが、ワザ「こうみゃくさがし」が唯一無二に近い性能を持つ。 ワザを使ってトラッシュからカードを回収できるカードは非常に貴重な存在。 ジュジュベ&ハチクマンやHANDアンノーンなどを使用したコントロールデッキで採用される可能性がある、上級者向けのカード。 また、アタッカーとしても極めて強力な性能のポケモン。 ジグザグマやタチフサグマといったダメカンをばらまけるポケモンと合わせればタッグチームすらワンパンできる。 コータスV カード評価 6. 0点 クイックボール カード評価 9. 0点 ポケモンカードでもっとも重要である「たねポケモン」をサーチすることができる超強力グッズ。 特にデデンネGXをサーチし、特性を発動できる点は強力。 それどころか、たねポケモン限定ではあるが臨機応変にサーチすることができるあらゆるデッキに採用されることが予想されるカード。 「シールド」収録 草ポケモン サッチムシ レドームシ イオルブ ヒメンカ カード評価 6. 0点 ワザ「なかまをよぶ」は無色エネルギーでたねポケモンを3枚も出すことができる。 などベンチで仕事をするポケモンやジラーチなどを呼ぶことができる。 進化後の「ワタシラガ」も強力。 草スターターの看板カード「セレビィV」はベンチにポケモンを並べる必要があるため、ヒメンカと相性が良い。 ワタシラガ カード評価 7. 0点 進化前のヒメンカでポケモンを展開したあと、さらにポケモンたちにエネルギーをつけることができる。 など、エネルギー要求が多いくさタイプのポケモンをサポートすることができる。 ただし1進化ポケモンにも関わらずHPが進化前たねポケモン並な点については注意。 似たような草ポケモンのエネ加速手段としてゴリランダーが存在する。 ゴリランダーは特性によりエネを加速させるためワザを使う必要がないが2進化ポケモンであり、手軽さと進化前の強さではヒメンカに軍配が上がる。 「シールド」収録 炎ポケモン コータスV ヒバニー ラビフット エースバーン カード評価 6. 0点 特性リベロにより炎エネルギーをトラッシュしても毎ターン190打点を出していくことが可能。 同じ炎タイプの2進化非GX・Vポケモンであるがライバルとなる。 たけるとうきリザードンと比較するとエースバーンはHPが高くエネルギーの用意がやりやすいが、のようにタッグチームを一撃で落とせるほどの火力がない。 安定感のエースバーン、爆発力のリザードンといったところか。 「シールド」収録 水ポケモン トサキント アズマオウ ハリーセン カムカメ カジリガメ ユキハミ カード評価 7. しかしモスノウが強力すぎるためかユキハミはHPが50と通常の進化前たねポケモンに比べるとかなり低め。 バトル場に出しておくのはできれば避けたい。 モスノウ カード評価 8. 0点 ソード・シールド発売時点では最強クラスのエネルギー加速カード。 手札から水エネルギーを何枚でも付けられるという一進化にしては破格の性能を誇り、モスノウの登場により水デッキはエネルギーに関してかなり楽になった。 ベンチにしか付けられないことと水ポケモンにしか付けられないことが欠点だが、ともにを使うことで解決できる。 「シールド」収録 雷ポケモン モルペコV カード評価 8. 0点 エレキホイールはベンチに逃げることが出来るためピッピ人形などを壁にして150点を連打することが出来る。 ソード・シールド環境においてザシアンVとともに環境に一番乗りをあげたポケモン。 モルペコVMAX カード評価 8. 0点 新システムVMAX進化。 モルペコVより進化する。 サイドが3枚とられる代わりに圧倒的なHPとワザの威力を誇る。 HPが300もあるため確実に全体に40ダメージ刻んで、残りをコケコVで殲滅できるようになっている。 ワザ「ダイホウデン」そのものの威力も強力。 進化前のモルペコVでも20ダメージを刻むことができるのでレシリザ等のタッグチームを倒しやすくなった。 雷ポケモンなためやに対応しているところが最大の強み。 チョンチー ランターン 「シールド」収録 超タイプ イエッサンV カード評価 7. 0点 特性「こころくばり」でHPを回復させることがメインとなるポケモン。 イエッサンVを2体置くことで毎ターンHPを40回復できるなど、複数体並べることで油断ならない回復量を出すことができる。 ミステリートレジャーに対応しているのも評価点。 カビゴンVMAXのような高い耐久を持ったポケモンを回復させよう。 ガラルポニータ ガラルギャロップ ムンナ ムシャーナ 「シールド」収録 闘タイプ エビワラー サワムラー サイホーン サイドン ドサイドン スナヘビ サダイジャ 「シールド」収録 悪タイプ ヤミラミV カード評価 7. 0点 一見するとHPが低く使いにくいポケモンだが、ワザ「こうみゃくさがし」が唯一無二に近い性能を持つ。 ワザを使ってトラッシュからカードを回収できるカードは非常に貴重な存在。 ジュジュベ&ハチクマンやHANDアンノーンなどを使用したコントロールデッキで採用される可能性がある、上級者向けのカード。 ガラルジグザグマ ガラルマッスグマ ガラルタチフサグマ カード評価 8. 0点 ワザ「ブロッキング」によりたねポケモンからのダメージを受けなくなる。 つまりタチフサグマを倒すためには進化ポケモンが必要であり、対抗手段を持っていないデッキ相手には無条件で勝つことができる。 三神ザシアンVなどたねポケモン偏重な環境において、進化ポケモンがまったくいないデッキに対して強い。 しかし進化ポケモンの「エースバーン」など進化ポケモンを中心としたデッキ相手には並以下の性能になってしまう点には注意。 スコルピ ドラピオン 「シールド」収録 鋼タイプ ザマゼンタV カード評価 7. 0点 超強力なポケモン「VMAX」。 VMAXポケモンはHPが非常に高くなる進化ポケモンだが、ザマゼンタVはそれらのポケモンのワザのダメージを一切受けない。 よってVMAXポケモンはザマゼンタV相手にはポケモンVのまま戦わざるを得ないようになる。 しかしザマゼンタVは Vたねポケモンでも最高クラスのHP230と弱点をつかない限り突破はかなり難しい。 まさに要塞のようなポケモンである。 ワザ「アサルトタックル」により相手の特殊エネルギーを潰しながら攻撃できる点も強力。 ザシアンVのような派手さはなく、タッグチームGXやGXポケモンたちのダメージは防げないが、 強力なVMAXポケモンおよび特殊エネルギーが増えるごとに評価を上げていくポテンシャルを秘めているポケモン。 クチート コマタナ キリキザン ゾウドウ ダイオウドウ ガラルマッギョ 「シールド」収録 無タイプ カビゴンV カビゴンVMAX ホーホー ヨルノズク ヤレユータン カード評価 8. 0点 マリィを使う前にカスタムキャッチャーをトップに置くことで揃えやすくなるなど汎用性が高い。 ウールー バイウールー 「シールド」収録 グッズ クイックボール メタルソーサー しあわせタマゴ カード評価 6. 0点 相手依存の受動的なカードでやや使いにくいカード。 しかし必要なときにカードが引けるとは限らないが、グッズにしてはドロー数はかなり多い。 「リセットスタンプ」に極端に弱いデッキでは非常に頼りになる存在となる。 また、面白い使い方では「リーリエのピッピ人形」に持たせるという使い方も可能。 げんきのハチマキ(シールド) オボンのみ(シールド) 「シールド」収録 サポートカード エール団のしたっぱ マリィ カード評価 9. 0点 ひとことでいうと「自分が得をし、相手が損をする状況を作ることができる」カード。 さらに「山札の下」に戻すため次のターンシロナなどのシャッフルするカードでも使われない限り戻したカードは引かれない。 先攻サポートが使えなくなるポケカVならではの強力すぎるカードデザイン。 オーロラエネルギー カード評価 9. 0点 スタンダードにおけるレインボーエネルギーの後継エネルギー。 ダメカン10乗せるデメリットが手札を1枚捨てる形に変わった。 ダメカン10だったレインボーエネルギーはHPが下がり、気絶しやすかったりシャドーボックスミミッキュの特性が発動したりする欠点があった。 オーロラエネルギーはその心配はいらなくなった点は大きい。 手札を1枚捨てる必要があるため手札の全てが重要なカードのため手貼りできないやそもそも手札がオーロラエネルギー1枚だけのときはつけることもできないといったレインボーエネルギーとは違う形での問題が生じるようになった。 しかしレインボーエネルギーの10ダメージではなく手札コストになったほうがマリィや博士の研究で手札を増やしやすいため実際のところ使い勝手は大幅に上がった。 の特性「おしながす」は水エネルギーを移動させることができるためオーロラエネルギーを移動させることも可能。 しかしでは移し替えることができないので注意(が移し替えることができるエネルギーは基本エネルギーのみ)。 強化拡張パック「シールド」を通販で購入.

次の

シールド戦とは

ポケカ シールド

拡張パック「ソード」「シールド」の封入率は? 拡張パック「ソード」「シールド」1BOX中のそれぞれの封入枚数です。 RRR:1~2枚• RR:4~5枚• R:8枚• U:45枚• RRRはほぼ1枚でごくまれに2枚、RRは4枚と5枚が半々くらいという感じのようです。 サン&ムーン環境では1BOXにRRは3~4枚だったので、かなり封入率が上がった感じですね。 デッキを組みやすくなるので、ありがたいですね。 ただ、RRの価格はがっつり下がりますが。 確率でいうと、こんな感じです。

次の

【ポケカ】シールドの相場と買取や当たり枠まとめ【SR/UR/HR】

ポケカ シールド

そうなんです,発表されたんです!ですよ!みなさん!! 世界で たった300枚しかない「ミュウツーGX」のHRを賭けて,日本中が シールド戦で死闘を繰り広げる!!燃えるぜ~~!! ・・・シールド戦ってなんだい? あなたがそう思うのもしかたない。 デッキはその場で開封した拡張パック15パックと基本エネルギー各15枚,参加賞のみで構築• デッキの枚数は40枚,サイドカードも4枚• 当てたカードであれば,対戦の合間にデッキ内容を修正してOK これ以外は 普通のポケカバトルと同じです。 やったら分かったシールド戦の必勝法!! では,ここまでの内容を踏まえて実戦にチャレンジしてきましょう! 今回はポケカ仲間の2人(それぞれAさん,Bさんとお呼びしますね。 )と 強化拡張パック「ジージーエンド」と プロモカード「エリカ」を使ってシールド戦をします。 手早く開封してカードを種類ごとに並べ替えます。 ちなみに累計3箱目のジージーエンドなんですが, 未だガブギラ1枚も持ってません! そしてだいたい10分くらいで完成したデッキがこちら。 エースにはこの3匹をチョイスしました。 採用理由は 「一番こわいガブギラのちょくげきだんを2発耐えること」と 「技のエネルギーが軽いこと(エネルギーの種類を選ばないor少ないエネルギーで動ける)」の2つが大きかったです。 さらに 「HPが130ある相手のポケモン(ガルーラとかフーパ)を2回できぜつさせることができること」も意識しました。 あと 複数枚当たったってのもあります。 ほかの2人のデッキはこんなかんじ。 (上がAさん,下がBさん) おまえら1箱開けたろ???? ふたりともしっかりガブギラを当ててやがります!!(BさんにいたってはSA版ですよ!?) 2人ともガブギラを軸にした絶対強いデッキです。 これは厳しいか・・・? 結果 4戦全勝!!!! (今回の記事内で一番でかいフォントサイズ) しかも ゲームテンポを握り続けての圧倒的勝利。 アローラガラガラが大暴れしました。 開封結果で散々煽られてたので,すこぶる気持ちがよかったです。 では, なぜ2人は負けてしまったのか? 2人とも強いポケモンとゲームプランがしっかりとした良いデッキなのは間違いありません。 そして2人とも,普段は私のことをボコボコにする強プレイヤーです。 その理由を2人はしっかりと気づいてました。 2人に話を聞いてみましょう! Bさん デッキのメインアタッカーはガブギラで,サブにエネルギーを共有できて要求エネルギーが少ないアサナンやラティアスを採用しました。 でも サーチカードが少ないときは,複数枚当たったポケモンを軸にするのが良かったかなあ。 エネルギー無しで動けるアローラガラガラは強かったです。 対戦は惨敗だけど開封結果は優勝。 2人ともに 共通している敗因は次の2つ。 1枚しかないガブギラで戦うことを作戦の軸にしたこと。 エネルギーが重い(特定の色や複数のエネルギーを要求する)ポケモンを採用したこと。 ・・・あれ?2つとも いつものポケカではよくやる考えだぞ?? これはつまり, いつものポケカとシールド戦だと強いポケモンって違うってことでは? シールド戦で強いポケモンって? 遊んでみてわかったのですが,シールド戦ってとにかく 先に動いたもん勝 ちなんですよね。 トレーナーズで山札からドローしたり,特性でエネルギーを加速させたりっていつもの戦い方ができないシールド戦は,そもそも圧倒的に 逆転が難しいルールです。 そして,このシールド戦特有のルールは,そもそも先に動き出したプレイヤーがどんどんゲームを有利にすすめていくことができるポケカのゲームデザインの特徴をより際立たせます。 それゆえに, シールド戦ではいかに速く効率的に動けるかが大切になっていくのです。 つまり,シールド戦では コスパがよく動きやすいポケモンが強いポケモンと言えます。 具体的には次の2つの条件を満たすポケモンのことです。 動き出すのに要求されるカードの枚数が少ないこと。 にげるのに必要なエネルギーが少ないこと。 あわせて,技をうつには指定されたエネルギーをバトル場のポケモンに貼らなければなりません。 先手必勝なシールド戦では, 必要な枚数の多い技を打つための準備時間は手痛いタイムロスになります。 その点において,同じ40ダメージの技をもつアサナンとガバイトでは,アサナン(2枚)のほうがガバイト(4枚)より 短い準備時間で動き出せる分,より強いポケモンと言えるでしょう。 この気づきは 今回の一番の収穫でした。 さいごに どうでしたか?皆さんのお役に立てたでしょうか? あなたが争奪戦でデッキを組んでいるとき,この記事で書いたことが頭に浮かんでくれると嬉しいです。 さいごに,今回の記事において貴重な意見を聞かせてくれたAさんとBさんに,最大級の感謝と争奪戦での活躍を期待して記事を終わりにしたいと思います。 あ,Bさん早くそのガブギラSAを私にください。

次の