がっちゃん 英語 アプリ。 日本語ペラペラ!韓国人Youtuber・がっちゃんって何者?その正体に迫る!|MAMIMEMO

韓国人のすごい英語学習法―特許を取ったキーワード式記憶術

がっちゃん 英語 アプリ

昔は英単語を勉強する時に紙や本の英単語帳を使っていたと思いますが、現在はスマホのアプリから英語の勉強ができるようになりました。 英単語アプリと紙の英単語帳、どちらが学習上の利点があるか、決めかねている人もいるでしょう。 英単語アプリは紙の単語帳に比べると、 携帯しやすさや、英単語を多面的に学習できるメリットがあります。 英単語帳には市販の冊子や自作の単語帳がありますが、幅があって、かさばりがちです。 でも英単語アプリであれば、いつも携帯するスマホに入っているので、持ち運びの負担はほとんどありません。 視覚中心の単語帳に対し、ほとんどの英単語アプリには音声データが入っているため、初めて見る単語でも発音がきちんと確認できます。 さらに、アプリであれば習熟度などの学習状況の可視化が可能なうえ、苦手な単語だけを抽出してテストし、定着度を高める仕組みもあるのです。 英単語アプリの選び方|自分の学習方法に合うツールを見つけよう! 英単語力にある程度自信があるが、独力では実践的な英語リーディングは心もとないという方には『POLYGLOTS』がおすすめです。 興味・関心のある分野で、 英語力に合った英文記事をレコメンドする機能があり、硬軟あわせ様々な分野の英文記事が読めます。 記事の中で意味を調べた単語が自動記録され、後でまとめて英単語帳として学習できるようになっているところがキモです。 有料版なら、先生への質問プランを契約してネイティブスピーカーにチャットで直接質問もできます。 また、リスニング機能も搭載しており、iPhoneユーザーは洋楽で英単語の学習もできます。 自分のレベルに応じた英文記事を楽しみつつ、英単語力も上げたい意欲的な方はぜひどうぞ。 商品ステータス 英語の勉強にYoutubeを取り入れたいが、独力では能率的な学習に結びつけられないと感じている方は、このアプリを試してみましょう。 Youtubeを題材に、 字幕や英語学習に役立つ機能を搭載し、アジア中心に多くのユーザーを持つ人気アプリです。 豊富なYoutube動画の中から、ジャンルや英語レベルに応じた動画が選べ、日英の字幕付きだから、少々理解できない部分があっても楽しめます。 理解できない場面に出くわしても、字幕の単語をタップすると動画の最中でもすぐに単語の意味を確認可能。 チケット制でポイント解説が受けられる学習機能もあります。 Youtubeを生きた英語学習に役立てたい人は、このアプリに頼ってみましょう。 商品ステータス.

次の

英語学習 がっちゃんの『Vimeo』(有料)本当のところどうなの?

がっちゃん 英語 アプリ

でももう少しのところで「続きはに」と なってしまいます。 月額497円で入会できますが、本当に価値があるのかと気になっている方の為に記事を書きます。 結論から言うと充分価値が有ります。 がっちゃんは期待を裏切りません。 私は今までWeb上にある英語の教材を沢山購入しましたが、どれも失敗でした。 それらは人に依っては効果があるのかも知れないけれど、私に取っては苦痛で継続出来ないものばかりでした。 ところが このがっちゃんの Vimeoは楽しく学ぶことが出来ます。 もちろん「それはもう理解しているよ。 」という内容もあります。 でも私に取っては「なるほどなぁ」と思う事が殆どです。 有料なので、私が内容を紹介出来ないため 具体的に何も伝えられないのが歯がゆいです。 実は私も直ぐに入会したわけではありません。 月額500円未満なので、直ぐに入会しても良かったのですが、直ぐに入会しても動画の本数が少ないので更新が待ち遠しくなると思ったのです。 そろそろ動画も10本くらいになっているだろうと思って今月になってVimeo組に仲間入りしたわけです。 結果思ったことは、もっと早く入会すれば良かったということです。 1本の動画が約30分あるので全部観るのは大変時間が掛かります。 観ている間は全然飽きないので、時間は直ぐに過ぎていきますが、全部観る時間を作るのも大変です。 そして1度観て、感動して納得したはずなのに、私の場合 時間が経つと また忘れてしまっているという困ったことに。 がっちゃんは「ノートもえんぴつも要らない」と言ってくれるけど、年齢的にやっぱり動画を止めて書き出していかないと頭に残りません。 それから現在のところ、 まだVimeoで知的財産を公開していません。 少しずつ文法用語などを撲滅してからスムーズに英語学習できるようになっているようです。 それなら知的財産を公開してから500円で一気に観て、直ぐに退会しても良いんじゃないかと思う人も居るかもしれませんが、それでは身に付かないですよね。 今から助走を付けていく方が私も良いと思います。 でもがっちゃんは小学生の頃に日本で暮らしていたから日本のことを良く理解しています。 そして彼女は日本も韓国も愛しています。 もしかしたら世界中? 『がっちゃん』に英語を教わっているけれど、生きていく上で大切な事も毎回教えてくれます。 でも落ち着いてください。 私は がっちゃんのYouTubeの『Vimeo説明書』を見てその通りに進めていくと入会出来たんです。 もう一度見て ゆっくり確実に入力していくと出来るのではないですか? 私が入会したのが4か月前で、年齢的(還暦)に もうその時のことを覚えてなくて、何処か分かり難いところがあったのかも覚えてないんです。 お役に立てなくてごめんなさい。 YouTubeのコメント欄で がっちゃんに直接訊いてみましたか? コメントが多くて埋もれそうですけど。 他の方が答えてくれそうです。 無事入会出来たらコメントしてもらえると嬉しいです。 もちろん入会できなくても、またコメントしてください。 一緒に方法を調べましょう。

次の

英語好きからそうでない人まで、絶対に見て欲しいYoutuber 「がっちゃん」|kenken no blog

がっちゃん 英語 アプリ

このページの目次• 日本語ペラペラのがっちゃんは本当に韓国人? YouTube動画を見る限りにおいてはどうみても日本人としか思えないような日本語で喋っているカリスマ韓国人ブロガーとも呼ばれている「がっちゃん」ですが、まずはその経歴などについて調べてみました。 がっちゃんは芸能人ではないのでウィキペディアでの情報はありませんでしたが、彼女自身のYouTube動画やあちこちの情報を集めてみると、おおよそ以下のような事が分かりました。 ・1986年2月5日韓国生まれ・韓国在住の純粋な韓国人女性 ・彼女の親が文部省から国費奨学金をもらって交換教授として日本へ赴任していた関係で、彼女も幼い頃日本に住んだ経験がある ・がっちゃんが初めて英語に接したのも日本だった ・その後韓国へ帰国し、中学・高校・大学は韓国の学校を卒業 ・2007年には日本の東京外国語大学へ1年間交換留学(日本滞在中はくりぃむしちゅーのオールナイトニッポンのファンだったらしい) ・「がっちゃん」というニックネームは、日本にいた頃日本人から付けてもらったもの(韓国には「ちゃん・君」を付ける文化はない)で、今でも使っていて韓国でも「がっちゃん」と呼ばれている ・約10年前に日本のブログで1日20万人のアクセスを突破した事があり、その流れで本まで出版した(カリスマブロガーとして以前から有名だった) ・この「 東方神起への時間旅行2004-2012」という本は、Amazonを含む書籍販売3大サイトで3週連続1位のベストセラーを記録 ・東京と大阪で本の出版記念サイン会を開催 ・「映画ドットコム」で1年間コラムを書いていた このあたりの自己紹介もYouTube動画でやっていますので、まだ「がっちゃん」の動画を見たことがないという人は、ぜひ一度がっちゃんの驚愕の日本語をお聞きください!  なぜ韓国人のがっちゃんが日本人へ英語を教えているのか? 前項で紹介したように、親が交換教授として日本へ赴任していた関係で、彼女も幼い頃日本に住んでいた時期があり、英語に初めて接したのもその頃だったそうです。 そこで日本の英語教育のダメなところを実際に体験したこともあり、その後の大学で外国語教育に関する論文を執筆したり英語学習法の特許まで出願しているとの事。 【特許出願中の英語学習法についての概要】 1. がっちゃん記号(特許出願済み:2019年4月) フォニックスの段階を日本人向けに開発したもの(韓国語のハングル文字を日本語に混ぜて、先入観無く英語の発音へと誘導するシステム) 2. 音節分離学習法(特許取得済み) 英単語の学習法で発音とスペルの解決法がセットになったもので、6,000語の英単語を覚えられるアプリ(韓国用のベータ版のみ)を作成、日本語対応アプリは現在開発途中 そういう事もあってか、日本のダメな英語教育を受け、英語が嫌いになり英語学習を諦めた日本人たちのことを「英語戦死者」と呼び、YouTube動画を通して彼女の研究結果を基に日本人に対し英語学習法について分かり易く解説しているという事のようです。 やっとの事で見つけたのが、がっちゃんのインスタで、以下が「がっちゃん」と思われます。 なかなかの美人さんのようですね! 出典: 肝心の英語講座の方ですが、学生時代に英語の勉強が嫌になって英語の学習を諦めたという人がこの動画を見たら、多くの人が以下のような感想を持つと思います! ・中学や高校の英語の先生は、なぜこんな風に分かり易く教えてくれなかったんだろう! ・こんな風に教えてもらっていたら、英語を嫌いになる事は無かっただろう! ・こんな風に教えてもらっていたら、英語の文法を正しく理解出来ていただろう! 今更こんなことを言っても仕方ないのかもしれませんが、学生時代に英語の学習で挫折したが、仕事の関係で英語が必要になり、今現在も英語の猛勉強中だという人にとっては、かなり有効な学習手段の一つとなる事は間違いありませんので、一度がっちゃんのYouTubeチャンネルを覗いてみて下さい。 いくら学習しても未だにスッキリしない「 関係代名詞」や「 完了形」などについても、はっきりと理解出来るかもしれませんよ! 試しに以下の「 英語が超ラクになる日本語との決定的な違い」という動画をご覧になってみて下さい。 いかがだったでしょうか? がっちゃんの日本語の流暢さにも驚かされますが、それ以上に「 日本語と英語との根本的な違いは何か?」という事について、少なくとも今までよりも明確に理解出来たのではないでしょうか? 更には「このような学習方法であれば、もしかしたら自分でも英語を克服出来るかもしれない!」と思った人も結構いらっしゃるのではないでしょうか? 私もまだ全ての動画を見たわけではありませんが、自分が学生時代に苦手だった項目についての動画を見ただけでも、これこそ目から鱗という表現がぴったりという解説をしてくれています。 最後にもう一つだけ以下の動画を見て下さい。 この動画を見れば、「 日本人はなぜ英語が聞き取れないのか?」という日本人にとっての永遠のテーマに対する答えが見つかるかもしれませんよ!.

次の