天月 名言。 穿越名言

穿越名言

天月 名言

安川 第五郎(やすかわ だいごろう、1886年(明治19年)6月2日 - 1976年(昭和51年)6月25日)は、日本の実業家。 福岡県出身。 安川財閥の創始者・安川敬一郎男爵の五男で、第五郎と命名された。 東京帝国大学工科大学電気工学科卒業後、日立製作所での1年間の勤務、米国ウエスティングハウスでの研修を経て、安川電機を創業し社長。 モーター電動機に事業特化して同社を大きく成長させた。 九州電力会長、日本原子力発電初代社長、日本原子力研究所初代理事長、石炭庁長官、九州経済連合会初代会長、1964年東京オリンピック組織委員会会長などを歴任した。 『安川第五郎伝』と一緒に入手した『安川第五郎 遺稿と追想』(安川第五郎伝刊行会)という568ページの大著を読んだ。 偉い人が亡くなった後にでる「追悼集」は、親しかった身近な人たちが本人について語るので、本当のところやその人らしいエピソードが読めるので、私はなるべく手に取るようにしている。 入学試験に二度落第した修猷館中学の同級生には、中野正剛や緒方竹虎がいる。 ナンバースクールにも順位があったそうだ。 一高(東京)、五高(熊本)、三高(京都)、二高(仙台)、四高(金沢)、六高(岡山)、七高(鹿児島)。 一高では、夏目漱石に英語を学ぶ。 校長には新渡戸稲造が着任している。 名校長の新渡戸の終身講話は人気があった。 私は新渡戸の著作の愛読者であるが、その内容を本人から聞くのであるから、一高生を感激させたであろうこ。 東京帝大を卒業後、日立製作所に入社したこともあって、電機製造が一生の仕事となった。 1年後に退職し、退職後のアメリカではウェスティングハウス社で見習生として働いている。 1915年、安川電機製作所を創業した時、妻の父からは「人選には相当意を用いよ」と注意されている。 名経営者であった第五郎は、安川電機の創業だけでなく、財界、官界にも引っ張り出されれて、石炭庁長官、九州電力会長、九州経団連会長なども含め、数多くの公職をこなしている。 各界の追想では、徳の高い人、巧まざる人徳、いるだけで磁場を生ず、などの言葉が並んでいる。 植村甲午郎は「産業界の事情を達観出来て私利私欲がない公正な発言をする人」と語っている。 富永和郎は、偉大なる凡人、何ごとでも頼まれれば断らない、担がれる人という。 兄・松本健次郎からは「朴訥で無頓着でどことなく垢抜けのせぬ風貌」といわれている。 甥の一人は「走ったことなく、あわてたことなく、人からものを頼まれて断ったことなし」と述懐している。 安川第五郎の「事業は自分がもっている、あらゆる情熱と、心からの誠心誠意をもって最善を尽くす。 それが、成功するかどうかは天命を待つだけである」、「事業に障害が出ても決して強行突破しない。 必ず迂回作戦をとる。 目標を失わないでいれば、急速に目標にはいかないが、結局はうまくいく」などは、この人らしい哲学だ。 第五郎は、その人柄そのままに、90歳で眠るように生涯を閉じた。 1964年の東京オリンピックの組織委員長を引き受けた。 このときは「人脈が政界以上に大変なところだ」として取り組み、成功させている。 以後、1972年の冬季の札幌五輪は植村甲午郎経団連会長、1998年の冬季長野五輪は斎藤栄四郎 経団連会長という経済界から出るようになった。 これは安川第五郎のつくった道筋である。 1964年10月10日の東京オリンピックの開会式の前日夜半は雨だったが、誠心を持って晴天になるようにと天に祈ると祈りが通じたのか、開会式当日は雲ひとつ無い快晴になった。 以後、第五郎は揮毫を頼まれると「至誠通天」の四字だけを書くようになった。 多くの仕事をした安川第五郎にとっても、オリンピックには持てるものを総動員した感慨深い仕事であっただろうと推察する。

次の

穿越名言

天月 名言

展开全部 1、很难说有 2113什么办不到 的事,因为昨天的梦 5261想可以变成今天 4102的希望 ,也可以变成明 1653天的现实。 ——戈达德 2、宇宙航行不是一个人或某群人的事,这是人类在其发展中合乎规律的历史进程。 ——加加林 3、我们选择月球。。。 我由此决定不是因为这简单,而是因为它困难——我们要向困难挑战。 ——约翰肯尼迪 4、如果上帝不想让人类探索宇宙,只要把天梯推倒就行了。 ——布劳恩 5、因为宇宙的结构是最完善的而且是最明智的上帝的创造,因此,如果在宇宙里没有某种 极大的或极小的法则,那就根本不会发生任何事情。 6、整个宇宙是一个联邦,上帝和人类都是它的成员。 ——西塞罗 7、人连宇宙的分毫也不能认识,更谈不上指挥和控制宇宙了。 ——蒙田 8、天高地迥,觉宇宙之无穷。 ——王勃 9、我们相信,当人们走出我们的星球时,他们会把民族间的分歧抛在脑后。 ——肯尼迪 10、宇宙就是一种太阳系的集合体,我们有充分的理由相信,这些太阳系是相似的。 ——柏格森 11、为了全人类的和平与进步,中国人来到了太空。 他们才有希望;一个民族只关注脚下的事情, 那是没有未来 的。 —黑格尔 15、人从未比在太空行走时显得更为渺小或更为伟大。 ——蔡斯 16、宇宙是无尽的生命,丰富的动力,但它同时也是严整的秩序,圆满的和谐。 ——宗白华 展开全部 中华儿 女多壮志 2113,敢叫日月换新天 5261 这虽然是 我的一小步 ,却是人类的 4102一大步(阿姆斯 1653特朗登月感 言) 海军海军海军军 航空航空航空空 迎送五洲胜友 机越千山万水 传递四海佳音 情送四面八方 漫云无翅天难上 跃上高空程万里 为因有志空可凌 迎来胜友客千家 神七神气神器神奇神起 天象天祥天相天翔天香 地球是人类的摇篮,但人类不会永远呆在摇篮里。 ——齐奥尔科夫斯基 很难说有什么办不到的事,因为昨天的梦想可以变成今天的希望,也可以变成明天的现实。 ——戈达德 宇宙航行不是一个人或某群人的事,这是人类在其发展中合乎规律的历史进程。 ——加加林 我们选择月球。。。 我由此决定不是因为这简单,而是因为它困难——我们要向困难挑战。 ——约翰肯尼迪 如果上帝不想让人类探索宇宙,只要把天梯推倒就行了。 ——布劳恩 人类必定要探索宇宙,尽管只是为了更加珍惜现有的世界。 大概就是这些吧... 不够再说...

次の

关于航天的名人名言_百度知道

天月 名言

安川 第五郎(やすかわ だいごろう、1886年(明治19年)6月2日 - 1976年(昭和51年)6月25日)は、日本の実業家。 福岡県出身。 安川財閥の創始者・安川敬一郎男爵の五男で、第五郎と命名された。 東京帝国大学工科大学電気工学科卒業後、日立製作所での1年間の勤務、米国ウエスティングハウスでの研修を経て、安川電機を創業し社長。 モーター電動機に事業特化して同社を大きく成長させた。 九州電力会長、日本原子力発電初代社長、日本原子力研究所初代理事長、石炭庁長官、九州経済連合会初代会長、1964年東京オリンピック組織委員会会長などを歴任した。 『安川第五郎伝』と一緒に入手した『安川第五郎 遺稿と追想』(安川第五郎伝刊行会)という568ページの大著を読んだ。 偉い人が亡くなった後にでる「追悼集」は、親しかった身近な人たちが本人について語るので、本当のところやその人らしいエピソードが読めるので、私はなるべく手に取るようにしている。 入学試験に二度落第した修猷館中学の同級生には、中野正剛や緒方竹虎がいる。 ナンバースクールにも順位があったそうだ。 一高(東京)、五高(熊本)、三高(京都)、二高(仙台)、四高(金沢)、六高(岡山)、七高(鹿児島)。 一高では、夏目漱石に英語を学ぶ。 校長には新渡戸稲造が着任している。 名校長の新渡戸の終身講話は人気があった。 私は新渡戸の著作の愛読者であるが、その内容を本人から聞くのであるから、一高生を感激させたであろうこ。 東京帝大を卒業後、日立製作所に入社したこともあって、電機製造が一生の仕事となった。 1年後に退職し、退職後のアメリカではウェスティングハウス社で見習生として働いている。 1915年、安川電機製作所を創業した時、妻の父からは「人選には相当意を用いよ」と注意されている。 名経営者であった第五郎は、安川電機の創業だけでなく、財界、官界にも引っ張り出されれて、石炭庁長官、九州電力会長、九州経団連会長なども含め、数多くの公職をこなしている。 各界の追想では、徳の高い人、巧まざる人徳、いるだけで磁場を生ず、などの言葉が並んでいる。 植村甲午郎は「産業界の事情を達観出来て私利私欲がない公正な発言をする人」と語っている。 富永和郎は、偉大なる凡人、何ごとでも頼まれれば断らない、担がれる人という。 兄・松本健次郎からは「朴訥で無頓着でどことなく垢抜けのせぬ風貌」といわれている。 甥の一人は「走ったことなく、あわてたことなく、人からものを頼まれて断ったことなし」と述懐している。 安川第五郎の「事業は自分がもっている、あらゆる情熱と、心からの誠心誠意をもって最善を尽くす。 それが、成功するかどうかは天命を待つだけである」、「事業に障害が出ても決して強行突破しない。 必ず迂回作戦をとる。 目標を失わないでいれば、急速に目標にはいかないが、結局はうまくいく」などは、この人らしい哲学だ。 第五郎は、その人柄そのままに、90歳で眠るように生涯を閉じた。 1964年の東京オリンピックの組織委員長を引き受けた。 このときは「人脈が政界以上に大変なところだ」として取り組み、成功させている。 以後、1972年の冬季の札幌五輪は植村甲午郎経団連会長、1998年の冬季長野五輪は斎藤栄四郎 経団連会長という経済界から出るようになった。 これは安川第五郎のつくった道筋である。 1964年10月10日の東京オリンピックの開会式の前日夜半は雨だったが、誠心を持って晴天になるようにと天に祈ると祈りが通じたのか、開会式当日は雲ひとつ無い快晴になった。 以後、第五郎は揮毫を頼まれると「至誠通天」の四字だけを書くようになった。 多くの仕事をした安川第五郎にとっても、オリンピックには持てるものを総動員した感慨深い仕事であっただろうと推察する。

次の