なべ こじ。 めめこじビジネスについておたくが本気で考えてみる。

なべこじ短編集

なべ こじ

ということで、自担 ? のお誕生日です。 正直、自担という表現が正しいのか今のわたしにはわかりません。 でもこの先も応援する順番は変わったとしてもきっとなんだかんだでこの人のことが好きだと思うし、思い出した時に応援していて良かったなと思わせてくれるアイドルだと思っています。 くん、26歳のお誕生日おめでとう。 こうしてしっかりお誕生日をお祝いするのは下手したら4. 5年ぶりかもしれません。 去年の夏、康二くんに出戻って、デビューが決まって、気付けばもう6月。 本当はもっと早く出戻れば良かったなって少し後悔してた自分がいました。 横アリも歌舞伎も8. 8も行こうと思ったけどどこか足を運ぶことができなかった。 わたしが康二くんのことが好きで好きで仕方なかったのは2013-2014あたり。 2013年のあなざーではわたしの誕生日に自チケで最前がきて、「一生分の運使ってしまったな」と思ったし、お通夜状態のあけおめでもらって崩れ落ちたこととかまいジャニ魂がめちゃくちゃ楽しかったこととか全ツでお兄ちゃんたちと絡む姿がだいすきだったこととか思い出はあげたらキリがない。 その中でもわたしが永遠に懐古してしまうのは2014年の春松竹。 もう6年も前の話。 あの公演にはなにきんが関西を引っ張っていくんだ、って何度も思わされたし今はまだ頼りないかもしれないけどそんな未完成な彼らにわたしはたくさん期待していた。 ワクワクドキドキが止まらなかった。 わたしはkinkanがだいすきだったしなにきんがだいすきだったおたくなので、やっぱりどうしても解体を受け入れきれなくてそのままジャニオタをやめた。 いや、本当はファンならどこにいたって応援しろよって話なんだけど、わたしはわたしが好きで応援したいからやっぱりしんどい気持ちのまま応援できなかった。 あの時のわたしは馬鹿みたいに永遠を信じていたのかもしれない。 向井担。 というよりは関西担を名乗るのをやめてからも友達に誘われて松竹座をはじめとした現場に何回か足を運んだ。 康二くんの舞台上での姿を見て、ああ〜やっぱりこの人はかっこいいな。 と思った。 けど、それは出戻る理由にはならなかった。 そして気付けば康二くんはの一員になっていた。 個人的には康二くんに8人の一緒に進んでいけるメンバーが出来たことが嬉しかった。 勝手に康二くんに孤独を感じることが多かったから。 9人でいる康二くんはそりゃ最初は遠慮してるんだなと思ったけど、覚悟を決めたんだろうなって思ったし、何よりすのーまんの6人はちゃんと3人の味方だなって感じた。 今思えばわざとらしいくらいの発信だったかもしれないけどわたしはその言葉にずいぶんと安心した。 出戻ることを決めたのは康二くんが当時よりもずっとずっと魅力的なアイドルになっていたから。 わたしがだいすきだった個性が強めのダンスもすのに加入してからは良い意味でまわりと揃えるようになったなと思ったし、とにかく康二くんが楽しそうにパフォーマンスする姿がとても好き。 に加入して、デビューして、関西にいた頃と180度生活が変わったと思う。 ふとTVをつけたら康二くんが映っていたり、表紙の雑誌があったり。 お仕事の幅もパフォーマンスの幅も接する人もだいぶ広がったと思う。 きっとこの先も康二くんはたくさんの人に愛されてたくさんの人を幸せにして、たくさんの人を笑顔にさせていくアイドル。 これから先のわたしのおたく人生の中でもしかしたら康二くん以上に応援したい人が出てくるかもしれない。 でもこの人のこと、多分一生嫌いにはなれないなと思う。 わたしは康二くんから本当にたくさんの感情を貰ったし、ジャニオタとしての在り方とか応援のスタンスとかも全部康二くんが基準になってしまってる。 それだけわたしの中では大きな存在だし、何より1番信頼してるアイドルです。 これからもずっと楽しくこの仕事を続けてください。 楽しいことばかりじゃないけど、たくさん笑っていてください。 26歳の康二くんの夢や目標が一つでも多く叶いますように。 たくさんの人とたくさん笑顔を作っていけますように。 改めてお誕生日おめでとうございます。 naranoonna 久々に更新します。 前回更新したのが去年の12月。 気付けば6月中旬。 半年も放置していたのですが何故か定期的に閲覧してくださってる方がいるようで... だてこじとかの単語が引っかかるんでしょうか... 何故かは分かりませんがありがとうございます。 そして今日更新したのにはどうしても更新しておきたかったことがあり、はてぶろを開きました。 睡魔と戦っています。 現在22:28 今日中に完成したら更新します。 以下、突然始まります。 鈴木大河くん、入所9周年おめでとうございます! はい、ということで今日はジャニーズJr. の鈴木大河くんの入所日になります。 おめでとうございます!突然こんな記事を書き出してびっくりですよね。 ですが予想外の展開に1番驚いてるのはわたしだと思います。 最近の近況ですが、ジャニーズJr. の鈴木大河くんの沼に落ちかけています。 こんな記事を書いてる時点で多分もう落ちてる クリエCの垢も作った クリエのグッズも買った わたし自身、新しくハマれるジャニーズがいると思っていなかったですし、根からの関西担だったオンナなのでここに来て東京にハマるとも思っていませんでした。 でも何故かハマっちゃいました。 向井担でありながら去年の出演後に出戻ろうと思ったので正直大河くんの存在は名前くらいしか知らなかったし、気にもしていませんでした。 きっかけは本当に暇つぶしくらいの感覚でアイランドTVを見ていた時に横原くんのお顔があまりにも綺麗だったからです。 「え!こんないけめんいるの!」とまずは横原くんの動画を見始めました。 ただ想像の斜め上をいく方でした 褒めてます 奏くんの顔も可愛くて好きだったので『きっと推すならこの2人のどっちかだよなあ〜』なんて思っていました。 が 気付いたらわたしは横原くんでも奏くんでもない人を目で追うようになりました。 決して口数が多い方ではないけどメンバーの言動に大きな口をあけてくしゃっと笑う人。 それが大河くんでした。 そして改めてアイランドTVのプロフィールを見直しました。 将来の夢 心の大きな大人になる この一文をみて、わたしは「好きだ」となりました。 本当に感覚的な問題なので具体的に言葉にするのが難しいんですが... なんかいいなって直感的に思ったんです。 そこからは毎日大河くんのアイランドTVを見ました。 見れば見るほど大河くんのことが気になってしまいました。 持ってるに大河くんが載ってないか調べたし、とにかく大河くんの情報が知りたくて調べました。 写真も買いました。 かわいい 人生で初めてとのライブも買いました。 どちらもめちゃくちゃ良かったです そして自粛期間にはクリエCとしてたくさんのリモート動画を上げてくれて、残念ながら公演は中止になってしまったけど、すごく楽しい自粛期間を過ごせました。 ほぼ毎日のように更新されるアイランドTV。 更新が終わってしまうことを考えたらすごく寂しくて終わって欲しくないなあと思いました。 クリエCという括りはあっても彼らは公式のユニットではありません。 いつ自然消滅してしまうかわからない。 不安でした。 そんな中発表されたクリエCのハッピーライブの出演。 ジャニーズJr. として紹介された7人。 とても嬉しかったです。 大河くんの、7人の出演がこんなに嬉しいなんて思っていなかった。 わたしは大河くんが煌びやかな衣装を着て、最前列でマイクを持って歌う姿がみたいと思ってしまいました。 大河くんが考えた衣装をクリエCに着て欲しいし、お芝居ももっとみてみたい。 実際大河くんがこれから先どんなアイドルを目指すかはわかりませんが、もっと色んな表情をみてみたいと思います。 期待しすぎるのは良くないかもしれないけど、良くないって言い聞かせてるけど、いまのわたしは明日の配信にめちゃくちゃ期待しています。 ちょっとの不安と何倍もの楽しみ。 わくわく。 どきどき。 わたしはこの感覚を多分知ってる。 きっと明日はわたしにとって特別な日になるかもしれない。 とりあえず明日は夜までに予定済ませてお酒飲みながら配信に挑む予定です。 本当は書きたいこともっとたくさんあるけど、それは配信後にします。 10年目の大河くんの活躍を少しでもたくさん見れますように!!! また更新します。 naranoonna こんにちは。 12月になりましたね。 つい最近ハロウィンが終わったと思ったらもう街はイルミネーションが飾られクリスマスモード一色です。 そんなわたしは変わらずのんびり暮らしています。 そして今日更新したのには理由があります.... 今月のドル誌がだてこじ厨万歳な件。 はい、ということで今月のWUとPOTATOがだてこじ厨を殺しにかかっていると思います。 だてこじの時代が来ているといっても過言じゃないです。 わたしは本屋さんで尊すぎて読んで涙しました。 グループ内相関図より。 康二くんが加入してまだ1年も経ってないですし、それこそ2人でご飯したのはそれよりも日が浅いのにお互いがお互いをこう表せるくらいになっているのが本当に考え方が合うのかなと。 次にテレビジョンさんのSnowらいふより、めめこじさくにより康二くんのカメラ企画。 各メンバーを撮るなら?というお題でが進んでいます。 次にダテ様は... うん、羽。 白い羽いっぱい敷き詰めるやん。 で、背中にも羽を着けるんやけど、よくあるカワイイやつじゃなくて、床につつぐらいデカい、ほんとうに飛べそうな羽。 これは黒がいい! 康二くん解釈の一致!!!!!!!!!! インタビュー読んでてわたしも宮舘さんがつける羽だけは黒がいいなと思っていたのでテンションぶちあがりました。 逆パターンもみてみたいけど。 絶対素敵な世界観になると思います。 余談なんだけど前に康二くんがラウールは北海道の雪景色で撮りたいみたいなこと言っていたのですがこれも分かりみが深すぎた。 絶対映える。 雪景色の中佇む姿は美だし、高校生らしく雪で遊んでる姿は可愛くないわけがないのでツアーの時にでもやってください。 お次はPOTATOから。 メドレーにて次のメンバーの実は頼りにしているところは?という質問。 これはだてこじ厨沸いてしまう。 そして以下が宮舘さんの回答。 康二を頼りにしてること?ないです(笑) ここ3日ほど同じ車で帰ってて。 俺が3人掛けの窓側に座ると、あいつがわざわざ隣に座ってぐいぐい押してきて、しまいには肩に手を回してくる。 「いい加減にしろよ」って思ってるけど、ご飯に誘えば絶対に来て話を聞いてくれるから、そこは頼りになるというか... 都合のいい男(笑) 宮舘さん、ですかー!!!!!!本当宮舘さんに康二くんを回答させたスタッフさんにまずは圧倒的大感謝。 冒頭のないです(笑)も都合のいい男(笑)も絶対優しい笑顔で言ってるんだろうなあとおたくは勝手に思っています。 そして自担ながらにゼロ距離な康二くん、すげえっす。 25歳成人男性、すげえっす。 そしてもうひとつ。 同じページの康二くんの近況報告から一部抜粋。 最近、大好きな舘さまが舞台で忙しいから一緒にご飯に行ってくれなくて。 寂しすぎて、舘さまロスを買い物で埋めてる。 かっかわいいかよ.... ねえ康二くん、舘様ロス買い物で埋まるの?絶対埋まらなくない?それを近況報告でいれちゃうのやばくない?フリースの3枚買っちゃったからね!って言ってるのもかわいい。 ABKAI無事に終わったしご飯行けるといいねえ(涙) ちなみに余談ですがわたしもABKAIお邪魔させていただきました。 初めての歌舞伎だったけど面白かった!宮舘さん、声の出し方が良いのか台詞も聞き取りやすかったし、お二人ともすごく堂々としてて他担ながらにすごく感動しました... !まさか数年前はこうして自担以外の個人のお仕事を観に行くなんて思いませんでしたが、 ましてやのメンバー 個人的には観れて良かったなと思ったので、改めて向井担に出戻って良かったなあと思いました。 宮舘さん、阿部くん本当にお疲れ様でした! そして話を戻しまして、WUさん。 今月の内容は イチ推ししたいコンビについて。 これがね、やばかったです。 読んでいる方はおわかりかと思いますがころされるかと思いました。 ほんとにほんとにやばかったんです! 15ページのアップの宮舘さんがめちゃくちゃイケてて冬に恋に落ちたいと思ったのでみてみてください 冬のやばい それではいきます。 太さん 一部抜粋 康二って、人の魅力を引き出す能力がある気がする。 例えば、ダテさんと康二のコンビ。 ダテさんって、今まではイジられたりからまれたりってことがなかったじゃない?でも康二はそこに切り込んでいくんだよ。 ダテさんは口ではイヤがるんだけど、顔はちょっと嬉しそうなの。 やばくないですか。 1番メンバーで宮舘さんのこと知っているであろう渡辺くんが1番にだてこじを推してくるのやばくないですか。 ちなみにインタビュー内では岩本くんと康二くんのコンビにもふれていました。 深澤辰哉さん 一部抜粋 康二とダテさまのコンビがオレは好き。 ダテさんに果敢にからんでいく康二に対して、それを「やめて」ってやんわり拒否するダテさんがいいよね 笑 でもだんだん康二のペースに巻き込まれていってるんだよ。 最近はふたりでメシに行ったりもしてるみたいで、なんか微笑ましいんだよね。 6人時代、オレらはあんまりダテさんのことをイジったりしてこなかったからダテさんもそういう距離感がうれしいし、かわいいんじゃないかな。 本人は絶対に否定するけど 笑 やばくないですか。 ふっかさん、だてこじについてこんな語ってくれてる... テレビジョンのふっかこじの対談で加入時、ふっかさんが康二はメンバーで親密に喋れる人いるのかなって心配して康二くんをご飯に連れて行ってくれてたからきっと今こうしてほかのメンバーと2人でご飯に言って話せる環境なのが純粋に嬉しく思ってくれてそうですよね...。 ふっかさんありがとうございます。 渡辺くんにもふっかさんにもなにかお礼しなくちゃ.... 特に渡辺くんなんて自分のコンビについては3行くらいしか語ってないんだよまあゆり組は言葉に表せない関係性なんだろうけどそれでもほかにも自分を入れたコンビをあげれるのに... いやもうだてこじ厨として頭上がんないっすわ。 そしていよいよだてこじご本人様のコメントです さん 一部抜粋 推したいコンビといえば向井と宮舘でしょう 笑 実際よくご飯にも行くんだよね。 仕事が終わってお互い家に帰っているのに、康二と連絡取っていたら「ああ、じゃあ、メシ行っちゃおうか」っていう流れになって、また合流するっていうこともあるし 笑 だからもちろん仕事現場でも会うけど、メンバーの中だったら康二とはプライベートで会うことのほうが多いくらいだよ 笑 いやいやいや待ってくれ もしや2人、めちゃくちゃご飯行ってるよね?距離縮まりすぎじゃない?そしてフッ軽すぎない?わたしもよく家帰ってから誘いが来て行くから気持ちわかるが。 すでに息が出来ない。 何が合うとかは自分たちが空気感で感じているものだから説明出来ないんだけど、康二といるのは。 康二が入ってグループ全体に明るい色がプラスされた。 だからの幅が広がったよね。 大号泣 康二といるのって言ってくれる宮舘さん最高すぎませんか。 何故かわたしがすっごいうれしい。 くっつきすぎて面倒くさいとか思われてたら悲しいなあって思っていたから。 宮舘さん、P誌ではつんつんしてたのに、こちらではありのままで語ってくださっていて最高すぎた。 泣いた。 ありがとうございます。 そして最後にこの方。 さん 一部抜粋 たしかに最初はカベがあったよ。 でもダテってみんなが知らない魅力がある人やからクールにしてるだけだとあまりにもったいない!そう思って拒まれてもめげずに絡みにいきつづけてん。 最近は頑張って"ダテ"呼びしてるし。 ダテは常に完ペキな自分を出したいのかもしれへけど、ギャグセンスもあるし、つつくとすごく魅力的な部分がポンポン出てくるのよ。 パフォーマンスとのギャップがええの。 そして宮舘さんはずーっと康二くんを 加入組 を気にかけてくれてた印象があります。 そんな2人が今やこんなに近づくなんて嬉しい限りです。 前も書いたけど宮舘さんってちょっとだけ近寄りがたいというか、真面目が故にそれこそ表面上だけみたときには康二くんみたいなタイプと合わないかなあなんて思った時もありましたが、全然そんなことなかった!むしろめちゃくちゃ合ってたみたい!! まあ康二くんも真面目だからね 雑誌とかでもあんまり褒めると調子乗っちゃうからっていいながらもちゃんと褒めてくれる宮舘さんがとても好きです。 こないだのだてこじめめの素のwomanをきいたときも思ったんですが、どんどん2人の関係性が良くなっているような気がします。 康二くんがいい意味で気を遣わなくなったというか。 会話が自然というか。 なんかもう感覚的に好きみたいな感じなので言葉で説明するのが難しい.... でも、ふっかさんとか渡辺くんが言うようにきっと康二くんって宮舘さんへの接し方は今までののなかでもあまりいなかったタイプだと思うし、康二くんが絡むことで宮舘さんの新しい魅力が伝わっているんだったらわたしはとても素敵なことだなと思います。 宮舘担のみなさんたらもしかしたら完璧な舘様がいいという方もいるかもしれませんがわたしはだてこじがすきなおたくなので、ぜひともこれからも康二くんと切磋琢磨していってほしいと思います。 多分大丈夫だと思いたいけど、今後どんなに環境がかわっても決しておたくなんぞに媚びずに、変わらない2人の空気感でいっぱい話していっぱい笑っていってほしいなと思います。 はやくツアーやって楽しそうにする2人をみせてほしいし、メイキングでだてとこうじの絡みもみせてほしいし、ユニットもしてほしいですね!すごく楽しみな未来! 以上、今月のドル誌がやばすぎて自分の胸にしまっておくことができなかったので、勢いだけで書いた記事でした! おしまいっ。 naranoonna.

次の

#Jr. #nmmn 素直になれたら

なべ こじ

こんにちは。 今日更新されたの新着動画見ました? 末っ子が末っ子であることを最大限に利用してメンバーを振り回しつつも、まんざらではないお兄ちゃんたちと、 視聴者に マウントとってくる。 あべさく・なべさく・めめラウ・こじラウ諸々大渋滞でしたね。 我らが末っ子が愛されててうれしいです。 ということで今回は、 『朝焼けの花』聞きながら思ったことを垂れ流します。 このブログの1記事目である歌声考察を前提にしつつ、追加するような形で細かい感想を述べますね! たぶんめちゃめちゃ読みにくいと思います。 1記事目を書こうと思った衝動はこの曲からきてるので…… 笑 そんな1記事目はこちら 全文歌詞を載せるのはあれかなーと思うので、歌いだしの頭や言いたいところを抜き出していきますね。 歌詞割のエモさはもう聞けばわかると思うので、それはそれとして……。 『朝焼けの花』 ・ 耳鳴りのように届くのは~ 『朝焼けの花』はちょっと空気感が和風な感じしません?『ひらりと桜』に似た空気感がありますよね。 『』、を好きになったからには見ないとな思っております……。 DVDの発売日が早く決まるといいな。 歌詞割でソロの歌いだしってやっぱりひーくんとしょぴが多いようなイメージなんですが、やっぱり一発目に岩本照の声が聞こえるのはだなあと感じられるので良いですよね。 歌いだしがその曲の色を決めるところがあるので重要なんですけど、まさに「今までの」と「これからの」を表すこの曲の歌いだしが岩本照なことには意味がある。 この歌いだしにひーくんの「 そういう曲をそういう風に歌う」上手さが出てるなって思います。 歌ってる声だけで歌詞の中の人物の空気感が伝わる。 特に「歌が上手いよね」って言われるしょっぴーとはまた違う、 心への響き方・響かせ方がある人だと思う。 ・ ~今もまだ響く 単純に太のハモりが めちゃめちゃ良い ・ ざわめきの中 足を止め~ ふっかのハモりが柔らかくて優しくて綺麗です。 後述しようと思いますが、太と深澤辰哉は声のタイプが似ているので一緒に歌うと 親和性めっちゃ高いです。 ふっかの声は 透明度が高すぎて、ハモりにいようとユしていようと音の中にとても溶け込む。 ・ずっと信じ続けていた~ やっぱり深澤辰哉の声には雑味がないので、「信じる」といった言葉に対して 綺麗にハマる感じありますよね。 声のまっすぐさと歌詞のまっすぐさが合わさる感じ。 ちょっと幼い感じもあるよね。 ・に~失ったものもあるけれど リズムもメロも難しいところだと思うんですが、やっぱりこーじはシンプルに上手いです。 『朝焼けの花』のこーじは、この伸びやかさが聞きどころだなと思います。 わりとすぐそのあとの歌詞がくるけど、それを邪魔しない程度のでも存在感はあるビブラート。 大好き。 ・いつだって見渡せば~ともがいるよ ここの佐久間くんめちゃめちゃ良い。 一つ前のこーじくんのパートは少し切ない歌詞だったじゃないですか。 ここは歌詞的にも、その切なさからの前向きさを表現しているけど、その佐久間くんの解釈がめちゃめちゃいいし、 パッと花が咲いたようなやさしさと明るさが歌詞以上に加わっていると思います。 ここまでにみんなで繋げてきた物語が、この部分で勢いをつけてサビに向かっていく大事な部分なんですけど、AメロBメロの歌詞も回収しつつ、サビという希望の部分に繋がる鮮やかさも表現されててめちゃめちゃ良い。 佐久間くんの たるところだなと思います。 あと何よりここでハモってる 阿部ちゃんに聞こえる方もいるみたいなんですが、私はめめに聞こえる。 めめは歌うと優等生という話を1記事目でしたんですが、その安定感が出てる。 やっぱりさすがに佐久間くんの方が声が高いので、めめが歌うと低めの響きも加わって音も世界観も広がるなあって思います。 ラウにも聞こえるけどこーじくんの声がしなくもない。 ここも、前述の「ふっかとしょっぴーの声のタイプが似ている」のも併せて後述します。 ざっくり言うとこっちのグループは 声の音が丸い。 なんて言ったら伝わるのかわからないというか、皆さんの聞こえている通りと言えばいいのかもしれないんですが、声の軸が柔らかいですよね。 なのでちょっと優しく聞こえます。 別にひーくんたちが優しくないわけじゃない。 いつもしょっぴーが担当するようなハイトーンな音と比べたらちょっと低めなのもあって、しょっぴーの響きが綺麗でよく聞こえますね。 というか、めめの声と親和性高くてより響きがよく聞こえるのかも? しょっぴーはハイトーンを 出せるのであって それが歌唱力があるという所以なわけだけど 、ちょっと低めのほうが良い声が響くなあと思います。 なんでも上手いんですけどね 笑 ・夜を超えて~ メロはサビ頭と同じなんですが、こっちのほうがひーくんとこーじの親和性が聞こえますね。 岩本兄弟も声の感じ似てるなと気づきました。 ひーくんは何人分の音もってんねん。 一行飛ばします ・言葉では伝えきれない~ 歌詞割のエモさについてはみんな同じ気持ちですよね 笑 1記事目の阿部ちゃんのところでも言ったと思いますが、阿部ちゃんとひーくんの類似性がよく出てるパートだなと思います。 アクセントというか節の付け方がめちゃめちゃ似ている。 阿部ちゃんの優しい響きがあって素敵です。 ・ 全てはこのため~ だてちゃまの歌詞割少なくないですか!? それはそれとして、ちょっと優しい感じで歌っているような気がしますだてちゃま。 というか、気持ちをいれてるからだと思うけど。 前向きな空気がちゃんと感じ取れますよね。 ちょっとかわいい感じに聞こえます 笑 あと阿部ちゃんの 鬼のようなハモり。 前半と後半で音飛びすぎじゃない?よく歌えるな……。 ・大切な人たちの~ 入りの音が鬼だなと思う 笑 ひーくん歌えるのすごい。 さすがです。 ここで いわふか出てますよ。 ここで出てくるのずるいよぉ~えもい。 いやもうここまで来たらほぼ全メンバー分がひーくんの中にいるじゃん怖いんだけど。 あと、やっぱり音があがると発音がラウっぽくなる 笑 歌詞割の話をする気はあまりないけど、ここはひーくんもちょっとしんどそうな感じがするパートですが、この歌詞はひーくんが歌って然るべきですね。 しょっぴーとともに、最初のメンバーが歌うべきところなのでエモさがすごい。 ・そしていつか必ず幸せな涙を ラスサビに向かう前のポイントがしょっぴーだから、安定感と締まりが出ますね。 ・夢は朝陽浴びてひらひらと~ 『ひらりと桜』にも通ずるような落ちサビのラウール。 1番のサビと歌詞は同じですが、歌声だけでラウールの 圧倒的な華・人を引き付ける魅力があふれてる。 今後、ラウールの成長とともにここの表現がどうなるかわからないけど、現時点では最年少の伸びやかさとあどけなさと鮮やかさが感じられて落ちサビとしての効果抜群です。 散々言っているラウールの特徴的な発音ですが、この音に慣れると本当に抜け出せなくなる。 ラウの発音って、例えばアナウンサーさんとかと比べたら「綺麗な発音」ではないかもしれないんですが、個人の「魅力」って、 完璧な何かから少しずれたところに現れると思うんです。 ラウールはまさにここ 発音 だなと思います。 ・僕らまた導かれるように~ ここはひたすら歌詞割がエモい。 ・これが第何章の旅でも~僕らの夢に行こう いやもう歌詞が良すぎてこれ以上ないっすよまじで。 ほぼユだと思うんですが、お互いがお互いの色んなところを補い合ってる感じがあります。 すごいよ。 最高だよ。 ちょっと低めの音になるとしょっぴーの存在感が増すかな。 後述しますと繰り返したことを記述します 笑 1番のサビのグループ分けによく出てるんですが、のメンバーの声質というか、軸の違いみたいなのがあるなと思います。 ちょっと強く聞こえるけど、その分、力強さも表現される感じ。 でも同時に『朝焼けの花』に関していえば、サビくらいの音で「 切なさ」が表現として聞こえてくるなと思います。 単純に比較的容易に出せる音域の違いじゃね?と言われればそんな気もしますが、でもそもそも声質として 柔らかい感じです。 歌い方というより歌声そのものの。 なので、ひーくんたちより大人しい感じに聞こえる。 B型3人が同じだなと気づいてちょっと微笑ましい。 阿部ちゃんがカッコで両方にいますが、どっちにも行ける感じがします。 というか2グループの中間にいる感じ。 声質自体はしょっぴーたち寄りな気もするけど、歌うとちっょとひーくんたちっぽい。 阿部ちゃんがハモりがちなのは誰とでも音が喧嘩しないからな気がする 気がするだけ 『朝焼けの花』を聞きまくって分類したりして思ったんですけど、1回ひーくん・しょっぴー・だけで1曲歌ってくれませんかね……。 というのは、最低限この3人での ユの声が形成されるんじゃねえかという……気持ちがある…… 笑 あと、をしょっぴーたちの方に分類しましたが、「声が似ている」的なところでいうと、佐久間くんは ほぼ誰とも似ていないんじゃないかと思った。 マイクへの声の乗り方が違うからそう聞こえるだけかもしれないけど。 でも、ほぼ誰とも似てないのにどこからも 浮かないんですよね。 すごくない? ひーくんの声がに似てる、と書いたところがありますが、の声がひーくんに似てるところはない気がする。 ユで歌っているところを聞いて、メンバーの声の要素というか軸というか、空気?色?が歌の中で交差する瞬間を発見するのがとても楽しい 笑 そこをすごい探しちゃう。 思ったんですが、のこういう曲は「 アニソン」に近いものがありますね。 アニソンって、作品という背景があってこそ曲があり、また、その1曲が作品を凝縮して表現していると思うんですよ。 相互関係、相乗効果。 「」が作品としたら、彼らが経験してきた物語がめちゃめちゃこの曲に現れてるじゃないですか。 という存在がこの曲の説得力を作っているし、この曲はの物語を凝縮しているのがわかりますよね。 そりゃあエモいわ。 芸術とか創作物の中で、が伝えられるものって100あるうちの50くらいで、残り半分は受け取る側の感受性に左右されると思うんですよ。 感受性があれば100にもなるし、60くらいにしかならないかもだし。 ただ、そういう面において「アイドル」って強いな、そして私はが好きだから 若干贔屓ありで 笑 ってすごいなと思うのは、受け取る側の 感受性を爆あげできるところ。 の歴史・物語を知っていればいるだけ、 こういう曲は特に 心に来るものがあるし、側が表現している以上のものを受け取ろうとしちゃうじゃないですか。 それが良いか悪いかはわからないけど 笑 だから、色々聞いて、考えて改めて思うのは、もっと早くに出会いたかったなというところです。 デビューする前から存在は知っていたのに、気にかけなかった自分が恨めしい……。 でもそんなこと言ってても仕方ないので、これからのの歴史を、物語を一緒に見ていけたらいいなって思いました。 もうめちゃめちゃ長くなりましたが、オタクの感想は以上です!誰得かは知りません!私得です!!!!ここまで読んでいただいてありがとうございます! おわり! kokkorose.

次の

あなたはやっぱり万能調味料です

なべ こじ

こんな方じゃないのに、、、 と思いつつせっかくだから上げる。 こんだけ?って感じです。 好かれてるってことは。 何となくそうなのかなって気づいてから、確信に変わるのは早かった って、言うか。 判り易すぎなんだもん、あいつ。 康二もプロだし、言葉とか態度とか、表層に出てくる方には一応周りに隠すように気を使ってるらしいけど、一番バレバレなところを忘れてる。 目は口ほどにモノを言う、ってね。 康二らしいっちゃらしいけど、それで隠せてると思ってる康二って天然記念物並みに鈍感だと思わない? 今も楽屋で静かに雑誌チェックしているオレをキラキラした目で見つめているであろう康二を鏡の角度を使ってバレないように横目で確認する。 あんな熱烈な視線見つめられて、いつか焦げちゃわないだろうか? 最初はさ、俺も職業柄好意を持たれる事になれてたから、康二みたいな子に純粋に好意を持ってもらえるのは、嫌な気はしないなってくらいだった。 けれど、相手は康二だ。 そんもんでは済まなかったみたいだ。 誰からも愛されてて、笑うとその場の雰囲気が明るくふんわりと代わる、そんな力を持った康二にハマっていってるのはむしろ俺の方だった。 康二が気になりだすと分かってしまうのが、 ライバルが多いってこと。 いや、多過ぎると言ってもいい。 年上の余裕をかましてないで、早く伝えればいいのに。 って何もかもお見通しの涼太には諭される。 でも、康二って憧れと、恋愛の区別付いてんのかなー、と、疑がり深い俺はついつい康二の様子見をしてしまう。 だってさ、俺ばっかり本気になって、やっぱり翔太くんへの好きは憧れでした、ごめんなさいって言われたらたまんないでしょ? だから、つい康二の前では、康二の気持ちに気付かない振りをしようとしてしまうのが俺の悪い癖だ。 まだそれだけならいいけど…… 照れて、つい思っても見ない冷たい言葉で遠ざけてしまったりなんて・・・・・・何やってんだろ? 好きな子イジメたい小学生じゃあるまいし。 どうやら俺は康二に出会ってから恋愛初心者に逆戻りしてしまったみたいだ。 ・・・だけど、ほんとうにね、 誰よりも、何よりも。 お前のことが大好きって素直に伝えたいんだよ。 どうか、明日こそ素直になれますように。 そう願う俺を月明かりだけが優しく照らしていた。

次の